今度家を建てようと考えています。
ハウスメーカーではなく工務店にしようと思うのですが、やはり建設地に近い工務店がいいのでしょうか?
仮に県外だと材料を運ぶ手間代金がかかったり、話し合い 相談が遠距離すぎてやりにくい
などのイメージがあります。
実際どうなのでしょうか?

私の家は県境で市内までは一時間以上かかります。
そのように同じ県内ではあるけれど、遠い工務店と、隣の県だけど5分でつく工務店はどちらがやりやすいでしょうか?隣の県だから書類上ややこしくなるなどあるのでしょうか?
それとも県内の一番近い工務店が材料を運ぶ手間などないし、話し合いもしやすいからいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

県境云々は関係ないです。

それより信頼性を考えて選んでみてください。
昨今、まともに腕がある職人が激減しています。

ハウスメーカーの良いところは、他工業製品とおなじくアホ(失礼)でも同じような品質で
組みあがるように工場であらかじめ組んであり、それを現場で組み立てるだけなんです。

細かいこだわりがある場合は、地元の工務店で話あいながらつくりあげていったほうがいいでしょう。
ばっちり良い在来工法の建物できるのは、今のうちかもしれません。
さほどないなら、大手でやってしまったほうが簡単でしょうね。
    • good
    • 1

近いほうがもちろん楽です。


だけど、いいと思う工務店を見つけたら、多少遠くても絶対にそっちの方が良いです。

工務店も、対応エリアを狭くしたら、その分仕事が減るわけで、不景気な世の中
ですから、多少遠くても頑張らないと仕事が見つかりませんし、片道30分~1時間
くらいは普通だと思います。
また、大工さんや電気工事屋さん、基礎工事屋さん、と色々な会社が協力して
家を建てるわけで、その場所もバラバラです。

大工さんは朝、自宅を出発するわけで、その自宅も工務店の近くとは限りません。
工務店もいい職人を見つけたら、多少遠くても呼び寄せて仕事させています。
(私のところは、片道2時間の外壁屋さんを呼んでいました。遠いけど、
彼はいい腕だから無理して来てもらってる、とのことでした)

県外でも書類は問題ありません。
ただ、遠いと打ち合わせは苦労しますよ。
    • good
    • 0

地産地消という言葉が浮かびます。


都市部でHMで建てるのに、遠くから大工さんが来ていました。
毎日渋滞にはまって、近場だったら大工さんはどんなに楽だったか?と思いました。

工務店なら地元が良いでしょう。
と言うより、地元の設計事務所にお願いし、工務店はお任せにするという事です。
施工例が近所で見られ、下手な仕事は出来ないだろう感があります。
が、そこは工務店次第。
親方の代が変わればガラッと変わり、必ず安心という訳にはいきません。
新築に忙しく、引き渡し後のクレームもなかなか対応してくれないなんて話も聞きます。
想定内ですね。

探している中にここならと思う工務店がありました。
一般人向けに勉強会を開いている大きい工務店で、しかも遠くない所でした。
実際鉄骨に決まり、HMで契約したにもかかわらず、設計士が無料で親身に間取りの相談に乗ってくれました。
やはり信頼が一番でしょうね。
    • good
    • 0

>仮に県外だと材料を運ぶ手間代金がかかったり


>同じ県内ではあるけれど、遠い工務店と、隣の県だけど5分でつく工務店
なんか矛盾してません?
材料運ぶのに隣県だから手続きって隣国じゃないので、どちらにせよ距離はあまり
問題ではないと思います。
それよりも先の方々が言われる信頼でしょうね。
でも、なぜ皆さん設計事務所に依頼しないのかな?余計な金払いたくない?
工務店だってHMだって設計費は色々分散して判らなくしてるだけだし
大手HMなんかは広告費も同じ手つかってるのにね。
設計事務所頼めば施工監理も第三者の目でしっかり見てもらえるんだけど。
    • good
    • 0

まずは個人へ頼む場合は、そこの仕事ぶりを見ることが大切です。

出来上がった現物などを、実地検分しておくことです。その時、住んでいる方に、噂を聞くことも忘れずに、そして、現場に近い遠いは、現場で切り組みするので、あまり関係ないと思います。
一番良いのは、メンテナンスができることも含めて考えておくことです。
そして友人などを通じて、コネでの知り合いが、確実で責任もって作ってくれますね。もちろん逆に、どちらかを優先する時には、時間待ちなども起きますが、そのぶん、仕事はきっちりしてくれますね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家を建てようと思って工務店などを見に行ってるのですが、気に入った工務店

家を建てようと思って工務店などを見に行ってるのですが、気に入った工務店には、1級建築士がいません。 二級建築士と一級土木施工技士と二級施工管理技士という人はいます。こちらの資格が、なんなのか素人なので、分かりませ。一級建築士が、いなくても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

解答欄を拝見してちょっと酷いなと思って書き込みました。

一級と二級は確かに試験内容で言えば一級の方が難しいですが、
一級建築士は難しい試験をパスしたエリートだからどんな建築物でも
ちゃんと設計できる、というのは単なる幻想に過ぎません。

平たく言えば、一級建築士は大型建築物を設計・施工監理が出来る資格、
二級は小規模建築物の設計監理が出来る資格と言うことです。

誤解され易いのですが、

大型建築物>木造住宅

と思い込んでしまうために「住宅程度」などと勘違いなさる人が後を絶ちません。

確かに、大型建築物を設計するには一級建築士の免許が必要ですが、資格試験は
膨大な現実問題のホンの僅かな部分を概略的にテストするだけで、資格があれば
現実的な処理能力や知識・経験がある証明ではなく、概略的な試験問題集に合格した、
ということに過ぎません。

本当の知識と経験は、現実の設計・現場経験を重ねて磨かれて行くものですが、
建築の世界は極めて範囲が広く、どうしても各々の分野で専門化せざるを
得ないのです。 判り易くいえば、商業ビルばかり設計してきた人は住宅設計の
常識的なイロハも知らないことが珍しくない。

例えば、マンションなどの商業物件では売れ筋の面積区画が何戸詰め込めるかを
煮詰めることが設計ですし、広くて複雑でない単純区画を繰り返し並べて平面を
作ります。 だから複雑な木造の住宅の梁などの立体構造が良く理解できなかったり。

普通の木造の住宅でもマンション同様90-120m2程の床面積が多いのですが、
施主の注文をつぶさに聞きながら沢山の打合せで造られる設計は、量販目的の
マンション区画より遥かに高密度な設計だと言えます。

次に、木造でも三階建てになれば構造計算が必要になります。良くHMの営業マンが
壁量計算などの簡易計算式を構造計算と言い繕って素人騙しみたいなことを言っているのを
見かけますが、構造計算というのはかなり複雑で専用のソフトを使わなければ
とても出来るシロモノではありません。

実は、一級建築士でも構造計算が出来る人間はかなり少ないのです。
大型建築物の多くは別資格である構造一級建築士の設計が不可欠です。

所が、彼らは構造計算に特化して仕事をせざるを得ず、建物そのものの設計はロクに
やったことが無い人が多い。

更に、空調設備や給排水、ガス・電気設備なども専門的な知識と経験が必要で、
設備建築士という資格も存在します。 彼らの協力無しに大型建築物の設計は出来ません。

つまり、一級建築士の資格が無ければ設計できない大型建築物の大半は、他の技術の
プロと共同でなければ設計できず、しかも商業主義で設計の良し悪しではなくて
採算性を要求されますから、その意味で設計というより商売に首根っこを押さえつけ
られている、と言えます。 一級建築士が沢山いる、ということは、木造の住宅よりも
ビルなどの大型建築物で利益を上げる会社であることが多いんです。

そして、設計士の多くが現実に施工はしません。施工管理経験があれば良いが、
デスクでCAD図面を書いているだけの人も多い。 二十年も勤めても、現場では
全然役に立たない建築士など枚挙に暇が有りません。 現場を知らずにちゃんとした
設計は出来ないと言っても過言ではないのにね。

他の回答で素人さんが一級建築士が多数在籍している所に頼むのがお金持ち、といった
言葉を書いていますが、まるで見当違いです。 恐らく、ご自分で家造りに携わった
経験のない若い方だと思います。

実際は寧ろ逆で、社会的な地位がある、資産が多い人ほど不特定多数の素人向けの商品などには
余り関心を持ちません。 自分なりに考え、自分なりに研究して、この人なら頼りになる、
自分の夢を実現してくれると信頼するから名も知れない工務店に仕事を頼むのです。

でなければ、詐欺すれすれの商法でペナペナの箱をローコスト住宅と称して販売する
価格破壊企業に客を取られて、工務店などとうの昔に絶滅していると思いませんか?
坪30万円で有名人をCMに起用するようなローコストメーカーが多数跋扈する中で、
何故、坪50~70万円はかかる工務店に注文するのか。 ローコストHMにも
一級建築士は沢山いますよ。

つまり、ちゃんと勉強した人は有名なハウスメーカーだからとか、一級建築士の在籍が
多いから、などという素人考えではなく、いいものをちゃんと見極める知識と経験が
あるから頼むのです。

工務店では二級建築士の比率が多いですが、それは二級以上必要ないからです。
それは、お金になればどんな建設業でも、というのでなく住宅の設計・施工一本やりだから。
ちゃんとした工務店ならば、色々素人的な質問でも懇切丁寧に回答してくれます。
大丈夫ですよ。

解答欄を拝見してちょっと酷いなと思って書き込みました。

一級と二級は確かに試験内容で言えば一級の方が難しいですが、
一級建築士は難しい試験をパスしたエリートだからどんな建築物でも
ちゃんと設計できる、というのは単なる幻想に過ぎません。

平たく言えば、一級建築士は大型建築物を設計・施工監理が出来る資格、
二級は小規模建築物の設計監理が出来る資格と言うことです。

誤解され易いのですが、

大型建築物>木造住宅

と思い込んでしまうために「住宅程度」などと勘違いなさる人が後を絶ちません...続きを読む

Q工務店との話し合い(初回)

工務店の建築条件付の土地を購入しようと思っています。
本当は南向きがいいと思っていましたが希望のところに
希望の土地がないため南西向き90坪の土地を進められています。
第一に考えたいのは日当たりでその次に間取り・価格といったところでしょうか。
今日、その土地を買うかどうかも含め工務店の方が来て
要望等を聞いてくれ設計案を作ってくれるようです。
契約はその案を見てといったところです。
こんな進め方でよいのでしょうか?
日当たりと間取りが気に入れば契約したいという
(乗り気)姿勢を見せたほうがいいのか
まだ半々の気持ちですと少し控えめに話したほうがいいのか悩むところです。
乗り気でですといったほうが工務店も本気で設計してくるのか、
半々ですといったほうが説得しようという気で
よりよいものを出してくるのかどちらでしょう。
建築条件が決まっている場合の進め方はどうしましたか?

Aベストアンサー

>今日、その土地を買うかどうかも含め
まず 土地は早い者勝ちと考えてください
土地は動きませんので 気に入らないのなら 止めるべきです
>建築条件が決まっている場合
話し合いで変えることもできます 交渉次第です
相手が拒否すれば あきらめてください
土地だけ購入ならば 若干高くなると 考えてください

悩んでいるなら 相手に 購入確率 60パ-セント
あとの30パ-セントは 日当たり・間取り・価格
あとの10パ-セントは 工務店の説得力
100パ-セントにならないと.....
サインは しませんと言ってください

苦笑するでしょう
何かあれば 10パ-セント足らなかった
”工務店説得力です 価格も場所も満足なんですが”と言ってやればよいのです

文章を読んでいり限り 不安そうなので....
パ-セントは適当に考えてください
上記で良いのでは  ( ^o^; )

Q家を建てた工務店とアフターケアの工務店は別でも構わないのでしょうか

家を建てた工務店とアフターケアの工務店は別でも構わないのでしょうか

現在家を建てており、大詰めに入っています。
しかし、これまでの経緯を考えると、工務店さんの誠意や能力に疑問があり、今後アフターケアまでこの工務店さんかと思うと、不安が残ります。
大事な仕様について無断でこちらの希望と違うようにされたり、その結果、入れるとわかっていた器具を入れようとしたら入らなかった…などの事もありましたが、特に法律面での事にとても弱いようで、基本的な行政制度について知らなかったり、こちらで注意してお願いしておいたのに工務店さんが手続きを誤り、数百万単位の多額の助成金がもらえなくなるなど、大きなミスが続きました。
トラブルが起きたら起きたで適切に対応してくだされば良いのですが、いつもオドオドうろたえて事態を悪化させてしまわれ、こちらがフォローに入ってやっと収拾をつけるというパターンです。
問い合わせに対する対応も悪く、早く返事をもらえないと困るような事をうやむやにされる事も多いです。

この工務店さんを選んだのは自己責任ですし、これからの付き合いがあると思うと、相手にも事情があるから、お互い様だから、とこらえたり、こちらがしっかりしていれば良い事だからと割り切ったりして来たのですが、正直疲れました。

その工務店さんが使用している工法の元締めになっている工務店さんもまた偶然近くにあるのですが、今後のケアは他の工務店さんに頼んでも良いものなのでしょうか。
としても、住宅瑕疵担保責任は…つくった工務店さんにかかるんですよね?
建てた工務店が著しく責任を履行できない場合は政府が保障するというしくみになっていたと思いますが、倒産したとかでなく能力的に不安があるという事くらいでは無理なんですよね…?

家を建てた工務店とアフターケアの工務店は別でも構わないのでしょうか

現在家を建てており、大詰めに入っています。
しかし、これまでの経緯を考えると、工務店さんの誠意や能力に疑問があり、今後アフターケアまでこの工務店さんかと思うと、不安が残ります。
大事な仕様について無断でこちらの希望と違うようにされたり、その結果、入れるとわかっていた器具を入れようとしたら入らなかった…などの事もありましたが、特に法律面での事にとても弱いようで、基本的な行政制度について知らなかったり、こちら...続きを読む

Aベストアンサー

建築物には十年間の保証(瑕疵担保責任)が義務付けられていますので、建てた工務店に十年間は面倒を見させるのが通例です。その後は違うところでも構わないと思います。

Q 屋根の吹き替えについて、工務店さんに伺ったところ、工務店さんからの返

 屋根の吹き替えについて、工務店さんに伺ったところ、工務店さんからの返事でよくわからない部分があるので教えてください。

工務店さんがスレート屋根の上にカバールーフをする際には、勾配が緩くてもあまり雨もりなど気にしなくていいとお返事を下さったのですが、下の内容でよくわからない部分があったので、教えてください。

>当社ではカバールーフの場合は釘ではなく錆の無いステンレスビスを使用しております。
ビスは屋根垂木又はトラス(2X4 )に沿って入れますのでカラーベストの野地面に
穴を開けることなく施工します。これは、カラーベストを施工する際にも同様の位置に
釘を打ち込みますのでご安心ください。

 カラーベストの野地面に穴を開けることなく、と言うのがよくわかりません。 野地面とは、瓦の内側と言うことでしょうか。 たる木に沿ってビスを入れると、どうして穴があかないのかよくわかりません。 瓦を貫通させて、たるきにビスをいれるなら、外側から内側にビスが貫通しているはずだとおもうのですが・・・。


>また、クレストIIIですと
一般の平板瓦(千鳥葺きで隙間から水が入るのでルーフィング無しでは施工できない)
と違い和形瓦と同様の縦葺きなので水の流れが真っ直ぐでスムーズに排水できるという
特徴があります。

千鳥葺き、縦葺きの葺き方の違いがよくわからないので、図などでわかりやすく解説してあるサイトがあったら教えてください。

よろしくお願いします。

 屋根の吹き替えについて、工務店さんに伺ったところ、工務店さんからの返事でよくわからない部分があるので教えてください。

工務店さんがスレート屋根の上にカバールーフをする際には、勾配が緩くてもあまり雨もりなど気にしなくていいとお返事を下さったのですが、下の内容でよくわからない部分があったので、教えてください。

>当社ではカバールーフの場合は釘ではなく錆の無いステンレスビスを使用しております。
ビスは屋根垂木又はトラス(2X4 )に沿って入れますのでカラーベストの野地面に
穴を開け...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。カラーベストは通常合板の上にルーフィングを敷いて釘で留めつけていますが、その合板のことを野地板といいます。野地面に穴を開けることなく、というのはカバールーフのビスは屋根垂木をめがけて打つので天井裏から見上げた時に垂木と垂木の間の(垂木でささえられていない部分の)野地板に釘が貫通している状態にはしない、という意味で言ったのではないかと思います。横葺きの金属屋根材の場合は釘打ち位置を左右方向は任意に設定できるので垂木をねらって打つことは可能ですし、その方が確実に留め付けられるので新築、葺替えではそのように施工します。しかしカバールーフの場合カラーベストの上から垂木の正確な位置がわかるのか?という疑問があります。実際は野地板に打っているケースが多いのではないでしょうか?また、カラーベストは釘打ち位置が決まっていて垂木をねらって打つのは不可能です。

千鳥葺き、縦葺きの違いについて。平瓦の葺き方で半分づつずらしながら葺く千鳥葺きに対して和瓦S瓦と同様の葺き方を縦葺きといいます。参照URLの屋根図面CADデータのF型/Uタイプとフルフラットが千鳥葺き、Mタイプが縦葺きです。

クレストIIIを検索してみました。緩勾配対応と書いてあるので雨仕舞は良いと思いますがルーフィングは必要だと思いますよ。

まさかと思いますがクレストIIIを採用する場合はカバールーフではなく葺き替えですよね?坪あたりの荷重がカラーベストの倍近くあります(コロニアルクァッド68kg、クレストIII112kg ~ 各々のメーカーのサイトによる)。

参考URL:http://www.kawara.gr.jp/09_cad/index.shtml

こんにちは。カラーベストは通常合板の上にルーフィングを敷いて釘で留めつけていますが、その合板のことを野地板といいます。野地面に穴を開けることなく、というのはカバールーフのビスは屋根垂木をめがけて打つので天井裏から見上げた時に垂木と垂木の間の(垂木でささえられていない部分の)野地板に釘が貫通している状態にはしない、という意味で言ったのではないかと思います。横葺きの金属屋根材の場合は釘打ち位置を左右方向は任意に設定できるので垂木をねらって打つことは可能ですし、その方が確実に留...続きを読む

Q喫茶店での工務店と打ち合わせ時の支払い

喫茶店での工務店と打ち合わせ時の支払い

月に1、2回建設中の自宅近くで工務店の方と近くの喫茶店で打ち合わせを行います。
そこで質問です。

ビジネスでは発注側が支払う事が多いと思うのですが、
施主である私はビジネスで言えば発注側(自宅を依頼)なので私が支払うべきなのでしょうか?

相手の事務所で打ち合わせを行えばお茶は出してくれますよね。
それは「わざわざお越し頂いて」と言う意味からでしょうか?

そうだとしたら今回は建設中の自宅近くということで私がお茶代を出すものでしょうか?

それとも受注側が場所に関わらず出す物ですか?

建設中の自宅の職人さん達には打ち合わのついでに現場に寄って
お茶屋お菓子を出すのですが、その前後の工務店の方との喫茶店での打ち合わせでは
割り勘ってのもおかしな感じもするので私が支払うべきかどうか悩んでいます。

アドバイス頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その場で施主が払っても、請負業者が払っても、結局経費はめぐりめぐって全部施主が負担することになるんですよ。おごってもらうわけではないです。
どっちが立場が上かはっきりさせておくためにも、数百円程度であれば施主が払っておいたほうが得策と私は考えます。
あと、家を建てるのは職人でもあります。現場にお茶でも出せば職人の気持ちの入れ方が変わると思います。住み手を知らずに家を作るのと、その住み手を知って家を作るのとでは違う仕上がりになるでしょう。
何千万かの買い物をするのに、たった数百円で違うものになるなら損は無いでしょう。たとえ100万値切っても、毎日現場にお茶出ししたほうがいい家が出来るでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報