windowsやMacやPhotoshopが短期間でころころメジャーアップデートを行うのは新製品だと言って商品を売るためですけど、
Linuxはディス鳥が乱立して、さらにはその一つUbuntuやLinux MintやCentOSなど無料のもどれもが数年の頻度でバージョンアップします。
Linuxはサーバー用だから更新やアップデートしたい人は居らず同じ環境でずっと使いたい人が多数派だと思います。
なんで同じバージョンでセキュリティや不具合の更新だけを行う皆が望むOSにしないんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>>Linuxはサーバー用だから更新やアップデートしたい人は居らず同じ環境でずっと使いたい人が多数派だと思います。



ユーザの立場であれば、同じバージョンでずっと使い続けていたい個人や企業さんは多いと思います。

そして、開発者の立場であれば、沢山の開発課題リストがあって、それらに対して優先順位をつけて開発しているだけでしょう。

「なぜ山に登るの?」という答えが「そこに山があるから」というように、「開発すべきテーマがあるから、開発する。その結果がVerUpとなる」
というだけのことでしょう。

>>なんで同じバージョンでセキュリティや不具合の更新だけを行う皆が望むOSにしないんでしょう?

そういう考え方で、セキュリティに問題があるなど、どうしても必要なソフトだけ最小限のバージョンアップをするという対応を多くの皆さんはすでにしていると思います。
    • good
    • 0

アップデートは主にバグの修正とセキュリティ対策の為かと、


何せ零細組織で個人の熱意により開発しているので・・・

アップグレードは新機能の導入かと。

Ubuntuなら2年毎に、5年の長期サポートがあります。
2016年4月にリリースされたUbuntu16.04LTSは2021年4月までです。
5年のサポート期間があれば十分だと思いますが。
次の長期サポート版は2018年4月にUbuntu18.04LTSがリリース予定です。

6か月毎にリリースされサポート期間は9か月間のアップグレード版は
次の長期サポート版への布石、下準備と言う代物で、不安定な面が
有ります。
Ubuntu16.10(2016/10リリース),Ubuntu17.04(2017/4リリス予定)
,Ubuntu17.10(2017/10リリース予定)がこれに当たります。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Ubuntu12.04LTSを使用しているのですが、2017年4月にサポートが
終了するので、Ubuntu14.04LTSにアップグレードを3月までには終えないと
いかんかな~と考えています。
Ubuntu16.04LTSには1GB以上のメモリを搭載出来ないパソコンだから
です。(Ubuntu16.04LTSは起動しただけで900MB消費します)
Windows XP時代のパソコンは段々、肩身が狭くなってきました。
壊れてくれたら踏ん切りがつくのですが・・・
    • good
    • 0

Linuxのことは良く知りませんが、


数年が頻繁だとは思いません。
周辺機器が新しい規格になり、サポートされていなければ、それに伴ってOSの変更が必要になります。
多少の変更で、対応できるならば、アップデートで対応出来るが、
極端な例としてCPUが32ビットから64ビットになるとかなら、OSも基本から変更する必要が出てきて、
バージョンアップするのではないでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLinux ServerでOutlookのメールができるのですか?

毎日使っているOutlookのメールですが、ServerはLinuxと言っていました。
ふと今疑問に思ったのですが、Outlookでメールする場合、Linux Serverは対
応しているのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

メール通信には国際基準があって、
それに基づいて、サーバーや端末(PCやスマホ等)のメールソフトが設計されています。
サーバーとメールソフトは直接には連携せず、国際基準が仲介しています。
なので、下記ご質問は、「yes」です。

==================== 
私のOutlookから見て送受信(SMTPとPOP3)されたメールは私の所属しているLinuxサーバが取
り次ぐことが出来るから、可能である。
 世界で普及しているメールサーバはメーラの種類は関係なくメールの送受信が可能です。
====================

Qなぜubuntuは32bit版が推薦?

なぜUbuntu Linuxでは32ビット版が推薦されるんですか?もう64ビットのパソコンが普及しているこの時代なのに。

せっかく64ビットのパソコンあるのだから64ビット版を使いたいですよね。確かに動作はあまり変わらないですが。

理由がわかりません。

Aベストアンサー

64bitの環境が整備の途上なので、壁に当たる事が多く、初心者は直ぐ行き詰まる
可能性が大きいのです。

PAE(メモリ拡張機能)で32bitでも4GB以上のメモリが使用出来ますので、
64bitを使用する優位性が薄れます。

QLinuxbeanについてお伺いしたいことがあります。 先日私の使用しているnec製のll800/k

Linuxbeanについてお伺いしたいことがあります。
先日私の使用しているnec製のll800/kにLinuxbeanを導入しようとおもいました。しかし、bootのスタートをcdに切り替え、cdにはactiveというソフトを使って焼いたのですが、一向にインストール画面が出てきません。私の知識ではわからないので、詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

activeというソフトがどんなものかわからないのだけれども、CDを作成するときに「イメージファイルとして作成する」ことは絶対条件。
そこさえ満たせば、光学ドライブの不調といった機械的要因がない限り、インストールは可能です。
下記2つのサイトが参考になると思いますので、よく読んでもう一度やってみてください。
http://ameblo.jp/7vt/entry-11933964212.html
http://no-windows.blog.jp/archives/58664443.html

Qapt-get install ****** でinstallしたものをuninstallするには?

御世話になります。
vncserverだけをinstallするつもりが
誤って
apt-get install vncとうってしまいました。
これをuninstallしたいのですが
どのようにすればよろしいでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

# apt-get remove パッケージ名
では、設定ファイルは削除されずに残ります。

完全に削除するときは、
# apt-get --purge remove パッケージ名
です。

QWindows serverをCentOSにインストールしたいです。

現在WindowsPCにWindows server 2008をインストールしようとしているのですがCentOSの画面からCD-ROMを読み込みWindows server 2008をインストールする事はできるのでしょうか?

現在の状況
・CentOSしか入っていないPCにWindows serverをインストールしようとしている。
・Windows server 2008のインストールが完了したらCentOSを消去しようとしている。
・CentOSでCD-ROM(Windows server 2008)を入れた際、認識はされているみたいなのですが、通常CD-ROMを入れた際自動でインストーラーが起動すると思うのですが自動で起動しないので困っている。

御教授お願い申し上げます。

Aベストアンサー

CentOSで起動し、Windows server 2008のCD-ROMをセットしたらシステムを再起動してください。
CentOSがインストールされているので起動の際に「Press any key to boot from CD or DVD...」といったメッセージが出ると思います。表示されている間にキーボードのEnterキーを押してください。

そうするとWindows server 2008のインストール画面が出ませんか?

参考まで。

QLinuxのインストールに関して

昨日日経BPのLinuxの本を買ってきて、付属のCDからインストールしようとしたのですが、フォルダがいくつもありどれをクリックすれば良いのか困っています。

Linux初心者ですが、古いパソコンで愛着があるパソコンなのでなんとか使用したいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Lubuntuは、「Ubuntu」というLinuxから派生したものなのですが、Ubuntuは、近年非常にホットで、ファンも多いLinuxですが、比較的歴史が浅く、まだ粗削りな部分も持ち合わせています。

当該の本が、Lubuntuを基準に書かれているのでしたら、Lubuntuを使わざるを得ないですが、他にも、Debianや、OpenSUSE(SUSE)等、安定したLinuxがありますので、いつか機会があれば試してみてください。

RedHat系も安定しているかと思いますが、私はあまり使わないのでそこはよく分からないです。

人に例えるなら、Ubuntuは元気な若者で、Debianはどっしりとした長老のような感じで、SUSEは落ち着いた中年のようなイメージです。

■ Linux ディストリビューション タイムライン(年表)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1b/Linux_Distribution_Timeline.svg


個人的には、一番洗練されているのはSUSEだと思いますが、それなりに重いので、低スペックのPCには向かないかと思います。

Debianは、重くも軽くもない中間だと思いますが、先進的というよりは、非常に抑えたシンプルな構成になっています。


Linuxは本当に種類が多いので、気になったLinuxがあれば、そのサイトからISOイメージファイル(ディスクの中身を1つのファイルにまとめたもの)をダウンロードし、空のCD-RやDVD-R等に、イメージファイルの書き込みモードで書き込み、完成したディスクを使って、パソコンにLinuxをインストールしてみると良いかと思います。


CD-RやDVD-Rを焼くのがもったいないという場合は、「UNetbootin」という、ダウンロードしたISOイメージファイルの中身を、USBメモリに書き出して、起動可能なUSBメモリを作成するツールがありますので、そのISOイメージファイルが入るだけの容量のUSBメモリ(8GBあれば十分)を用意し、それを利用されると良いかと思います。

■ あらゆるOSのLiveUSBを作成することができる「UNetbootin」
https://blog.halpas.com/archives/7437


PCにインストールせずにLinuxを試したい場合は、「VirtualBox」という仮想マシンソフトがありますので、Windows上でそれを使って、Linuxをシミュレーションでインストールしてみると良いかと思います。

■ 【初心者でもわかる】VirtualBoxインストール方法を詳しく!
https://eng-entrance.com/virtualbox-install


又、近年のLinuxのインストールメディアは、ライブとして実行する(インストールせずに試す)事が出来るものが増えてきましたので、そのモードで起動すると大体の雰囲気は分かるかと思います。

ただ、ライブも、仮想マシンも、実際にパソコンにインストールした時のパフォーマンスは発揮出来ませんから、本当の動作スピードは、実際にインストールしてみないと体感出来ませんので、気に入ったものは実際にインストールしてみると良いかと思います。

Lubuntuは、「Ubuntu」というLinuxから派生したものなのですが、Ubuntuは、近年非常にホットで、ファンも多いLinuxですが、比較的歴史が浅く、まだ粗削りな部分も持ち合わせています。

当該の本が、Lubuntuを基準に書かれているのでしたら、Lubuntuを使わざるを得ないですが、他にも、Debianや、OpenSUSE(SUSE)等、安定したLinuxがありますので、いつか機会があれば試してみてください。

RedHat系も安定しているかと思いますが、私はあまり使わないのでそこはよく分からないです。

人に例えるなら、Ubuntuは...続きを読む

Q$ sudo vi /etc/hosts で大苦戦。

rootでchmodコマンドを実行しましたが、

iキーやinsertキーを押しても何の反応もなく

割り込みしかできません。

コレをやる前に「やれるものなら続けてみろ。」

赤字の英語で注意があります。

どなたかいいアイディアはないでしょうか?

該当URLは http://d.hatena.ne.jp/bicycle1885/20110508/1304871358

です。

チョット試してみてください。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

いや、ちゃんとそのままコマンド貼り付けてください。
できますから。

chmodは権限変更で、755は所有者以外にも権限を持たせる番号で、後ろに対象ファイルのパスを書きます。
対象のパスにファイルがないとは思えないので正確に書いてないだけかと思います。

ちなみにsuduは権限を持たないユーザに操作させるときに使いますが設定が必要ですし、rootには不要です。スーパーユーザなので。

QCentOS ログインできない

CentOS 7でパスワードは合っているのにログインできないという現象が時々起きます。
どうしたら対処できるでしょうか?

Aベストアンサー

ログインできないとは、どんなエラーが出るのでしょう。
IDとパスワードで大文字小文字間違えてませんかね。
CapsLockがかかってたりとかで。

Q初めての質問です。 本当に困っています。 4年ほど使っているPC(Windows7)のCドライブがパ

初めての質問です。
本当に困っています。
4年ほど使っているPC(Windows7)のCドライブがパンパンになり真っ赤です。
自分でも検索し、写せるデータは全て移しました。
それでもまだパンパンでほんの少ししか空きが無いため、インターネットの遅さ、メールで画像を送信することすらできないほどです。
Dドライブがほぼ空だったので、Cドライブの拡張をしようと試みたのですが、
未割り当て領域を作るところまで出来たんですが、ボリュームの拡張がグレーになっておりできません、調べると並び順が原因と書いてあったのですが、並び順を変えるにはどうしたら良いでしょうか??
なぜかディスク0、ディスク1、ディスク2に別れてしまっていて、これもよくわかりません。
とにかくCドライブを拡張するやり方が知りたいです。
PCのことがよく分からず本当に困っています。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

図のとおりだとディスク0、1、2、それぞれは独立した別々のハードディスクということになりますね。
未割り当てが含まれている右隣のボリュームとの領域の壁をなくして結合させることはできますけども、離れたハードディスク同士を結合して1台のハードディスクにすることはできません。Raid0の例外がありますが、設定するにはOSを最初からインストールしなおす必要がありますし、同じ容量同士のハードディスクに限られます。

画像に示すウチのWindows7は最後のOSセットアップから7年以上が経っています。
Cドライブは40GB×2台のRaid0(ストライピング)としています。
ほとんど空き容量が減っていないのは、UsersフォルダをCドライブからDドライブに変更したからで、インストール先にDドライブを指定したり、Google Earthのキャッシュ保存先をDドライブに、ほかにも一時ファイル、インターネット一時ファイル、仮想メモリなどなど、極力Cドライブに溜め込まない設定です。

さて、件の対処法ですが、私ならばディスク0のSATAケーブルを抜いておいて未割り当て領域にOSを新たにインストールし直します。
いろいろ考え悩むよりもそのほうが早いのではないでしょうか。

図解を補足しますと、
Cドライブ:37.2GB×2(Intel SSD_X-25V)
D、E:891.41GB+40.10GB(旧Windows7のCドライブとして使用した名残の未割り当てぶん)
F:2794.39GB(3TBHDD)
G:891.51GB+40.00GB(SATAの動作モードをRAIDからIDEに変更することで今でも起動可能なWindowsXPのCドライブ)

ストライピングのSSDはどちらか片方がぶっ飛んでしまうとCドライブとしてはおしまいですが、肝心な個人データはすべてハードディスク側にありますし、そのバックアップも別のハードディスクやBD-REに分散して定期的に保存していますので万全な体制です。

図のとおりだとディスク0、1、2、それぞれは独立した別々のハードディスクということになりますね。
未割り当てが含まれている右隣のボリュームとの領域の壁をなくして結合させることはできますけども、離れたハードディスク同士を結合して1台のハードディスクにすることはできません。Raid0の例外がありますが、設定するにはOSを最初からインストールしなおす必要がありますし、同じ容量同士のハードディスクに限られます。

画像に示すウチのWindows7は最後のOSセットアップから7年以上が経っています。
Cドライ...続きを読む

Qシェルスクリプトで一括作成したユーザーのパスワードが使えません

下記のようなシェルスクリプトを使ってユーザーを一括登録しました。
ユーザーのフォルダが作成されました。/etc/passwdと/etc/shadowには追加されています。
しかし、作成したユーザーでログインしようとすると、「パスワードが違います。」とメッセージが出てログインできません。
下のスクリプトのパスワード作成の方法が違っていて、予想もしないようなパスワードが作成されてしまっているのでしょうか。
それとも、パスワードを有効にする処理を追加しなければいけないのでしょうか。
もし、パスワードを有効にする処理が必要なら、どのようにしたらいいのでしょうか。
どなたか、お知恵を拝借できないでしょうか。お願いします。

シェルスクリプトの内容
#!/bin/bash

FILE_U="/home/samba/mail_add.txt"
FILE_P="/etc/passwd"

newusers $FILE_U

for line in `cat $FILE_U`
do
user_name=`echo $line | cut -d ':' -f 1`
pass=`echo $line | cut -d ':' -f 2`
txt=`cat $FILE_P | grep -e "^$user_name:"`
user_id=`echo $txt | cut -d ':' -f 3`
group_id=`echo $txt | cut -d ':' -f 4`
home_dir=`echo $txt | cut -d ':' -f 6`
##パスワード生成
PASSWORD=`perl -e "print(crypt('${pass}', 'a5'));"`
useradd -u ${user_id} -g ${group_id} -d ${home_dir} -m -p ${PASSWORD} ${user_id}
cp -rf /etc/skel/* $home_dir/
chown -R $user_id $home_dir
chmod 711 $user_id $home_dir
chgrp -R $group_id $home_dir
done

/etc/passwdの内容
t-hayashi3109:x:1002:1002:t-hayashi3109:/home/t-hayashi3109:/bin/bash
t-fujihara3114:x:1003:1003:t-fujihara3114:/home/t-fujihara3114:/bin/bash
t-takejima423:x:1004:1004:t-takejima423:/home/t-takejima423:/bin/bash
n-kishita999:x:1005:1005:n-kishita999:/home/n-kishita999:/bin/bash
y-kawase270:x:1006:1006:y-kawase270:/home/y-kawase270:/bin/bash

/etc/shadowの内容
t-hayashi3109:$6$IMrX/4SsD4$J0MTnXOhBR3HWfmtdptRkue/wmaWNrnx4lsahchwxBZIVDJvew3XHYXzi89o/ds18AmiTi9WRg4TJhXH66LMG1:17218:0:99999:7:::
t-fujihara3114:$6$cF90/Zk/sE43sq$I/c5IJWdIleNCjQp13uLyn/eHWxQMfZNjyLE7bjfkGswdb.q46VvqV8uAXzIZUdhc8zJW9BSnhrMc.eBIvdyP0:17218:0:99999:7:::
t-takejima423:$6$b0I4T4EbexUig2$0ouOYWtnPAZMz1YKNLrOsyG1RYkJhSS1OnSvkdIR97Cr0d5JOpM3Dg9F.MfVF957QPmuFgmE8N9avPx2XChB31:17218:0:99999:7:::
n-kishita999:$6$eAlJ9dMM$Mt2tL.TqJ/A0cXk3eAs/5ids.6iDtcy339YNRacEZZcfaMUIEcUkRcXoD..vw0quA1ezQlQbhxL5sXmmGTGYc.:17218:0:99999:7:::
y-kawase270:$6$hw44olqmQE/u2$2j9Sit5Bgr3XgYcVETyG4ahzEYQ5WHJgN9PrYoNYqieFbyMmt1qCuSunuZ8Mwo35rln7nTY3U7j8PGXyD33XJ/:17218:0:99999:7:::

下記のようなシェルスクリプトを使ってユーザーを一括登録しました。
ユーザーのフォルダが作成されました。/etc/passwdと/etc/shadowには追加されています。
しかし、作成したユーザーでログインしようとすると、「パスワードが違います。」とメッセージが出てログインできません。
下のスクリプトのパスワード作成の方法が違っていて、予想もしないようなパスワードが作成されてしまっているのでしょうか。
それとも、パスワードを有効にする処理を追加しなければいけないのでしょうか。
もし、パスワード...続きを読む

Aベストアンサー

>chmod: `t-hayashi3109' にアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません

に関しては、
>chmod 711 $user_name '/home/'$user_name'/'
が誤りです。
最初の$user_nameは不要です。

>pass=`echo $line | cut -d ':' -f 2`
>##指定されたパスワードを渡す
>echo $pass | passwd --stdin $user_name

恐らく不要です。
/etc/login.defsで
ENCRYPT_METHOD SHA512
になっていれば、newusersコマンドで作成されるパスワードハッシュはSHA512になっていると思われます。
# /etc/shadowの第2フィールドが$6$になっているかと。

>[root@mailsv02 ~]# su t-hayashi3109
>: そのようなファイルやディレクトリはありません

rootからのsuだとパスワードなしでも通るので、確認には不向き…かと思われます。

1つ前の質問で改行コードについて確認しましたけど…その辺りどうです?
ちなみに、それぞれ改行コードを変えているとfileコマンドで下記の様な結果になります。
[user@localhost ~]$ file mail_add_CRLF.txt
mail_add_CRLF.txt: ASCII text, with CRLF line terminators
[user@localhost ~]$ file mail_add_LF.txt
mail_add_LF.txt: ASCII text

CRLFがWindowsで標準に使われる改行コード、LFがLinuxで標準に使う改行コードです。
/home/samba
ということなので、mail_add.txtはWindowsで編集してsambaで転送したのではありませんか?
そうすると、ユーザのシェル指定が"/bin/bash"ではなく"/bin/bash\r"(\rはCR)になります。
# FTPのASCIIモード以外では変換してくれませんので、Windowsのエディタで改行コードをLFに指定するか、Linuxに移した後で改行コードの変換が必要です。
で、シェルが"/bin/bash\r"の場合に…
>[user@localhost ~]$ su - t-hayashi3109
>パスワード:
>: そのようなファイルやディレクトリはありません
となりました。

[root@localhost ~]# file /etc/passwd
/etc/passwd: ASCII text, with CRLF, LF line terminators
ということで、/etc/passwdがCRLF混じりのファイルになっているかと。

trコマンドで改行コード中のCRは削除できるので、それで置き換える…という方法で回避できるかと思われます。
[root@localhost ~]# tr -d \\r < /etc/passwd > /etc/passwd1
[root@localhost ~]# cp /etc/passwd1 /etc/passwd
cp: `/etc/passwd' を上書きしますか? y
のように一時ファイルに書き出してから更新する…とか。
# リダイレクトでやる場合は『入力ファイル』と『出力ファイル』を同じにすると問題が発生する場合があるのでご注意を。
http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/~taku/osx/crlf.html

>chmod: `t-hayashi3109' にアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません

に関しては、
>chmod 711 $user_name '/home/'$user_name'/'
が誤りです。
最初の$user_nameは不要です。

>pass=`echo $line | cut -d ':' -f 2`
>##指定されたパスワードを渡す
>echo $pass | passwd --stdin $user_name

恐らく不要です。
/etc/login.defsで
ENCRYPT_METHOD SHA512
になっていれば、newusersコマンドで作成されるパスワードハッシュはSHA512になっていると思われます。
# /etc/shadowの第2フィ...続きを読む


人気Q&Aランキング