数学が得意な方に質問です。

本で読んでいて出てきたのですが、

x^2 ± (x+y+z), y^2 ± (x+y+z), z^2 ± (x+y+z)
がどれも平方数であるような有理数x,y,zを求めよ。


という問題はどう解くのでしょうか?
また、この問題が表している意味を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

平方数に有理数の平方が含まれるのなら有理数解も考えられます。



最初の組x^2 ± (x+y+z)が有理数の平方数だから
a=x+y+zとしてx^2+a=p^2, x^2-a=q^2 (p,qは有理数)。
両辺を加えると2x^2=p^2-q^2,両辺2倍すると(2x)^2=(p+q)^2+(p-q)^2
したがってx,p,qは有理数kと整数m,nを用いて
(x,p,q)=(k(m^2+n^2),k(m^2-n^2+2mn),k(m^2-n^2-2mn))と表せます。
またa=(p^2-q^2)/2=k^2(2mn(m^2-n^2))となります。

このことからある整数m,nを用いてつくったピタゴラスの三つ組(m^2+n^2,2mn,m^2-n2)を
辺とする直角三角形に対してxはその直角三角形の斜辺のk倍、aは
直角三角形の面積の4k^2倍であることがわかります
y^2 ± (x+y+z),z^2 ± (x+y+z)についても同じです。

結局、題意を満たすためには、一番簡単な場合は面積の等しい
ピタゴラスの三つ組を三つ用意してその三つの三角形の斜辺の和のk倍が
三角形の面積の4k^2倍に等しいとすればいいことがわかります。
さらに簡単なのは三つの三角形が等しい場合で例えばx=y=z=25/8が解となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2017/02/02 07:16

x、y、zがx+y+z=0を満たす整数なら題意を満たしますよね。

(x,y,z)=(1,1,-2)とかいくらでもできると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次の和Sの求め方について解説お願い致します

次の和Sの求め方について解説お願い致します

Aベストアンサー

尚、高校生ならば、
一般項=(1/2)(1/n+1 ー 1/n+3 )
より、部分分数分解により、初項と最終項が残りますので

→次項と最終項の一つ前の項も!!!
尚、No1は、最終計算がおかしく、正しければ、同じになります!

Q対称式です!

x+y+z=0, x^3+y^3+z^3=3, x^5+y^5+z^5=15のとき、x^2+y^2+z^2の値を求めよ

という問題です!
よろしくお願いします

Aベストアンサー

x=-(y+z)
x^3=-(y+z)^3=-y^3-3y^2z-3yz^2-z^3
x^3=3-y^3-z^3
3=-3y^2z-3yz^2
1=-yz(y+z)
xyz=1

x^5=-(y+z)^5=-y^5-5y^4z-10y^3z^2-10y^2z^3-5yz^4-z^5
x^5=15-y^5-z^5
15=-5y^4z-10y^3z^2-10y^2z^3-5yz^4
3=-yz(y^3+2y^2z+2yz^2+z^3)
3=-yz((y^3+z^3)+2yz(y+z))
3=(-1/x)((3-x^3)+(2/x)(-x))
=-1/x(3-x^3-2)
=(x^3-1)/x
x^3-3x-1=0
x^2=(3x+1)/x=3+1/x

x^2+y^2+z^2=x^2+(y+z)^2-2yz
=x^2+(-x)^2-2(1/x)
=x^2+x^2-2/x
=2(x^2-1/x)
=2(3+1/x-1/x)
=2*3
=6

かな?
何となくいじってたらできた感じなので説明文なしですが…

Q円の一部の面積を求めたいです。

円:(x-a)^2+(y-b)^2=c^2の中に原点がある場合で、
(例えば(x+5)^2+(y-1)^2=7^2)
この円をx軸とy軸によって4つに分けたときの1つの面積
(x軸とy軸と弧に囲まれた部分の面積)を
どのように求めるか知りたいです。

分かりにくくてすみません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

場合分けをいろいろやると面倒なので、一つの例だけ。

a>0かつb>0(もちろんc>0)として、第1象限の部分を求める場合を考える。
円とx軸との交点のx座標のうち、正のものをpと置く。

(x-a)^2+(y-b)^2=c^2をyについて解いて、
y=b±√{c^2-(x-a)^2}
ここで、復号の+の方をy1、-の方をy2とする。(注:pはy2=0の解のうち、正の方)
y1はx軸に平行な円の直径よりも上の部分、y2は下の部分を表す。

第1象限部分の面積Sは、
S=∫[0→(a+c)]y1dx - ∫[(p→(a+c)]y2dx
=∫[0→(a+c)][b+√{c^2-(x-a)^2}]dx - ∫[(p→(a+c)][b-√{c^2-(x-a)^2}]dx
となる。

a>0かつb>0ではない場合や、第1象限以外の部分を求める場合は、それぞれの場合に応じて
積分範囲や式の形を変える必要あり。

Q複素数の解法

以下の解法をご教示ください。

複素数Zが
|z|-1=(-1+2i)z
を満足するとき

|z|=

を求めなさい。

また、zの偏角をθとするとき

cosθ+isinθ =

を求めなさい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両辺の絶対値をとって、
||z|-1|=√5|z|、より |z|-1=±√5|z|、|z|≧0なので、-のほうをとって
|z|=1/(1+√5)=(√5-1)/4,

最初の式から、
(1-2i)z=1-|z|、z={(1-|z|)/5}(1+2i) ですが、さっき求めた|z|から
(1-|z|)/5>0なので、θは1+2iの偏角と同じ、したがって
cosθ=1/√5、sinθ=2/√5、
cosθ+isinθ=(1+2i)/√5=√5(1+2i)/5

Q高校数学 整数の質問です。

問題文の条件に、「mは自然数とする」と書かれている時と、「mは正の整数とする」と書かれている時とで、違いってありますか?どちらも同じ集合を表していると思うのですが、微妙にニュアンスが違ったりしますか? ご回答宜しくお願いします!<(_ _)>

Aベストアンサー

今高校の数学の教科書を見てみたけど, その教科書では自然数と正の整数は同じものを指してる. だから, 高校数学では同じものとしていいんだと思う.

大学の数学だと #1 で言われるように「自然数」が異なる 2つのものを表しうるので注意が必要.

Q大学入試の過去問です。 解き方がわからないので教えてください!

大学入試の過去問です。
解き方がわからないので教えてください!

Aベストアンサー

回答としては、No.1様のご回答で十分だと思いますが、少し補足させていただきます。

(1) 点Bが直線上にない場合、その点Bから直線に下ろした垂線の足(直線上の点C)をとることができて、 明らかに A1B > A1C かつ A2B > A2C なので 直線上にない点Bは A1P+A2P が最小となるような点Pではありません。
直線上の点で考えると、A1,A2 の区間の外側の点は、少なくとも、A1PとA2Pのどちらか片方は、区間の長さA1A2よりも大きくなります。
一方区間の内側の点では A1P+A2P=A1A2 なので、直線上の点であっても区間の外側は最小となりません。

(2) (1)の後半部分と同様で、点Qが区間A1A3の外側にあるときは、評価する値A1Q+A2Q+A3Qは区間の長さA1A3よりも大きくなります。(A1Q > A1A3 または A3Q > A1A3)
よって、区間の外側の点は最小とする点ではありません。

(3) A1とAn,A2とA(n-1)のように区間を考えていって、全ての区間の内側の場合が最小となる。

回答としては、No.1様のご回答で十分だと思いますが、少し補足させていただきます。

(1) 点Bが直線上にない場合、その点Bから直線に下ろした垂線の足(直線上の点C)をとることができて、 明らかに A1B > A1C かつ A2B > A2C なので 直線上にない点Bは A1P+A2P が最小となるような点Pではありません。
直線上の点で考えると、A1,A2 の区間の外側の点は、少なくとも、A1PとA2Pのどちらか片方は、区間の長さA1A2よりも大きくなります。
一方区間の内側の点では A1P+A2P=A1A2 なので、直線上の点であっても...続きを読む

Q高校数学 点と直線の距離の公式の証明についての質問です。

とあるサイトを拝見させて頂いたところ、点と直線の距離の公式の証明の途中経過で、A^2+B^2≠0であることを自明のように使っていたのですが、その理由を教えて下さい!
http://mathtrain.jp/tentotyokusen
証明1の下の方です。
また、Ax+By+C=0の式で、AかつBがゼロになるときは座標平面上でどのような点の集合を表しますか?
自分の考えでは、c=0ならば、(∀x、∀y)を表し、c≠0ならば、上式を満たす点は存在しないと思います。
お手数お掛け致しますが、ご回答宜しくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

>>等式が成立しないのに、なぜ∀(X,Y)を表せるのですか

余り深く考えないで下さい。

① (Ax+By+C=0 ∩ C=0) → (X,Y)は実数
② (Ax+By+C=0 ∩ C≠0) → (X,Y)は実数

①は前提は真
②は前提が偽。前提が偽なら結論は全て正しい。

A,Bは0なんだから、全ての実数(X,Y)についてC=0が成り立ちますよ。
この後の議論が、それを満たすCが幾つになるか、です。

Qすごく見えにくいかも知れませんが3の(2)を教えてください。

すごく見えにくいかも知れませんが3の(2)を教えてください。

Aベストアンサー

△OABが直角二等辺三角形となるという条件を考えましょう。
OA=OBの二等辺三角形であることは明らかなので、
∠OAB=∠OBAとなり、∠OAB及び∠OBAが直角となる事はありえません。
よって∠AOBが直角となる場合を考えます。

この時y軸と直線OA及び直線OBのなす角はそれぞれ45度ということになります。
つまり、直線OAの傾きが1である場合を考えればいいのです。

傾きが1でOを通る直線は、
y=x
です。
これと
y=(2/3)x^2
が交わる点がAなので、
x=(2/3)x^2
x^2-(3/2)x=0
x(x-3/2)=0
x=0,3/2
となります。
x=0の時点Oなので、
点Aはx=3/2の時となります。

y=(2/3)x^2=k
にこのxを代入すると
3/2=k
となります。

よって求めるkは
k=3/2
です。

Q数Ⅲの問題が分かりません。

円O:x^2+(y-1)^2=1に外接し、x軸にも接する円の中心をPとするとき、点Pの軌跡を求めよ。
ただし、円の中心Pがy軸上にある時は除くものとする。
.
点Pの座標を適当な文字においてOP=半径の和とするのかな?と思ったのですがイマイチ最後の問題文がイメージできません。
解答例を教えて下さい。m(_ _)m

Aベストアンサー

円O:x^2+(y-1)^2=1 → x=0,y=1を中心として半径1の円
に外接し、x軸にも接する円の中心ですね。
y軸上にある時は除くと言うのは、y軸上であればy<0にある全ての点においてPの条件に一致するからですね。(y軸上のy>0の点を中心とした場合は内接となります)

Oを中心とする円とPを中心とする円が外接する時、その接点をQとすると、O,P,Qは一直線上にあるので、OP=OQ+PQです。
このときOQ=1、PQ=Pのy座標、OP^2=(Pのx座標)^2+(Pのy座標-1)^2なので、
Pの座標を(Px,Py)とすると
(1+Py)^2=Px^2+(Py-1)^2
4Py=Px^2
Py=(1/4)Px^2
つまりPの座標は
y=(1/4)x^2
という軌道を描く。ただしx≠0

Q対称式です!

実数x,y,zがx+y+z=0, x^2+y^2+z^2=a^2(aは正の定数)を満たすときzの最大値を求めよ

Aベストアンサー

もしz=aになると、x=y=0となって、a>0を踏まえると、x+y+z=0が成立しなくなりませんか。

こうなのでは?
x+y+z=0により、x=-(y+z)なので、
{-(y+z)}^2+y^2+z^2=a^2
yの二次方程式と見て変形し、
2y^2+2zy+2z^2-a^2=0
判別式をDとすると、yが実数なのでD≧0
よって、
D/4=z^2-2(2z^2-a^2)≧0
3z^2-2a^2≦0
-√6/3 a≦z≦√6/3 a (注 a>0)
したがって、zの最大値は、√6/3 a


人気Q&Aランキング

おすすめ情報