あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

私は中1の自由研究に困っている人間です。
理科の研究で、種子にいろいろな水分を与えて成長の
差異について調べたいと思います。ですが、ここまで
わかっていても理科が大の苦手の私には何をどうすればいいのかまったくわかりません。まず・・・
1.種子はどのような環境で育てていけばいいのか。
2.水分は規則的に与えたほうがいいのか。
3.この実験から分かったことをどのようにして
  まとめていけばいのか。
このようにたくさんあります。我ながら人に頼りすぎ
だと思うのですが、ヒントだけでも欲しいと思って
います。もしよければ、ヒントだけでも教えてください。
お願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

はじめまして。

さて、1番は、日当たりの良い場所(直射日光はすぐに枯れますよ)2番は、だいたい一日3回ほどだと思います。(自分は朝、昼、夜とやっていました)量は100ccほどかな?3番は、一番いいのは15日後にはここまで成長しました、って見たいな事書いて、写真を取ると良いでしょう。(写真を撮るときには、その植木鉢(?)の前に紙で牛乳などと書けばGOODでしょう)期待してますよ。(分かりにくい説明ですみませんでした。)d(^_^)b

この回答への補足

私は種子に与える水分を
・牛乳          ・ジュース1(炭酸)
・ジュース2(100%) ・酢
・酒(ビール?)     ・水
にしたいと思っています。ですが、植木バチが
6個もありません。植木バチのかわりになるような
物(身近にあるもので)はありませんか??

補足日時:2004/08/13 22:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございましたっ!!
とても参考になりましたっ!さっそく明日から
やりはじめたいと思いますvv
ですが、また質問がでてきたので補足をしてもよろしいでしょうか??

お礼日時:2004/08/13 22:20

種子は性質によって 好光性種子(コウコウセイシュシ)と嫌光種子(ケンコウセイシュシ)と分ける事が出来ます。



光好種子は読んで字の如く、光が好きで光が当たっていないと、発芽しません。
嫌光性種子は光が嫌いで光が当たっていると発芽しません。

torebiaさんは何の種子を実験に使うつもりでしょうか?
もし与える水分を変える事での変化を調べるなら
湿らせた脱脂綿に種子を置くような実験をするなら
好光性種子を使用しないと光の影響で種子が発芽しないかもしれません。水分の影響を調べるのなら、光の影響が出ない種子を使わないとダメですよ。

参考URL:http://www.kokkaen.co.jp/gardenjapan/merumaga/ha …

この回答への補足

なかなか難しい文字がでてきたけど8942さんの説明の
おかげでわかりましたvvありがとうございます。

それで・・私はよく小学校の理科の実験に使われる
インゲン豆の種子を使いたいとおもっています。
インゲン豆の種子が好光性種子なのか嫌光性種子なのか
わからないので、もしよかったら教えてください。
そして変える条件は「水分の性質を変えてみる」という事
だけです。あとは「光に当てる(直射日光は避ける)」と
「同じ時間に同じ量だけ水分を与える」「同じ場所に置いておく」ということです。よろしければヒントをください。

補足日時:2004/08/13 23:02
    • good
    • 0

プラントって分かりますか(プラスチックの植木鉢)?ああ言うのは100均で売ってますよ。

植える種がないのならその調達と同時に・・・

この回答への補足

あーなるほど・・・。100均に売ってるんですか。
でもこの前100均どっかいっちゃいました(笑)
ツブれた??のかなぁ・・・?
どーすればいいでしょうか・・・。プラスチック製の
透明なコップあるじゃないですか。(紙コップみたいな)
それの底にいくつか穴をあけてつくっても大丈夫なんでしょうかね・・・?

補足日時:2004/08/13 22:37
    • good
    • 0

こんにちは。


さすがに不得意なだけあって、質問もちょっとよく判りませんね。(笑)
まあ不得意な科目では仕方のない事です。

実験というのは、目的があってやる物です。
さて、この実験の目的は、「色々な水をあたえて成長の違いを調べる」とありますけど、この「色々な水」の意味が判りません。

水を与える回数を変えるのか、量を変えるのか、あるいは砂糖水や塩水とかで比べるのか・・・色々考えられちゃうんですね。

実験では、他の条件を同じにしないと本当にその条件の結果なのかどうか判らなくなっちゃいますので、日当たり、風通し、土の量、鉢に植える種の数など、考えられる限り同じになるようにします。

あとは、水をどのように変えるのか、補足欄にでも書き込んでくれるとお返事がいただけるかもしれません。

まとめ方は、その変えた条件によってどのような結果が出たのかをまず判るように説明し、その理由が何でかを自分の頭で考えたり、参考書を探したりして調べます。

当然、予想もつかないような意外な結果が出る場合なんてのは山ほどあります。
水をいっぱいあげたのに枯れちゃったとか。(笑)

それは、どうしてそうなったかを解き明かせれば非常に立派な研究論文(レポート)になりますね。

この回答への補足

えーっと!!不得意ですががんばって詳しく
書いてみたいと思います(笑)

色々な水というのは牛乳やジュース、お酢、酒など
の様々な水分のことでそれを種子に与えたいと
思っています。違う条件はこのことだけです。
あとはその「色々な水」でぬらした脱脂綿などに
種子を置いて発芽させてみたいと思います。ですが、
ここできになったことが・・・。この「色々な水」を
与える植物は種子に与えるのか、若葉に与えるのか
どちらが実験に適しているのでしょうか?そして
どのような植物がいいのでしょうか?(例:アサガオ)

補足日時:2004/08/13 22:29
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング