将来の夢がディズニーリゾートのキャスト何ですが辛いとか厳しいと噂でよく聞きます。本当なんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私の友達がキャスト(フィルハーマジック)なのですが、相当キツイらしいですよ。


フィルハーマジックでは客が入れ替わる時間が決まっているらしく、一秒でも遅れたら報告しないといけないみたいです。
風邪ひいても自己管理がどーこー言われるらしいです。
本当に働きたかったり、根性ないならやめといた方がいいですよ
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!もう少し考えてみます!

お礼日時:2017/01/22 17:24

ディズニーリゾートのイメージを守る為に、一挙一動に至るまで


細かいマニュアルが決められているので、それを理解し守れない
人にとっては辛いと感じるでしょう。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京ディズニーリゾートの電話対応をベンチマークした企業について

佐川急便さんかヤマト運輸さんが東京ディズニーリゾートの電話対応をベンチマークしていると聞きました。正確にどちらの企業がベンチマークしたのか、できればその出典となっている書籍を知りたいと思っています。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考になるか分かりませんが

・ヤマト運輸コールセンター子会社の「ヤマトコンタクトサービス」が紹介された記事等は以下の通りです;
http://www.y-cs.co.jp/topix.html

ここは1つの手がかりになるかもしれません。

また、媒体という意味では、
・上記リストの一番上に「IMPress」という雑誌がありますが、これはコールセンター専門の雑誌で「コンタクトセンター白書」も出しているところです。
この雑誌のバックナンバーを検索されるのもよいかと思われます

・また「コンピュータテレフォニー」という雑誌も専門雑誌ですので、こちらのバックナンバーを検索されるのも良いかと思います。
ヤマトは2003.12で取り上げられているようです。

---

あくまでも私見ですが、ベンチマーキング関連で取り上げられやすそうなのは、この両者でどちらかといえば、ヤマトではないかと思われます。

Qアウトソーシング事業の将来性について

 ある自動車部品メーカーからの依頼ですが、その企業は、主に一次下請からの仕事が八割を占めており、主に切削、組立、検査等が主な仕事です。部品は発注会社から支給、その為利幅の少ない仕事が多く、数でこなして財務はトントンという状況です。将来像としては、下請けからの脱皮を図り、アウトソーシング事業の確立をしたいとのことです。しかし、今までいわゆる垂直分業のローテクの加工が主だったことから、自主調達をして発注側の管理コストの低減を図りつつ、自社の請負単価の向上を目指すというノウハウは、皆無に近い状況です。アウトソーシング事業への脱皮企業に対する、いいコンサル方法を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 自動車業界含めて下請けの系列が崩壊しつつあり、技術的な優位性がないとメガコンペチションの時代に生き残れないということでしょう。素人考えですが2つの方向を考えます。ひとつは、技術的優位性と小回りがきくという前提で試作品に特化する方向です。数量の追求ではなく、短納期・小ロットで高付加価値を狙うということです。元請企業の試作機能のアウトソーシングですね。もうひとつはEMSの方向です。米国で成功し最近では日本でも着目されています。電子機器等の組立専業であまねく企業から受注を受けるということです。元請が社内での生産コストに耐えられないという前提で、アウトソーシングした方が安いといった方向です。徹底的なコストオペレーションを行なって数量効果を狙うものです。コンサル技法ですが、要は市場環境、自社の強み弱みの分析しかないと考えます。どちらの方向に進むとしても、求められるのは営業力です。日本では、人的営業がいつまでたっても主力ですので、下請けの待ちの姿勢では成功はおぼつきません。

QEMS、ISOのコンサル業界の将来性は??

現在、高3です。このカテには初の書き込みです^^
大学へは京都精華大へ行き、EMSやISOなどのコンサルティングを勉強するつもりでおります。
正直私はお金儲けにも興味があります。(苦笑)よって将来は独立し豊かな生活を送る事を目指しています。
そして環境への関心も高いです。特に環境に対する企業が抱える課題の解決をしたいです。なので理論と実践が学べる京都精華大を志望しました。
ここで質問なのですが、環境関係のコンサル業界は将来性はどうなのでしょうか。将来起業し多くの収入を得るために大学生活はどのように過ごすのが最適だと思いますか。ご意見待ってます。

Aベストアンサー

個人的意見で恐縮ですが、将来性豊かとは言えないと思います。
しかしながら、コンサルティングをやる中で身に付くことは無駄にはならないと思います(ノウハウ流出になるので、例示が申し訳ないですができません)。

EMS、QMS、などの認証規格は多くの場合「そのマークがほしいので取得を目指す」ことが多いです。
そのため、枠組みだけ作って審査を何とかすり抜ければ、あとは運用されないことの方が多いようです。これが現実です。
確かに「ISO14001取得しています」というと耳心地はいいですからね。
ということで、理想と現実の隔たりがあります。

しかしながら、EMSの枠組みではない別な環境に対する解決があれば、ヒットする可能性はあると思います。
ですから大学生活では、
 1)EMSの規格を読み、何を要求されているかくらいは把握しておく
 2)環境についてどのような問題点があるか洗い出していく
  (業界ゼネラリストではなくスペシャリストでいいと思います)
をまずはやられてはいかがでしょうか。
実際にEMSの規格を読み要求事項を突き詰めていく作業をするといろんなことが学べます。

これからも頑張ってください。

個人的意見で恐縮ですが、将来性豊かとは言えないと思います。
しかしながら、コンサルティングをやる中で身に付くことは無駄にはならないと思います(ノウハウ流出になるので、例示が申し訳ないですができません)。

EMS、QMS、などの認証規格は多くの場合「そのマークがほしいので取得を目指す」ことが多いです。
そのため、枠組みだけ作って審査を何とかすり抜ければ、あとは運用されないことの方が多いようです。これが現実です。
確かに「ISO14001取得しています」というと耳心地はいい...続きを読む

Q元請け会社を騙し、元請け会社の顧客を奪う下請け会社の経営者の将来とは?

知人の経営者からの下請け会社との契約について相談されました。
知人の会社は下請け会社との契約でお互いの顧客への介入、営業はしないとの取り決めをしていましたが下請け会社の経営者から「御社顧客の会長から今後は下請け会社からの物品を購入するとのことなので直接の取引口座を開設する。」との連絡が入ったとの事でした。
知人は下請け会社の経営者は元請け会社の顧客先の会長や実務担当者との面識も無いのでおかしいと思い、下請け会社の資材担当者に確認したところ、「下請け会社の経営者がある資材メーカーから売上がまったく無いとのクレームがあり、大丈夫と回答し、元請け会社の顧客先の会社名を資材メーカーに出し、資材納入を確約した。」との説明でした。
つまり、下請け会社の経営者が元請け会社の経営者に嘘をつき、元請け会社の顧客を横取りすることになるし、資材メーカーに対し、帳尻合わせとして元請け会社の顧客に勝手に白羽の矢を立てた事になります。
知人は自社の顧客に対し、コストメリット、品質、顧客先社員の使用感等の確認をして採用された経緯があり、かなり憤慨している状況です。
また、知人は下請け会社が「かつて取扱った事がない資材もあり、資材知識も乏しいし、コスト高くなり、クレーム対応等、顧客先の採用は難しい。」との事でした。
何故、下請け会社の経営者は元請け会社の経営者に嘘をつき、契約違反までして、資材知識もない資材を納品したいのか?、下請け会社の社員が自社の経営者が嘘をついているこを簡単に暴露してしまうのか?何故、下請け会社の経営者は関係の無い元請け会社の顧客を巻き込むのか?
下請け会社の経営者の資質、この会社の将来についてご意見をお願いいたします。

知人の経営者からの下請け会社との契約について相談されました。
知人の会社は下請け会社との契約でお互いの顧客への介入、営業はしないとの取り決めをしていましたが下請け会社の経営者から「御社顧客の会長から今後は下請け会社からの物品を購入するとのことなので直接の取引口座を開設する。」との連絡が入ったとの事でした。
知人は下請け会社の経営者は元請け会社の顧客先の会長や実務担当者との面識も無いのでおかしいと思い、下請け会社の資材担当者に確認したところ、「下請け会社の経営者がある資材メ...続きを読む

Aベストアンサー

下請けはもちろんのこと、元請側も顧客も問題がありますね。

私も会社の経営者ですが、嘘を見抜けずに元請の下請と直接取引をしようとする顧客とは取引が無くなってよかったと考えますね。
その下請けは、色々なところで不義理を行っていくことでしょう。不義理でも何でも営業で獲得したほうが正義や成功というのであれば、私はそのような性向はほしくないと思います。ですので、そのような下請との取引をやめる決断をしますね。

ただ、筋を通すためにも、顧客に下請けがどのように営業したのかわからないが、私の会社に不義理をして営業した下請けとの取引開始であることを理解してくださいと伝えますね。下請けが元請となっても、当然そのような不義理ですので、うちはフォローしないことを伝えますし、今後同条件での取引を希望されても、お約束できないことを伝えますね。
まともな会社であれば、謝罪をするでしょうし、すでに取引を始めたのであれば、その下請けの能力がどうかを気になることでしょう。ただ、私であれば、下請がどのような営業をしたかわからないが、自分は同業者の悪口言えません、と伝えますね。しかし、自分の会社の方が得意な分野である自信はあるとだけは伝えますね。

顧客に筋を通したうえで、下請けには、法律に反していなくとも、取り決めに反した行為をされたことは、わが社では信頼を損ねる行為と判断した。今後の発注はしないと通達しますね。

ここまですれば、同業他社へ、○○社は取り決めに反して顧客を奪う営業をしていて損害を得たと事実のみを言いますね。そうすれば尾ひれがついて、場合によっては下請けがつぶれるか、謝罪してくることでしょう。そこまででなくとも、弱体化するかもしれませんね。
顧客が頭を下げてくれば、同条件で受け入れつつ、依頼数を増やしてもらえるようにしてもらいますね。

私は小さい会社ですが、地域密着で、安価なサービスを提供しています。そこへ、別な取引で当社の顧客へ営業する際に、一時的な好条件のみを大げさに伝え、当社が受けていた業務の一部を奪いましたね。その結果、当社はその顧客に対し、今後はその会社にお世話になってくださいと伝えて拒否しましたね。
奪った営業は、大手メーカーの販社営業でした。当然大手では受けられない細やかなサービスを提供していましたので、その顧客は新しい取引先にも断られ、困り果てていましたね。

下請けはもちろんのこと、元請側も顧客も問題がありますね。

私も会社の経営者ですが、嘘を見抜けずに元請の下請と直接取引をしようとする顧客とは取引が無くなってよかったと考えますね。
その下請けは、色々なところで不義理を行っていくことでしょう。不義理でも何でも営業で獲得したほうが正義や成功というのであれば、私はそのような性向はほしくないと思います。ですので、そのような下請との取引をやめる決断をしますね。

ただ、筋を通すためにも、顧客に下請けがどのように営業したのかわからないが、私...続きを読む

Q将来、合同会社にして、商材提案を量販店にした時、売上が少ないと、採用は

将来、合同会社にして、商材提案を量販店にした時、売上が少ないと、採用はされないのでしょうか?

現在、ネットで自分のアイデア商品を販売しております。リピーターさんが着実に増えているので、商品に自信がつきましたが、売上金額はまだこずかい程度です。なので、ここで法人化しても、量販店には相手にされないなど、あまり意味がないでしょうか?

そのあたりに詳しいかた、みなさんのご意見を伺いたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たとえば、その商品が間違いなく1000個以上売れる見込みがあり、1000個以上を量販店に卸すことができるだけの生産力があってはじめて商談ができると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報