築35年の木造2階建てでの質問です。
現在の家を建て替える前の上水道給水管(50数年前のもの)が家の下を通っていたようで、今般漏水し床下が水浸しになってしまいました。
隣家もこの配管を今だに使って給水されていたので、配管の付替え工事は水道局がやってくれることになったのですが、我が家の布基礎の下1箇所が大量の水流によって土砂が流されてしまいました。
この布基礎の下は、どのように補修したら良いでしょうか。
御知恵を拝借いたしたく、よろしくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • 状況について補足させていただきます。
    漏水は相当に前に発生したようで、2週間くらい前に何処か(今となっては床下と判明)からの水音があり、正月に基礎の外側のコンクリートのたたきの割れ目から水が出ていることに気づき、水道局に相談しました。
    「基礎の下1箇所が掘れてしまった」と言うのは、水道局の方が漏水場所を特定するために基礎の外側を掘り進めた際に、水が基礎の下側からでていることを発見し、その後その部分からの水流が増して基礎の真下が掘れてしまったのです。水道工事は11日の予定でして、まだ数日はこの水流が続きます。この周りの地盤は、結構水分を含んでグズグズになってしまっています。

      補足日時:2017/01/08 18:36

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

NO2です。


補足読みましたが前の回答でOKです。
基礎が上にあるので十分締固めができないので
流し込んで固まる素材=コンクリートが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご多用中にも関わらず、度々ありがとうございました。
nitto3さんも同様のご意見であり、助かりました。
よく乾かしてからコンクリートを打とうと思います。

お礼日時:2017/01/09 22:45

埋め戻しには鉄筋は必要ないです。


上部10Cmくらいの子して埋め戻し、
その上に鉄筋を入れた基礎を作ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご多用中にも関わらず、度々ありがとうございます。
基礎の下というのは、基礎の真下なのです。
補足にて説明させていただきます。

お礼日時:2017/01/08 18:35

1か所流れたという状況がよく把握できないのですが


陥没してすり鉢状になったと考えてよろしいのでしょうか?
でしたら本来ならば今回水浸しになった他の部分の地盤も
締まってない砂質層の可能性があり全般対策が必要かと思いますが
とりあえずはNO1さんの通りで良いと思います。
生コンなら強度は15N程度で十分です。なんなら手練りでもOKですよ。
鉄筋は不要です、固い地盤を作ると考えるだけですので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
陥没ではなく、掘った跡です。補足にて説明させていただきます。

お礼日時:2017/01/08 18:31

熊本だったかな、道路陥没を、


泥状のセメントを流して埋めていましたね。
そんな工法を取ったらいいでしょう。

普通は生コン流すかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご連絡、ありがとうございます。
基礎の下の土がよく乾いてからセメントを流すことを考えたいと思います。
結構掘れているので、家が傾かないか心配です。鉄筋も必要でしょうか。

お礼日時:2017/01/08 14:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給水塔から水が溢れ出しマンション140世帯が水浸しになる可能性あり

築38年の5階建てマンションの屋上の給水塔が危機を迎えてます。理事会が頭の硬い、利己主義な方達ばかりで、現状を理解してくれず、応急処置で大丈夫だと・・・専門家の方、地域保安協会の方、いずれも限界状態にあると指摘し、いつ何トンという水が屋上から流れ落ちるか解らないとのこと。修理に100万円前後で140世帯が助かるのに、予算がかかりすぎだの、詐欺だのと理事会は言ってくる始末。専門家のおっしゃることさえ理解できない年寄り軍団、あきれてものが言えません。団地保険の加入が一番だと思いますが、早急に加入するとは到底考えられず、自衛の手段として保険を探しています。いい保険紹介下さい。

Aベストアンサー

団地保険は加入しても保障はされません。
他の質問でも、同じようなものがありましたが老朽化を原因と
する損害は不担保です。
保険始期以前から損害を生じる原因が存在しており
損害保険の急激、偶然かつ外来の損害に該当しませんから
修理をする以外、方法はないと思われます。

Q給水配管の接続方法は?

給湯ボイラーを更新しました。自動お湯張り機能で非常に便利になりました。
バスタブと給水配管つながっているようですが、逆流等問題ありませんか?
よろ市区お願いいたします。

Aベストアンサー

No.2 です。逆止弁がどんなものかを十分理解されているようですが

もっと身近な使い途として洗濯機があります。最近の洗濯機は給水ホースを常時接続しています。この状態で停電になったりしますと高層住宅の上階層では水圧が負圧になることが想定されます。逆止弁が機能しないと洗濯機の汚水が上水道に逆流する危険がありますが最近はこんなこと聞いた事がありません。

昔はよくあったそうですよ。

Q東日本大震災での給水・給湯管漏水事故

3月11日の東日本大震災で、給水・給湯配管(使用の多い樹脂配管に関して)の事故(漏水)状況を聞きました。もちろん、家が完全に崩壊した場合は含まれません。
1.分岐工法の継手部からの漏水が非常に多い。
分岐工法は配管の途中に継手がいくつか存在する工法で旧来工法です。
同時使用時の流量変化が大きく、湯待ちの時間も長い。
住む人間(特に奥様)には非常にチープな工法です。
水道工事店が材料費をケチるために多く採用しています。
本来なら、途中に継手のないヘッダー工法を使用すべきなのですが.....
水道工事店やハウスメーカーは僅か1万円~2万円浮かせるために、住宅購入者の利便性を無視した工法をとるケースが多いです。
2.漏水した継手は、ほとんどがワンタッチ式継手。
樹脂管の継手は、専用工具を使用する安全な継手方式と簡単に工具をほとんど使わず接合できるワンタッチ式継手があります。
日本の水道工事店は、購入者のことは全く考えていない低モラル集団であるため、配管後の安全性はあまり考えず、簡単に誰でも接合できるものを選定します。
もはや、プロとは呼べるものではありません。
簡単に接合できるものは事故も多いので、今回の地震でも顕著に現れたのです。
歴史の長い欧州でワンタッチ式継手があまり採用されないのは、長期安全性に問題があるからです。(Oリングの応力緩和など...)
やはり、宅内の給水・給湯配管はヘッダー工法を使用し、継手はワンタッチ式は避けるべきですと考えますが、どうでしょうか?
少なくとも、住宅購入者に知らしめるべきでは?

3月11日の東日本大震災で、給水・給湯配管(使用の多い樹脂配管に関して)の事故(漏水)状況を聞きました。もちろん、家が完全に崩壊した場合は含まれません。
1.分岐工法の継手部からの漏水が非常に多い。
分岐工法は配管の途中に継手がいくつか存在する工法で旧来工法です。
同時使用時の流量変化が大きく、湯待ちの時間も長い。
住む人間(特に奥様)には非常にチープな工法です。
水道工事店が材料費をケチるために多く採用しています。
本来なら、途中に継手のないヘッダー工法を使用すべきなのですが....続きを読む

Aベストアンサー

私は配管に関するエンジニアです。

東日本大震災の給水・給湯配管及び排水管に関して、

某大手ハウスメーカーと調査しましたが、

おおむね、質問者の言っている通りです。

まあ、技術的には至極当たり前のことですが。

でもそんなに簡単には知り得ない情報だと思われます。



水道屋が住宅メーカーからコストダウンを迫られていることは、この市場

に30年以上いる身としては良くわかってますが、それが購入者(消費者)

に何か関係があるのでしょう。

購入者としては、長期耐久性のある“使い勝手の良い”製品を使ってもらえば

良い事です。大きく金額は変わらないでしょう。



ヘッダー工法から先分岐工法に戻ったいきさつをあまりご存じではないようですね。

同しレイアウト、同管材の場合、先分岐の方が材料費が約30%安価になるというこ

とで、たぶん、三井建設(当時)のパラソルヘッダーの後ぐらい(1994年ぐらい

だったかな?)から、ヘッダー工法の方が優れていることはわかっていながら、金

だけで始まったものです。

私の多くの積算結果でも、先分岐工法が安価になるケースがほとんどです。

また、相当量の実証試験も実施しましたが、同レイアウトの場合、極端に管長が短く

なければ、湯待ち時間はヘッダーの方が短い傾向となります。

また、分岐工法はエコではないと、東京電力も発表し大手のデベロッパーでもヘッ
ダー

工法に変更したことは最近のことです。(東京電力は時節柄、印象悪いです
が...)

もちろん、同時使用の流量変化も少ないです。

何より、配管の途中に漏れの原因となる継手の無いことがヘッダー工法の大きな利点
です。

ましてや、昨今多い“ワンタッチ式継手”では漏れて当然です。



上記の理由からも、結論は質問者の言っていることが正解です。

この業界は、公共事業などのパイプライン工事とは異なり、技術的にもアカデミック

ではなく、上から下まで企業モラルの低い業界(手前の都合だけ)ですので、消費者

として十分に警戒し、チェックを厳しくする必要がある業界です。

最近、何かで消費者庁が動き始めたとの記事だったか、書き込みだったかを見ました

が、真相はともあれ、そういう時代になったということでしょう。

私は配管に関するエンジニアです。

東日本大震災の給水・給湯配管及び排水管に関して、

某大手ハウスメーカーと調査しましたが、

おおむね、質問者の言っている通りです。

まあ、技術的には至極当たり前のことですが。

でもそんなに簡単には知り得ない情報だと思われます。



水道屋が住宅メーカーからコストダウンを迫られていることは、この市場

に30年以上いる身としては良くわかってますが、それが購入者(消費者)

に何か関係があるのでしょう。

購入者としては、長期耐久性...続きを読む

Q電気温水器の給水給湯配管径

一回り大きい3/4と決まっているのでしょうか?普通の水道管のサイズですとタンクにためる時間がかかりだめなのでしょうか?継ぎ手の近くのみ13サイズに落としてもよいでしょうか?
また給湯管の材質にきまりはあるのでしょうか?ステンノフレキ管でもOKですか?

Aベストアンサー

拝見。お答えには成りませんが、私宅の状態と経験を。
先ず給水は地中から13ミリの鋼管らしいのが↑上へ、途中に減圧弁が有り又↑へ、T形の分岐で最上部に(月に一二度レバーを立てて水を出す事)の点検弁?逃し弁?が有り=給湯側の圧力弁を作動すると其れと合流し外へながれ出る様に成っています。先の逃し弁下から→横へ来て↓下へ下がり、本体に給水管は入っています。(この部分は塩ビ管らしいです)

本体上部の給湯管は本体出口=耐熱塩ビJIS…HT、VP20ミリからT形16ミリで分岐し片方は→風呂へ。片方は又分岐で台所へ、もう一方の端には先の圧力弁・逃し弁に行きます。
○風呂方向への給湯管は、ヤスリが軽く利き材質は白色で、外径21,6ミリの管が地中へ入っています。(ヒーター線・保温カバー)
地中はどんな管か分かりませんが風呂裏の立ち上がりは、先の鋼管?で上がっています。

○台所へは自分で配管した先の16ミリ耐熱管が天井近くを横引し、混合栓に降りています。本体から5M余りですので思う様によく出ます。

○風呂の混合栓までは14M程有る事と、先の鋼管?の内径が分からない事と、地中に何ミリが使って有るのか分かりません。=シャワーの勢いは十分ですが、入浴温度でお湯を溜めるのに8~10分ほど掛かります。(先の16ミリ耐熱管は外径22.2ミリ、内径が15,5~6ミリです。)

フレシキブル管に付いては無知ですが、ステンレスは錆びないから非常に良いと思います。以上私宅の状態を勘案されて距離が長くなるようでしたら、継ぎ手部分は小さくても長くなる部分は、出来るだけ内径の大きな管を使われる事をお勧めします。

○それと地中の管には保温カバーをし、合わせ目は下に、継ぎ目にはしっかりテープを巻き、もし水が入っても下に抜けるようにされたらよいと思います。(私宅の風呂はお湯を止めて5分もしますと、大分温度が下がりますので(経験則です)
ご参考になると良いですが。     ご健闘と完成を。

拝見。お答えには成りませんが、私宅の状態と経験を。
先ず給水は地中から13ミリの鋼管らしいのが↑上へ、途中に減圧弁が有り又↑へ、T形の分岐で最上部に(月に一二度レバーを立てて水を出す事)の点検弁?逃し弁?が有り=給湯側の圧力弁を作動すると其れと合流し外へながれ出る様に成っています。先の逃し弁下から→横へ来て↓下へ下がり、本体に給水管は入っています。(この部分は塩ビ管らしいです)

本体上部の給湯管は本体出口=耐熱塩ビJIS…HT、VP20ミリからT形16ミリで分岐し片方は→風呂へ。片方は又分...続きを読む

Q民間住宅給水配管について教えてください

。2階部系統配管をHIVPにて配管し工事工程によりすでに、3回、0,75Mpaかけました、2階トイレ部分転がし配管に傷をつけてしまい直す前に水圧試験をしましたが大丈夫でした、でも心配で、直したいと思います、その後、再度圧試験、ほかの系統へ影響ないか心配です、水道局の水圧検査もあるのですが、どなたか経験ある方教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

設備屋です。
いきなり辛口ですが、お許しください。
そもそも2F配管に HIVP 感心できませんね!
先週、漏水修理で行ったアパートは、2F HIVPで配管すっぽ抜け、1Fは水浸しになってました。
住人は怒るは、工務店は、濡れた所をつぶしにかかるはで、大変でした。滝のような現場でした。
原因は全自動洗濯機の瞬間止水による、ウォーターハンマーでした。
何年にもわたって衝撃を受け続けたんでしょう。
HIVP配管ではなく、鋼管配管、架橋ポリになってなかったのが、悔やまれます。
おそらく、家財弁償、復旧も入れると、200~300万とお見受けしました。
その時はどうもなかっても、5年後、10年後に困らないためにも、信頼のおけるパイプを使用してください。
ほんとにひどい目に合いますよ!!!
もう施工しちゃってるって言う場合なら、今後接着部分が抜けないように、金物、針金でこれでもかというくらい、がんじがらめにしておいた方がいいです。冷間接着は抜けます! 土中なら、土圧でもちますが、転がしは宙ぶらりんですよね?

それと圧0.75では不足です。水道施工条例では1.75 ですね。

設備屋です。
いきなり辛口ですが、お許しください。
そもそも2F配管に HIVP 感心できませんね!
先週、漏水修理で行ったアパートは、2F HIVPで配管すっぽ抜け、1Fは水浸しになってました。
住人は怒るは、工務店は、濡れた所をつぶしにかかるはで、大変でした。滝のような現場でした。
原因は全自動洗濯機の瞬間止水による、ウォーターハンマーでした。
何年にもわたって衝撃を受け続けたんでしょう。
HIVP配管ではなく、鋼管配管、架橋ポリになってなかったのが、悔やまれます。
おそらく、家財弁償、復...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報