静電容量とはどうゆうものですか。初歩から知りたいのですが教えて下さい。

A 回答 (2件)

hero1000さんの回答に補足です。



コンデンサーとは簡単に言えば、2枚の金属板を隙間を空けて向かい合わせにしたものです。その静電容量Cは金属板の面積に比例し、隙間の間隔に反比例します。また隙間には絶縁体が挟み込んである場合が多く、その物質(誘電体とも呼ばれる)の種類によっても静電容量は変わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。
電気の初歩から勉強しているので又宜しくお願いします。

お礼日時:2001/06/27 14:46

静電容量といえばコンデンサーですが、コンデンサーについてはわかりますか?



わかるものとして勝手に話をすすめますね。
簡単に言うと静電容量とは「コンデンサーに蓄えることのできる電荷の量」です。

プラスかマイナスに帯電した粒子を「電荷」といい、コンデンサーにはこれが蓄
えられることになります。
で、どれくらい蓄えられるかというと、この電荷の量は電圧(電位差)に比例する
のです。(電圧が高いほどたくさん蓄えられる)

電荷の量をQ、比例定数をC、電圧をVとすると
  Q=CV
という式がなりたちます。
このときの比例定数Cを「静電容量」といいます。
静電容量が大きいほど、電圧が高いほど蓄えられる電荷量は大きくなるわけです。

ちなみに電荷量の単位は「クーロン」、静電容量の単位は「ファラド」です。


・・・こんな説明でわかりましたでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございました。
電気の初歩を勉強しています。又、宜しくお願いします。

お礼日時:2001/06/27 14:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ