最新閲覧日:

うちの主人が会社の健康診断で、「高尿酸血症」と診断されました。今ひとつこの病気のことがよくわからないのですが、主人は肥満度はマイナスです。血糖値も正常です。
本人としては、清涼飲料水(カロリーオフのもの)をよく飲んでいることと、毎日45度近くの熱いお風呂に長い時間つかっていることがよくないんじゃないか・・と気にしています。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、何か教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (3件)

高尿酸血症は、そのまま尿酸値が高くなり続けると、痛風になります。


肥満の方は、リスクが高くなります。
病院では、太らないよう、水分を多く取るよう、プリン体(尿酸の原料)を多く含む食品をなるべくとらないよう、アドバイスを受けると思います。

原因としては、食物由来のものと、内因性のものがあります。プリン体は、いわゆる核酸ですので、たくさんの細胞(干物や内臓系)を食べたり、自分の細胞が壊れたりすると、たくさん出ることになります。また、排出できなくなっても蓄積します。

治療となりますと、降圧剤、利尿剤、尿酸値を下げる薬などで、長い間コントロールしていくことになります。

45℃のお湯に長時間浸かると、細胞壊れるかもしれませんね。
高尿酸血症でなくても、そのような風呂の入り方はいただけないと思います。

痛風は厄介な病気です。そうなる前に、原因を突き止め、対処していかれるのが良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりきちんと一度診てもらった方がいいですよね。
お礼が遅くなってしまいましたが、ご丁寧にありがとうございました。
受診するように言ってみます。

お礼日時:2001/07/11 17:04

kawakawa教授の詳細が回答がありますが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「尿酸」
この中で特に「正常値」「異常値の意味」「特別な注意」と関連リンク先を参考にしてください。

さらに
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(慢性痛風性関節炎)
この中でも特に「原因と危険因子」「予防」「症状」「治療」「合併症」と関連リンク先を参考にしてください。

医師の指示に従って、食事・アルコール等に気をつけて「尿酸値」をコントロールする必要があると思います。

御参考まで。

御大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。
本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/07/11 17:02

高尿酸血症は文字通り血液中の尿酸の量が(異常に)高い状態のことです。


尿酸が多いとどうなるのかといいますと、関節に尿酸が溜まってしまうようになります。それが痛風なのです。
つまり、PIYOKICHIさんのご主人は痛風予備軍であるということなんですネ。
高尿酸血症の原因は色々あります。
遺伝的な酵素の異常の場合もありますし、腎臓の障害が尿酸の代謝能力を落としている場合もありますし、原因は様々です。
高尿酸血症の方の多くは肥満なのですが、ご主人は痩せておられるのですネ。それでも、日常の食生活には気をつけられるのがよいでしょう。水分を沢山摂ること、アルコールは避けること、そして、高蛋白の食事を少量摂るようにすることは大切です。
尿酸を尿中に排泄して血中の尿酸レベルを下げる薬(プロベネシドなど)がありますので、再検査でも引っかかった場合は(血中尿酸のレベルが非常に高い場合は)治療薬として投与されることと思います。また、関節から採取した液を顕微鏡で観察して痛風になっているかどうか、なりかけているかなどを検査されるでしょう。
清涼飲料水の飲みすぎは直接に尿酸レベルを上げることには結びつかないでしょう。しかし、喉が渇いたときには水(湯)やお茶などで水分補給をするのが一番ですヨ。
45度近い湯に長時間浸かるということは高尿酸血症であるか否かという問題ではなく、とにかく、今日から止めなければなりません。
早くあの世に逝くことを望まれているのでない限りは、そのような熱い湯に入り続けることはやめなければなりません。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。
とりあえず、入浴の方はやめてもらいました。
とても丁寧に説明してくださってありがとうございました。

お礼日時:2001/07/11 16:59

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ