私は中3から留学したいと考えているのですが出来ますでしょうか?高校からは留学出来ると聞いているんですが中3から留学出来るのですか?留学基準、費用、などなど留学のことについてたくさん教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

留学には、「出発前にかかる費用」と「留学先でかかる費用」がある。

これらを合計したものが留学の総費用となる。
留学の総費用
出発前にかかる費用
・航空運賃 ・海外留学保険
・諸手続き費用(パスポート・ビザ申請料など)
・健康診断受診料 など
留学先でかかる費用
・授業料・滞在費・交通費・通信費・教材費・食費・おこづかい
※留学先でかかる費用でも、学校によって出発前に支払いが必要となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
語学留学1ヵ月の場合
!Point! 比重が多い項目をいかに安く収めるかがコツ
各費用の中で、大きな割合を占めるのは、授業料と滞在費。そのため、選ぶ学校や滞在スタイル次第で、留学総費用に大きな差が出ることも。また、この割合の比重は、留学期間によっても変化する。例えば、短期間の留学では航空運賃の占める割合が高くなり、長期間の留学だと授業料や滞在費、食費などの現地でかかる費用が大部分を占めることになる。
大学留学の場合(アメリカ)

!Point! 在学する大学や留学先によって大きな違いがある
各国の授業料の差は縮小傾向にあるものの、公立と私立であったら、公立のほうが安かったり、大学や学部によっても金額は異なる。また、現地での生活費は国による物価の違い、エリアによる差(都市部は高め、地方は安め)も影響している。大学留学の場合は、奨学金もさまざまな種類があるので、上手に活用することもおすすめ。
留学スタイル・国別でみる
授業料と滞在費・食費
国による授業料と滞在費・食費の違いを留学スタイル別でみてみよう。
※下記データは、2015年留学ジャーナルからの出発者による統計。
語学留学

物価の違いが費用の差に
同じ留学期間でも国別で費用に幅があるのは、選ぶ学校や選択するコース、1週間当たりのレッスン数によって、授業料が異なるため。また、国や地域による物価の差も影響しており、食費や滞在費と同様に授業料にも物価が反映している。
「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ
12週間 65万円~115万円
24週間 160万円~235万円
48週間 325万円~455万円
カナダ
12週間 55万円~85万円
24週間 105万円~165万円
48週間 215万円~330万円
イギリス
12週間 75万円~125万円
24週間 125万円~230万円
48週間 235万円~455万円
オーストラリア
12週間 60万円~80万円
24週間 120万円~150万円
48週間 235万円~280万円
ニュージーランド
12週間 55万円~75万円
24週間 110万円~140万円
48週間 220万円~275万円
カナダ・バンクーバーの
ILSC-Vancouver に
6ヵ月間(15レッスン)通った場合
授業料+滞在費+食費=115万円

(内訳)
授業料(出願料、教材費含む) CA$6,390
滞在費+食費* CA$5,558
合計 CA$11,948(=1,147,100円)
*ホームステイ 1日3食付き
※CA$1=¥96
※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料など、上記以外に別途かかる費用もあります。
大学・大学院留学
1学年で200~350万円が目安
公立か私立か、2年制か4年制かによって授業料は大幅に異なり、文系よりも理系の方が一般的に授業料が高く、医学部・法学部・MBAは特に高額。奨学金の種類が豊富なのも、大学・大学院の特徴。
アカデミックイヤー(約9ヵ月)
の「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ
短大 245万円
大学 445万円
大学院 375万円
カナダ
短大 205万円
大学 255万円
大学院 200万円
イギリス
大学 355万円
大学院 355万円
オーストラリア
大学 340万円
大学院 345万円
ニュージーランド
大学 295万円
大学院 325万円
アメリカ・カンザス州の
Wichita State University
(ウィチタ州立大学)
で1年間にかかる費用
授業料+滞在費+食費=327万円

(内訳)
授業料、本代など US$15,454
滞在費+食費 US$11,332
合計 US$26,786(=3,268,000円)
※US$1=¥122
※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料など、上記以外に別途かかる費用もあります。高校留学
公立校なら230~300万円前後が目安
カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでは公立校への留学が人気。費用の目安は230~300万円。アメリカ、イギリスではほとんどのケースで私立校を選ぶことになるので費用が割高になる。中には年間500万円以上の学校も。
アカデミックイヤー(約9ヵ月)の
「授業料+滞在費+食費」の目安
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド
留学スタイル・国別でみる
授業料と滞在費・食費
国による授業料と滞在費・食費の違いを留学スタイル別でみてみよう。
※下記データは、2015年留学ジャーナルからの出発者による統計。
語学留学
物価の違いが費用の差に
同じ留学期間でも国別で費用に幅があるのは、選ぶ学校や選択するコース、1週間当たりのレッスン数によって、授業料が異なるため。また、国や地域による物価の差も影響しており、食費や滞在費と同様に授業料にも物価が反映している。
「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ
12週間 65万円~115万円
24週間 160万円~235万円
48週間 325万円~455万円
カナダ
12週間 55万円~85万円
24週間 105万円~165万円
48週間 215万円~330万円
イギリス
12週間 75万円~125万円
24週間 125万円~230万円
48週間 235万円~455万円
オーストラリア
12週間 60万円~80万円
24週間 120万円~150万円
48週間 235万円~280万円
ニュージーランド
12週間 55万円~75万円
24週間 110万円~140万円
48週間 220万円~275万円
カナダ・バンクーバーの
ILSC-Vancouver に
6ヵ月間(15レッスン)通った場合
授業料+滞在費+食費=115万円
(内訳)
授業料(出願料、教材費含む) CA$6,390
滞在費+食費* CA$5,558
合計 CA$11,948(=1,147,100円)
*ホームステイ 1日3食付き
※CA$1=¥96
※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料など、上記以外に別途かかる費用もあります。大学・大学院留学
1学年で200~350万円が目安
公立か私立か、2年制か4年制かによって授業料は大幅に異なり、文系よりも理系の方が一般的に授業料が高く、医学部・法学部・MBAは特に高額。奨学金の種類が豊富なのも、大学・大学院の特徴。
アカデミックイヤー(約9ヵ月)
の「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ
短大 245万円
大学 445万円
大学院 375万円
カナダ
短大 205万円
大学 255万円
大学院 200万円
イギリス
大学 355万円
大学院 355万円
オーストラリア
大学 340万円
大学院 345万円
ニュージーランド
大学 295万円
大学院 325万円
アメリカ・カンザス州の
Wichita State University
(ウィチタ州立大学)
で1年間にかかる費用
授業料+滞在費+食費=327万円
(内訳)
授業料、本代など US$15,454
滞在費+食費 US$11,332
合計 US$26,786(=3,268,000円)
※US$1=¥122
※上記の金額は概算です。それぞれの金額は予告なしに変更することがあります。また航空券や留学保険料など、上記以外に別途かかる費用もあります。
高校留学

公立校なら230~300万円前後が目安
カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでは公立校への留学が人気。費用の目安は230~300万円。アメリカ、イギリスではほとんどのケースで私立校を選ぶことになるので費用が割高になる。中には年間500万円以上の学校も。
アカデミックイヤー(約9ヵ月)の
「授業料+滞在費+食費」の目安
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド 230万円
250万円
230万円

公立が授業料は安めだが、期間は長め
専門学校には公立と私立があり、公立の方が安めに設定されている。ただし、公立の学校は入学日が限られていて、コース期間が長めなので、スケジュールの調整が必要。
9カ月~1年の
「授業料+滞在費+食費」の目安
アメリカ(2年制大学)
アメリカ(専門課程)
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド
イギリス 285万円
445万円
270万円
270万円
250万円
375万円
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございます!
とても参考になりました‼︎

お礼日時:2017/01/17 20:53

留学はできます。



 ただ、高校の留学はリスクがかなり高いのもたしか。

 もし現地の高校に入れなければ中卒となります。

 神経の調子が悪くなって、これ以上留学をすると危険なので、帰国した人も何人もいます。
 日本の高校を卒業して大学を目指して勉強している人ですら、大学や専門学校へ入れなくて泣く泣く帰国したり、神経の調子を悪くして帰国した人を何人も見てます。

 で、現地の高校に入るのには、目安としてTOEFLで最低400点は必要ですね。
 英検で言うと2級レベルですね。

 とりあえずTOEFLやTOEICの勉強をされてみては、いかがでしょうか(英検ではありません)。

 「こんな事は知っているよ!!」とおっしゃると思いますが、留学すると言う事は今まで、学校で日本語でやっていた事が全部英語なのです。

 つまり、授業も英語、板書も英語、教科書も英語、友達や先生と話すのも英語、24時間365日全部英語なのです。

 高校から留学ではなく、日本の高校を卒業されてからの留学、つまり現地の大学へ留学される方を、おすすめします。
 

 応援してます。

 乱文で失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は高校から留学する予定なんであなたの意見は話になりません。

お礼日時:2017/01/19 07:33

留学と言っても、何処の国の何処の学校かによって、出来る出来ないの違いがあるのではないでしょうか。



例えば、公立校は、留学生を受け入れていない国や、留学生の親は納税していないので授業料を私立並みに取る国などがあります。
また、私立校に留学するにしても、学校によっては、3年間の内2年間以上在学しなければ卒業証書を出さない等という処もあるでしょう。

それと、中学生ですと、親が同伴で生活一般の世話を行わないと受け入れない国や学校もあります。
英語圏では同じだと思いますが、オーストラリアの経験からすると、車社会ですので、中学生ぐらいまでは、親が送り迎えをしているようでした。
子供の誘拐を警戒ている親もいるようですし。

子供が中学2年生で1年間留学しているという親子に出会ったことがありますが、高額な輸送費を掛けて日本から車を持参したが、国の規制に引っ掛かって通関手続きが難しく、親友の夫がネーティブでサポートしてくれたの助かったと言っている人もいました。

何処の国の何処の学校へ留学するのか、ある程度絞って、各学校へ問い合せてみないと可能性は掴めないのではないかと思います。

それともう一つ。。。
ご本人の異文化(外国での生活)への適応力や成熟度(困難に対する忍耐力等)等も、考えておいた方が良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/01/19 07:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中3から留学は出来ますか? 出来たらどのような手続きを取れば良いのですか? 成績がこれくらい無いと行

中3から留学は出来ますか?
出来たらどのような手続きを取れば良いのですか?
成績がこれくらい無いと行けないとか、そういうものはありますか?わからないことがたくさんあるので教えていただけると有難いです。

Aベストアンサー

上記は年間の費用です。
日本の場合は公立15-30万、私立では60-80万ぐらいです。

やはり英米を考える人は多いですが費用や治安、大学のレベルを考えると
豪州やカナダもおすすめですね。
費用を考えると例えば寄宿生のマレーシアやフィリピンの高校へ行き、
大学を豪州やカナダなどから探す、のも手です。
特に豪州は国立大が強い地域ですから(トップ100に入る大学数は日本よりも多いです)北米よりも学費は安く済むはずです。
地理的な関係でニュージーランドやマレーシアの高校生が豪州の大学へ進むケースも多いです。

Q中学2年です!こんにちは! 私は高校留学を考えてますが、金銭的理由などで親に負担がかかるのはとても申

中学2年です!こんにちは!
私は高校留学を考えてますが、金銭的理由などで親に負担がかかるのはとても申し訳ないと思いますが、どうしても英語力向上と精神力向上のためにどうしても
カナダの公立高校で卒業したいです!
自分は野心があるほど良いと思ってます
親にお金ないから、と真剣に受け取ってもらえなそうです。私がどんなに本気か
見せるためにどんな行動をとれば伝わるでしょうか?親に理解してもらうには?
少しでも費用が抑えられる方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

私が中学生の頃は、同じような気持ちだったことをまだ覚えています。

それに、カナダを選ぶというのも悪くはないのは、カナダの町によりますが、かなりの中国人が移住していますね。だから、そこらで紛れ込んでしまうというのもアリかもしれません。オーストラリアではそうは行きません。そう言えば、私の知人の娘さんがカナダに語学留学していました。

留学自体は、語学を学ぶ目的だというよりも、「知らない世界を見てみたい」というような憧れなのかもしれません。昔、吉田松陰が黒船に潜り込んだように、それは今の年齢だけに与えられる意欲を、鎮火させたくありません。

話がちょっと飛躍するけれども、以前のNHK朝の連ドラの『花子とアン』の主人公の村岡花子さんのご実家は、貧乏だったそうですね。それで、父親がまたとても変わったというか、社会運動家で、クリスチャンで、何人かの兄弟姉妹の中で、花子さんだけを特別扱いして、それも、お嬢様学校の英和女学校に入れてしまう、というのは、傍から見たら頭がおかしいとしか思えないのです。

また、この花子さんという人は、子供の頃から、どうやら言葉に対して天才的だったそうです。今、翻訳家の中で彼女は神様レベルにいる人で、すべては彼女を原点してしか語れないような存在です。そんな人が学校に入ったら、もう大変で、その読書量は半端なく、図書館を大きくするしかなかったぐらいだったとも言います。その上、彼女の先生の一人に、万葉集の研究で有名な佐佐木信綱という人がいます。時代がそうしたのか、他にも、その道では偉い人が一杯周りにはいました。

別に、津田塾を作った津田梅子さんみたいに、幼い時にアメリカに渡って語学は抜群でできるようになって帰ってきたものの、仕事もなく自分をサポートしてくれる人もない中で、学校を作ったわけです。

この村岡さんにしても、津田梅子さんにしても、明治や昭和の語学の達人たちは、やはり絶対的な環境に恵まれていたということは言えます。こと語学に関する限りは、私は偉くなった人たちをよく知っていますから、現代に至るまで、語学で大成したような人たちは、概ね、家は裕福かもしれません。

私の恩師は、ドイツとアメリカに留学していますが、30半ばまで親のスネをかじっていたというようなことを言ってました。昭和の語学の達人、関口存男さんは、親は、銅像が作られるぐらいかなり偉い軍人さんで、本人は肩身の狭い思いをしていたそうです。このひとは、本当の天才で、ほぼ自力で語学を2年程度のペースで習得していくのです。そういう家が貧乏なわけがありません。

>金銭的理由などで親に負担がかかるのはとても申し訳ないと思います。
厳しいことを言ってすみませんが、こういう常識人は、そこそこで終わってしまう、というか、私自身がそうだったからです。親の家計もよく知っていたし、それを気にするばかりに、結果としては、常識的になかなか思い切ったことが、まして勉強までもできないものなのです。変に自分が小さくなって、親たちの事情を理解することは、本当は、自分のためにならないのだろうと思うのです。

お金のことは一切考えないで、自分の純な気持ちだけを優先させるべきだと思います。私の知人は、たまたま懇意にしていた先生の紹介で留学試験を受け、国費留学しています。私自身は、その人たち(複数)よりも、実力負けしていたのはすぐに分かりました。

今のご質問者さんの年齢からですと、安易な留学よりも、イマージョン・プログラムをされたらと思うのですが、また、私立で、お金が掛かります。例えば、静岡県の加藤学園などは昔から有名です。しかも、高校を卒業できるか分からないほど勉強がきついのです。目標とする資格はバカロレアという国際的な大学入学資格です。

>やっぱり逃げに見えますよね。。。
私は、そうは思わないです。ご質問者さんは、へんに大人なんですね。私などは、時代背景がかなり違いますが、小学校からずっと、短波放送など聞いていたし、語学には強い興味があって、海外に行き、海外で住むことを夢見ていたわけです。ただ、その後、言い訳かもしれませんが、ずっと病弱だったから、思ったようには行かなかったのです。

こんな時に、身近に本当に信頼できる先生がいるとよいのですが。

TOEFLやIELTS(Academic)は、今から、徐々に分かるようになるようにしたほうが、将来のために役立ちます。TOEICは不要です。TOEICは、日本の大人の社会の価値基準で作られたものだと思います。

私は、独学では学校以上の教育は無理だと思っています。もし、そういうように上を目指すには、ふつうの学校の勉強では追いつかないです。一般的な学校教育の枠組みでは、絶対に英語などは伸びないと思います。良い先生に恵まれること、良い情報源を得られることだと思います。

最後に、思い出した事ですが、
栄陽子留学研究所 http://www.ryugaku.com/ は、主に大学の留学ですが、機会があれば、相談してみるとよいです。ものすごく厳しいことを言う人ですが、留学のための英語の勉強の計画も指導してくれます。

長い文章ですので、読むのにおつかれになったかもしれません。
ガンバッテ!

こんにちは。

私が中学生の頃は、同じような気持ちだったことをまだ覚えています。

それに、カナダを選ぶというのも悪くはないのは、カナダの町によりますが、かなりの中国人が移住していますね。だから、そこらで紛れ込んでしまうというのもアリかもしれません。オーストラリアではそうは行きません。そう言えば、私の知人の娘さんがカナダに語学留学していました。

留学自体は、語学を学ぶ目的だというよりも、「知らない世界を見てみたい」というような憧れなのかもしれません。昔、吉田松陰が黒船に潜り込...続きを読む

Q中3です。私立校と公立校のどっちがいいですか?

今、どこの高校に行こうかまよっているんですが、公立高校と私立高校のどちらを選べばいいか迷っています。
親が言うには、「公立行っても予備校にいかないととても大学にはいけないくなる。それに比べて私立は付属校を選べば大学進学ではあまり心配ないし、授業内容、部活なども結構特色あって面白そうだから、私立の方がいいと思う。」というんですが、
僕としてはお金のかかる私立は両親に悪いとおもい、公立前提でかんがえてました。親に予備校いかないで独学では無理かと聞けば、まず無理ときっぱり言われました。中学校の担任に聞いても同じようなことを言われました。
学力はオール4+5が1,2個で、難関校に行く自身はないですが、中堅校にはいけるかな、という感じです。
皆さんにどちらがいいのかと、それを進める訳を教えていただきたいです。教師としての考え、保護者としての考え、受験生としての考えと色んな人からの意見を聞かせていただければうれしいです。

Aベストアンサー

はじめまして。私は19歳の男です。本来なら1浪の末、大学に行くはずだったんですが、お金がなくて断念しました。
でも、今アルバイトをして資金をためています。このままだと20、21歳くらいでやっと進学ですが、それでも大学は行く価値があると思います。学歴がないといろいろ障害があります。
------------------------------------------
で、質問についてですが、親御さんの言う、「公立行っても予備校にいかないととても大学にはいけなくなる。」「予備校いかないで独学では無理かと聞けばまず無理」というのは、果たしてそうでしょうか?

私は高校を中退し、予備校も行かず、1年間の独学の勉強で偏差値65まで行きました(7月河合塾 全統私大模試)。一応、超難関の慶應大を目指してました。みっちりと勉強漬けの日々を送れば、高校に関係なく、少なくとも中堅大学はいけると思います。
なぜなら、私立文系では科目が少ないので、少ない科目に集中して対策ができるからです。(その代わり難易度が高いですが・・・)

慶應大 商学部で、数学を選択する方式をとると、数学がない方式に比べて、倍率が低くなる(2倍強)、など、戦略はいくらでもあるんです。

→大学受験は努力次第で融通が利く、ということです(私はお金がなくてダメでしたが)

→ネットオークションを見れば、参考書も格安で売っています。独学という選択肢もありです。(独学は簡単ではないとは思いますが、不可能でもないと思います。)

答→高校でこだわる必要はないのでは?高校に行ってから大学について悩むべきです

→ただしこれにつけこんで、?と思う無謀な勉強法などを教える人、本がいるので注意してください。
----------------------------------------------
私は高校受験では全然悩みませんでした(成績は学年でトップレベルなのに、受験校のレベルを下げたため)。ですが大学受験ではかなり悩みました。悩む要素が多すぎて、頭がこんがらがるからです。もはやどこの大学にするか?というよりは人生をどうするか?という悩みになってしまうんです。

だから、今から将来のことを考えるのはいいことだとおもいます。

そこで、知識が不足していると、いざ、悩む時に困ります。だからパソコンなどで情報を調べまくることもお勧めします。そこで私立、公立の答えも出るかもしれません。


以上、勉強の面などから考えを述べさせていただきました。合格もしていない私がいうのも説得力がないかもしれませんが、参考にして頂けたら幸いです。

はじめまして。私は19歳の男です。本来なら1浪の末、大学に行くはずだったんですが、お金がなくて断念しました。
でも、今アルバイトをして資金をためています。このままだと20、21歳くらいでやっと進学ですが、それでも大学は行く価値があると思います。学歴がないといろいろ障害があります。
------------------------------------------
で、質問についてですが、親御さんの言う、「公立行っても予備校にいかないととても大学にはいけなくなる。」「予備校いかないで独学では無理かと聞けばまず無理」という...続きを読む

Q語学力アップのためと貯金をするためワーキングホリデーをしようと思っているのですが、1番お金を貯めやす

語学力アップのためと貯金をするためワーキングホリデーをしようと思っているのですが、1番お金を貯めやすい国はどこでしょうか?

Aベストアンサー

ワーキングホリデーは、そもそも自国を雇うよりもそういう人を職業経験だのなんだのと言って激安で雇うことでメリットを得てるからこその雇用ですから、ほとんどの人がそれだけでは生活できず、日本での貯金を切り崩して生活してると思います。第一、英語もまともにできない怪しい人をわざわざ現地人と同じ水準で雇うメリットが雇用主にも、その国の雇用政策的にも全く持って意味がないのだから当たり前です。高級で雇われたければそれなりのキャリアや学歴を引っ提げて専門職として就活せざる負えません。

実際オーストラリアだかニュージランドだかではそれが労働法違反だとかで問題になってます。そういう意味で言えば、一番いいのは日本に決まってる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報