カロマゾフの兄弟を読んで見ましたが奇妙な印象を受けるばかりで、何がいいたかっかのか理解できません。

まず、教会側がいった人間の救いとはなんでしょうか?
次に序文で父親が偉大と書かれてますが、どこらへんがとあたまを捻るばかり

大審問は何をいいたかっかのかのか

アリシャが最後我々いい人間でいたことがあったのだと締めくくりますが、えーと置いていかれたかんがあってわからず

一応謎解きカラマゾフ買おうかなやんでるんですが
昔謎解き罪と罰読んで、ロシア転覆革命と書いてあり
うーむ之読んだら、また、記号論では。とあたまををひねり

何から解説お願い致します

A 回答 (1件)

他の方の回答を期待していましたが、なかなか、回答がつかないようなので。

二十年以上も前に読んだ本ですので、細かいところは覚えておりませんが。

父親は社会的に尊敬されている男性であり、長男は確か、伊達男、次男は、都会に出ている無神論者、そして、三男は、聖職者、と、その当時のロシアの世相を反映するような三兄弟です。

長男と父親は、長男の恋人に振り回されていて、三男、アリョーシャの心を悩ませます。そこへもってきて、都会(モスクワだったか?)から次男が帰宅して、無神論の持論を披瀝する、それが、大審問のたとえでした。

”もしも、キリストが、現在のロシアに再来したら、彼は、大審問にかけられて、有罪になるだろう”と、彼は言います。素直な心を持つアリョーシャには理解できない、心の屈折が、都会に住む次男をとらえています。”現在のロシアの状況を、キリスト教が救えるものではない、逆に、キリストを殺してしまうだろう”

しかし、そういうアリョーシャの、最大の関心事は、大司教の死体から腐敗臭が漂ってくるかどうか。。。死体が腐ってしまったら、聖人にはなれない、という、きわめて、世俗的な悩みです。

一般的に、教会の言う、神の救い、とは、人間とは罪深いものだが、神に祈りをささげることにより、その罪を許される、というものです。

私は、”罪と罰”もそうですが、ドストエフスキーの作品は、喜劇としてとらえています。世間的に偉大な父親が、長男の恋人に好かれようと、右往左往するところや、聖職者であり、作中、”素晴らしい人間”である、と何度も念を押されているアリョーシャが、次男に翻弄されたり、父子の恋のさや当てに悩んでいるところを、ドタバタ喜劇、として読みました。最後の彼の一言は示唆的であります。

罪と罰も、金貸しのおばあさんを殺しに行く青年の、綿密な殺人計画が、馬鹿みたいにバラバラと崩れてゆくところが、実に、ばかばかしく、面白かったのを覚えています。

以上、読書感想文でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

罪と罰を読んで、推理小説みたいで、このチミな神経の動きが最高だと、記憶しています

ただ、ドストエフスキーは細か過ぎて読んだあと、体力を多量に持って行かれるので、
何度も再読するには、大変な根拠が必要ですよね

神がいなければ全てが許されるとう発言や、
確か2.3年間前全部読んでうろおぼえなのですが、人間はなんで貧乏なんだ
この飢えた子供たち打たれた子どもたちの存在は、神はなにをしてるのか

といった、難問にドストエフスキーは、どのような解答をしていますか

確か、この問いは、悪戯ぽくいわれて、放置されたきがして、今も気になりまして

兎に角カラマゾフは1人で、読破するには、大変です

お礼日時:2017/01/24 09:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q徒然草序文の口語訳について

『つれづれなるまま・・・・・』の序文の終わりである『あやしうこそものぐるほしけれ』←この部分の口語訳は、どういったものが最適なのでしょうか・・・。もしご存知の方、もしくは、この解釈はどう?という意見が御座いましたら、是非教えて下さい。
ちなみに私は『不思議なくらい、言うなれば、気が狂ってしまったかのようだ。』と解釈が出来るのではないかと思っています。いかがですか?

Aベストアンサー

jakyyです。吉田兼好の思想から考えると序文を
どう解釈するかがわかります。

【 吉田兼好】
吉田兼好は宮廷に仕え、祖父の代からかかわりの深い堀河家の諸大夫ともなりましたが、
1313 年 (正和 2) ころ出家しました。
歌人としても優れ、二条為世門下の四天王の一人と賛えられました。
徒然草の執筆は1317年から1331年ですが、
構成は枕草子を参考にしながら世間の見聞、感想、
実用知識、有職の心得など多彩にわたっています。
しかし、この随筆の根底には仏教思想があります。

【徒然草序文】
吉田兼好は山科の年貢米で生活をしながら、
朝晩、仏と向き合い、また机に向かって随筆を書いていました。
一人暮らしで時間が十分あるので、気を紛らわすために徒然草を書き綴ったのでしょう。
序文の「あやしうこそものぐるほしけれ」の解釈は
「どうしょうもない位、不安な気持ちになってきたものだ」でいいと思います。

【ものぐるほし】
言葉の意味は「正気を失ったようだ、冷静な心がないようだ 」という意味です。
解釈によっては「狂乱」という意味も含まれていることもありましょう。
しかし「ものぐるほしけれ」をそう解釈するのはどうかと思います。
というのは、随筆の根底に流れる温かみのある兼好法師の仏教思想からすれば、
狂ったとか、異常であるという意味があったとしても言葉は解釈としては適切ではないと思います。

jakyyです。吉田兼好の思想から考えると序文を
どう解釈するかがわかります。

【 吉田兼好】
吉田兼好は宮廷に仕え、祖父の代からかかわりの深い堀河家の諸大夫ともなりましたが、
1313 年 (正和 2) ころ出家しました。
歌人としても優れ、二条為世門下の四天王の一人と賛えられました。
徒然草の執筆は1317年から1331年ですが、
構成は枕草子を参考にしながら世間の見聞、感想、
実用知識、有職の心得など多彩にわたっています。
しかし、この随筆の根底には仏教思想があります。

【徒然草序文】
...続きを読む

Q「焼け跡の大審問官」の著者名を教えていただけますか?

「焼け跡の大審問官」の著者名を教えていただけますか?

Aベストアンサー

『焼跡の大審問官』竹山道雄

ですかね。

Q「審問」というタイトル

外国の作家(?)の本で「審問」という、上下2巻構成の本について出版社・著者名・発行年月・ISBNコード等の情報が欲しいです。
おわかりになる範囲で結構ですのでお願いいたします。
色々な検索サイト(本の検索サイトも含む)で検索してみたのですが、わかりませんでした。
著者名は、まったく自信がないのですが、ピーター・コーウェルというような名前だったように思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

パトリシア・コーンウェルの「審問(上・下)」が、そうです。

発売日は当初12月8日になっていたと思いますが、店頭になかったので講談社さんに問い合わせてみたところ25日くらいには... との事でした。

ISBN 上巻 4-06-273045-6
ISBN 下巻 4-06-273046-4

価格は、ともに629円です。

Q新潮文庫のo・ヘンリ短編集(2)を読みました。比喩が多かったりと中々読

新潮文庫のo・ヘンリ短編集(2)を読みました。比喩が多かったりと中々読みづらく結末が『?』な作品が多かったのですが、知っている方いらっしゃいましたら簡単に解説して頂きたいのですが。。。

「睡魔との戦い」眠らない為に言われた悪口が事実だった?でも覚えてないはずでは?
「ハーレムの悲劇」殴られて喜ぶ妻なんて本当に居るのですか?
「詩人と農夫」田舎男は950ドルをみせびらかして何をしようとしていたのですか?また、結末のコナントの詩のくだりもいまいちわかりません。
「マディソン~」前半の送られて来た手紙と写真の意味がわかりません。
「臆病な幽霊」息子が扮していたのはわかるのですが、キスのくだりなどわかりません。相手の夫人は若いのでしょうか?

理解力無くてすみませんが1作品とかでも良いので教えて頂けたらなと思います。

Aベストアンサー

答えやすいところから。

> 「マディソン~」前半の送られて来た手紙と写真の意味がわかりません。

これは自分の妻に対する匿名の密告の手紙です。
で、その手紙を読んで、チャルマーズは疑心暗鬼にかられた。

ところで、画家であるチャルマーズは不思議な特技を持っていました。人の心の奥底に秘められた悪徳を描きだしてしまうのです。そこで、彼は自分が夕食に招待した見ず知らずの男に、自分が描いた妻の肖像画から、どんな性質がうかがえるか、と尋ねます。

すると、客は「天使の顔」だと答えます。この瞬間、チャルマーズの妻に抱いた疑惑はあとかたもなく消え失せます。

> 「睡魔との戦い」眠らない為に言われた悪口が事実だった?でも覚えてないはずでは?

悪口は事実です。小説ではひとつ約束事があって、嘘だと書いてないかぎりは、それは真実なのです。トムはうつらうつらしていて、私の話を断片的にしか聞けていません。それでも、断片的にでも聞いていると考えて、私は悪口をいいまくるのです。
あまり覚えていない、でも、故郷に残した彼女のことは彼の中に入っていく。無意識のうちに気にかけていたからでしょう。だから、何を言ったかはっきりとは覚えていないけれど、故郷に恋人を残していたことは記憶の底から浮上してきて、だから私にお礼を言うのです。

> 「詩人と農夫」田舎男は950ドルをみせびらかして何をしようとしていたのですか?

それは言うとおりのことです。商売をするために、出物を探していたのです。
ところが、いかにも田舎ものといういでたちの乾し草君を見て、詐欺師たちは、あれは自分たちの同類にちがいないと考えます。ちょうど、唐草模様のふろしきを背負い、ほおかむりをしている男が、泥棒ではありえないとみんなが思うのと同じです。

ところが自分のお金を行く先々で偽札扱いされた乾し草君は、一念発起してスーツを作り、りゅうとしたいでたちに変身します。すると、その瞬間にカモられた、という話です。

詩の話は、これとパラレルになっています。田舎暮らしの詩人が、田舎の風景を飾らず読んだら、あまりに技巧的すぎる、といわれた。そこで、今度は編集者をからかってやろうと、仲間うちの都会っ子の詩人に、田舎の詩をかかせた。すると、編集者は掌を返し、自然児ならではの表現である、と誉め称えた、ということです。

ありのままは誰も信じない、逆に、真実を隠そうとしたその瞬間、真実は自ずとあきらかになってしまう、という話です。この中では、これが一番よくできてるかな。

> 「ハーレムの悲劇」殴られて喜ぶ妻なんて本当に居るのですか?

これは、ほんとうにはいないから、あえて作者がこんな設定をしたと見るべきでしょう。

カシディ夫人はDVの被害を、逆に愛のあかしと友人に自慢して見せます。フィンク夫人は疑いながらも、まるで疑問に思っていないカシディ夫人のようすを見て、妻を殴ることこそ、男らしい男の証かもしれない、と次第に思うようになってくる。カシディ夫人は自慢を続けます。そうしてフィンク夫人は自分が愛されていないのではないかと危惧するようになる。そうして家事をしてくれる夫を、男らしくない男として恥じるのです。

むしろ、人間はこんな愚かなとりちがえすらしてしまう、ということでしょう。質問者さんは、自信たっぷりに宣言する相手の言葉に、一瞬、自分の方がまちがっていたかも、と思うことはありませんか。こんなふうに取り違えてしまっているから「悲劇」なんです。

本を読むときは、何が起こったかを丁寧に拾い上げながら、同時に、登場人物は何を思ってそんなことをするのだろうと頭を働かせなければなりません。

最近の小説は全部説明してあるのも結構あるんですが、文学作品の多くは、作者は宝物を埋めておきます。読者に掘り出してもらうために。
だから、読書というのは、作者と読者の共同作業なんですね。
もう少し質問者さんもゆっくり、時間をかけて、丁寧に読む癖をつければ、わかってくるかなあ、と思います。

以上、参考まで。

答えやすいところから。

> 「マディソン~」前半の送られて来た手紙と写真の意味がわかりません。

これは自分の妻に対する匿名の密告の手紙です。
で、その手紙を読んで、チャルマーズは疑心暗鬼にかられた。

ところで、画家であるチャルマーズは不思議な特技を持っていました。人の心の奥底に秘められた悪徳を描きだしてしまうのです。そこで、彼は自分が夕食に招待した見ず知らずの男に、自分が描いた妻の肖像画から、どんな性質がうかがえるか、と尋ねます。

すると、客は「天使の顔」だと答えます。この瞬...続きを読む

Q夏目漱石の草枕(新潮文庫)を読んでいますが、注釈を読みながらでないと非

夏目漱石の草枕(新潮文庫)を読んでいますが、注釈を読みながらでないと非常に読みにくいです。

読みやすくしているバージョンはないですか?

Aベストアンサー

私も「草枕」を読んだことがありますが、読みづらかったです。
訳の分からない語句がやたらとたくさん挿入されていましたよね。

しかし、冷静になってよく見てみると、
読み流せる部分の比重が高いことに気づきます。
難しい語句のほとんどがムダ知識であり、筋書きに絡まないからです。

質問者様の場合、まずざっくりと最後まで読み通した上で、
分からない部分のみ後から読み直してみては如何でしょう。
律儀に注釈を引きながら読み進めるのもアリだとは思いますが、辛いです。
一読で理解する義務なんて無い訳ですし。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報