今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

今みても明治以降の日本の歴史より徳川幕府の時代のほうがずっと長いです。
となると自分自身や親が武士や殿様だった人がたくさんいた当時は、一時的な流行でこうなってるだけで再び殿様が元の椅子に座って自分もまたお仕えすることになるのだろうと、楽観か悲観かは分かりませんけど考えている人は多かったのですか?

A 回答 (3件)

明治や大正の頃は江戸時代にまたすぐ回帰すると


信じる元武士は居たんですか
  ↑
ハイ、明治のころはそういう人が多かったと
いわれています。

明治政府は、薩摩・長州・土佐・肥前4藩の藩主に
「版籍奉還の建白書」を出させます。
「すべての土地・人民は天皇のものであり、私有すべきではない」
として、版と籍、つまり領地と領民を朝廷に返上させたのです。

4藩が版籍奉還に同意した理由は、
「与えるべきものは之を与える」という一文にありました。

実は、徳川幕府では将軍が交代するたびに支配権を幕府に返上させ、
改めて幕府から公布するという手続きが取られていました。

そこで藩主たちは、今度は天皇を中心とする新政府が、
幕府に代わって支配権を与えると思っていました。

有力藩にならい、およそ260の藩がなだれを打って
版籍奉還を申し出ました。
これによって藩主は「知藩事」という新政府から任命された
地方行政官になります。

しかし、知藩事たちが当然与えられると信じていた
支配権は再交付されませんでした。
土地と人民は天皇の元に置かれたままとなり、
新政府が実質的な支配権を持つことになります。

こうして、新政府は藩の力を弱めようとしました。

つまり、明治政府は皆を騙していたわけです。

大正時代になればさすがにそのように考える
人はいなかったんじゃないですかね。

ちなみに、新撰組の「斎藤一」や「永倉新八」
は大正時代まで生きていました。
    • good
    • 1

佐賀の乱のように、元武士の利益のために旗揚げした人たちもいましたが、どれも規模が小さくて、すぐに鎮圧されたようです。


 殿様クラスは爵位で妥協。中級武士は、公務員として採用されれば我慢。
    • good
    • 0

幕末って1853年のペリー来航から1869年に戊辰戦争の終結まで16年かかっていて、


明治政府として廃藩置県が1871年でようやく幕藩体制が解体され、1872年にグレゴリオ暦を採用して暦まで変わって、元に戻しようがなくなるまで、なんだかんだ足掛け20年かかっている決して一夜革命ではないのです。そして明治時代は45年続く。

為政者が変わろうとさほど生活が変わらない百姓と違い、現役世代の一時代のほとんどの期間ですし、戦争まで駆り出されて政治に振り回された武士や殿様には、いつかはお家再興の悲願や恨みはあったとしても、現実的には日常生活自体から変わってしまって、自分の代では戻しようがない感覚の人が多かったでしょう。
なにより身分体制がなくなって経済的にものすごい好況でしたから、稼げば稼ぐだけ儲かる成り上がりの時代に、元の社会システムに戻そうとする人は、力がなさすぎるテロリストなので。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本は昔鉱山資源が豊富だったのですか? もしそうなら、いつ頃から[資源のない国]と呼ばれるようになっ

日本は昔鉱山資源が豊富だったのですか?

もしそうなら、いつ頃から[資源のない国]と呼ばれるようになったのでしょう…?

Aベストアンサー

今でもたくさん鉱物資源が埋まっていますが、地中深く掘らなければならず、コストを考えると海外から輸入した方が安くなるので掘らなくなったのです。

Qナポレオンは160cmのチビ。羽柴秀吉は150cm以下のドチビ。 なぜこの二人が活躍出来たのですか?

ナポレオンは160cmのチビ。羽柴秀吉は150cm以下のドチビ。
なぜこの二人が活躍出来たのですか?

Aベストアンサー

16世紀や17世紀の男性の平均身長は160cmもなかったらしいから、
ドチビ・・・・というほどではなかったかもしれませんよ。

ただ、小柄だから見返してやりたい!という気持ちは確かに強かったでしょうね。

Q戦国時代以前、アメリカ大陸に漂着した日本人は居たと思いますか?

江戸時代、日本から太平洋を越えてアメリカ大陸に漂流した日本人は何名かいます。
音吉とか津太夫といった日本人を検索すれば出てきますが、音吉などは1年以上も漂流の後に北米大陸に到着しています。

日本人がアメリカ大陸に上陸したのは17世紀初頭の支倉常長や田中勝介が最初だと言われていますが、それより前の戦国時代以前、アメリカ大陸に漂着した日本人がいた可能性は高いと思いますか?

もちろん証拠は見つかっていないので確かめる方法はありませんが、可能性の話です。

Aベストアンサー

#6です。補足拝見しました。

>」でも、漁船は戦国時代以前も太平洋に出ていたのではないですか?高知県沖や三陸沖は戦国時代においても大きな漁場だったはずで、大勢の日本人漁師が魚を獲っていたでしょう。

それから太平洋を航海する船は少なかったでしょうが、飛鳥時代から戦国時代までの千年間、全くなかったわけではないはずです。数は少なくても超長期で考えたらそれなりの数になるのではないでしょうか。


すでに、八丈島は平安末期から鎌倉初期には存在が知られていましたので、明らかに太平洋を渡っていた人たちがいたことは事実です。

また、千葉県の房総半島は紀伊半島と同じ地名があり、紀伊半島から大挙して房総半島に移住した人々がいることも知られています。この移住の理由は漁のためとクジラ漁のためです。

ですから、たしかにそういう人たちはいたでしょう。

問題は「アメリカ大陸に漂着できるぐらいの大きさの船だったか?」ということです。

まず日本の船についていえば、和船として知られているものが大小さまざまに存在し利用されていたのですが、和船には竜骨(キール)がなく、また同様に竜骨を持たないジャンクとも違って、水密隔壁をまったく持たない構造でした。
 簡単にいえば「恐ろしいほど暴風と波に弱い」構造だったのです。

このような構造のしかも小さな船では、沿岸で漁をする漁船としては利用できても、とても外洋にでることはできません。嵐で流された場合、高波が直撃擦れば一発で壊れますし、また嵐を生き延びたとしても、水や食料などを確保するスペースがないので、船はアメリカにたどり着いたとしても、人間が生き残ってたどり着くのは不可能であったと考えるのが妥当だと思います。

ちなみに、東日本大震災でアメリカやカナダの西海岸にたどり着いた漂流物は、震災から8か月たってから漂着するものが多数発生した、と言う事実があります。つまり、標準的な漂流なら8か月ぐらいかかる、ということです。漁船レベルではどうやっても人間が生き残ることは不可能だと推測します。

では、八丈島を往復するぐらいの船であればどうだったでしょうか。それなら確かに、江戸期の廻船と同等かもう少し強い構造であったでしょうし、船の大きさもそれなりにあったわけです。

でも、和船である以上、脆弱性はどうしようもありません。また、当時の和船は甲板を持っていないので、難破すればほぼ間違いなく高波で破壊されたでしょう。水が入るだけで、ほとんど沈んでしまうのです。

そして、戦国時代以前は太平洋上を航行する船そのものがほとんどありませんでした。ざっくりと概算でも八丈島の存在が知られた鎌倉期から江戸初期までの600年間ほどで、運行されたのはせいぜい数千艘でしょう。これでも多いかもしれません。八丈島へは島をつたって移動でき、最長距離は御蔵島から八丈島への50キロですから、風待ちを十分にすれば一気に移動で来たでしょう。江戸期以前は2枚帆などの船もあり、オールで漕ぐこともありましたから、50キロなら 2.3時間で渡れたでしょう。つまり「風待ちをすることで、難破の可能性を限りなく下げた」ということです。

ですから、数が少ないうえに、難破しにくく、さらに嵐にあって難破すれば船の強度の問題からほぼ確実に破壊されるか沈没し、もしそれを生き延びたとしても8ヶ月に及ぶ期間を生存できる可能性はほとんどない(8か月もあれば何度も嵐に遭遇するでしょう)わけです。

江戸時代に難破した船からアメリカにたどり着いたり、他の船に救出されたりしたのは、それだけ廻船の数が多く回っていたからです。数が増えれば確率は優位になります。

これらの確立をすべて合わせた時に、江戸期以前の船がアメリカにたどり着き、生存者がいる可能性はかなり小さい、実際には不可能なほど小さいと考えます。

ですから可能性としてかんがえても「あるかもしれないが、その可能性はものすごくありえないほど低い」ということです。

#6です。補足拝見しました。

>」でも、漁船は戦国時代以前も太平洋に出ていたのではないですか?高知県沖や三陸沖は戦国時代においても大きな漁場だったはずで、大勢の日本人漁師が魚を獲っていたでしょう。

それから太平洋を航海する船は少なかったでしょうが、飛鳥時代から戦国時代までの千年間、全くなかったわけではないはずです。数は少なくても超長期で考えたらそれなりの数になるのではないでしょうか。


すでに、八丈島は平安末期から鎌倉初期には存在が知られていましたので、明らかに太平洋を渡っ...続きを読む


人気Q&Aランキング