ガラコって冬のガラスに塗ると雪を弾きますか?

A 回答 (2件)

一応効果はあります。


駐車時に積雪については雪が溜まりにくいですし、ある程度溶ければ パラッと飛んでいきます。
もっとも中途半端に溶け賭けになった雪の塊、となるとあんまり~ですね(苦笑)

結論としてはサイドウインドウやドアミラーには効果絶大、フロントウインドウに関してはやや微妙となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、ためしてみる価値はありますね、冬ワイパーは拭き取りが悪いので悩んでいます、ありがとうございます。

お礼日時:2017/01/15 19:20

雪には余り効果が無い様に感じました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、ワイパーの代わりにはなりませんか、ありがとうございます。

お礼日時:2017/01/15 18:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電動ガン1J 重い弾と軽い弾飛距離はどちらが飛びますか?

最近サバゲに時々行っているのですが、ちょっとした疑問があったので教えていただきたく思います。

私は、臆病なのでいつも前線の後ろの方から敵に向かって高射砲のように弾をなるべく離れた方からばら撒いています。威力も1ジュールぎりぎりでできるかぎり飛ばせるように工夫はしています。弾の重さは0.20か0.25を主に使っていますが、1ジュールの銃を使うという条件を変えずに一番遠くに弾を飛ばすのは弾は軽い方が飛ぶのでしょうか?重いほうが飛ぶのでしょうか?アドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

私もエアガンマニアですので。
簡単に言いますと、軽い弾(0.2グラム)のほうが飛びます。
ただし、単純な飛距離でいえば0.2のほうが上ですが、弾道の安定性(つまり、まっすぐ飛ぶ)では0.25のほうがよいです。
ご質問の内容、高射砲のように弾を離れたほうからばら撒くというのはフルオート射撃でしょうか?その使い方であれば、0.2のほうがお勧めです。

Q透明ガラスとすりガラス、溶かしたら同じもの?

ガラスを陶芸に使う場合のことです。
釉薬をかけた上にガラス片を散らして焼く方法があります。灰皿などによくみかけると思いますが。
日本酒やジンなどの瓶で青や水色の物がありますね。
あれを溶かして使うのですが、すりガラスの瓶があります。それを溶かして使った場合、同じなのかしらという質問です。
調べたのですが、表面にこまかい傷をつけて曇りガラスになっているようなことが書いてありました。だとしたら溶かせば同じだとおもうのですが、成分が違うと書いてあるものもあってよくわからなくなりました。
私が使用するのはあくまでも瓶、特に日本酒の瓶です。
どなたかご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

色を抜くのは出来ないが

磨りガラスも透明なのも、ガラスとしては同一のもの

Qベースはピックで弾くのと指で弾くのはどっちがいいんでしょうか?

ベースはピックで弾くのと指で弾くのはどっちがいいんでしょうか?

自分はピックの方がしっくりくるのですが。

Aベストアンサー

ピックベース専門30年のヲッサンアマです。

どっちが良いか…自体は、すでに似た話も出ている所ですが、自分の出したい音、やりたいスタイル次第で、どっちでもいいです。

ただ、ピックベースは、最近は世間からめちゃくちゃ誤解されてる奏法で、他の話にも出ているが如く、多くの人が「堅いビンビンした音しか出ない」「技巧的に簡単=ベースの能力を出し切れない奴がやる奏法」と、知りもせんくせに吹聴する輩が非常に(ピック経験の浅いベーシストですら)多く、そういう知ったか野郎のせいで、みすみすイヤな思いする事が多いですから、『俺は指でも弾ける』というスタンスを取っておく方が処世術的には有利な事が多いです。

あくまでも、「指弾きでないと絶対に出ない音はある」、同じく「ピックでないと絶対出せない音がある」ということは大前提としてですが、

○ピックでも、ちゃんと修練積めば、指弾きばりに丸いアタックの音は自由自在に出せます。

日頃ピックベースをバカにしている奴が居てるセッションで、ワザと「弾き手」が相手に見えないようにしつつ、指弾き並のアタックでピック弾きして、ここで(普通は指で)キメ!というところで、わざとそういう奴にピックで弾いてる手を見せて唖然とさせるのはおもろいです。
少なくとも、弦を弾いてから実際にアタック最大音が出るまでの「音の立ち上がりのスピード感」は、指よりピックの方がコントロール幅が広いのでね。

○修練を積んだピックの方が、単音勝負なら(弦やフレットをどれほど跨っても)指弾きより遙かに速いパッセージが弾けます。

これは、少なくとも「早弾き自慢」のほとんどのエレキギタリストがピックを使ってる事からも明らか。むしろ、「複数指でもピック並に早く弾く事ができるだろうか?」というクイズが成立するくらいに明確な事実ですな。
クラシックギターと同じ土俵ならなんとも言えないが、ピックなら早弾きエレキギタリスト並みの弾き方が「少なくとも可能なのは間違いない」という点だけでも、別にベースのピック弾きが指弾きに絶対的に劣っている要素は全くありません。

でも、とにかく「ピックでベース弾く奴は下手に決まってる」というレッテルを貼ろうとする奴は、最近メチャクチャ多いですね。
「やってから同じセリフ言えるもんなら言ってみろ」と思いますけど、そういう奴には言っても仕方がないからね。他人にそういうレッテル貼るのが好きな奴は、絶対それだけの修練は積まないで、自分のショボイ経験範囲でしかモノが言えない奴だからね。

ピックベース専門30年のヲッサンアマです。

どっちが良いか…自体は、すでに似た話も出ている所ですが、自分の出したい音、やりたいスタイル次第で、どっちでもいいです。

ただ、ピックベースは、最近は世間からめちゃくちゃ誤解されてる奏法で、他の話にも出ているが如く、多くの人が「堅いビンビンした音しか出ない」「技巧的に簡単=ベースの能力を出し切れない奴がやる奏法」と、知りもせんくせに吹聴する輩が非常に(ピック経験の浅いベーシストですら)多く、そういう知ったか野郎のせいで、みすみすイヤ...続きを読む

Q9ミリパラベラム弾、.357マグナム弾の反動

はじめまして。
趣味で小説を書いているのですが、実際に拳銃を撃ったことがないので反動がどの程度か分かりません。
9ミリパラと.357magを撃った時の反動がどの程度なのか教えてください。
知りたいのは
オートマチックで全長約175mm(7inch)、銃身長約95mm(3.8inch)、重量750g(マガジン込み、弾抜き)での9ミリパラの反動(大体H&KP2000かP30位)
リボルバーで全長約240mm(9.6inch)、銃身長約100mm(4inch)、重量1120g(弾抜き)での.357magの反動(大体S&WM686かコルト・パイソン)
ですが、それ以外でも試射場で撃った事があったら(グロックやM92等)教えてください。
分かる方居ましたら是非お願いします。

Aベストアンサー

 何年かグアムの「ワールドガンショップ」にハマった時期があって、かなりの弾数を撃った経験から言いますと、9パラはショックが腕から肩にストレートにくる感じで、357は手首にドン!くるような、そんな反動でしたね。

 とはいってもパイソンは撃ってはいるのですが、残念ながらH&Kは一度も撃ったことがありません。9パラはグロックとM92、それにFH・HPなど等を撃っているのですが、H&KはP2000もP30もどうしてもそのデザインとグリップの感覚が好きになれないので、もしあったとしても撃ってはいないと思います(個人的な趣味から来る好みですので、気を悪くしないでくださいね(^_^;))

 ただそのグリップのデザインから想像できることは、反動はかなりきついのではないかということです。もちろん制御不可能なほどではない反動でしょうが、しっかり構えて撃たない限り、ダブルハンドであっても連射は手の中でそうとう踊るような気がします。357も古いタイプのグリップだったらちょっと癖があるかもしれませんが、ラバーであればコントロールはかなり容易で、反動も意外とマイルドな感じでストレスを感じることはあまりありませんでした。

 ハンドガンでのりコイルで最大のものはやはり44マグとデザートでしたが、どちらも腕から肩にズシンと来るショックがありましたが、これも慣れれば案外楽しめる銃でした。銃を撃つリコイルショックは5,60発も撃てば自然と慣れてくるものです。体格はそれほど影響しないのですが、ただフルサイズのハンドガンは、やはり手が小さな小柄な人には大きなストレスをかけるようですね。

 私が一番好きなハンドガンは45ガバなのですが、初めて撃ったときに感じた反動の強さはドン!という感じで、なんというか9パラと違って、「重い」という感じでした。でも一箱二箱と撃つうちにダブルタップも楽にこなし、10メートル先のソーダ缶もミスなく当てられるようになっていったほど、撃ちやすい銃でした。とはいっても、あくまでも個人的な主観の違いですから、45オートよりH&Kが好きだという人も沢山いるはずですよね(^_^;)

 私が撃った銃の中でもっとも好きになれなかったのがグロックです。これは他の友人たちも異口同音で、やはりあの角ばったグリップ形状となんか邪魔くさいトリッガー、そして異常ともいえるほど小さいトリッガーガードのせいだろうと思います。反動は他の9パラと同じ程度で、ビシッ!という感じでそれほど扱いにくい感じではないのですが、ワンマガジンも撃てば「もういい」って気になります。アメリカでは多くの司法機関でグロックが使用されていますが、やはりアメリカ人の手のでかさと、投売りに近い安値攻勢の賜物なんでしょうかね(^_^;)

 なんか脱線ばかりで申し訳ないです。少しでも参考になれればいいのですが。面白い小説じゃんじゃん書いてくださいね!

 

 何年かグアムの「ワールドガンショップ」にハマった時期があって、かなりの弾数を撃った経験から言いますと、9パラはショックが腕から肩にストレートにくる感じで、357は手首にドン!くるような、そんな反動でしたね。

 とはいってもパイソンは撃ってはいるのですが、残念ながらH&Kは一度も撃ったことがありません。9パラはグロックとM92、それにFH・HPなど等を撃っているのですが、H&KはP2000もP30もどうしてもそのデザインとグリップの感覚が好きになれないので、もしあったと...続きを読む

Q自動小銃の弾を避ける盾ってありますか?

良く立てこもり犯人に近づく警官部隊がゴッツイ盾を持って接近して行きますが、強力な小銃相手では完全な防護にはならないと聞いた事あるのですが、本当の所はどうなのでしょうか?市販で売ってるのは38口径までが精々で、それ以上は見たこと無いので駄目なのかな?
戦争の時の兵士が盾を持たないのも、どうせ気休めだから邪魔だと持たないんでしょうか?確か軍事用ヘルメットも直撃には気休めだと聞きました。何とぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現代の兵士たちに与えられているヘルメットや防弾ベストは手榴弾や対人地雷、至近弾の爆風や弾片から心臓・頭を護るためのものであって、防弾効果はじつは薄いんです。警察官の着る物も正確には防刃ベストですよね。
小銃や戦車の徹甲弾のような運動エネルギー弾は、大口径の弾丸を撃ち出すより小口径の弾を高速で撃ち出した方が有効と考えられているので、貫徹力がとんでもなく強力になってしまい着用できるような防弾チョッキでは防げなくなってしまいました。
コスト面の問題もあるんですが、兵士の撃つ小銃の弾はまず当らないと言われており(狙撃はともかく、戦場では2000発以上撃ってやっと1発当るという統計的なデータもあるそうです)、だったら用心しなくてもいいだろう、それより行動が制限される方が問題だと考えられているようです。
米軍などでは一人々々の歩兵のIT化が進められていて、育成や負傷、戦死後の手当にかかるコストの問題から兵士1人の価値が高くなっており使い捨てには出来にくくなってきました。(今までがそうだったというのではなく、現実として歩兵の高い損耗性は許容されてきた、という意味で)
高価な電子機器とかさばるバッテリを持ち、兵士の命も守らねばならないとすれば未来的には動力付きの甲冑、つまりパワードスーツ的な装備や1人乗り用の機械化装甲兵器、つまりアニメに出てきそうな戦闘ロボットが登場する可能性もあるわけです。

現代の兵士たちに与えられているヘルメットや防弾ベストは手榴弾や対人地雷、至近弾の爆風や弾片から心臓・頭を護るためのものであって、防弾効果はじつは薄いんです。警察官の着る物も正確には防刃ベストですよね。
小銃や戦車の徹甲弾のような運動エネルギー弾は、大口径の弾丸を撃ち出すより小口径の弾を高速で撃ち出した方が有効と考えられているので、貫徹力がとんでもなく強力になってしまい着用できるような防弾チョッキでは防げなくなってしまいました。
コスト面の問題もあるんですが、兵士の撃つ小銃...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報