プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

お盆に仏様にお膳を用意すると思うのですが
お盆の3日間くらいの全ての日に用意するのでしょうか?
私は菩提寺のご住職様が拝みに来られる日だけ用意していたのですが、周りの人に聞いてみるとお盆の3日間くらいの朝、昼、夜に用意すると聞きました。
精霊棚は用意していますが、キュウリやナスに足を刺して馬や牛を作るものはしていません。
住宅事情により迎え火や送り火もしていません。
お膳のこと以外でも迎え方がかわかる方、教えてください。
よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (3件)

NO.2です。

すみません、肝心のことを書き忘れました。

13日
夕:団子

14日
朝:ご飯
昼:そうめん
夜:おむすび

15日
朝:なし
昼:ご飯+おかず(てんぷら)
夜:団子

ご飯はすべてその都度炊きます。
    • good
    • 22
この回答へのお礼

ご丁寧な回答をありがとうございました。
3日間3食はお供えしないといけないのですね
参考にさせていただきます。

お礼日時:2004/08/13 18:09

千葉県は上総地方の住人です。


日蓮宗ですが、昔からの風習は以下のようなものであり、宗派の異なるご近所さんも同じような感じです。
「これが日蓮宗のやり方」と言いきる自信はありません(^^ゞ

【家での行事】
13日
・午前中に仏壇の飾り付け:笹で「門」のようなものをつくり、わらで縄をない、鬼灯、稲、ささげ等で飾り付け。
 仏壇の仏具を片付け、花ゴザを敷いてその上に仏具を並べなおす。花ゴザは畳の上までたらし、余裕を持たせる。
 ナスとウリにオガラを刺して牛と馬を作る。

・午後に御前様が檀家を回ってきてお経を上げる。
・夕方、提灯を持ってお迎え。(近くのバス停まで(笑))その間に女性陣は仏壇に団子をあげる。
 バス停で提灯に火をいれ、帰宅。玄関に水を張った洗面器を用意しておき、その上で提灯をゆっくり回し「足を洗ってください」と声をかける。
 提灯の火を仏壇のろうそくに移す。
 提灯の火は(ろうそくの火を絶やさぬように)就寝時まで下げておく。
 
14日
・朝、墓参りをする。(昔は朝の5時頃行っていましたが、最近は7時頃です)
・夕方、ご先祖様は連れ立って天竺参りに出かけるので、おむすびをあげる。

15日
・朝:天竺参りで不在のため、何もせず。
・昼に帰宅。
・夜10時ごろ、仏壇のロウソクの火を提灯に移し、送る。(バス停まで)

参考
お膳は、かわらけの上にに蓮の葉を丸く切ってのせたものを食器にします。オガラ(1mくらい)を適当な長さに折って使い捨ての箸として使ってもらいます。
 で、忘れてはいけないのが「朝昼晩のお膳は花ゴザの陰にもあげる」ことです。(仏壇の上ではなく、畳の上)
これは無縁仏(無縁サマ)用で、無縁サマは人目を嫌うので花ゴザの陰にあげるそうです。
    • good
    • 6

こんにちわ。


お盆ってすることがいっぱいあって大変ですよね。
私は曹洞宗なので、迎え方や送り方が少し違うかもしれないので参考までに読んでいただけたら幸いです。

仏壇には上からほおずきを二つ提げます(個数は家によって違うかもしれません)。もしくは花瓶にいれます。
仏壇に供えるものとしては主に果物・菓子・お供え・あんころもち・お膳です。
うちでは迎え火はおがらを皿などに乗せて燃やすようにしてます。
おがらは花屋で売ってます。

お膳のメニューは以下の通りです。
13日はお供え一組、あんころ餅12個をお重にいれ供える。
夜は、ごはん・味噌汁・お新香・お茶・野菜の旨煮。
14日の朝は、ごはん・味噌汁・お新香・お茶・野菜の旨煮。
昼は、うどん(又はそうめん)・ゴマの薬味・お新香・お茶・てんぷら。
夜は、うどん(又はそうめん)・ゴマの薬味・お新香・お茶・てんぷら(昼にあげたものをちぎってつける)。
15日の朝は、あべかわ餅・ゴマの薬味・お新香・お茶。
昼は、うどん・ゴマの薬味・お新香・お茶。
夜は、うどん・ゴマの薬味・お新香・お茶・里芋の旨煮。
16日の朝は、うどん・ゴマの薬味・お新香・お茶・さつまいもの旨煮。
昼は、うどん・ゴマの薬味・お新香・お茶。
夜は、赤飯・ゴマの薬味・お新香・お茶・カボチャ旨煮・送りダンゴ(白玉だんご。お皿や発砲スチロールに盛り、送っていく時に門のところに置く。数はいくつでも良い)。

他に、うちでは無縁様用のお膳もつけます。
メニューは上記と同じで小さくつけます。
お箸はおがらを折ってつけます。
あと、さといもかハスの葉の上に茄子の乱切りをのせ、その上に束ねたみそはぎを乗せたものを供えます。

他に、15日の午前中にみの・かさを作り仏壇に供えます。
これは小麦粉を練って作ります。
縦3センチ・横5センチくらいの大きさに平たくのばしたものを二つ作ります。
一つは上の二角を内側に折り、かさを作ります。
もう一つはフォークかなにかでラインをつけ、みのを作ります。見た目、櫛のような感じです。
これは仏様が帰るときに雨が降ってもいいようにと作るそうです。

長くなってしまいましたがうちではこんな感じです。
赤飯とかすこしだけ作るのが難しいものはスーパーの惣菜売り場で買ってきた物を使っちゃいます。
宗派が違うので参考にならないかもしれませんが…。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
お盆にはすることがたくさんあってほんとたいへんです。
お話しだけでも聞けて嬉しく思います。

お礼日時:2004/08/11 18:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング