グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

宅建士登録までの日数はどのくらいかかりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

宅建試験に合格するだけでは、宅地建物取引士を名乗ることはできません。



宅建士を名乗るためには、資格登録を済ませ、宅地建物取引士証の交付を受けることが必要です。

これが、意外にお金も時間もかかるんですよね…。特に時間に関しては、就職活動をする人はスケジュール管理に関わってきますので、よく注意する必要があります。

さらに、実務経験の有無や合格の時期によって、必要な手続きが少しずつ変わってきます。あぁ、ややこしい。

そこでこの記事では、宅建合格後に必要になる手続きと、その所要期間・費用を早見表として整理してみました。宅建合格を目指す方、合格した方、どうぞ参考にされてください。

ただし、日数と受講料・手数料は、地域によって若干変わってきます。あくまで目安としてお考えください。

既に不動産業界で2年以上活躍されている人は、手続きの流れは次のようになります。

手続き 所要日数 受講料・手数料
ステップ1:宅建士資格登録申請 完了まで30~60日 37,000円+α
ステップ2:法定講習の受講 1日 12,000円
ステップ3:宅建士証の交付申請 受領まで15~30日

必要な期間は最短で1ヶ月半ほど、長いと3か月かかる可能性もあります。必要な費用は、合計で53,500円+α。

ただし、ステップ2の段階で合格後1年以内の方は、法定講習の受講が免除されます。なので、費用12,000円は不要のまま、ステップ3に入ります。(この「実務経験2年+合格後1年以内」のパターンが、後述の場合も含めて一番費用が安く済みます。)

まだ不動産業界での経験が無い人や、経験が2年未満の方は、手続きの流れは次のようになります。

手続き 所要日数 受講料・手数料
ステップ0:登録実務講習の受講 自宅学習30日、スクーリング2日 20,000円前後
ステップ1:宅建士資格登録申請 完了まで30~60日 37,000円+α
ステップ2:法定講習の受講 1日 12,000円
ステップ3:宅建士証の交付申請 受領まで15~30日

必要な期間は最短で2.5ヶ月、長いと4か月かかる可能性もあります。必要な費用は、合計で73,500円+α。

ただし、ステップ2の段階で合格後1年以内の方は、法定講習の受講が免除されます。なので、費用12,000円は不要のまま、ステップ3に入ります。

補足

上記の早見表で「+α」の部分は、住民票や顔写真等、こまごまとした必要書類を準備するのにかかる少額の費用を意味しています。余裕をもって、1万円程度見ておけば十分でしょう。

(特に資格登録時には、本籍地の市町村が発行する「身分証明書」と、最寄の法務局で取得する「登記されていないことの証明」を提出することになります。聞き慣れない書類ですが、そういうものが必要になることをちょっと頭の片隅に置いておいてください。)

あと、そんなにお金がかかるなら登録したくないよ、という人は、すぐに登録しなくても大丈夫です。宅建士の合格自体は、何か悪いことをして取り消されない限り一生有効なので。

ただ、上述のように、合格から1年を経過すると少し必要な費用が増えます。また、資格登録は試験を受けた都道府県ですることになっています。登録しないうちに引越してしまうと、その後登録するのが面倒になるでしょう。その辺りを考慮に入れて、手続きをするかしないか、決めてください。

上で見たのは、宅建合格後、資格登録して宅建士証を受け取るまでのお話しでした。ところで、その後の維持に必要な手続きや費用はどうなっているのでしょうか。

宅建士証の有効期間は5年です。期間満了が近づいてきて、かつ更新を希望する場合は、上で見たステップのうち2と3に相当する手続きをとる必要があります。

手続き 所要日数 受講料・手数料
ステップ2:法定講習の受講 1日 12,000円
ステップ3:宅建士証の交付申請

ただし、法定講習の受講と宅建士証の受領は同日に行われ、1日で手続きが完了する場合が多いと思います。費用は16,500円+αです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
おかげ様で先日、登録完了のハガキが来て宅建士証をもらって来ました。

お礼日時:2017/01/22 14:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅建試験の合格後について

宅建試験の合格後について
宅建の受験を考えているのですが、実務経験はありません。
宅地建物取引主任者の資格を得るには、通信教育とスクーリングの併用をしないといけないそうですが、時間や費用はどのくらいかかるんでしょうか?
ご存知の方、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

内容はNo.1の方とほぼ同じですが、金額その他でもう少し詳しく説明します。

宅建試験合格後は実務経験なしで登録するならば、登録実務講習の受講が必要です。
合格発表後から募集が始まりますし、10あまりの登録機関から選んで受講できます。合格証書に募集パンフレットが同封されます。
期間は通信課程(自宅で自習・演習問題を解く)1ヶ月程度、通学課程が丸2日です。(連続の時もあるし、分離することもある。土日のみのコースもあります。)通学課程に全部出席して通学課程の最後にあるテスト(通信課程からも出ます)を受けて合格すれば修了です。修了証は今は2週間程度で届きます。費用はここ数年で金額も一気に下がり、今は2万円強で受講できます。

その後で、都道府県での登録手続きが必要になりますが、登録料は全国一律で37000円です。(東京以外は道府県証紙を貼ります)その他添付書類を発行・添付用写真を撮影してもらうため(スピード写真やデジカメ写真は使えない)に3000円程度は必要になります。登録には1ヶ月かかります。
登録が完了すると登録完了はがきが1枚届きますが、まだ宅建主任者は名乗れません。(履歴書に書く場合も、この段階では宅建主任者登録者となります。)

登録が終わると最後は宅建主任者証の発行です。合格から1年以内の申請であれば申請だけで取得できますし、5年間有効なので、とりあえず1回目は取った方がいいでしょう。費用は4500円です。免許証サイズの写真(登録の時に撮った写真をあらかじめ焼増しておく)と印鑑・申請料分の証紙が必要です。申請したら約2週間で出来ます。
もし合格から1年経ってしまってから申請となると法定講習が必要ですので、法定講習料11000円が追加で必要です。講習は丸1日かかります。期間も申し込みからだいたい1ヶ月かかります。

主任者証を受け取って、これで晴れて正式に宅建主任者となります。
総トータルすると、合格から宅建主任者になるのに費用でだいたい7~8万円ぐらい、期間で合格後最短で4ヶ月ぐらいを見ておいたらいいと思います。

内容はNo.1の方とほぼ同じですが、金額その他でもう少し詳しく説明します。

宅建試験合格後は実務経験なしで登録するならば、登録実務講習の受講が必要です。
合格発表後から募集が始まりますし、10あまりの登録機関から選んで受講できます。合格証書に募集パンフレットが同封されます。
期間は通信課程(自宅で自習・演習問題を解く)1ヶ月程度、通学課程が丸2日です。(連続の時もあるし、分離することもある。土日のみのコースもあります。)通学課程に全部出席して通学課程の最後にあるテスト(通信課程か...続きを読む

Q宅建主任者証交付まで最短は?(経験者)

最短で交付を受けるにはどれくらい期間がかかりますでしょうか。
2年以上の実務経験ありです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

これは都道府県によって違ってくるので何ともいえませんが、愛知県の場合は
まず県庁に「登録」の申請書類を持参して「登録ハガキ」が来るまでに20日
くらい掛かり、登録ハガキと申請書類を宅建業協会に持参して、「主任者証」
が来るまでに丁度、10日間掛かりました。合計で約1か月でした・・・

Q宅建登録の証明写真はスピード写真でOK?

宅建の登録の申請をしようと思うのですが、登録申請書に貼る証明写真について悩んでいます。3cm×2.4cmなのですが、これはスピード写真でも可なのでしょうか?それとも就職活動中履歴書に貼ったもののように写真屋でちゃんと撮らないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

宅建に限りませんが。

証明写真で大切なことは、
1.所定のサイズであること。
2.上半身が取れていること。
3.鮮明であること。
です。上の3点を満たせていれば、問題ありません。
だから、スピード写真で撮るときも、上の3点に気をつけて撮るようにすれば、問題ありません。

僕が思うに、履歴書の写真だってスピード写真で問題ないと思いますが。最近のスピード写真はそんなに性能悪くありませんよ。ただし「少しでも綺麗に(かっこよく)撮られたい」要望があるのであれば、スピード写真はお勧めしませんが。

Q先が見えた50歳サラリーマン、「宅建」の可能性は?

某有名企業のサラリーマンですが、現在は非管理職で年収は800万円弱。4年後に55歳になると2-3割かそれ以上給料が減ります。

会社ではまったく昇進や、転配先のポストの確保という「メがなくなっている」ので、55歳をめどに転職か起業できないかと考えています。

これまでの仕事は、約25年間を企画・調査畑に従事。営業現場はもちろん、総務、経理、人事など一般事務の経験はありません。

資格も転職、起業に役立つモノはありません。
要はつぶしがきかない中高年です。

妻は専業主婦(最近は時々パートやアルバイトに出ています)、子供は私立中高に通う男児が1人だけ。
息子が大学を卒業するまで、そして私が仮に60歳の定年年齢に達するくらいまでは、できれば600万~700万円台の収入を確保したいです。

現況、上記のように、55歳で500-600万円に給料は下がると思いますが、それまでにどういう準備をすればいいと思いますか?

友人に聞いたら、「50歳過ぎても宅建を持っていたら不動産屋で雇ってもらえ、30万円くらいの月収は確保できる」というのです。
不動産、住宅業界は私が調査、研究対象としたこともあるのでまんざら知らないわけではありません。
宅建の資格も半年ほどの勉強で2-3割は合格できるとか。
とりあえず、宅建にチャレンジし、
55歳以降に、それで転職または起業できないか、と思っています。
合わせて、住宅、不動産関連の資格でマンション管理士などにも手を出せば、その後、食いつないでいけないかな、と考えています。

このままでは、60歳すぎてできるのは警備員か掃除くらいしかない、という感じです。

実際に、50歳過ぎで不動産関係などの道への転身をした人、考えた人、または今そういう年齢で会社から離れた生き方をした方のアドバイスを知りたいです。
よろしくお願いします。

某有名企業のサラリーマンですが、現在は非管理職で年収は800万円弱。4年後に55歳になると2-3割かそれ以上給料が減ります。

会社ではまったく昇進や、転配先のポストの確保という「メがなくなっている」ので、55歳をめどに転職か起業できないかと考えています。

これまでの仕事は、約25年間を企画・調査畑に従事。営業現場はもちろん、総務、経理、人事など一般事務の経験はありません。

資格も転職、起業に役立つモノはありません。
要はつぶしがきかない中高年です。

妻は専業主婦(最近は時々...続きを読む

Aベストアンサー

約25年間を企画・調査畑で現在51歳、年収800間年弱。
丁度、定年後をどうするか考える時期ですね。
でも営業経験のないあなたが宅建程度の資格で転職。これは反対です。
不動産業界はそんなに甘くはないです。
回答者の皆さんが書いておられる通りで間違いありません。

それならどうするか、25年間やってこられた”企画調査”業務を生かす方法はないのですか?
この仕事を址年間でもっと磨き、生かす方法を考えられるべきだと思います。
企画の立案の仕方、調査方法のノウハウ等は、誰もが知っている業務ではありません。
一般のサラリーマンと比べたら貴重な存在のはずです。
今の仕事も奥が深く、様々なノウハウの蓄積ができるはずです。
どうしても違う職業にと思っておられるのでしたら、今のお仕事上で法律の関係も多い
でしょうから行政書士か司法書士を目指せば良いとお思います。
少なくとも宅建よりは有利と思います。

また、長い定年後が待っていることも考え、今から健康面でのケアも忘れないように
して過ごすことも必要です。60歳近くなったら、いろんな症状が出てきます。

Q宅建は持ってて損はないですか?役に立ちますか?

こんばんは。今年27歳になる女性です。
今の会社に勤めて2年目になります。
今の仕事は不動産とは全く違う業務ですが、他で不動産会社も経営しています。

最近上司に、宅建の資格を取って貰いたいとのことを言われました。
今の業務と並行して、不動産の仕事も多くなるみたいです。
宅建の資格について、あまり知らなかったので、宅建を持っていたらどんなことができるのか等調べ、これを機にステップアップや今後のためにも勉強してみようかなと思い始めました。

しかし、正直不動産にはあまり興味なかったし、今のところ不動産の仕事をしてみてもずっと続けるつもりはありません。
元々、事務やPCに向かっている作業よりは動いている仕事(接客や販売など)の方が自分に合ってると思い、いずれは転職しようとも思ってました。

こんな自分ですが、宅建をとっていて、今後将来何か役に立つと思いますか?持ってて損はないですか?
例えば、結婚して一旦仕事を辞めて、また仕事を始めるときに持っていたら有利なんでしょうか?
やっぱり不動産業界でないと、持ってても何の役にも立たないのかなとも思いますが…。
あるとすれば、自分がアパートや部屋を借りるときや、マイホームを建てるときくらいでしょうか。

宅建の資格を取るのは簡単なものではないし、勉強する動機が曖昧で甘いかもしれませんが、よろしくお願いします。

こんばんは。今年27歳になる女性です。
今の会社に勤めて2年目になります。
今の仕事は不動産とは全く違う業務ですが、他で不動産会社も経営しています。

最近上司に、宅建の資格を取って貰いたいとのことを言われました。
今の業務と並行して、不動産の仕事も多くなるみたいです。
宅建の資格について、あまり知らなかったので、宅建を持っていたらどんなことができるのか等調べ、これを機にステップアップや今後のためにも勉強してみようかなと思い始めました。

しかし、正直不動産にはあまり興味なかったし、...続きを読む

Aベストアンサー

当方、不動産業には従事しておりませんが、資格だけは所持しております。

> 宅建の資格について、あまり知らなかったので、宅建を持っていたらどんなことができるのか等
> 調べ、これを機にステップアップや今後のためにも勉強してみようかなと思い始めました。
極端な事を書けば、不動産の賃貸借契約や売買契約に際して、「契約内容の説明」と「説明書類への押印」が出来ます。
社内での地位とは無関係に、不動産の契約に於いては現場責任者であると認識する必要が有るのではないでしょうか?

> こんな自分ですが、宅建をとっていて、今後将来何か役に立つと思いますか?
> 持ってて損はないですか?
知識を増やしたり、身分証明書が増えるだけです。それに対して価値を認めるかどうかは人によって異なりますね。
資格取得当時、私は諸般の事情で宅建主任者証を身分証明書として使う必要が有りましたので、高い手数料(更新も含め)を支払っておりますが、もし、知識を増やすだけでよければ、登録は不要です。

> 例えば、結婚して一旦仕事を辞めて、また仕事を始めるときに持っていたら有利なんでしょうか?
> やっぱり不動産業界でないと、持ってても何の役にも立たないのかなとも思いますが…。
私がこの資格を持っていた役に立ったと思う事を列挙いたします。
総じて、不動産業以外であったとしても、総務部門に勤めた場合に役に立つのではないかと思います。
・不動産登記簿の内容が多少は理解できる
 ⇒同僚がマンションを購入して親元(1戸建て)から転居した際に、分厚い登記簿を持ってきて、アタフタしていたので『区分所有』の謄本はこれが正常である旨と、ローン等の書類で聞いてきている箇所の説明が出来た。
・立ち退き要求に対して、(旧)借家法に基づく抗弁を入れ知恵した
 ⇒阪神淡路大震災の時、大家が倒壊物件の立て替え後に居住者を追い出そうとしていた。偶々、そのことで相談を受けたので、コピーした契約書を斜め読みした上で、抗弁できる根拠を教えた。
 [当時は、インターネットが普及していないので、資格者だと言う事で重宝がられましたね]
・賃貸料相場の妥当性の判断
 ⇒実務経験が無い人は、合格後の研修で不動産の売買価格や賃貸料の適正相場(比較による推測)の算出を教わります。偶々、今勤めている会社の家賃が適正なのか知りたいから不動産屋に問合せてくれと家主[親会社]から依頼がありました。家主が求めているズバリの物件(土地面積、使用形態など)情報が無いので、私が資料添付の上で計算結果を渡したところ、文句無く通ってしまいました。

> 宅建の資格を取るのは簡単なものではないし、勉強する動機が曖昧で甘いかもしれませんが、
> よろしくお願いします。
他の方の回答にも書きましたが、私が受けた頃と比べるのは的外れかもしれませんが・・・
私は、試験申し込み期限である8月のお盆過ぎに専門学校へ講座申し込みを行い、試験直前までの土曜・日曜に講義(模試や答錬を含む)を受けて、合格いたしました。
私のプロフィールを見ていただくと法律の知識が多少はあるように感じるかもしれませんが、法律が絡む資格では宅建が一番最初に取得しており、法律は疎い方でした。興味が湧いたから最後まで講義に出席できましたし、過去問集で何度も復習したお陰で合格できたと思っております。
あと、動機なんて何でも良いのではないでしょうか?社労士を目指す人の中にも『この資格は固定客を掴めば儲かると聞いたのですが』という言う方が居ます(私はそれでも良いと思っています)。

当方、不動産業には従事しておりませんが、資格だけは所持しております。

> 宅建の資格について、あまり知らなかったので、宅建を持っていたらどんなことができるのか等
> 調べ、これを機にステップアップや今後のためにも勉強してみようかなと思い始めました。
極端な事を書けば、不動産の賃貸借契約や売買契約に際して、「契約内容の説明」と「説明書類への押印」が出来ます。
社内での地位とは無関係に、不動産の契約に於いては現場責任者であると認識する必要が有るのではないでしょうか?

> こんな自分です...続きを読む

Q●宅建実務講習修了試験について●

宜しくお願い致します。

今回平成24年の宅建試験に合格しました。また、すぐにでも主任者証が欲しいので
実務経験の無い私は日建学院の通信講座に申し込みを致しました。1月19日20日の講習、修了試験まであと約一ヶ月。届いた教材を見て圧倒されました。
結構厚いテキスト、テキストの別冊、自宅学習用問題が届きました。
中身を見ると宅建試験合格の為に勉強した内容プラス実務的な内容と豊富な内容でした。
講習最終日の修了試験では択一式問題80%以上、記述80%以上で合格と書いてありました。

正直、これからの一ヶ月の時間でそこまでの点数が取れるのかが不安です。
宅建試験の後はほとんど、宅建の基本書などを見ていないので多少記憶が薄くなっております。
意外と忘れていることが多いのです。
また、私の仕事は不動産とは関係の無い仕事でまた、年末年始を休む企業ではありません。
勉強の為に割ける時間がとても少ない状況です。

そこで前置きが長くなりましたが、質問が3つあります。

(1)修了試験でテキストの持ち込みがOKなのですがあの厚い本からの出題で絞ることが出来ません
どのように対処すればよいでしょうか?
(2)自宅学習用問題が送られてきましたがその問題を暗記するぐらいにやってくださいと書いてあったのですが同じ問題が出題されるのでしょうか?
(3)2日間の講習でやったことが記述式の問題に出題されるということなのですがたった2日間の勉強で
試験に対応出来るのでしょうか?どのように対応すればよいでしょうか?

以上3つの質問の御回答願います。また、実際に実務講習を受けた方からの回答でお願い致します。

宜しくお願い致します

宜しくお願い致します。

今回平成24年の宅建試験に合格しました。また、すぐにでも主任者証が欲しいので
実務経験の無い私は日建学院の通信講座に申し込みを致しました。1月19日20日の講習、修了試験まであと約一ヶ月。届いた教材を見て圧倒されました。
結構厚いテキスト、テキストの別冊、自宅学習用問題が届きました。
中身を見ると宅建試験合格の為に勉強した内容プラス実務的な内容と豊富な内容でした。
講習最終日の修了試験では択一式問題80%以上、記述80%以上で合格と書いてありました。

正直、こ...続きを読む

Aベストアンサー

2年前に宅建試験を受け、登録講習を受けた後宅建主任者証をもらいました。
(ちなみに不動産業の経験はまったくありませんでした。)

宅建の試験は合格率が15%前後で落とすための試験ですが、登録実務講習の修了試験は、落とすための試験ではありません。 いろいろな資格の学校等で登録実務講習が受けられます。すなわちそれらの学校間では生徒の取り合いがあります。 「あの学校の登録実務講習ではなかなか受からない」なんて評判がたったら、誰もそこでは受けないでしょう。 (基本的にはそんなに心配する必要はありません。)

とはいうものの、送られてきた資料は事前に1回は目を通し、どこに何がかいてあるかくらいはわかるようにしておきましょう。

自宅学習用問題も当然やっておいてください。(暗記するまでやる必要はないと思うんだが・・・)

前の人も書いていますが、2日間の講義で、『ココは大事です。』と試験に出るところを講師がアドバイスしてくれます。その部分はマーカですぐわかるようにしておきましょう。(私の受けたところは、付箋紙の利用がOKでしたので、そのページに付箋紙もはっておきました。 付箋紙持ち込みがだめなら、ページをちょこっと折って、その部分にメモしておけばいいでしょう。)

そんなに心配しなくても事前の予習をある程度おこない、2日間の講義を寝ないできちんと聞く(多分これが一番大事)ことで受かると思います。

頑張ってください。

2年前に宅建試験を受け、登録講習を受けた後宅建主任者証をもらいました。
(ちなみに不動産業の経験はまったくありませんでした。)

宅建の試験は合格率が15%前後で落とすための試験ですが、登録実務講習の修了試験は、落とすための試験ではありません。 いろいろな資格の学校等で登録実務講習が受けられます。すなわちそれらの学校間では生徒の取り合いがあります。 「あの学校の登録実務講習ではなかなか受からない」なんて評判がたったら、誰もそこでは受けないでしょう。 (基本的にはそんなに心配す...続きを読む

Q宅建有資格者の主な就職先は?

宅建取引主任者の資格をもっていれば
意外と広い分野で需要があると聴きました。
不動産関係以外にもどのような企業への就職に有利になるのでしょうか?

銀行関係や保険業にも関連してくるのですかね?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。(^^;)

Aベストアンサー

宅建は、独学でも十分取得可能な資格です。
難易度もそれほどではありません。

就職先は、建設業界・不動産業界が多いのではないでしょうか。
因みに当社でも取得の奨励をしております。
就職に有利になるのではなく、どちらかと言えば「企業内スペシャリスト」の類だと思います。
知識を得ながら勉強するのも、有効な勉強法です。


>どんな資格をとればいいのか迷っている最中です。
 (↑下の方への書き込みを拝見。)

将来,自分は何になりたいのかを考えることが先決です。
宅建を取得したにも関わらず、IT関連事業に就職なさったら「もったいない」ですからネ。
やみくもに資格を取得しても、役立たないものも多いです(←経験済)。
注意;宅建のことではありません。

当社では資格手当てをくれるので、私の場合は関連のある資格から取得に励みましたが、
独立開業したいのか,企業内スペシャリストになりたいのか,
生涯学習的に何か1つを身に着けたいのか,社会に貢献したいのか・・・
そこまで考えるだけでも、おおよその枠組みは決まってきます。

「ご自分の将来像」を描いてみると、
「これを取得しようかな」ではなく、「これを取得しなければ」になることが多いです。

お時間があったら、ぜひ考えてみてくださいね。
ともあれ、ご健闘をお祈りいたします・・・。

宅建は、独学でも十分取得可能な資格です。
難易度もそれほどではありません。

就職先は、建設業界・不動産業界が多いのではないでしょうか。
因みに当社でも取得の奨励をしております。
就職に有利になるのではなく、どちらかと言えば「企業内スペシャリスト」の類だと思います。
知識を得ながら勉強するのも、有効な勉強法です。


>どんな資格をとればいいのか迷っている最中です。
 (↑下の方への書き込みを拝見。)

将来,自分は何になりたいのかを考えることが先決です。
宅建を取得したに...続きを読む

Q私は、40代後半になりますが、宅建の資格をとれば、私のような年齢でも、

私は、40代後半になりますが、宅建の資格をとれば、私のような年齢でも、関連業界に就職は
できますでしょうか?
ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者様の今までの職歴が分からないので何とも言えませんが、年齢的に宅建資格だけでは就職は厳しいと思いますよ。

賃貸物件の仲介営業は、若い営業マンが中心で、求人の応募上限年齢が30歳までとなっている場合も多いですし、土地・建物の売買仲介営業は、質問者様くらいの年齢だと実務経験が無いと、これまた厳しいと思います。

住宅販売や大東建設、東建のようなアパート経営提案営業は40代でも採用される可能性はあると思いますが、ノルマも厳しく離職率も高いという話を聞くので、よほど覚悟がないならお勧めはしませんけどね(^_^;)

宅建の資格を取得する事自体は、応募できる仕事が増えたり、少し評価が上がる事もあるので悪いことではありませんが、即就職につながる資格ではないので、過度な期待はしないほうが良いかと思います。

尚、No.1の回答者様が書かれている「名貸し」は違法行為です。
私は不動産関連の仕事をしていますが、まともな不動産業者は、このような行為は行ってはいませんので、勘違いなさいませんようご注意下さい。

Q宅建業の独立開業について

宅建の資格を取って登録実務講習を受講して独立開業した場合、
実務経験無しでもやっていけるでしょうか?
宅建業界にお詳しい方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

不動産業の独立開業は簡単ですが、事業としてやっていけるかといえば
かなり難しい問題です。
売り物件の情報をどのように集めるか、買い情報の顧客をどのように見つけるかは、非常に難しい作業です。

まず、信頼できる同業者との交流、これにより売り物件情報を入手することができます。買い情報は地元の「住宅情報誌」や「新聞広告」そして無料配布されている「生活情報誌」などに広告を出すという手段で顧客を確保しています。

開業される多くの方は、まず不動産会社に勤務し、経験をつみ同業者とも親しくなって、独立開業します。いきなり開業しても、まず経営が成り立てないでしょう。

この業界は未だに旧態然とした営業をし、宅建業法違反をやっている業者もいます。無責任な業者と付き合えば、大きな火傷をします。
扱う金額が大きく、一度トラブルに巻き込まれると、賠償金額も半端ではありません。

貴方が目指している収益物権は金額も高価であり、そうそう簡単に買い手は見つかりません。私の町でも賃貸ビルは空きが多く、オーナーは家賃が減少し、四苦八苦しています。

学生相手の賃貸ビルも、学生の減少と新しいビルができると、当然設備もよく、そちらに人気が集中し、古いビルは空きが多くなります。

この業界は同業者も多く、競合も激しいのです。不動産に対する知識は無論、税務知識、金融関連知識(住宅ローンの手続きなどの知識)、登記実務、損保の知識など、身につけなければならない知識はたくさんあります。

十分に計画を練って、「宅地建物取引主任者」や「FP」などを取得し
営業能力を身につけて開業を実行してください。

結論をいえば、実務経験なしでは無理だと思います。

不動産業の独立開業は簡単ですが、事業としてやっていけるかといえば
かなり難しい問題です。
売り物件の情報をどのように集めるか、買い情報の顧客をどのように見つけるかは、非常に難しい作業です。

まず、信頼できる同業者との交流、これにより売り物件情報を入手することができます。買い情報は地元の「住宅情報誌」や「新聞広告」そして無料配布されている「生活情報誌」などに広告を出すという手段で顧客を確保しています。

開業される多くの方は、まず不動産会社に勤務し、経験をつみ同業者とも親...続きを読む

Q不動産業界は本当にきついお仕事ですか?

実際不動産業界で勤めたことがないので、

分かりませんが、

ネット上では、不動産会社は労働がきつい・残業が多い

など、マイナスなことが目に付きます。

今、宅建を取得しようかと

試みていますが、どうしようか迷っています。

実際に、不動産業界で働かれている方に

本当はどうであるのか、教えてください。。


また、こういう強み・特技を持っているとお仕事上で活かせる、

または、こういう人は向いてないなど、ございましたら、教えてください。

Aベストアンサー

これから働こうとしている方に申し訳ないですが・・・。

私は不動産会社に3社くらいいました。
きついです。。。
売上第一で、数字が足りないと、ものすごく上からきつく言われます。私は女性だったので、さほどでもないですが・・。

お客様第一で動くため、朝も夜も呼び出されれば、動かなくてはいけません。
そのあと、事務処理があったりすると、手が回りません。結果、サービス残業します。
(大手では、残業手当あるのでしょうか?)
体が続かなくて、体調不良になり、転職。また手に職がないため、同じ不動産業で就職。またきつくて・・。繰り返しです。

しかし、やりがいはある、と思います。
宅建は必須です。あるとないとでは、働く職場の待遇が違います。給料は分かりませんが・・。

ご参考まで。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング