最新閲覧日:

マイケル・ポーターの競争戦略には3つありますがそれぞれについて詳しく知りたいです.知っている方はご一報をお願いします.

A 回答 (1件)

手元にあるポーターの論文(「戦略の本質」『ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス』ダイヤモンド社、Feb-Mar, 1997)によれば、貴方のおっしゃる3つの競争戦略とは、1)戦略ポジショニング、2)トレード・オフ、3)フィットの3つを指すものと思われます。

論文に忠実に要約しますと、

戦略とは...
 ●ライバルに業績で勝つために、長く持続できる違いを築くこと。
 ●他社とは違う一連の業務活動を伴った、独特の「ポジション」を創造すること。
 ●競争方法の「トレード・オフ」を創ること。
 ●業務活動間に「フィット」を創ること。

1)戦略ポジションの選択
  (1)製品種類に基づくポジショニング
    製品やサービスの1部だけを供給
  (2)ニーズに基づくポジショニング
    特定顧客グループのニーズを対象
  (3)アクセスに基づくポジショニング
    ニーズは同等でも、特定の業務活動を選択

2)トレード・オフーー戦略ポジションの永続性
           (ライバルの模倣を防ぐ)
  (1)相手のイメージや評判の一貫性をなくすようなポジショニングをする
  (2)業務活動の違いを作る
  (3)相手の社内の調整とコントロールに混乱を起こすポジショニングをする

3)フィットーー競争優位の永続性
  (1)業務活動と戦略の整合性
  (2)業務活動の相互の補強
  (3)「努力の最適化」

となります。この論文は、80年代に日本に攻められた米国企業が、リエンジニアリング、業務改革に夢中になっていることに対して警鐘をならしたもので、「日本企業には戦略がない」という、耳の痛いコラムを載せています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
御礼が大変遅れてしまい…。
すごく役に立ちました。

お礼日時:2002/02/01 22:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ