【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

鉱物学の事典的な本を探しています。
堀秀道著『楽しい鉱物図鑑』は持っているのですが、
こんなにカラー写真が無くていいから、
結晶形とか結晶面式とか劈開面式とか産地とか、
データが載っている本はないでしょうか?
「鉱物学をやってる人なら持っている」というような本があれば…。
(理科年表は持っています)

英語は大丈夫です。
何万円となると困りますが、
多少高くてもいちおう紹介してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

桐山良一 著(1978) 共立全書89「構造無機化学 III」 共立出版株式会社


産地情報と写真は全くありませんが、組成や構造が詳しく、ハンディ(B6版)ながら収録数が多いのでお勧めです。

Ore Johnsen 著(2002) 「Photographic Guide to Minerals of the World」Oxford Press (洋書)
最新の図鑑の1つです。結晶系や分子構造(カラー)が図示されています。鉱物の写真は大変美しいものが多いです。
残念なのはその写真が、必ずしもその鉱物の典型的な産状(産出状況)を示していない点です。

[財]益富地学会館 監修(1997) ポケット図鑑「日本の鉱物」 成美堂出版
産地情報が比較的豊富です。同じ鉱物でも、産地ごとに異なる産状のものの写真を収録している点がユニークです。
国内産鉱物の図鑑なのでポピュラーでも国内で産しない鉱物は載っていません。

要注意な参考図書

松原 聰 著(2003) フィールドベスト図鑑「日本の鉱物」 学研
最新の鉱物図鑑です。要注意なのは、国内産鉱物を収録する図鑑なので、国内から産しない、あるいは産出が少ない鉱物「方ソーダ石」「ラズライト」「金緑石」その他、ポピュラーな鉱物でも収録されていないものが多い点です。
また英名の索引がありません。
ページの半分をショボい国内産鉱物の写真が占めている点も、ガッカリな感じです。

松原 聰 著(1995:正)(1997:続) 「フィールド版 鉱物図鑑(正・続)」 丸善株式会社
産地情報が豊富です。要注意なのは、その情報がいくらか古い点と、何より鉱物の写真がひどい点です。
特に正(「続」の付かないほう)の写真は最悪です。

クリス・ペラント(著), ハリー・タイラー(1997) 地球自然ハンドブック「完璧版 岩石と鉱物の写真図鑑」 日本ヴォーグ社
このシリーズの図鑑は、模式標本や海外の非常に有名な博物館に収蔵された標本のような、貴重な標本の写真が多いのが特徴です。
その一方で、図版の線数(解像度)が比較的低く、色版がずれた最悪の印刷状態の本がしばしば見受けられます。
購入時は、全てのページを見て、にじんだようなページが無いか、よく確認してみてください。
鉱物の英名が載っていません。

とりあえず手もとにあるもので、比較的入手しやすいと思われるものを紹介しました。
価格については、ずいぶん昔に購入した本もあるので、あえて紹介しませんでした。
御自分で最新の価格をネットで検索するなどしてください。

この回答への補足

その後
「Photographic Guide to Minerals of the World」
を入手しました。
劈開面などのデータもあり、参考になりました。
ありがとうございました。

補足日時:2004/09/03 10:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とりあえず上の3種を探してみます。

お礼日時:2004/08/13 20:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較