あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

今、保険を巡って裁判をしています。でも、非公開で、相手の弁護士が遠方なので、電話を使って裁判しているようです。
傍聴もできないし、正直、裁判をしている実感は全くありません。
この前、弁護士から、裁判官が和解勧告を双方にしてきたと、聞きました。
相手の弁護士は、和解してもいい的な、返答をしたそうです。
私は、あらゆる証拠保全をし、担当弁護士に、これまでは渡してきましたが、本当に提出してるのかどうか、全くみえません。
和解に応じれば、解約された保険は、元の状態に復活しますが、何ら賠償は出来ないというのです。
白黒つけるべきか、ここで譲歩すべきか、分かりません。
担当弁護士は、和解を勧めてきます。元々、策士なので!
どうすべきか、何方かお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

担当弁護士との信頼関係が築けていない状況で、あくまで争うと言うのは、かなり無謀なこととは思います。


被告人である質問者さんご本人が、ちょっと悠長と言うか、緊張感,当事者感が無さすぎではないでしょうか?
当事者が真剣,本気にならないと、勝てる裁判でも勝てませんよ。

裁判の内容などにもよりますが、審理はほとんど書類をベースに行われ、進行して行きます。
テレビドラマの様な、弁護士間で直接、言葉の応酬なんてことは、まずありません。
相手弁護士の発言を遮って、「異議あり!」なんてのは演出や脚色で、そんな場当たり的で失礼なことをする弁護士はいませんよ。
双方の代理人弁護士が出廷しても、それほど言葉を交わさず、次回の日程を決めるだけ・・みたいな例も多いです。
従い、電話裁判なんてことが可能になるワケだし、傍聴しても、余り意味もありませんよ。

一方、双方が提出した書類は、概ね遺漏なく、弁護士から双方のクライアントにも送られてくるハズで。
あるいは弁護士によっては、概要を報告書にしてくれたりもします。
もし、クライアントである質問者さんが見ていなければ、当然、これまでやりとりした書類を全て送る様、当然、要求もできます。

それらの書類に目を通せば、「証拠を本当に提出してるのかどうか?」なども、全て判りますが・・。
そんなことも判らないと言う状況が、ちょっと有り得ない状況かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当事者が、真剣にならなければ勝てる裁判も勝てない!当然だと思います。
此方は、原告が私の母親なのです!
弁護士からは、報告書も頂いておりますが、提出した証拠関係は、何も書かれていません!なので、面談の時に確認をしています!
私は、今までの状況から、勝てる裁判だと踏んでいます!証拠からも〜〜
最初は、相手の弁護士は、「和解はしない」で通してきたのです!弁護士というより、被告人が!
箸にも棒にもかからない事件など、弁護士は相手にしません!
私側の弁護士は、賞賛あり!と踏んだのだと考えます!
半年経過後の和解勧告!保険を原状回復するだけで終わり〜〜
せめて、精神的苦痛に対する慰謝料、証拠保全に要した費用、裁判費用等は支払って欲しいのです!

お礼日時:2017/01/31 19:56

裁判官は 判決文を書くのが面倒なので 和解を勧めてきます。


断固として拒否し、最高裁で決着をつけてもらいましょう。
    • good
    • 1

≫最高裁まで



当然ですよ。
    • good
    • 0

傍聴ができないことはありません。


相談者が、弁護士事務所に電話裁判の時に行けば聞けます。
和解の話があれば、出来るだけ応じる方がいいかもしれません。
判決までいけば、相手は納得できなければ控訴して更に時間が掛かり、最後は最高裁まで行くケースが大半ですが結果は変わらずという時間だけが無駄になる結末が多いですね。
確かに日本の裁判は三審制にはなっていますが、最高裁での審理は門が狭く簡単には裁判はありません。
殆どが、書類の審査的なもので判決文には「上告を棄却する」です。
何が原因で、訴訟をしたのかは判りませんが、最高裁まで争う事になればあと数年はかかるということです。
最終的には、相談者が決定することですが、主張している請求内容と和解勧告の内容を比べて総合判断するしかありません。
    • good
    • 0

判決をお待ちください。



それだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それが、弁護士が国、正しくは独立法人簡保生命機構なのですが、国を相手にすると、最高裁までいく話になるので、この辺で!みたいな感じで言ってくるのです!

お礼日時:2017/01/30 01:10

あなたが納得しなければ、訴訟にはいれば良いだけ。


裁判に持ち込むと、長くかかるし、費用もかかるので、裁判官はなるべく、和解を勧告します。
決めるのは貴方です。
私も電話裁判しましたが、逐一、弁護士のやりとりの書面は見せて貰いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!裁判官の都合上の問題もあるのですね〜〜有難うございます!

お礼日時:2017/01/30 01:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング