昨年の12月26日になっなった事を本日聞いたのですが
そのご家族に気持ちを持っていきたいのですが
御霊前袋でよろしいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

他回答を間違いと決めつけている人が間違っています。


「霊前」にしろ「御仏前」にしろ宗派によります。
宗派によっては、霊前ではたいへん失礼になることもあります。

とはいえ、先方の宗派などふつうは知らないでしょうから、無難なのは「香典」です。

古来より葬儀や法事には「お香」を持ってお参りしたのです。
現代ではそのお香が現金に代わっただけですから、「香典」となるのです。
「香奠」などとも書きます。
「御」を付けても良いです。

葬儀が済んだら香典ではないと考える人も少なからずいますが、本来は「お香」なのですから何年経っても香典で良いのです。
    • good
    • 1

浄土真宗なら亡くなった日に仏さまになるので、御仏前


普通は満中陰(四十九日)を過ぎてから仏さまになるので、それまでは御霊前
宗派が判らないのであれば、ご香典となります。
御霊前もしくは御香典としておくのが無難ですね、
    • good
    • 1

四十九日法要前ですので「御霊前」が正解です。

    • good
    • 0

間違った回答がついていますが、四十九日前は「ご霊前」の方が良いと思います。



一般的には、四十九日の満中陰法要が終わって仏さまになると言われているので、それまではまだ「ご仏前」ではないという考えです。
宗派によっては亡くなるとすぐ成仏するという考えもありますが、四十九日まではご霊前の方が無難です。
    • good
    • 0

で、一番肝心なのは、中身を入れ忘れないこと。

二枚以上の場合は、確認し易いように、少しずらす。私は、受付役をした時に、入っていなかった事があったので、必ず直前に、確認しています。
    • good
    • 0

49日前なら御仏前でよろしい。

    • good
    • 0

一般的に、四十九日法要までは、ご霊前、以降は、ご仏前になります。


浄土真宗では、亡くなれば直ぐに仏様になるという事で、ご仏前です。
宗派が分からなければ、お香典ならば、四十九日法要の前後関係なく使えます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四十九日のお香典の表書き

親戚の四十九日法要があります。
私は、四十九日の法要より使用と書いてあった「御佛前」の袋を用意しました。
しかし父は、文房具屋さんで「四十九日の法要に出るのですが・・」と言ったら、「ではご霊前ですね。」と言われ、ご霊前の袋を用意したそうです。
色々調べても、四十九日までは「ご霊前」と書いてあったりするのですが、四十九日当日は「御佛前」「ご霊前」どちらになるのでしょうか?

Aベストアンサー

坊さん@浄土真宗です。
申し訳ありませんがNo3回答者orihime05さんの
> 浄土真宗では「御仏前」は使えません。
は誤りです。逆に通夜時から御仏前で、御霊前は用いません。
ご質問者さんへのアドバイスですが、実は厳密には宗派により異なります。
仏教葬儀の場合、四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御仏前」と書くのが正しいと俗に言われ、極端にはどの宗教でも葬儀の香典は「御霊前」と書いてよいとの説明がされることが多いのですがこれは俗説で誤りです。
まず、浄土真宗では亡くなった方は即浄土に往生したのであり、「霊」という概念がありませんので「御霊前」は用いません。また、「特にこだわらない」とするものの、曹洞宗・臨済宗などの禅宗系では教義に「浄土」がありませんので「成仏以前」という考え方がなく「御仏前」とするのが一般的です。また、故人に出すのではなく「本尊である仏様に捧げる」という意味であるなら「御仏前」になります。
キリスト教でもカトリックは「御霊前」を許容していますが、プロテスタントでは否定しています。
同じ宗派の親族でしたら「相手の宗派=自分の宗派」ですので合わせることも可能ですが、宗派が異なる親戚や知人の単なる会葬者の立場に立つと、必ずしも相手方の宗教・宗派を理解したうえで会葬するとは限りませんので、その場合自らの宗旨で上書きを選択してもよいです。
合掌

坊さん@浄土真宗です。
申し訳ありませんがNo3回答者orihime05さんの
> 浄土真宗では「御仏前」は使えません。
は誤りです。逆に通夜時から御仏前で、御霊前は用いません。
ご質問者さんへのアドバイスですが、実は厳密には宗派により異なります。
仏教葬儀の場合、四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御仏前」と書くのが正しいと俗に言われ、極端にはどの宗教でも葬儀の香典は「御霊前」と書いてよいとの説明がされることが多いのですがこれは俗説で誤りです。
まず、浄土真宗では亡くなった方は即...続きを読む

Q四十九日の香典について質問です。亡くなったのは私が結婚前に一緒に暮らしていた父親のお父さんです。 明

四十九日の香典について質問です。亡くなったのは私が結婚前に一緒に暮らしていた父親のお父さんです。
明日四十九日で、夫婦と3人の子供(中3、中1、小6)の5人で行きます。母親に引出物はないからお金はあんまり持って来なくていいよ、と言われました。
会食も子供用を用意してくれるとの事。
初めてのことでいくら持っていけばいいのかわかりません。わかる方教えて下さい。

Aベストアンサー

3万円かなあ。
すべてそんな場合はご主人名で、家族でです。

Q初盆のお参り 神道の場合ののしの書き方 

初盆のお参りに行きます。
先方は、神道なのですが、持参する『御仏前』は、何と記入すればよいのでしょうか?
色々と調べたのですが、大体、神道には『初盆』がないとか・・・で、はっきり分かりません。
母は『御霊前』と言うのですが、これでよいのでしょうか?
明日行く為、急いでおります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

神道は、仏教と違い確かに「お盆」という考え方はありません。
しかし、神道の家でも「初盆」ということで祖先をまつる家が多いですね。

その家は初盆をやるということですから、盆の供養で「盆供」でいいでしょう。
「御霊前」は香典には使いますが、お盆では使いません。
ただし、不祝儀袋は「はすの花」の絵がついていないものを使ってください。

Q義母の13回忌での御仏前(御供料?)の金額(内々で行います)

私自身、仏式は全く知らないので、表現がおかしかったらすいません。

義実家で13回忌の法要が行われます。
義父、義弟の住む家に、私と夫が呼ばれて、そこにお坊さんが来てお経を唱えるだけだそうです。親戚は一切呼ばないそうです。
お食事会もありません。

毎月来てもらっているお坊さんに、”13回忌の法要”として来てもらうだけだそうです。
(自分の知っている法要は、天理教のもので、法要と言えば、祭壇に鯛や高給な御酒が並び、教会の先生が来て、そのあとお食事会(会席料理)だったので、内心、驚いてしまいました)

お坊さんにお渡しするお金は、いつもの如く義父が用意するようなのですが、私たち夫婦も用意するもんでしょうか?
また、義父には「お花代・御仏前・御供料」などという形で包み、渡すつもりでおりますが、上記のような法要の場合、いくらが適切でしょうか?

5000円で充分だと知り合いには言われたのですが、根拠が分からなかったので、本当にそれで良いものか悩んでおります。

ググったのですが、13回忌といえば、会席料理なり、なんなりとある法要での場合ばかりで、今回の状況には当てはまりませんでした。

また、お坊さんへのお茶出しなどは、私が行ったほうが良いのでしょうか?それとも、家人が行ったほうが良いのでしょうか?

合わせてお教えいただけたらと存じます。

地域は大阪ですが、
義父は長崎の五島の人です。
自分の知らない風習は、全て間違いだと思う(自分は様々な事を知っていると思っており、自分が知らない事を年下の人間から言われると不機嫌になったり、酷いときは怒鳴り散らして黙らせようとする)タイプの人ですので、そういった点でもアドバイス頂けると嬉しいです。

宜しくお願い致します。

私自身、仏式は全く知らないので、表現がおかしかったらすいません。

義実家で13回忌の法要が行われます。
義父、義弟の住む家に、私と夫が呼ばれて、そこにお坊さんが来てお経を唱えるだけだそうです。親戚は一切呼ばないそうです。
お食事会もありません。

毎月来てもらっているお坊さんに、”13回忌の法要”として来てもらうだけだそうです。
(自分の知っている法要は、天理教のもので、法要と言えば、祭壇に鯛や高給な御酒が並び、教会の先生が来て、そのあとお食事会(会席料理)だったので、内心、...続きを読む

Aベストアンサー

>お坊さんにお渡しするお金は、いつもの如く義父が用意するようなのですが、私たち夫婦も用意するもんでしょうか?
いいえ。
用意する必要はありません。

>お坊さんへのお茶出しなどは、私が行ったほうが良いのでしょうか?それとも、家人が行ったほうが良いのでしょうか?
施主(家人)が行います。

>義父には「お花代・御仏前・御供料」などという形で包み、渡すつもりでおりますが、上記のような法要の場合、いくらが適切でしょうか?
のしは「御仏前」と書きます。
通常でしたら、1万円(夫婦だと2万円という考え方もありますが)でしょうが、当然、引き出物もないですよね。
1万円というのは、会食、引き出物にだいたい1万円くらいかかることがその金額の根拠とされています。
そういう形なら、なくてもいいようにも思えますが、貴方がたの気持ちもあるでしょう。
5000円なら十分な金額だと思います。
13回忌の前に7回忌とか3回忌とかあったと思いますが、そのときはどうだったんでしょうか。

Q35日法要の御霊前

今度主人の亡くなった祖母の35日の法要があります。
喪主は主人の父で主人は次男で同居はしておりません。
夫婦で出席しますが、自宅でお経の後場所を変えて食事が用意してあります。もちろん引き出物もあります。
このような場合はいくら包めばよいのでしょうか。

Aベストアンサー

既に多くの回答が付いていますが、「御霊前」か「御仏前」かの論争に一石を投じさせてください。
仏教では一般に、忌明けまでは「御霊前」で、忌明け以降が「御仏前」となります。忌明けとは四十九日のことです。女性は三十五日を忌明けとする地方もあります。

ただ、日本でもっとも檀家数の多いと言われる浄土真宗では、人は死とともに成仏するという考え方から、「御霊前」はあり得ません。通夜の段階からもう「御仏前」なのです。通夜・葬儀は「香典」でもかまいませんが、初七日以降は「御仏前」です。

ついでに言っておきますと、
>喪主は主人の父で…
喪主は葬儀が終わればお役ご免、法事を取り仕切る人は「施主」と言います。

さて本題ですが、冠婚葬祭で迷ったら 1万円と決めておくことです。
招待された結婚式と、ごく近い人の香典を除いて、あとは何があっても 1万円を包むのです。呼ばれていない結婚式、出産、病気や火事見舞い、新築、ちょっと遠い香典、法事その他いろいろな冠婚葬祭がありますが、迷ったら 1万円を基本とし、あとは状況に応じて加減します。

ということで「御仏前」の実質 1万円に夫婦二人分の会食と引出物の実費 1万円を加えて合計 2万円を包めば、よいでしょう。
あと「お供え」と書いて、個包装された菓子箱などを併せて持って行けば、故人の孫としては申し分ありません。

既に多くの回答が付いていますが、「御霊前」か「御仏前」かの論争に一石を投じさせてください。
仏教では一般に、忌明けまでは「御霊前」で、忌明け以降が「御仏前」となります。忌明けとは四十九日のことです。女性は三十五日を忌明けとする地方もあります。

ただ、日本でもっとも檀家数の多いと言われる浄土真宗では、人は死とともに成仏するという考え方から、「御霊前」はあり得ません。通夜の段階からもう「御仏前」なのです。通夜・葬儀は「香典」でもかまいませんが、初七日以降は「御仏前」です。

...続きを読む

Qご仏前とご霊前の違い

カテゴリ違いかも知れませんが
ご仏前とご霊前の違いが分からないので教えてください。
通常お葬式にもっていくのは、ご香典もしくはご霊前だと私は思っていたのですが
あっていますでしょうか?

Aベストアンサー

No1です。

ちょうどよいサイトがあったので紹介します。
やはり四十九日までは御霊前で正しいですよ。

参考URL:http://www.hourinin.or.jp/web/terakoya/page/kouden.html

Q50回忌の金包みの 表書き

 祖父の50回忌なのですが、金包みの表書きについて悩んでいます。
宗教は、浄土真宗本願寺派です。滋賀に住んでいます。

私の記憶では 50回忌を務めるのは目出度い事なので紅白の金包みと聞いたことがあります。が、表書きに何と書けばよいのかわかりません。

他の人に聞くと 普通の「ご仏前」でいいのでは?ともいわれていますが・・・これなら仏事用の金包みになるのかなぁと悩んでいます。

Aベストアンサー

 「御仏前」で良いでしょう。
 
>50回忌を務めるのは目出度い事なので紅白の金包み
 
 地域によっては,めでたいこととして紅白の水引金封を用いることがあるらしいのですが,全国的な風習ではありません。
 死後50年で先祖代々の仲間入りをされるからとか,50回忌が営めるということは,子孫が繁栄しているからだとか,いろいろ言われているようですが。
 
 浄土真宗の教義ですと,故人は亡くなるとすぐに,阿弥陀様のおられる極楽浄土へ往生されますから,50回忌が特段めでたい法要というわけではありません。

Q四十九日 法要について(香典金額など)

こんばんは。
祖父の四十九日法要があるのですが、お香典の件で悩んでいます。
昨年結婚して、主人と二人で暮らしているので、
二人で¥20,000包もうと思っているのですが、相場はいくらくらいなのでしょうか?
¥10,000くらいでもよいものでしょうか?

また、法要は48日目に行われます。(平日より日曜が良いとのことで)
その際、表書きは【御霊前】と【御仏前】とどちらになるのでしょうか?
49日以降の法要は【御仏前】などと言われていますが、実際には48日しか経っていないので悩んでいます。

Aベストアンサー

相場は地方や親族によって違うと思います。何かとお付き合いが派手で高額を包む一族もいれば、そんなにお付き合いが派手ではない一族もいます。あなたの親族ではどの程度が相場なのかはここで貴女の質問を読んでいる人にはわからないので、ご両親やご兄弟など身近な親族に相談してみるのがベストだと思いますよ。もしご兄弟がいらっしゃるなら金額を合わせればいいですし。

法事では一般に食事がふるまわれるのではと思いますが、一応、その実費以上はというのが目安になるかもしれません。あまり値段の張らないものなのか、あるいは高級な店でそこそこ高い料理をいただくのか。例えばもし一人8千円もするような料理をいただくのでしたら2人で1万円では先方に気の毒かもというわけです。

仏教ならご仏前でよいと思いますよ。神道やキリスト教の場合はご霊前にしないといけませんが。実際には48日でも「四十九日法要」なのですから49日と考えてよいと思います。
お祖父様のご冥福をお祈りいたします。故人をしのぶよい法事になりますように。

Q創価学会の葬儀に参列する場合の注意点は?

私は関東地方に住んでいます。
友人の家は家族が皆、創価学会の会員(宗徒?)です。
地区代表をやるような、かなり深い会員です。
私は創価学会の葬儀に参列したことがありません。
友人の両親の葬儀に参列する場合、仏式の葬儀しか知らない私は
どんな点に注意すればいいでしょうか?

例えば
・香典袋には何て書けばいいですか? 金額は仏式と同じ程度ですか?
・服装はいわゆる喪服でいいですか?
・お焼香のような、知っておいた方がよい儀式はありますか?

恐れ入りますが、創価学会が良いとか悪いとかいう議論はご遠慮ください。

Aベストアンサー

焼香は3回です。
質問者様が創価学会員ではないのなら数珠は持っていかないほうが無難です。
香典は普通で大丈夫です。
服装も喪服で大丈夫です。

全員で経をあげますが 知らない人はだまってれば大丈夫。

Q実父の13回忌法要のご仏前の相場は?

今週末に実父の13回忌の法要があります。
私、夫、小学3年生の娘と3人で出席します。
御仏前はいくらぐらい包めばよいでしょうか?
宗派は真言宗で、実家(法要を行う地域)は神奈川県です。
また、そのときのお札は新券では失礼にあたりますか?
あまり日がないのですが、回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>今週末に実父の…

あなたはサザエさんではありませんね。
あくまでも他家へ嫁いだ身ですね。

>御仏前はいくらぐらい包めばよいでしょうか…

親戚間での冠婚葬祭で、迷ったら 1万円と決めておくことです。
呼ばれた結婚式と、近い親戚の香典を除いて、あとは何があっても 1万円を包んでおくのです。
今回のような法事を初め、呼ばれていない結婚式、少々遠い香典、家やお墓の新築、病気や災害の見舞い、出産や入学などなど、とにかく 1万円を基準にして、あとは適宜増減を考えるのです。

ということで、実質の御仏前を 1万円に、会食や引出物がありそうならそれらの実費相当を加算した額を目安とします。

>私、夫、小学3年生の娘と3人で出席します…

緊縮家計でも 2万、少しゆとりがあるなら 3万に、2~5千円の予算で御供物でしょうね。

>そのときのお札は新券では失礼にあたりますか…

こだわる必用ありません。
新券か古札かで、どれだけ値打ちが違うのですか。
同じですよ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング