お湯につかりたい場合のユニットバスの効率よい洗身方法があれば教えて下さい。
あと、ユニットバスでの入浴について何か注意している点などあれば参考にさせて頂きたいのですが。
また、お風呂の残り湯を洗濯に使いたい場合のアドバイスも出切れば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

トイレが一緒の、ビジネスホテルのようなユニットバスのことでしたら、


バスタブの外にも排水溝があるので、トイレのフタに座りながら体を洗って、シャワーで流すこともできます。普通のお風呂の中に便器があると思えば、そんなものでしょう。
洋式トイレは最初の頃はフタがなく、
ユニットバスが登場してから、お風呂として使う時に座るため、
つけられたらしいです。
マンションやアパートは排水溝が詰まりやすいので、
一気に排水すると排水溝からあふれて悲しくなるときがあります。
様子を見ながら少しずつ排水します。
ユニットバスは、掃除の時に天井から床まで便器ごと丸洗いできるので、清潔でとても気に入っています。
でも狭いので、お湯につかりたいときは銭湯に行きます。
    • good
    • 0

やはりバブルバスはおすすめです。

シャワーカーテンを湯船の内側にひろげて、泡のお風呂につかりながら、湯船で身体をこすりきれいにしたら、立ち上がってシャワーで、髪の毛を洗います。最後はお湯を落としながらシャワーで身体を流してあがります。なかで髪や身体を洗ったときは残り湯はあまり再利用できませんね。再利用したいのであれば、トイレに座ってシャワーで洗うようになると思いますが、それもちょっと抵抗がありますよね。私はやったことはありません。でも、下着やハンカチくらいなら、残り湯で洗えるのではないでしょうか。手洗いに使えると思います。
    • good
    • 0

お風呂からでたら、カーテンを広げたままにして外側から軽く叩いて水滴を落としてください。


そのあとカーテンは広げたままにしましょう。

そうしないとカーテンがカビてしまいますよ(^^;
    • good
    • 0

 私はバブルバスにして入っていました。


 なので、洗濯にはちょっと無理ですね。
 (ちなみに効率が悪いために、その後はおいだきの
 あるお風呂を優先に、アパートを探しました)

 あと、ホテルで今やる方法はシャワーで体を洗って
 すすぎながら?湯をためていきます。
 そのまま流さなければ、洗濯には使えますよね。
 
 こんな経験を持つ私って、貧乏くさいでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん回答どうもありがとうございました。
トイレに座って体を洗うというのは知りませんでした。
なんとなく抵抗がありますね。
貴重なご意見参考にさせて頂きます。

お礼日時:2001/06/29 00:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTOTOのユニットバスのお湯取りシステムった問題無いんでしょうか?

 近々、お風呂を作るのですが、TOTOのユニットバスで、洗濯機へお風呂の残り湯を湯船から直接供給するシステムがそれなんですけど、普通はポンプを湯船にたらしてお湯をとりますよね。
 このお湯とりシステムはあらかじめ風呂に配管をして、洗濯機のポンプ機能でお湯を取るものです。すっきりしていていいのですが、ポンプが埋め込まれていると言うことは、汚くなっても交換できないと言うことだと思うのですが、衛生的にも問題ないのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

http://www.com-et.com/online_cat/0265_pdf/0198.pdfのことですよね。 
 現物を見たことがないので詳細はわかりませんが、普通の洗濯機のポンプの取水口にはフィルターの類がありますが、取水口付き循環アダプターにがどれだけフィルターとしての用をなすか不明なので、髪の毛その他汚れの類いが一体どこに詰まっていくのかが気になります。
 ポンプは洗濯機の物を使用するはずなので、埋め込まれているのはホースこのことだと思いますが、おっしゃるとおり衛生的に少しは問題があると思います。接続部以外はそれほど汚れるとは思えないのですが、詰まることには強く不安を感じます。時折、何らかの方法で掃除をしてあげないといけないと思いますが。その方法はTOTOにでもお尋ね下さい。取水口付き循環アダプターを毎日きちんと手入れすれば良い気はしますけど。

 この質問少し答えにくい質問だと思います。不安があれば導入しなければ良いだけですし、製品も新しく不具合が起きるにしてももう少し先だと思うので問題ないと言い切れる人もいないと思います。
 不安はTOTOに連絡して尋ねてみて解消するしかないと思います。

http://www.com-et.com/online_cat/0265_pdf/0198.pdfのことですよね。 
 現物を見たことがないので詳細はわかりませんが、普通の洗濯機のポンプの取水口にはフィルターの類がありますが、取水口付き循環アダプターにがどれだけフィルターとしての用をなすか不明なので、髪の毛その他汚れの類いが一体どこに詰まっていくのかが気になります。
 ポンプは洗濯機の物を使用するはずなので、埋め込まれているのはホースこのことだと思いますが、おっしゃるとおり衛生的に少しは問題があると思います。接続部以外...続きを読む

Qバストイレ(ユニットバス)の湿気

冬だというのに湿気がひどいんです。気づいたら黒カビが生えています。
換気扇を回しっぱなしにしてもあまり効果がないし
ドアを開けっぱなしにしていたら、家中に湿気が充満・・・(1Kです)
せっかく日当たりはソコソコいい部屋なのに洗濯物も乾きません。
今からこんなでは夏が思いやられます。
なお、座敷猫がいるため家中の窓を開け放つ。というのは非常に困難です。
開け放つ以外の湿気対策を教えてくださいまし。

Aベストアンサー

参考までに私の家の湿気対策です。結露取り用のスクイジーを用意します。(T字型のお水取りです)それで排水溝に水滴や水を集めてそのあと乾いた雑巾で乾拭きします。私は入居して7年いますがこれで風呂場はきれいです。ベランダに常時四枚の雑巾が定位置になっていていつでも乾いた雑巾が手に取れるようになっています。猫さんがいなければ窓を開けておくこともできるのでしょうが、でも隙間ぐらい欲しいのが本音ですね。

Q風呂の残り湯を洗濯水に

汲み上げるポンプはホームセンターなどで販売されていますが、メーカー、機種など何が良いのかよく分かりません。
気をつける点やこういうものが良いなどありましたらご教授下さい。

Aベストアンサー

一番の問題はポンプの吐出量です.一杯になるまでの時間意外と掛かります.遅いと忘れたり,イライラします.少しは高苦なりますが性能のいいものを買いましょう.どうも安いのは直ぐ壊れます.3千円以上出しましょう.
夏場はホース内にカビが生えますから,たまに漂白剤を入れます.

 http://www.rakuten.co.jp/nagashio/304434/242711/
 http://www.ads-network.co.jp/tokusyuu/t-15/t-1503.htm
 http://review.rakuten.co.jp/item/1/195992_309927/1.1/
 http://www.dmd.co.jp/shihan/ippankaden.html

Qお風呂の残り湯使用

風呂の残り湯を外のタンクに溜め置きそこからトイレの窓からホース等で引き込みロータンクの上水道パイプに三方弁、両ナットユニオンと共に取り付け利用した所、24m3使っていた上水が14m3になりました。上水道はほとんど使用していません、もちろん水は消毒しています、水中ポンプ、タンク、ラック等で30、000円程度でした、毎日水を汲み上げると言うめんどうはありますが、かなりの節水にはなっていると思うのですが?

Aベストアンサー

>24m3使っていた上水が14m3になりました。
→節水になっていると思います。

ただし、上水道に直接、上水以外の井戸水などの配管を接合することは、水道法で禁じられていたと思います。使用するなら、三方弁でなく完全に上水を切り離した形で配管して下さい。万が一の場合、上水に汚水が混ざる恐れがありますので。(最近のタンクレスの直結式は認められている)

参考↓
http://nagashimasakusen.blog.shinobi.jp/Entry/570/

Q電気温水器、エコキュートの残り湯

例えば、長期旅行に行く時などはタンクの中のお湯(水)は強制排出できるのでしょうか?

それとも、不在予定の前にタンクに水を入れないようにすることもできるのでしょうか?

余裕をもって容量を選んだときに、一日で使いきれなかった場合、翌日に使えばいいとは思いますが、長期不在の場合は古い水が溜まっていたら困ると思います。

これからどちらかを選ぶことになりますので、わかる方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

できます。(=できるはず)

我が家のエコキュートを修理の際
業者の人が強制排出してました。
自分でやってないので、やり方はくわしく
ないのですが、できるはずです。
一旦ぬくと、次につかう時にエア抜きか
なにかやっていたようですが。。。

なお長期間不在の際にぬく必要があるか
どうかは知りません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報