最新閲覧日:

こんにちは、僕は大学生です。
いま大学で液体窒素の実験をしているのですが僕の研究テーマが
「液体窒素の現代における使われかた」なんです。
そこで液体窒素が現代の一般生活においてどのように利用されているか
ささいなことでもいいのでいろいろと教えてください。

A 回答 (8件)

 これは聞きかじりなので自信は無いのですが、廃棄された家電製品を破砕処理する場合、モーターなどは難破砕物とされていて、常温では破砕しづらいらしく、液体窒素を使って、脆化させてから破砕を行っているそうです。

(鉄鋼系の材料には低温脆性といって、ある一定温度以下で急激に脆くなる性質をもったものがあります。)

 参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0

No3の方も書かれているとおり、


皮膚科では疣(いぼ)を殺すのに使います。
そりゃ-196℃以下なら細胞も耐えられませんよねぇ。

こんなことが質問の意図にあっているのか分かりませんが
科学館に行くとたまに「実験ショー(?)」みたいなのやってますよね。
あれを1回見たことがあるのですが、
液体窒素でバラと小さい子が遊ぶようなビニルのボールを凍らせて
地面に落として「パリーン♪」と割れるのを見たことがありますよ。
    • good
    • 0

先日みたのですが、飲料水の瓶詰めの時に、上部にできる空間に


液体窒素を打ち込む機械がありました。
酸素をできるだけのぞくことにより品質を保持するための機械でした。
    • good
    • 0

一般生活の中で使われているとは思えませんが、私は仕事で熱分析も行っているのでその測定装置(DSC)に使用しています。

あくまで試料の冷却用なんですけどネ!
    • good
    • 0

工業的な内容ですが…。



冷凍食品の製造において、食品の急速冷凍に使わるという話を聞いたことがあります。

http://gas-plant.iwatani.co.jp/food/freezing/ind …

また、高温超伝導送電線に使われ、こちらは海外では実用化しているという話も聞いたことがあります。

http://www.sei.co.jp/whatsnew/prs109_s.html

参考URL:http://gas-plant.iwatani.co.jp/food/freezing/ind …
    • good
    • 0

皮膚科に行くと、いぼを殺すのに使っています。


結構痛いんですが。
    • good
    • 0

一般的な液体窒素の使われかたは


「物を冷却するために使われている」
この一言に尽きます。

例えば、スーパーコンピューターなどは使われている素材の使用可能温度が低温領域なので冷やさなければ起動しません。
その他、超伝導なども冷却が必要です。(超伝導は液体ヘリウムをつかってますが、液体ヘリウムの保護素材に液体窒素を用います)

液体窒素は一般生活では見ることはないですし、使用することはないでしょう。
正確には全ての一般家庭に液体窒素を供給することは出来ない(コストの面で)ので一般の人が扱うことはないです。

私が知っていることはこれくらいかな?
分からないことがあったら追加情報を下さい。
    • good
    • 0

>一般生活においてどのように利用されているか


ネットで少し検索すると、実験等のサイトはHitするようですが、工業レベルではいろいろあるでしょうが・・・?

この「一般生活」とは工業利用も含んでいるのでしょうか?

補足お願いします。

参考URL:http://www.mpec.tsu.mie.jp/kyoiku/kyouzai/kagaku …

この回答への補足

もちろん工業利用でも結構です。

補足日時:2001/06/27 13:38
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ