マンガでよめる痔のこと・薬のこと

酸素治療をしていて、酸素ボンベを持ち歩いている人は、運転免許更新が出来ますか?

質問者からの補足コメント

  • 医師の診断書が必要でしょうか?

      補足日時:2017/01/20 06:34

A 回答 (4件)

診断書は、必要を警察から言われれば用意してください。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
父を連れて行けます。

お礼日時:2017/01/20 08:02

担当医師に運転について何か言われていますか? また、聞きましたか?


医師が制限をしているなら、公安委員会に診断書を求められますよ。
    • good
    • 0

治療、ということは治る可能性が十分にある。


更新ができないのは不合理、ただ症状固定で障害と同等となるとどうなるかな?。
    • good
    • 0

医師が、不可能とはんだんしなければできます。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q間質性肺炎におけるステロイド治療について

間質性肺炎におけるステロイド治療についてお尋ねします。
私の友人がかなり重篤な間質性肺炎になり、やむなくステロイド治療に切り替えました。
量としては25~30ミリの大量投与でした。
結果、たくさんの副作用を発症し、先日亡くなりました。
遺族から相談を受けたのですが、亡くなる一ヶ月くらい前からステロイド投与量を5ミリ程度に大幅に減らしたそうです。
私の記憶では、ステロイドの投与をやめるとか、大幅に減少させると症状が急激に悪化すると聞きましたが、これくらいの量の減少は医学的に問題はないのでしょうか?
専門家のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

文面から想像で書きます。事実と異なるかもしれません。

肺線維症は間質性肺炎の7つの分類のうちの一つです。また薬剤性の間質性肺炎もあります。エクセグランは間質性肺炎をおこす可能性はあります。

薬剤性の間質性肺炎であれば、薬を中止しステロイドを使えば治ります。病態のメインは肺線維症であったと想像します。肺線維症は間質性肺炎の中でも予後が悪く、ステロイドも効きません。次第に肺が線維化し機能が低下していきます。酸素が必要となります。

きっかけはエクセグランによる薬剤性間質性肺炎であったかもしれませんが、肺線維症により病態は悪化し、ステロイド導入となったが効果は薄く、効果がないため維持量のみのステロイドを内服し、亡くなる直前に感染症の肺炎を併発しそれが原因で急性増悪した、という流れであれば十分にありえます。

肺線維症であれば治療法はほとんどなく、避けられない結果であったと思います。

Q家庭に設置する酸素を送り込む機械について教えてください。

80才になる親のことでお尋ねします。酸素が身体に上手く取り込めないようで、何かする度ぜーぜー息苦しい様子です。聞くとこの先酸素を取り込む装置を家に設置しなければいけないとか言うではありませんか。でも聞いてもその機械の名すら把握しておらずインターネットでも調べようがありません。あらかじめ調べる為にもどんな機械なのかご存知の方教えてください。またその機械を使うようになるというのは病状は重篤なんでしょうか?設置する利点や不自由な点、注意点などもありましたら同時にお聞かせください。

Aベストアンサー

はじめまして。
私は20代後半ですが、在宅酸素をしております。
酸素のボンベを押している方を見かけたことはないですか?
家に設置する物と携帯ボンベがあります。
家に設置する酸素濃縮機は普通にコンセントから電源を引き使用できます。
携帯ボンベはそれを使用して外出など出来ます。

私は家に居る時は、設置タイプの濃縮機を使っていますし、外出時は携帯ボンベを使用しています。
普通に車も運転しますし、旅行も出来ます。

重篤かどうかですが、酸素療法をすることによって、体が楽になるので、寿命も延びると言われています。
お年を召されているのでどうかは解りませんが、治療によっては酸素療法を途中で必要でなくなるほど回復される方もおられるそうです。
なので、酸素療法をしたからと言った一生しなければいけないと言う事でもなさそうです。

私は、主治医より海外旅行の許可も貰ったので酸素療法をしておりますが、海外旅行するつもりです。
なので酸素療法をしていても状態によっては色々楽しめますよ。

利点は、呼吸が楽になることです。
不自由な点は、鼻が痛くなること、わずらわしい、酸素の機会に精製水が必要な事、電気代、外出時に面倒なくらいです。
あと、火の元には気をつけて下さい。
酸素濃縮機なので燃えやすいです。

酸素濃縮機については、病院より紹介されると思いますよ。
たぶんレンタルになると思います。
私は帝人ですが、凄い対応良いですよ。
外出時に使用している酸素ボンベも無くなれば翌日には配達してくれます。

はじめまして。
私は20代後半ですが、在宅酸素をしております。
酸素のボンベを押している方を見かけたことはないですか?
家に設置する物と携帯ボンベがあります。
家に設置する酸素濃縮機は普通にコンセントから電源を引き使用できます。
携帯ボンベはそれを使用して外出など出来ます。

私は家に居る時は、設置タイプの濃縮機を使っていますし、外出時は携帯ボンベを使用しています。
普通に車も運転しますし、旅行も出来ます。

重篤かどうかですが、酸素療法をすることによって、体が楽になるの...続きを読む

Q痛みがない末期の肺がん

ご存知の方教えてください。

身内で肺がん末期の患者がいます。場所は分かりませんが他の臓器にも転移してるようです。
今回3度目の再発で、今までは切除手術、放射線、抗がん剤を使用しましたが、
今回は医師からは手の施しようがないとのことで無治療です。

昨年の秋に担当医から余命3か月と診断され、いよいよ今月くらいかなという感じで
身内中はピリピリした緊張感が漂っています。
肺がんは元気そうに見えても急変する可能性が高いともいわれていますし、
私は携帯電話が鳴るたびドキドキしてしまいます。

現在は先月から酸素吸入器が必要になりましたが自力で歩行が出来ていますし、
会話もしっかり出来、果物や水をほんの少量ですが経口摂取できています。
この冬に入ってからは寝ている時間が長いようです。
ただこの状態から急変することが想像もつきません。

末期がんはかなりの痛みがあると思っていましたが、痛み止めの飲み薬を
随分早い時期から処方されていたようで、現在も本人は殆ど痛みを
感じていないようです。モルヒネは全然使ってないようです。
痛みがないぶん体力を奪われないから元気に見えるのでしょうか?

今年に入ってからホスピスへ入所する手続きも済ませ、今月いよいよ入所ということで
担当医からホスピスの医師にバトンタッチされる時、ホスピスの医師からは
余命3か月くらいと言われました。
そのためホスピス入所はまだ保留にし、在宅ケアをする準備を進めています。

医師によってそんなに余命の出し方は違うのでしょうか。
それから、末期の肺がんでも痛みを感じずに天国へ行けるものでしょうか。
この身内の状態で、本当にまだ余裕があるのか知りたいです。

よろしくお願いします。

ご存知の方教えてください。

身内で肺がん末期の患者がいます。場所は分かりませんが他の臓器にも転移してるようです。
今回3度目の再発で、今までは切除手術、放射線、抗がん剤を使用しましたが、
今回は医師からは手の施しようがないとのことで無治療です。

昨年の秋に担当医から余命3か月と診断され、いよいよ今月くらいかなという感じで
身内中はピリピリした緊張感が漂っています。
肺がんは元気そうに見えても急変する可能性が高いともいわれていますし、
私は携帯電話が鳴るたびドキドキしてしまいます。...続きを読む

Aベストアンサー

私の母が末期の肺癌でなくなりました。
母は酸素吸入して、自宅で母と食事をしました。会話も普通にしていました。
翌日が入院予定日のため、翌日になったら予定通り入院しましたが、病院の人に「よくここまでガマンしましたね」と言われました。自宅では、錠剤の痛み止めは飲んでいました。
入院したら、あれよと言う間に具合が悪くなり、食事もできず、起き上がることもできず、意識もあったりなかったりになりました。
母は、苦しいのだけは嫌だと言っていたので、モルヒネを投与するようになり、母が苦しむたびにモルヒネが増えました。
寿命なのかモルヒネの量なのか分かりませんが、母は数日で息を引き取りました。
私はクリスチャンなので、亡くなる前日に牧師先生が病院にいらして、お祈りしてくれました。その時母はたまたま意識があって、牧師先生のお祈りにうなずいていました。
人間は聴覚だけは最後に残るそうです。
私の身内には、看護師と救急救命士がいたので、医師と看護師が離れていても、身内に聞いて母の状態を見守ることができました。
医師と看護師は、意識のない数日には亡くなる患者には、ケアをしに来ないです。
霊安室も、都心の大病院にしては、あれれという感じでした。
亡くなった後遺体を綺麗にしてくれた看護師さんたちは誠意があって、とても感謝しています。
人間は生きてこそです。伝えたいこと、その他やるべきことがあったら、早めになさってください。
亡くなった後も、今様々なお別れの方法がありますが、きちんとお別れすることって大切です。うちは父がめちゃくちゃなことしてきちんとしたお別れも悲しむこともできず、母の兄弟姉妹が激怒しています。
うちのような例は珍しいと思いますが、母の心を思うと辛くなります。
母は、自分の死をどの様に捉えていたのか、死ぬ前に、自分が写った写真を全て処分していました。
まるで父が2ヶ月後に愛人を作って自宅に連れ込むことを予期していたかのようです。
父は母の高価な遺品を愛人にプレゼントするとまで言っています。
質問者様のご家族は、愛情や思いやりにあふれ、肺癌を患っている方にできる限りのことをされると思います。
とにかくお祈り申し上げます。
ちなみに私の母も余命よりかなり長く生きました。

私の母が末期の肺癌でなくなりました。
母は酸素吸入して、自宅で母と食事をしました。会話も普通にしていました。
翌日が入院予定日のため、翌日になったら予定通り入院しましたが、病院の人に「よくここまでガマンしましたね」と言われました。自宅では、錠剤の痛み止めは飲んでいました。
入院したら、あれよと言う間に具合が悪くなり、食事もできず、起き上がることもできず、意識もあったりなかったりになりました。
母は、苦しいのだけは嫌だと言っていたので、モルヒネを投与するようになり、母が苦し...続きを読む


人気Q&Aランキング