システムメンテナンスのお知らせ

今年の春に新入社員になる友人から、以下を相談されました。友人に掲載許可をとっているので、お答えいただけたらと思います。

就活前に、英語を猛勉強していたことがあり、その当時にうけたtoeicは800点台!これをそのまま就活で履歴書に書きました。もちろん、うけた日付け、点数などは一切虚偽の報告をしていませんし、toeicの証拠となる紙も持っています。内定をいただいた会社は、大きい会社ですが、たぶんtoeic600点あれば喜ばれるようなところなので、toeic必須でもなく、プラスαで書いておいた感じです。
先日入社前に、内定者は全員toeicを受ける機会があったのですが、英語力が衰えて600点台になっていました汗。でももう受けてしまったので、これを内定先に提出しました。
虚偽の報告ではないし、800点台をとった記録を出せと言われれば出せますが、あまり印象が良くなかったかな〜と不安です。さすがにこれで内定とりけしはないと思いますが、何も嘘を付いてはいないのに良くないことをやってしまった気分です。ちょっといびられたりしますかね...???

とのことです。いかがでしょう。

gooドクター

A 回答 (3件)

こんにちは。



基本的に言われるのは、TOEICの点数の有効期限は2年と言われていますが、実際は、取得年月日を明記でき、また、その証明書を見せられるなら、何の不足もないと思います。

https://careerpark.jp/1144#head27

一応、TOEICを集中してやれば800点取れますが、気を抜いても600点台というのは、かなり英語のできるものだと、私は判定できます。必ずしも800点を常時取れる必要はないと思います。私からすれば、その引用したサイトの内容で、海外の仕事をする場合に、TOEICが、750点とか書かれていますが、そんなことではないと言いたいですね。800点とろうが、600点とろうが、そんな点数が、思うほど違うとは思いませんし、TOEIC英語が仕事で直面するということはまずありえません。

大事なのは、商品知識や売り買いのノウハウや、接待で相手をもてなすとか、語学が直接、商売の成功不成功に繋がるなんていうのは、ほとんどありません。

ただ、会社側がどの程度わかっているかが問題だと思います。
もし、本当に英語が必要なら、英検1級とか、工業英検1級の人や、海外の大学の研究室にいた人とか専門性のある人を雇うことになるだろうと思います。

これでは、ご本人に対して満足のいける解答になっていませんが、私の思いはこういう所にあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切なご回答、ありがとうございます。
本人に後日伝えますが、当事者ではない私にも染みるお言葉でした。

お礼日時:2017/01/19 21:10

TOEICの点数だけで合格不合格をきめてるわけじゃないので、おそらく確実な”嘘”でなければクビとかひどい事にはならないでしょう。

仮にそれを条件に採用を決めるならば正式な点数証明などを求めるべきですから。

ただし、採用側が知りたいのは現時点での英語力なのですから直前の点数が極端に低いとその時点で心証が非常に悪い、場合によっては嘘ついてたんじゃないかとか学んだのに点数がこんなに落ちる程度の英語力なのか、という印象を持たれるでしょうから下手すると却ってマイナスイメージをもたれたまま職場に配属されるリスクが大きいでしょうね。あなたが弁解するチャンスがあればいいんですが、良くないのは弁解するチャンスもないのに、仮に650点しか取った事のない人と800点取った事のあるあなたが同じ600点の結果を出したとしたら目に付くのは800点だったあなたが低いね(笑)という事になる。これは人間の心証としてそうだからしょうがない。でも、まあ普通はTOEICは所詮TOEICだからそこまで気にしないだろう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、TOEIC一つでそこまで気にしないというところですかね。
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2017/01/31 14:41

まず、TOEICのスコアが600だろうと800だろうと、社会人生活において変わりはありません。



確かに、履歴書に800以上のスコアが書いてあれば、書類選考や面接で「ほお」と言われ、会話などのきっかけなどにはなるでしょう。私も翻訳業を始めて間もない頃に930点台のスコアを書いたら、面接で「ほお」と言われました。

しかし、実際に現場に入れば、問われるのは実力と実績です。私もスコアが役に立ったのはその「ほお」と言われた一瞬のみで、そこの会社からは実質、殆ど仕事をもらえませんでした。しかし、私のスコアなど全く知らない数々のクライアントから、さまざまな仕事をもらい続けて何年も経ちます。もらった仕事の出来を気に入ってもらえたからでしょう。

質問者さんの場合も、800点という数字が目立ったのは事実なのかもしれません。しかし、なぜわざわざ直前に試験を受けさせるかというと、その「瞬間」の実力を見るためです。それで800点取れてしまうと「じゃあ、この新入社員は、高度な英語力を求められる部署に配属させよう」ということになり、負荷が大きくなりかねません。私の場合も、新卒で入った会社で、たまたま研修中に気の利いた受け答えをしてしまったせいか、営業部に配属され、苦手な接客に苦労した挙句に、ようやく得意な業務に転属になりました。

ただし、600点で喜ばれる会社であるということは、例えば、年に数回かかってくる国際電話の取次ぎ程度はできると期待されていたり、通訳が見落としてしまったことに疑問を投げかけることが多少はできると期待されているということですし、一度は800点をとれたということは「やればできる人だ」と思われます。ですから、現場でわからないことがあったら、立場が近い先輩などに積極的に質問して、ご自分でも勉強を続けるべきです。

お友達は初めての社会人生活を前に、緊張でいっぱいかと思いますが、楽しんで大人になっていただきたいと思います。末筆になりましたが、お友達の就職、おめでとうございます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなり申し訳ありません><
皆様のご回答を友人に見せて、友人から返事をもらっておりました。
おっしゃる通り、友人はかなり緊張しており、皆様のご回答に救われたと言っております。
ご丁寧なご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2017/01/31 14:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング