『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

2分の2拍子と4分の4拍子の曲とでは、同じ四分音符でも音符の長さは変わりますか?
変わるとしたらどう変わるのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

拍子とテンポは関係がありません。



同じテンポだったら拍子が違っても、四分音符の長さは同じです。
    • good
    • 0

拍子記号の意味は1小節のリズムの取り方で、表示は分母が音符を表し、分子がその数です。


例えば、
2/2なら、2分音符が2個で1小節。
4/4なら、4分音符が4個で1小節。
6/8なら、8分音符が6個で1小節。
と云う1小節の表記の意味です。
表記そのものにも違いが有りますが、本来、拍子記号は拍子(リズム)の取り方を示しています。
拍子→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8B%8D%E5%AD%90

音符の長さは時間軸ですから、テンポに左右されるので拍子記号は「長さ」と云う概念では有りません。

2/2と4/4が同じ長さ(テンポ)になるのは、
2/2で2部音符=60、又は4部音符=120。
4/4で4部音符=120、
とテンポが指定される時です。
ですが、テンポは同じですが、2拍子と4拍子とでは、拍子(リズム)は異なります。

2/2は軍艦マーチなどのマーチングソングなどに代表される I ドンドン I ドンドン I というリズム。
4/4は I ドっツっタっツっ I ドっツっタっツっ I という8ビートのリズム。
全然違います。
    • good
    • 0

全く同じ


音符の種類が同じなら、その音符が示す長さは、何分の何拍子で有っても、全部同じ。そうでないと音符記号の意味をなさない。

2分音符1個の長さ=4分音符2個の長さだから
2分の2拍子=4分音符4個分の長さ

2分の2拍子は1小節内に2分音符が2個入る長さ
4分の4拍子は1小節内に4分音符が4個入る長さ
    • good
    • 1

長さは曲の速さにより変わります。


(♩=80)のように速度が同じであれば、一小節の長さは同じになります。
この場合は、曲のリズムの取り方(アクセント)が異なるというだけの違いになりますが、
この違いについては明確な定義はありませんのでどちらでも同じと言ってしまえば、そうかも知れません。
    • good
    • 0

「2分音符二つで1拍」という回答がありますが、「2分音符二つで1小節」の書き間違いだと思います。



「2分の2拍子=2/2」の場合、2分音符一つを1拍と数え2拍で1小節という意味です。なのでこの場合の4分音符だと4拍で1小節になります。

では「4分の4拍子=4/4」の場合の4分音符と長さが同じかといういうと、同じ4分音符でも半分の長さになりますね。
2/2拍子の4分音符は、4/4拍子の8分音符と同じ長さです。
ただし曲の速さによって音符の実際の長さは変わってきます。極端な話、2/2の曲が倍の速さだったとしたら、4/4の曲と同じ速さになる理屈です。

2/2と4/4の一番の違いはアクセントのつけ方ではないでしょうか。
一般的には、4拍子の場合は1拍目が強く3拍目がやや強くですが、2拍子は1拍目が強いということになるので、4/4では1小節の中で1拍目と3拍目にアクセントがあるのに、2/2では1小節の中の1拍目だけ、なおかつ各小節の頭にアクセントがくるので、2拍子は行進曲などに良く使われます。
    • good
    • 0

曲のはやさにもよります。


四分音符1つのはやさが数字で表わされていることが多いですが、
二分音符1つがその数字と同じなら演奏する曲での音符の長さは同じです。

拍子は、便宜上1小節のなかの音符の長さと数を表わしていることが多いです。
強い拍がどこにくるかなどで、曲想が変わるので、
拍子を変えたりしていますが、
拍子の表わし方が違っても実は同じことを表わしているときもありますよ~
    • good
    • 0

2/2の場合、



二分音符が2つで一拍ですので
四分音符の場合、4つで一拍、

二分音符の半分の長さになります。

○(しろまる)が二分音符、

●(くろまる)が四分音符だとすると


2   ○ ○ |  ○ ○ |
---
2  ● ● ● ● | ● ● ● ● |


となります。



4/4の場合、

四分音符が4つで一拍の長さなので
四分音符は一拍の長さになります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4/4拍子と2/2拍子のちがい

4/4拍子と2/2拍子のちがいなんですが、もちろん、4分音符が1小節に・・・・、云々といったことがわからないわけでなく、この二つの使い分けのおいての疑問なんです。

4/4拍子の曲で、テンポが、四分音符=70ぐらいのとき、
割と早めのフレーズうを記譜すると、楽譜が16分音符だらけになって見にくいですよね?そのとき、2/2拍子として、
記譜すると、8分音符主体で記譜できて読みやすいですよね?テンポがかわるわけじゃないのですから、こういう記譜の仕方でも問題ないのでしょうか?
実際問題として4/4拍子と2/2拍子のちがいとは、これだけのことなんでしょうか?
長くてすみません

Aベストアンサー

同じ「1小節に四分音符4つ」でも、
4分の4と2分の2はまるでちがいます。
というか、違う曲に使います。

2分の2はおおよそにおいて4分の4よりも遅いテンポ設定が多かったと思います。

曲想の違いです。
かかわるんです、テンポ。

ちなみに「4分の2」は「4分の4」より早いことが多いです。

・・・というのも、テンポ設定の表示が具体的に表されることになったのはごく最近の話で、
バッハやモーツァルトなんかの時代にはそんなものありません。
「アレグロ」より「プレストが早い」という規定ができたのもベートーヴェンくらいになってからです。
それまでは、曲の種類や拍子などでテンポを決めていました。
だから「楽譜を見て的確な速さがわからん人は一流ではない」という言葉が生まれたんです。
(たしかバッハの言葉ではなかったかな・・・)

・・・でも、なんだか質問文を読んでいると
「4分の2」と「2分の2」はどう違う?という方が合ってそうな気がしますね。
同じ2拍子ですが。違います。
うーん、上記のことに加えて、4分の2は「マーチ(行進曲)」になりますが、2分の2はならないでしょう。
1拍の重さが違うと言いましょうか。
2分の2の方が、一拍がより重かったり、より大きかったりします。

数値的なことよりも「拍感」にて
差が出るのだと思います。

参考までに。

同じ「1小節に四分音符4つ」でも、
4分の4と2分の2はまるでちがいます。
というか、違う曲に使います。

2分の2はおおよそにおいて4分の4よりも遅いテンポ設定が多かったと思います。

曲想の違いです。
かかわるんです、テンポ。

ちなみに「4分の2」は「4分の4」より早いことが多いです。

・・・というのも、テンポ設定の表示が具体的に表されることになったのはごく最近の話で、
バッハやモーツァルトなんかの時代にはそんなものありません。
「アレグロ」より「プレストが早い」...続きを読む


人気Q&Aランキング