人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

明石プランとはなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

教育のモデルプラン。



日常生活における諸問題の解決を学ぶ「生活単元学習」を中心課程とし、そのために必要とされる知識・技術・芸術などを周辺課程として位置づけ、各教科間および教科外活動との相互関連を重視するものである。この場合、何を中心課程とすべきかという考え方の違いで、「明石プラン」(兵庫県明石女子師範附属小学校)や「北条プラン」(千葉県館山市北条小学校)のように社会科をコアにすべきだとする立場がある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2017/01/23 20:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夏目漱石の「こころ」。「私」はなぜ「先生」に惹かれたのか。

今夏目漱石の「こころ」にはまっているんですけれども、
なぜ「私」が「先生」に惹かれたのかがいまいちよくわかりません。
考えられる可能性としては、「私」が「先生」の奥さんに一目ぼれしてしまった、ってことなんですけど・・・。

おしえてください、よろしくおねがいします

Aベストアンサー

 こんにちは。私もNo.1さんと同様に、人生の師と仰ぐべき「先生」としての、また一人の人間としての「尊敬」の気持ちと、「先生」のなぞめいた雰囲気に、惹かれたのだと思います。
 先生との最初の出会いは、鎌倉の海水浴場で、先生が西洋人を連れていたところから始まります。東京帝国大学の学生である「私」は、若い頃の「先生」や「K」と同様、明治という新しい時代(「私」が大学を卒業してすぐ、明治は終わってしまいますが。)に希望を持ち、社会的に有用な人間になるべく、自分の未来に大きな夢を持っていたのではないかと思うのです。そうした私の目の前に現れた「西洋人」を連れた一人の日本人は、時代の最先端を行くとても魅力的な人物として見えたのではないでしょうか。この時「私」は意図的に「先生」の目につくような行動をしています。「私」は、「先生」を大学の講義とは違う「生きた教材」として「先生」に近づいていくうちに、「先生」の人柄、「先生」のなぞめいた行動、若い「私」には理解しがたい「先生」の言葉に、どんどん引きつけられていったのだと思います。「先生」の遺書を受け取った「私」は、実の父親が、重病であるのにもかかわらず、東京に向かってしまうほどにまでなっていました。

 こんにちは。私もNo.1さんと同様に、人生の師と仰ぐべき「先生」としての、また一人の人間としての「尊敬」の気持ちと、「先生」のなぞめいた雰囲気に、惹かれたのだと思います。
 先生との最初の出会いは、鎌倉の海水浴場で、先生が西洋人を連れていたところから始まります。東京帝国大学の学生である「私」は、若い頃の「先生」や「K」と同様、明治という新しい時代(「私」が大学を卒業してすぐ、明治は終わってしまいますが。)に希望を持ち、社会的に有用な人間になるべく、自分の未来に大きな夢を持っ...続きを読む

Q独立した文明と栽培作物

 文明が独立して成立した南米・中米・揚子江流域では、それぞれジャガイモ・とうもろこし・米がその文明を支える主食として、野生種から品種改良され栽培作物となりました。

 その観点から見ると、黄河文明・インダス文明・メソポタミア文明・エジプト文明(栽培作物から見ると、文明のルーツは一緒のものが在るのか?)を支える栽培作物は何だったのでしょうか。

 もし、その文明を支えた作物が同じであるなら、何故そうなったかも含めて、教えてください。

Aベストアンサー

大麦は、メソポタミア文明発祥です。

小麦は、エジプト文明からですね。
特に、小麦はスペルト小麦という暑さ寒さにも平気で強靱な小麦があり、9000年前頃にはヨーロッパまで小麦栽培が伝播していたことが判明しています。

インダス文明は、メソポタミア文明の影響を受けているため、麦ですが、インダス文明が興った頃には小麦も大麦も普及していたため、どちらも最初から食べていました。

黄河文明は、最初が粟で、後に麦、揚子江文明と交わって米も混じり合い何でも食べるようになります。

ライ麦は、そもそもが小麦や大麦が育たない場所に育つ麦として、古来貧者の食事と考えられていたため、これが支えた文明はありません。


人気Q&Aランキング