実家の自営業(建築内装)の事務会計を手伝っています。
確定申告にあたり仕訳帳を入力しているところですが、今年は元請けからの仕事が減っており、別の元請けから今までの元請けを通して工事代金が支払われていたり、(うちの会社が孫請けになる)元請けの事務員さんが亡くなられてしまい、例年にはなかったような支払明細の記載になっていて、仕訳をどのようにすれば良いのか、よくわからなくなっています。

ネットで調べてみましたが、相殺処理というのがわかりませんでした。おしえてください。

支払明細には、

11/10
工事代金    300000円
道具修理代相殺  -15000円
支払金額    285000円

と記載されています。
仕訳はどうなりますか?

11/10
売掛金300000円/売上高300000円
消耗品費15000円/売掛金15000円(道具修理代相殺分)
11/10
普通預金285000円/売掛金285000円

とただ摘要欄に相殺の旨をかけばよいのでしょうか?
教えてください。

質問者からの補足コメント

  • 処理間違いや知識不足の御指摘ありがとうございます。

      補足日時:2017/01/30 23:19

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>実家の自営業(建築内装…



個人ですか、法人ですか。
まあこんなご質問をする以上は個人だとして、

>道具修理代相殺  -15000円…

それは請求書が来ていて、あなたも払う用意をしていたのですか。
それとも勝手に引かれてきただけなのですか。

>11/10…
>売掛金300000円/売上高300000円…

支払われた日に売上計上なんておかしいです。

その仕事を終えた日に
【売掛金 30万円/売上 30万円】

支払われた日に
【普通預金 285,000円/売掛金 285,000円】
勝手に引かれただけなら
【売上値引 15,000円/売掛金 15,000円】

請求書が来ていて払う用意があったのなら、修理した日に
【消耗品費 15,000円/未払金 15,000円】
支払われた日に
【普通預金 285,000円/売掛金 285,000円】
【未払金 15,000円/売掛金 15,000円】

>摘要欄に相殺の旨をかけばよいの…

そんな仕訳帳はありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金と買掛金の相殺

取引先の相殺の仕方が、私の理解している相殺の定義と一致しません。もしかして私の理解不足かなと思いましたので、こちらで質問させてください。
先方とは、月々の売り買いで、どちらが多くなるかが決まっていません。当社の売りが多い場合も買いが多い場合もあります。これを相殺処理しているのですが、先方は売り買いのどちらが多くても買掛金主体で相殺処理をしているようです。当社はどちらか少ないほうの金額を相殺処理しています。
当然残高は一致していませんので、現在、残高不一致の原因究明等を双方でしているところです。

先方
5月度 売掛金 100円 買掛金 200円 相殺 200円
6月度 売掛金 300円 買掛金 100円 相殺 100円

当社
5月度 買掛金 100円 売掛金 200円 相殺 100円
6月度 買掛金 300円 売掛金 100円 相殺 100円

どちらが正しい処理でしょうか?
営業畑で経理的な考え方が苦手な上司に、どのように説明すればわかりやすいか、も合わせてご教授頂ければと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 売掛金と買掛金の相殺は必ずって言っていいほどトラブルが起こります。確かに互いに自分に都合の良い取引をしたいのは分りますが、当社の債権債務は貸したら一旦受け取る。借りたら一旦返す。の原則を貫いています。

 最初は杓子定規と思うわれるけれど後でトラブルになりません。そうして相談があったときは素直に相談に乗ってあげ上司に相談をしてベストの形で取引をしています。

 今回のような取引は担当者が変わったときなど、どうして良いか途方に暮れます。相手先の担当者もあなたと同じレベルなら良いのですがレベルが違うとこのようにあなたも疑問になってしまうのです。ですうからこれからの取引は今一度思案して見たらと思いますが如何でしょう。

Q相殺分の仕訳の仕方について

建設業の経理仕訳ではなく商業簿記での仕訳で教えていただきたいのですが、元請会社から材料費を相殺されて、毎月の出来高分を支払われます。
請求書は材料分も込みで請求をします。
その請求書をあげた時の仕訳と
相殺されて、残りが入った分の仕訳はどうすればよいのでしょうか?
(今までは、請求書を出した時点で、
 売上計上していました)

請求書 10万
 
入金時  現金     5万
     相殺分明細書 5万

申告締め切り直前で あせっております、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の経験では、以下のように処理をしています。

・請求書を発行した時点

 売掛金 10万円/売上高 10万円

・入金された時点

 現金   5万円/売掛金 10万円
 仕入高  5万円
 (伝票で処理)

ご参考になれば幸いです。

Q源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

一人で法人を営んでいます。源泉所得税を六ヶ月に一回支払っています。(甲)

帳簿に記載する場合でお聞きします。

毎月法人として預かっている金額は科目として「預り金」で「収入」に記載すればいいと思うのですが、法人が支払った(甲)の科目は「預かり金」で「支払い」欄に記載すればいいのでしょうか?

税金なので違う科目があるように思うのですが・・

検索しても支払った時の(甲)の科目を説明したサイトを発見できません。

お詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの画面は決して使わないようにして下さい。間違いが起きやすいので。

◇11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。

〔借方〕給 与 300,000/〔貸方〕現 金 290,000
〔借方〕…………{空欄}…………/〔貸方〕預り金  10,000
※この「預り金」は、「所得税預り金」でも良い。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「給 与」元帳の借方へ300,000と記入。相手勘定は「諸口」。
・「現 金」元帳の貸方へ290,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「預り金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
転記後の総勘定元帳を確認して下さい。

また、現金出納帳へも自動的に転記されます。
・「支出」の欄へ290,000と記入。相手勘定は「給与」。

《注》しかし、このとき、「預り金」は現金出納帳へは転記されません。
  そもそも現金出納帳とは、財布(金庫)の現金の増減を記録するとともに、現金の有り高を管理するのが目的の帳簿です。入金があったら記入し、出金があったら記入します。そして出納帳の残高と財布(金庫)の中の現金とが一致することを確認します。
  ここの「預り金」は現金の増加に伴って発生する「預り金」ではないので、この「預り金」の増加を現金出納帳に記録するのは誤りです。この「預り金」は、給与の一部の支払いを保留するために生じる負債を表示する「預り金」に過ぎません。

【重要】ここで「現 金」元帳と現金出納帳は同じ機能を果たしていることに注意して下さい。そうです。会計ソフトでは、現金出納帳は必要ありません。「現金出納帳」は、コンピュータ会計時代の前の古い時代、つまり手書き簿記時代の「遺物」に過ぎないのです。


◇12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した。

〔借方〕預り金 10,000/〔貸方〕現 金 10,000
※「預り金」で天引きした所得税を納税したときは「預り金」で支払いをします。「所得税預り金」で天引きした所得税を納税したときは「所得税預り金」で支払いをします。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「預り金」元帳の借方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「現 金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「預り金」。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、標題の御質問ですが、

>源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

源泉所得税を支払う際の借方の勘定科目は「預り金」または「所得税預り金」です。

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの...続きを読む

Q雇用保険と青色専従者給料

雇用保険の最終認定日が1月15日で、満期受給。雇用保険受給期間中は、労働はしていないと申請。青色事業専従者給与に関する届出書は提出済みで、給料支払いは1月からと記入し毎月25日支払いとしました。

雇用保険の最終認定日以降の1月16日から青色専従者として働き、1月25日に青色専従者給料を支給したとして問題はないと思うのですがいかがでしょうか?

1月分の青色専従者給料に対して、所得税微収高計算書を記入し源泉所得税を収めたのですが、10日分(1月16日〜1月25日)の青色専従者給料としては、高いと感じています。青色専従者給料は申請書の範囲内で支給すれば月々の支給金額が一定で無くても問題がないという認識なのですが、このように10日しか働いてない青色専従者給料が高い場合、税務調査の対象になる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>雇用保険 × →失業保険

いえ、雇用保険の方で合ってます。現状は公的に「失業保険」という名称はありません。

>10日分(1月16日〜1月25日)の青色専従者給料としては、高いと感じています
10日分としては高いから、受給中から働いていたと思われないかということですよね。

実際はどうだったのでしょうか。
高いか安いかは比較の問題ですから、実際にそうだというならそれでいくしかないでしょう。
また、ハローワーク側でわざわざ税金を調査することはないと思います。

Q給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書について

給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書は、その名の通り給与支払事務所を開設しました、移転しました、廃止しました、という事を税務署に知らせる書類という認識で間違いないでしょうか?例えば青色専従者に給料を払っていて、新たに青色専従者もしくは従業員を雇う場合は再度提出する必要はないと考えて間違いないでしょうか?開設・移転・廃止時のみ届出が必要な書類ですか?

Aベストアンサー

新たに青色専従者もしくは従業員を雇う場合は再度提出する必要はないと考えて間違いないです。
ただし、新たに青色事業専従者となる人は、青色事業専従者給与に関する届出書を提出します。

給与支払事務所の開設届は「私は源泉徴収義務者になりましたので、年末調整なんかに必要な書類の送付をしてね」という意味。
 実務としては、この届を出さないと「源泉徴収高計算書兼納付書」という天引きした所得税を納付するための納付書の打ち出しを税務署がしてくれません。
 打ち出ししてくれないというと「嫌がらせ」みたいですが、国税のシステムで「徴収義務者になった人だけ」に上記の納付書が発行できるようになってるからです(※)。

青色専従者に新たになった人は届け出をしておかないと専従者給与として支払っても「だめじゃん。届け出してない家族にはらった給与は経費にできんのだよ」と否認されてしまいます。だから届けておくのです。
開設届とは性質が違います。


所得税確定申告で発生した申告所得税を源泉徴収高計算書兼納付書で納付し、税務署から「納税がされてない」として督促をされるというケースが過去に多かったのです。
 税目が違うのと、従業員の給与を払うための納付と、事業主本人の税金の納付を管理するシステムが国税庁内ではまったく異なるので、困り果てた国税当局が「いっそ、税務署で打ち出して交付したものでないと納付ができないように」したと聞き及んでます。
 ですから現在は所得税徴収高計算書兼納付書で「整理番号」「税務署名」「税務署番号」「徴収義務者の住所氏名」が入ってない白地のものは、国税内部に打ち出し用に存在してるだけで、一般には手に入りません。金融機関にも配布してないはずです。

新たに青色専従者もしくは従業員を雇う場合は再度提出する必要はないと考えて間違いないです。
ただし、新たに青色事業専従者となる人は、青色事業専従者給与に関する届出書を提出します。

給与支払事務所の開設届は「私は源泉徴収義務者になりましたので、年末調整なんかに必要な書類の送付をしてね」という意味。
 実務としては、この届を出さないと「源泉徴収高計算書兼納付書」という天引きした所得税を納付するための納付書の打ち出しを税務署がしてくれません。
 打ち出ししてくれないというと「嫌がらせ...続きを読む

Q仕訳について教えてください。 去年Aさんから 100万円 借りていました。 普通預金へ入れています。

仕訳について教えてください。

去年Aさんから
100万円 借りていました。
普通預金へ入れています。

今年 その100万円を使って
Aさんのために
30万の車を普通預金より引き落としで
購入することになりました。

その場合はどう仕訳したらいいですか?

去年の分の100万円
借りた内容は記帳していません。

30万で車両を購入して
別で3万円 代行料などでもらう予定です。

知恵をおかしください。

Aベストアンサー

貸借対照表を税務署にまだ提出していなのでしたら、貸借対照表を今からでも訂正して、負債の部に「借入金」を盛り込むのがやりやすいでしょう。
事業を開始した28年4月時点での借入残高(100万なら100万)を反映させます。その分、「元入金」を減少させます。

そのうえでの仕訳例

・Aさんの車を購入するために普通預金から30万円を支払った
借入金 300,000  普通預金 300,000

・代行手数料を、Aさんから借りている金額から相殺した
借入金 30,000 受取手数料 30,000

(手数料を相殺しないで現金で受け取る場合は)
・仲介したとき
 未収入金 30,000 受取手数料 30,000
・受け取ったとき
 現金 30,000 未収入金 30,000

Q売上と仕入の相殺の仕訳

弊社は電気工事の仕事をしています。
弊社の売上の取引先で仕入(部材や商品)も行っています。
売上の金額が銀行口座に振り込まれてくるのですが、
仕入分を相殺した金額で振り込まれます。
後で相殺分の領収書は受け取ります。

ちなみに振込分は売上で処理しています。
この場合どういう仕訳をしたら辻褄があるのかわかりません。
仕訳処理が止まっている上体です。
どうか助けてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>売上請求金額 100,000 仕入分金額200,000
 振込された金額 800,000(通帳表示金額)
 領収書金額 200,000
この場合の仕訳はどうなるのでしょうか?


発生主義会計、税込経理方式の前提で回答します。

電気工事が完了したとき、
〔借方〕売掛金1,000,000/〔貸方〕売上高1,000,000

部材や商品を仕入れたとき、
〔借方〕部材仕入高200,000/〔貸方〕買掛金200,000

差額の80万円が口座に振り込まれた時、
〔借方〕普通預金800,000/〔貸方〕売掛金1,000,000
〔借方〕買掛金 200,000/

となります。

Q通販利用時の仕訳のタイミングについて教えて下さい。

通販で経費を購入し、クレカ決済だった場合どのタイミングで仕訳をすれば良いでしょうか?
例えばamazonでノートを買った場合、

消耗品費/未払金

だと思いますが、この仕訳はカード利用時(すなわち通販でカートに入れて購入した時)で良いのでしょうか?
商品が手元に届いてから仕訳するのが発生主義だと書いているページがあり、わからなくなってしまいました。
手元に届いてからだと、カード利用時と仕訳の日付が違ってしまいますが、それは問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

「前払金/未払金の仕訳がありえない」と、どういう意味で否定されたのかはその方のお説を聞かないとわかりませんが、ご質問のケースで再考してみました。

「商品がまだ手元に届いていなくとも、インターネットで注文した時点で、カード会社への支払い義務が発生してしまう(ことが多い)」と書きましたが、これは少し問題がありました。確かにとりあえず「発生」はしてしまうのですが、商品が届くまで、あるいは開包して使用するまでは債務は「確定」ではないので、注文時におけるカード会社への債務をまだ認識する必要はない(あるいは認識するのは誤り)とも言えます。ですから、注文時の仕訳はなくして

・商品が届いたとき
  消耗品費 1,000  未払金 1,000

だけのほうが簡潔です。ただ、注文時にすでにカード債務が発生してしまうことを気にする場合は 注文時にも忘備的に仕訳を起こしておくのも一手でしょう(煩雑になるので普通は、届いたときだけで十分です)
 また前述のように 商品が届いた日を記録しておくのが面倒な場合は、明細に載っている注文時の日付で仕訳しても問題は少ないと考えます。ただ金額が多い場合や、注文から納品までに会計期をまたぐ場合は問題がありますので、「納品された日」を基本とすべきでしょう。

「前払金/未払金の仕訳がありえない」と、どういう意味で否定されたのかはその方のお説を聞かないとわかりませんが、ご質問のケースで再考してみました。

「商品がまだ手元に届いていなくとも、インターネットで注文した時点で、カード会社への支払い義務が発生してしまう(ことが多い)」と書きましたが、これは少し問題がありました。確かにとりあえず「発生」はしてしまうのですが、商品が届くまで、あるいは開包して使用するまでは債務は「確定」ではないので、注文時におけるカード会社への債務をまだ認識...続きを読む

Q未払金・未払費用について。

前回の質問も解決できていないまま、再度質問。
失礼いたします。

個人事業主です。

電話代、消耗品をクレジットカード払いにしています。
昨年の12月分の請求は今年の2月の支払いです。
その場合、12月分の処理は未払費用となるのでしょうか?

また、昨年の12月中に大工さんにしてもらったお仕事の請求書が、
12月末日の日付で届きました。
支払いは1月末です。
外注費となります。
この場合も、未払費用なのでしょうか?

未払費用と未払金の区別を、詳しく教えていただけませんか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。


>利子割引料は、未払費用になっていません。

利子割引料の未払は、本来は未払費用です。未払利息でも良い。しかし未払金ではありません。


>当方、住宅設備関連の仕事をしています。
>設備関連以外の大工工事等は大工さんに依頼し・・

それならば、大工さんの請求書は外注費であり、その未払は買掛金になります。


税理士は、税務の専門家ではありますが、会計には疎い人が多いです。

しかし、顧問税理士との軋轢を生じるのも得策ではないので、ここは税理士に従っておく方がいいと思います。会計には反するが違法ではないので。

Q確定申告の源泉徴収税額について教えて下さい。

青色申告で個人事業主です。
報酬の入金が翌年になる場合の処理なのですが、報酬が支払われた時に源泉徴収税額の仕訳をすることはわかるのですが、
その翌年に源泉徴収された金額は、確定申告書のどこに記入すれば良いのでしょうか?
売上時と入金が同じ年の場合は、所得の内訳のページに源泉徴収税額が入力ができて、申告書の還付金や納める税金が記載されるところに反映されますよね?
売上が前期の源泉徴収額が反映されておらず、少ない額になってしまっているのですが…

色々と、この辺勘違いしているところもあるかもしれず、変な質問になっていましたら申し訳ないです。
どなたか解るかた教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

難しく考えてしまわれたと思います。
決算時には「売り上げ」に計上されている。ただし相手は売掛金。
その売掛金は、決算終了後、つまり翌年に入金がされ、預金と事業主貸勘定にわかれる。
ここで、源泉所得税の納期限はいつなのだ?と考えると混乱してしまいます。

報酬を支払った相手が所得税を預かって税務署に納付するのですから、「こちらは知ったことではない」で良いわけです。

ただ、非常に精密に言いますと「未払い報酬に対しての源泉徴収税額」として内書する規定があります。
平成27年に発生した売上であるが、平成28年3月の確定申告書を提出する段階では売掛金のまま残ってる場合です。
当然に、支払する相手も源泉徴収義務が発生してませんから、報酬を受け取った者は所得税申告書の2表の「受け取り報酬の明細」欄の「源泉徴収税額」欄の係数に内書します。
この額は税務署にて還付留保されます。
源泉所得税として納付がされてないものを、還付しないようにするためです。
内書した源泉所得税に対する報酬が支払いされたときに「源泉徴収税額の納付届出書」を提出して、留保された還付金の支払いを受けます。

現実に確定申告書を出すときにそこまで精密に行ってる者は、実はそれほどおられないように思います。
もらった報酬がいくら、そこから天引きされた源泉所得税がいくらと内訳書を作成してるはずです。

税務当局も「年末の段階で、受け取ってない報酬があったら、源泉所得税について内書して、その後、源泉徴収税額の納付届出書を提出しろ」という指導を積極的にはしてないようです。
還付留保した、納付届出書が出たから還付するという手続きを、繁忙期である3月4月にすることを嫌がってると感じます。
「12月の報酬を、1月に支払った源泉徴収義務者は2月10日には納付するだろうから、無理やりに内書にしなくてもいい」という話なのかもしれません。

難しく考えてしまわれたと思います。
決算時には「売り上げ」に計上されている。ただし相手は売掛金。
その売掛金は、決算終了後、つまり翌年に入金がされ、預金と事業主貸勘定にわかれる。
ここで、源泉所得税の納期限はいつなのだ?と考えると混乱してしまいます。

報酬を支払った相手が所得税を預かって税務署に納付するのですから、「こちらは知ったことではない」で良いわけです。

ただ、非常に精密に言いますと「未払い報酬に対しての源泉徴収税額」として内書する規定があります。
平成27年に発生した...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報