Thunderstorms come once every five days.
「激しい雷雨が、5日に1度やってくる」と、したいのですが、
動詞は、come で、よいのでしょうか。
また、「この面積は、日本の首都圏1都6県の面積に匹敵する。」
を、できるだけ簡単な英語で英訳をしていただきたいです。
お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ツッコミが入らないようですので、私から訂正を。



>This area is equal to the whole area of the Tokyo metropolitan area in Japan where includes the surrounding six prefectures besides Tokyo.

についてです。

長いので、一部だけ取り出して

the area of the metropolitan area in Japan ( ) includes the surrounding six prefectures

とします。

上記の文の( )内には関係副詞 where は入りません。
というのも、( )には関係詞節中の主語(includes の主語)が必要だからです。
主語になるのは、名詞的要素ですが、関係副詞は文字通り関係詞節中で副詞の働きをします。
したがって、( )内に where を用いた上記例文は includes の主語を欠き、
英文として成立しません。


補足

関係副詞 where は in which と書き換えられます。which がありますので、
名詞的要素は持ちますが、この名詞的要素は関係詞節中で前置詞 in の目的語になっており、
関係詞節中の主語にはなりえません。

というわけで( )内には単に関係代名詞 which を入れれば良いでしょう。


なお、関係副詞 where は主節中では名詞の役割を果たすことがあります。

例:My house is very far from where I work.

where が主節中で from の目的語として働いている
(My house is very far from where) と共に、
関係詞節中で副詞として働いている
(where I work) ことを確認してください。
ここでは、関係副詞 where は先行詞 the place を含んでいると考えられます。

My house is very far from the place where I work.
    • good
    • 0

キーフレーズは、1)「5日に1度やってくる」と2)「匹敵する」ですよね。



1)come でもいいと思いますが、ちょっと幼稚、あるいはしゃべり言葉に聞こえるので、visit(災害がやってくる《研究社「新中和英和辞典」》)にしてみたら?それからonce の意味は、every five daysの中に含まれているので、いらないと思います。

2)これは、is equivalent to がいいと思います。
    • good
    • 0

富士通製「ATLAS」というソフトを使った答えです。



>「激しい雷雨が、5日に1度やってくる」
A violent thunderstorm comes once the fifth.

>「この面積は、日本の首都圏1都6県の面積に匹敵する。」
This area equals the area of Japan of one capital in the metropolitan area six prefecture.

となりました。それでは。
    • good
    • 0

スミマセン。

ちょっと付け加えます。

(1)何度ゴロゴロやられても、a storm と、単個になると思うので。何時から何時までの雷雨とか 


(2)明確にするために the size を入れる。
The size of this area is equivalent to...

それから、カンジンのカンシを忘れていた、、。
The size of this area is equivalent to the size of the Tokyo Metropolitan Area and the surrounding 6 Prefectures combined.

カンシには弱いので、、。 (カンマにも、、)
    • good
    • 0

(1)「激しい雷雨が、5日に1度やってくる」



A severe thunderstorm visits here every five days.
We have a severe thunderstorm every five days.


(2)「この面積は、東京のほかに周辺の6県を含んだ日本の首都圏の総面積に匹敵する。」
____ is equivalent to ___ (匹敵する」

This area is equivalent to the Tokyo Metropolitan Area and surrounding 6 Prefectures combined.
    • good
    • 0

Heavy thunderstorms come here once every five days. いつも雷雨がやって来るという状況なので、現在形でOKです。



This area is equal to the whole area of the Tokyo metropolitan area in Japan where includes the surrounding six prefectures besides Tokyo.
直訳は「この面積は、東京のほかに周辺の6県を含んだ日本の首都圏の総面積に匹敵する。」となります。

蛇足ですが、私の経験上、E翻訳の結果は参考にはなってもそのまま使える訳ではありません。試しに正しい英語をそれで日本語に翻訳してみて下さい。実感できます。
    • good
    • 0

everyとon on というのが気になって


試しにソフト使ってみました(^-^;

A severe thunderstorm comes once on 5.

This area is equal to the area of
six prefectures of Japanese metropolitan area 1 cities.

言い回しが回りくどそうですが、こんな感じでした。
coolguysさんとこれを足して2で割るぐらいの表現が
goodっぽい気がします。

ご参考までに…
    • good
    • 0

This area is equal to the area of metropolitan area 1 capital 6 prefecture in Japan.









こちらをご利用してみてください▼

参考URL:http://www.excite.co.jp/world/text/
    • good
    • 0

Intense thunderstorm will come on once on the 5th.




This area is equal to the area of
metropolitan area 1 capital 6 prefecture in Japan.

では?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"The finished man" "eat of every apple once"とは?(格言)

英語の格言集の中に、Ralph Waldo Emersonという人の"The finished man of the world must eat of every apple once."という格言が載っているのですが、解釈が分からず困っています。

こちらの解釈をお教えいただけると大変有り難いです。

<experience>のジャンルに載っているものなので、appleが経験という意味だと思うのですが、他の意味で使われているのでしょうか?

ご回答どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この格言が含まれる原文はこちらです。
http://www.answers.com/topic/the-conduct-of-life-culture

下から6番目の段落、We wish to learn philosophy by roteで始まる段落にこの言葉が出てますね。
この段落を全部読むと少しはこの格言の内容が理解しやすくなるでしょうか。

でこの文ですが、まずman of the world はこのような意味ですが
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=person+of+the+world&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

ここではどの意味が適当か難しいですが、「世事に通じた人」くらいにしておきますか。finished がついてますので、十二分に世事に通じた人、ということで。

でappleですが、リンゴで私が思い浮かんだのはエデンの園の禁断の木の実です。食べてはいけないというのに誘惑に負けてアダムとイブが食べてしまったリンゴですね。
もしかしたらここでもそういった「誘惑」のような意味で使われているのかなと思いました。

eat of で「~の一部を食べる」ですので、「十二分に世事に通じた人というのは一度はあらゆるリンゴをちょっとは食べてみなくてはならない」つまり、いろんな誘惑でも世間勉強のために少しだけ経験しておいた方がいい、ということでしょうか。
この文の前には貧困でも恥辱でも、何でも経験しておけ、みたいなことを書いてますのでね。

これはあくまでも私の勝手な解釈ですので、あまり参考にもならないかもしれませんが、回答がまだついてないようので書いてみました。失礼いたしました!

この格言が含まれる原文はこちらです。
http://www.answers.com/topic/the-conduct-of-life-culture

下から6番目の段落、We wish to learn philosophy by roteで始まる段落にこの言葉が出てますね。
この段落を全部読むと少しはこの格言の内容が理解しやすくなるでしょうか。

でこの文ですが、まずman of the world はこのような意味ですが
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=person+of+the+world&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

ここではどの意味...続きを読む

Q英語 視覚/知覚動詞+O+動詞の原型、視覚/知覚動詞+O+現在/過去分詞について 視覚/知覚動詞+O

英語

視覚/知覚動詞+O+動詞の原型、視覚/知覚動詞+O+現在/過去分詞について

視覚/知覚動詞+O+動詞の原型を受身の形にしたい時はto不定詞が使われますよね、
The boy was seen to fall down.
訳:その男の子は転ぶのを見られた
このような感じに

ここで、知覚/視覚動詞+O+現在/過去分詞の形を受身にしたい場合はどうすればよいのでしょうか?

その男の子は母親に叱られるのを見られた
この文を英文にしたい場合

The boy was seen to be scolded by his mother.
翻訳アプリではto不定詞を用いて↑のように表していたのですが、翻訳アプリなので文法が合っているのか分からないので質問させていただきました。
(あまり使わない表現だと思いますが文法を知りたいので別の言い回し等は聞いていません^^;)

Aベストアンサー

> 要するに受身を表す分詞の形は適切な表現が無い

人によるってことです。
「知覚動詞+O+過去分詞」を受身にした形に、何の問題も無いという人もいるし、一瞬、何のことか理解できない人もいる。

だから、先に挙げたスレッドでは
”The boy was seen knocked down by a car.”
が言えるかどうかで、議論になっている。

不自然だという人は、これを読んで不自然に思わない人のことが理解できない。
逆に、言えるという人にとっては、これのどこが不自然なのか理解できない。
だから、探せば用例はたくさん出てくる。



> 文法問題で分詞を使った視覚/知覚動詞+O+過去分詞をつかった問題はまず出てこない

大学入試レベルではまず出さないでしょう。

そもそも「知覚動詞+O+過去分詞」がそれほど頻度が高くない。
「知覚動詞+O+現在分詞」または「知覚動詞+O+形容詞」の方がはるかに多い。

だから、「知覚動詞+O+現在分詞」または「知覚動詞+O+形容詞」の受け身形なら出るかもしれない。
でもまあ、「知覚動詞+O+過去分詞」の受身を問題として出されたとしても、これでもう分かるようになったんじゃありませんか?
実際、用例がないわけじゃないから。



> The boy was seen being scolded by his mother.

これは
Someone saw the boy being scolded by his mother.
「男の子が叱られているのを見た」
「知覚動詞+O+現在分詞」の受け身形です。

> 要するに受身を表す分詞の形は適切な表現が無い

人によるってことです。
「知覚動詞+O+過去分詞」を受身にした形に、何の問題も無いという人もいるし、一瞬、何のことか理解できない人もいる。

だから、先に挙げたスレッドでは
”The boy was seen knocked down by a car.”
が言えるかどうかで、議論になっている。

不自然だという人は、これを読んで不自然に思わない人のことが理解できない。
逆に、言えるという人にとっては、これのどこが不自然なのか理解できない。
だから、探せば用例はたくさん出て...続きを読む

Q; but every day that ってなんだ?

People don't have to ride their bike to work
every day ; but every day that they do ride,
the city's transport system becomes more
efficient.
という文ですがこの文の ; but every day that they do rideの部分がさっぱりわからないです。

ちなみにこの部分の訳は「自転車に乗るときはいつも」となっています。なんでこのような訳になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>every time SV で「~するたびに」のように使いますが、
もともとは every day when SV という関係副詞が省略されたもので

もともとは every time when SV

と説明するつもりでした。

あと、あくまでも、that 以下で説明された日について
every ~なわけで、
ただいきなり every day というのとは違います。

Q"every day"と"everyday"の違いを教えてください。

中学校の英語教員をしています。
先日、生徒から"every day"と教科書に書いてあるけど辞書には"everyday"と書いてありました。どう違うのですか、と聞かれました。彼のするどい視点を褒めて、基本的にどちらでもいいと思うけど調べてみるね、と答えました。実際のところ、なにか違うのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

意味的には同じですよね。

でも、excite.co.jpのペィジで翻訳したら
違う言葉が出てきました。
「everyday」は「日常」。
「every day」は「毎日」。
それで、ピンっときたのですが、
使い方が違うんだと思われてきました。

私は毎日仕事にいく。彼は毎日授業をうける。
→I work every day. →He takes the classes every day.

日常で大切な事は、自分自身にチャレンジしつづける事だ。
→The important everyday thing is to keep challenging to ourself.

つまり、
「every day」は副詞的に、
「everyday」は形容詞的に
使われると思われます。

Qmother clean the room every day にtomorrowを入れると mot

mother clean the room every day
にtomorrowを入れると
mother will clean the room tomorrow
になりますがこのwillは何故必要なのでしょうか
mother clean the room tomorrowでもおかしくないと思いますし自分はそれを聞くと母が明日部屋を掃除するんだなと分かりますがwillは必要ですか?

Aベストアンサー

tomorrow は未来だから、当然未来を表すwillを入れます。

>mother clean the room tomorrowでもおかしくないと思いますし
おかしいです。

>自分はそれを聞くと母が明日部屋を掃除するんだなと分かりますがwillは必要ですか?
必要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報