ちょっと変わったマニアな作品が集結

【交通事故率】バイクの交通事故と自動車の交通事故ではどちらの方が事故に合う確率が高いのでしょうか?


一般的にはバイクに乗ると死ぬよと言われるのでバイクの方が交通事故の確率が高いのだと思いますがどのくらいの差なのか知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

交通事故の確率は出ていません。


と言うのは死傷事故の場合だと統計は出ていますが、物損事故の統計は出ていないからです。
で、「一般的にはバイクに乗ると死ぬよ」と言うのは実際に事故になった場合、自動車に比べて死傷率が高いからにすぎません。
例えばガードレールに当たった事故だとしても自動車の場合、自動車は壊れても人は無傷と言うケースが多いですが、バイクだと転倒等により死傷するケースがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2017/01/18 16:34

>どちらの方が事故に合う確率が高いのでしょうか?


 交通ルールを把握していない子どもも乗る自転車の方が
 事故に会う危険度は遥かに高いと考えられます。
 勝手にコケたり、電柱にぶつかったとしても
 自転車なら警察に事故報告の届け出をしないでしょ。

>バイクに乗ると死ぬよと言われる
 バイクは、基本的に衝突をした際に
「即死する速度域 30km/H」を超えて走行するから。
 自転車の速度は、15km/Hくらいでしょう。

因みにクルマでもシートベルトをしないと40km/Hで即死します。
    • good
    • 0

事故の確率は出ていませんが、交通事故死者の統計は出ています。



警視庁によると、
都内の事故死者数比率は、
バイク2:自動車1

これが全国になると
バイク1:自動車2

の比率になる。

たとえ全国で判断したところで、
バイク乗りが自動車乗りの半分もいるとは思えないので、
確率的にはバイクの方が事故死の確率は圧倒的に高い。

ほかの方がおっしゃっているように、
「事故」というおおざっぱな統計は出ていないので、
何ともわかりかねますが、
運転者の死者に関してはバイクの方が圧倒的高確率だといえます。
    • good
    • 0

事故の確率はわかりませんが、車とバイクが同じような状況の事故にあったら、確実にバイクの方が危険でしょう。

車はまだ車体に守られてますからね。家の中にいるのと外にいるの、雷が当たったらどっちの方がより危険か、みたいなもんかと。
    • good
    • 0

事故件数から判断すると、ダントツで自動車が多いです。



バイクは、体がむき出しの分事故に遭うとダメージが大きいので「死亡」に繋がりやすいということです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全身麻酔のリスクってどのくらい?

全身麻酔が必要な手術をするかどうか迷っているのですが,

(1) 全身麻酔のリスクというのはどのくらいなのでしょうか?
(例えば,交通事故に会う確率と比べて・・とか)

(2) 全身麻酔で具体的にどのようなトラブルが起こる可能性があるのでしょうか?

Aベストアンサー

何度か全身麻酔でごく簡単な手術をしたことがあります。全身麻酔には、大きく分けて、呼吸を管理しないものと、呼吸を管理するものがあります。前者は、ただ寝てるだけ状態で呼吸は本人がしています。後者は、よくテレビの手術シーンなどでありますが、口に管を入れてテープで固定してますよね?内臓まで弛緩させているので自発呼吸できず、管で酸素を肺に送っています。
より危険だとしたら後者なのですが、万が一管が外れたりしたらすぐに酸素不足で死んでしまいます。以前、麻酔医の書いた本「患者はこうして殺される」というのを読んだことがあるのですが、実際にあった話で、臀部の手術で患者をうつぶせにしていたので、管が外れたのに気づかず、結局亡くなったケースが書かれていました。病院の体制にも問題はあったようですが、ゾーッとしましたね。
リスクは何パーセントとか数字ではわかりませんが、通常、麻酔医がいてきちんと業務を遂行していれば、まずこんなことは起こらないと思いますから、それほど心配しなくていいと思いますよ。無理に言えば、飛行機に乗ってそれが落ちる確率程度に考えればいいのではと思います。それより、他の方が言っている通り、麻酔を使った手術の必要性が大事ではないでしょうか。
あと、気になったのは、術前の問診で、必ずぜんそくをしたことがあるか、ぜんそくの薬を使用したことがあるかと聞かれたことです。何か麻酔に影響があるのかもしれません。これも含めて、既往症や自分の体調はきちんと伝えましょう。
また、術前は飲食は絶対禁止です。胃にものがあると、吐いた時に器官につまってしまい、本人は意識がないため窒息することがあるそうです。指示があるとは思いますが、必ず医師の指示は必ず守りましょう。

何度か全身麻酔でごく簡単な手術をしたことがあります。全身麻酔には、大きく分けて、呼吸を管理しないものと、呼吸を管理するものがあります。前者は、ただ寝てるだけ状態で呼吸は本人がしています。後者は、よくテレビの手術シーンなどでありますが、口に管を入れてテープで固定してますよね?内臓まで弛緩させているので自発呼吸できず、管で酸素を肺に送っています。
より危険だとしたら後者なのですが、万が一管が外れたりしたらすぐに酸素不足で死んでしまいます。以前、麻酔医の書いた本「患者はこうして...続きを読む

Q交通事故死亡の統計

警察で交通事故死亡としての統計は、交通事故に遭ってから24時間以内に死亡した場合で、24時間を過ぎれば、警察の統計上は交通事故死亡になりませんが、どうしてですか?

24時間を過ぎてからのもカウントすると統計上、交通事故死亡数が増えて自動車が売れなくなるとか、あるんでしょうかね?

Aベストアンサー

「交通事故死亡者数」の統計は、警察庁によるものと厚生労働省によるもの(人口動態統計)があります。
 
 警察庁は「死亡者」(交通事故によって、発生から24時間以内に死亡した者)と「30日以内死亡者」(交通事故によって、発生から30日以内に死亡した者)とをそれぞれ集計しています。新聞やテレビで言及されるときの「交通事故死亡者数」は主として前者です。後者は比較的新しい統計なので、経年的な変化がつかみにくいからでしょう。
 なお、後者の方が15%程度多くなっています。

 「人口動態統計」で年間の死亡者を死因別に分類していますが、不慮の事故による死亡のうち「交通事故による死亡者」((交通事故後1年を超えて死亡した者及び後遺症により死亡した者を除く))が集計されています。

 なぜ2種類のデータがあるのか。それぞれのデータは業務上の必要があるから集計しているのであって、一つにまとめれば済むというわけにはいきません。売れなくなる云々は勘ぐりすぎでしょう。


人気Q&Aランキング