人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

大学の経済学部で学ぶ統計学は、統計学というよりも計量経済学ですよね?やたら経済学関連のものばかりやりますから。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「経済学部で学ぶ統計学」と「普通の統計学」がどう違うのか知りませんが、統計学には大きく分けて「記述統計」と「推測統計」とがあります。



質問者さんが言っている「計量経済学」は、おそらく「記述統計」のことでしょうか。つまり「収集したデータを集計して、データの示す傾向や性質(平均、分散、分布、相関など)を知るもの」です。

統計学がその威力を発揮するのは、むしろ「推測統計」の方でしょう。限られた「サンプル」のデータから「全体」を推測したり、過去のデータから将来を予測したり、あるデータが「妥当」か否か(外れ値かどうか)を判定したり、2群のデータが「異なる」と言えるか検定したり。
経済学においても、「推測統計」をかなりの程度利用すると思います。
http://www.kibanken.jp/nikkanbla/expert/category …
http://hs-www.hyogo-dai.ac.jp/~kawano/HStat/?200 …

経済学部で学ぶ統計学が、「経済」を題材に論しられているとしても、それは何ら不思議はないと思います。単なる「使ってなんぼ」の「ツール」ですから、経済にどう使えるかを手っ取り早く学ぶのは方法論として問題ないでしょう。
それとも、統計学は数学であるべきだ、などと「かたい頭」で考えていますか?
    • good
    • 1

経済学部出身ではありませんので常識的な理解ですが、経済学と統計学との関係は、以下の通りだと思います。


国の経済状態を客観的に知るためには、各種のデータを取る必要があります。どのようなデータが必要か、それをどのようにして集めるか、得られたデータから必要な指標をどのようにして得る科などのことを学ぶ必要があります(必要な指標を得るには、統計的な処理が必要ですから、今日では、コンピュータの利用法も必要になると思います)。
そのためには、統計学を学び、十分に理解していなければ肝心の経済状況を客観的に知ることができません。つまり、統計学という本丸に迫るためには、統計学は必須の科目です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【コーシー・シュワルツの不等式を見てどうしろと言うのですか?】で?で終わるものですか? この公式って

【コーシー・シュワルツの不等式を見てどうしろと言うのですか?】で?で終わるものですか?

この公式っていつ使うんですか?

これは使う公式ではなく眺める観賞用ですか?

Aベストアンサー

コーシー・シュワルツの不等式というのは、一般的に成り立つものです。直感的には、2つの n 次元ベクトルの内積の2乗は、それぞれのベクトルの大きさの2乗の積以下である、ということを表すものです。

この質問の仕方では、何を聞きたいのか分かりませんが、高校以下の数学の問題とすれば、2次元ベクトルあたりの問題ですか?
そうすると、
  (ax + by)^2 =< (a^2 + b^2)(x^2 + y^2)
を証明せよ、のような問題ですか。これは、右辺から左辺を引いて平方完成をすればすぐにできます。

Q数学の質問です。 2017^2016-2015^2016の値は? x=2017、x=2015とおいて

数学の質問です。

2017^2016-2015^2016の値は?

x=2017、x=2015とおいて、x+yとxyで表そうとして見ました。
与式を因数分解すると
(x^7-y^7)(x^14+x^7y^7+y^14)(x^42+x^21y^21+y^42)(x^126+y^126)(x^252+y^252)(x^504+y^504)(x^1008+y^1008)

となり、x+yとxyで表せるのですが(もう少し計算をして)、いかんせん莫大な数になって心が折れました。

何か他に方法はあるでしょうか?
多分、高校入試の問題ですので、中学レベルの解法になると思われます。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これ、本当に、「2017^2016-2015^2016の値を求めよ」というそのままの問題ですか?
何かの問題の一部とか、又は、例えば、「2017^2016-2015^2016を○で割った余りを求めよ(※)」とかいう問題だったりしませんか?

x=2017、y=2015と置くと、「x^2016-y^2016を求めよ」という問題になりますが、指数の部分(2016です)が同じで、
xとyの差が2なので、この値はかなり大きな数値になることが予想され、したがって、その値そのものを中学レベルの数学で
求めさせるというのは変な気がしますが。
つまり、上記の※のように、この値そのものを求めなくても、答が求まる問題なのではないでしょうか。

Q電卓 分数計算のしかたを、教えて下さい

電卓 分数計算のしかたを、教えて下さい

Aベストアンサー

関数電卓か普通の電卓かによっても違います。
普通の電卓は入力した順に全て計算するので、
a/b+c/dをしたければ、自分で通分させるか、a/bもしくはc/dを一度計算しておいて、
計算してない方を計算してから、さっき計算しておいた方を足さないといけません。
関数電卓の場合は式を保存しておいて、掛け算割り算を足し算引き算より先にやってくれるし、()を付ければ()を先にやってくれます。
詳細は機種によって違うかもしれませんが
関数電卓かどうか分からなければ、1/2+1/2と入力してみてください。
関数電卓なら結果は1と出ます。
そうじゃないなら1/2+1の段階で1.5と出て、/2を追加で0.75と出てしまいます。

Q高校数学 ベクトル

解答解説が無くて、自分で解いてみたのですがわかりませんでした。
解答解説を教えていただきたいです

問い、平行四辺形ABCDを考える。辺ABを(1−s):sに内分する点をE.対角線BDを(1−t):tに内分する点をFとする。ただし、0<s<1 , 0<t<1とする。AB→=a→、AD→b→とおく。以下の問いにこたえよ。
(1)AF→、EC→をそれぞれa→、b→、s、tを用いて表せ。
(2)3点E、F、Cが同じ直線上にあるとき、sをtを用いて表せ。またこのときのtの範囲をもとめよ。
(3)(2)が成り立ち、AB=3、AD=2、∠BAD=120°のとき、BDとECが直行するようにtの値を定めよ。

Aベストアンサー

(1)
AF→=AB→+BF→
=a→+BD→*(1-t)
=a→+(BA→+AD→)*(1-t)
=a→+(-a→+b→)*(1-t)
=(1-(1-t))a→+(1-t)b→
=ta→+(1-t)b→

EC→=EB→+BC→
=AB→*s+AD→
=sa→+b→

合ってる

(2)
EC→=nFC→
sa→+b→=n(FA→+AB→+BC→)
=n(-ta→-(1-t)b→+a→+b→)
=n((1-t)a→+(1-(1-t)b→)
=n(1-t)a→+ntb→

s=n(1-t)
1=nt

代入して
s=n-1=1/t-1=(1-t)/t

0<s<1 である為には
0<(1-t)<t である必要があり、
0<1-t を満たすtは
t<1
1-t<t を満たすtは
1<2t = 1/2<t
よって
1/2<t<1

(3)
AB=3、AD=2、∠BAD=120°のとき
b→をa→方向で大きさ1のベクトルx→と、それに垂直な方向に大きさ1のベクトルy→を使って表すと
b→=-x→+√3y→
a→=3x→

BD→=ーa→+b→=-4x→+√3y→
EC→=sa→+b→=(3s-1)x→+√3y→
BD⊥ECなので、「係数を入れ替えて、片方を-1倍させたもの」をk倍すれば一致する。
-4x→+√3y→=k(√3x-(3s-1)y→)
-4=k√3
k=-4/√3
√3=-k(3s-1)=4(3s-1)/√3
3/4=3s-1
s=7/12

s=7/12=(1-t)/t
7t=12-12t
t=12/19

(1)
AF→=AB→+BF→
=a→+BD→*(1-t)
=a→+(BA→+AD→)*(1-t)
=a→+(-a→+b→)*(1-t)
=(1-(1-t))a→+(1-t)b→
=ta→+(1-t)b→

EC→=EB→+BC→
=AB→*s+AD→
=sa→+b→

合ってる

(2)
EC→=nFC→
sa→+b→=n(FA→+AB→+BC→)
=n(-ta→-(1-t)b→+a→+b→)
=n((1-t)a→+(1-(1-t)b→)
=n(1-t)a→+ntb→

s=n(1-t)
1=nt

代入して
s=n-1=1/t-1=(1-t)/t

0<s<1 である為には
0<(1-t)<t である必要があり、
0<1-t を満たすtは
t<1
1-t<t を満たすtは
1<2t = 1/2<t
よって
1/2<t<1

(3)
AB=3、AD=2、∠BAD=120°のとき
b→をa→方向で大き...続きを読む

Qオイラーの公式ド・モアブルの公式

オイラーの公式ド・モアブルの公式を使って下記の公式を示して下さい
sin(α+β)=sinαcosβ+cosαsinβ
cos(α+β)=cosαcosβ-sinαsinβ
sin2α=2sinαcosα
cos2α=cos^2α-sin^2α
宜しくお願いします

Aベストアンサー

e^i(α+β)=cos(α+β)+i sin(α+β) ①

e^i(α+β)=e^iα × e^iβ
=(cosα+i sinα)(cosβ+i sinβ)
=cosαcosβ + i cosαsinβ + i sinαcosβ - sinαsinβ
=cosαcosβ - sinαsinβ +i (sinαcosβ + cosαsinβ) ②

①=②なので、それぞれの実部、虚部を比較すると、
cos(α+β)=cosαcosβ - sinαsinβ ③
sin(α+β)=sinαcosβ + cosαsinβ ④

③で、β=αとおくと、
cos(α+α)=cosαcosα - sinαsinα
cos2α=cos^2α - sin^2α

④で、β=αとおくと、
sin(α+α)=sinαcosα + cosαsinα
sin2α=2sinαcosα

Q中2の数学の証明が分からない。何から書けばいいかも分からない。いろんな動画みたり、調べたりしてるけど

中2の数学の証明が分からない。何から書けばいいかも分からない。いろんな動画みたり、調べたりしてるけど・・・誰か助けてください

Aベストアンサー

何を証明するのか、どのような手段で証明するのか、「証明するもの」によってそれぞれ違います。
「ケース・バイ・ケース」に適切な「証明方法」を探す必要があります。

そんな「どんな問題も一発解決、証明の特効薬!」なんてありません。
それなりに「場数を踏んで」、「試行錯誤」しながら身に着けていく必要があると思いますよ。

Q線形数学です これを対角化せよという問題で 自分が何度計算しても固有値が1,3の二つに なってしまい

線形数学です
これを対角化せよという問題で
自分が何度計算しても固有値が1,3の二つに
なってしまい対角化できません
答えでは対角化できているのですが
お願いします

Aベストアンサー

No.2です。
すみません、書き間違いがありました。

固有値3に対する固有ベクトルは(1,-1,-2)です。

Q南極越冬隊とはどういう事ですか? 南極に春夏秋冬なんてないのに…

南極越冬隊とはどういう事ですか?
南極に春夏秋冬なんてないのに…

Aベストアンサー

南極にも春夏秋冬があることはすでに回答のとおりですが、それでも夏は寒いので、四季がある日本から見れば南極に行くと常に越冬になってしまいます。なので、南極の春夏秋冬に関わらず日本から見れば彼らは越冬隊です。

Q【数学】数学Aが数学Ⅰより簡単な気がします。 高校では1年 数学A→2年 数学Ⅰ→3年 数学Ⅱの順に

【数学】数学Aが数学Ⅰより簡単な気がします。

高校では1年 数学A→2年 数学Ⅰ→3年 数学Ⅱの順に習って行くんですか?

数学Aは中学3年生の数学より優しい気がする。

大学の数学は数学Ⅲとかあるんですか?

Aベストアンサー

もしかしたら今はカリキュラムが変わったのかもしれませんが、私の時は1年生の時に数Ⅰと数A、2年生の時に数Ⅱと数Bでした。学校や学科によって3年生の時に数Ⅲと数Cがありましたが、私は数Ⅱと数Bまでしかやっていません。
どちらが簡単なのかは完全に人によるかと思いますね。皆誰でも得意不得意がありますから。ですがさすがに数Aが中学3年生の数学より簡単っていうことは無いと思います。というのも中学3年生の数学ができないとそもそも数Aの問題が解けませんよ。

Q標準偏差について

標準偏差に関する質問です。

標準偏差を算出する際にはサンプル数が2では、
計算できるが、統計的に意味はないと習ったのですが、
これはどういうことなのでしょうか。

統計に関してまだ学び始めたばかりで、
調べてみたのですが、わかりませんでした。

もしよろしければ、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

標準偏差というのは、分布の特徴を集約した数値の一つで、平均の周りへの集中の程度を表すものです。
分布が一様ならば、標準偏差は大きくなり、平均の近くに分布しているならば、標準偏差は小さくなります。

サンプル数が2では、標本標準偏差 √[{Σ(標本値 - 平均値)^2}/(標本数 - 1)] の計算の分母(の値1)を見ても意味がありそうな気がしないと思います。
どのくらいのサンプルが必要かということについては、上記の式の分母の (- 1) が無視できるくらいのサンプル数が必要と考えるのが普通です。サンプル数が少ない場合の議論も、統計学の講義や教科書で扱っているのではないかと思います。

今の場合、分布の特徴を論じる以前に、統計的に扱って、分布の特徴を調べるような対象を扱っているのかの検討が必要なのではないかと思わざるを得ません(そもそも対象が少ないならば、悉皆調査をするなどということも可能かもしれません)。


人気Q&Aランキング