腕を回すだと回転することを指しますよね、腕をまわしこみ掴むならなんと言うのが正しいですか?

A 回答 (1件)

回すには「動かして囲むようにする」という意味もあります。



質問は、「肩に手をまわす」というような表現での「まわす」のことを聞いているのだと思いますが、「回す」という言葉を使うことは間違いではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/02/09 23:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q謎の漢字

この画像の漢字について教えてください。

"auspicious : 縁起が良い、幸先が良い" と言う意味があるそうです。

Google文字入力の手書き文字入力ツールも試してみましたが、
該当しそうな漢字が思い浮かびません。

Aベストアンサー

賀 が
ですね、年賀状の賀

http://kakijun.jp/page/12210200.html

Q【日本語】日本の学校の挨拶が日本語崩壊している気がする。 学校の授業の開始時に「よろしくお願いします

【日本語】日本の学校の挨拶が日本語崩壊している気がする。


学校の授業の開始時に「よろしくお願いします。失礼致します」と言っている。

疑問1:
なぜ最初のよろしくお願いしますはよろしくお願い致しますではないのか。なぜ後ろの失礼致しますは失礼しますではないのか。なぜ統一しないのか。

疑問2:
よろしくお願い致します。失礼致します。

が正解だとすると致しますは謙遜語なので立ち位置が生徒の方が上で先生に対して上から謙遜して致しますと言っていて日本語として間違えている気がする。

疑問3:
よろしくお願いします。失礼します。

又は

よろしくお願い申し上げます。失礼なさります。


が正しい日本語だと思います。

今の学校の先生は日本語もまともに分かっていないので

よろしくお願いします。失礼致します。

と生徒にアホな日本語を教えている気がする。

Aベストアンサー

生徒の動作と共に想像してください。

起立・礼、よろしくお願いします。(お願いいたします、謙譲表現が挿入された形だが長々しい。

着座、失礼致します。(謙譲)長さからしてもこれで十分。

Qムシって?

ムシが好かない とかムシの報せ とかムシの居所が悪い とかムシが良すぎる とかムシって何?

Aベストアンサー

下記サイトによると、
「ムシが好かない」
昔の人は、体の中に九匹の虫が住んでいて、その虫によって病気になったり、怒りっぽくなったりするのだと考えられていた(三尸九虫)。
そうです。
http://yain.jp/i/%E8%99%AB%E3%81%8C%E5%A5%BD%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84
特に判然とした理由があるわけではないが、世の中にはどうしても好きになれない相手というのがいる。
理由がわからないのは、自分ではなく、体の中の虫が、その相手を好きになれないからだ。
といった意味になるのでしょう。
言ってみれば、潜在意識を擬人化したようなものでしょうかね。
心理学的に厳密に解析すれば、それなりに説明はつくのでしょうが。
ムシの報せ とかムシの居所が悪い とかムシが良すぎる
なども同様の虫でしょう。

Q両者が睨み合いピリピリしている雰囲気を表す言葉はありますか? お互いがスキを見せず相手を警戒していて

両者が睨み合いピリピリしている雰囲気を表す言葉はありますか?
お互いがスキを見せず相手を警戒していて気が抜けない状況を指す言葉は何かありますでしょうか?

Aベストアンサー

「危きこと累卵の如し」

「焦眉の急」

「進退、これ谷まる」

なんてのは、どうでしょうか?

ピッタリのような気がしますが。

Qハーフ&ハーフ

どういう意味ですか?
ピザなどの注文で見かけるやつ。

Aベストアンサー

ピザでなら、味を2種類(半分ずつ)選べて、注文出来て食べれるやつですかね。

Q【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか? 来るの尊敬語だと思う

【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか?

来るの尊敬語だと思うが行くの尊敬語がお店のいらっしゃいませだと言っている人がいて驚いた。

Aベストアンサー

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎりでござります」
(3)「居る」の尊敬語。
*浮雲〔1887〜89〕〈二葉亭四迷〉一・一「何時(いつう)かもお客様のいらっしゃる前で」

〔二〕補助動詞として用いられる。動作、作用、状態の継続・進行の意で、その動作の主に当たる人に対する尊敬を表わす。江戸期では主として女性用語。
(イ)動詞の連用形に、助詞「て(で)」を添えた形に付く。「ている」の尊敬語。
*当世書生気質〔1885〜86〕〈坪内逍遙〉二「妾(わたい)が時計を取あげたもんだから、屹度(きっと)腹をたって居(ヰ)らっしゃるんだヨ」
(ロ)形容詞の連用形、またはそれに助詞「て」を添えた形に付く。
*多情多恨〔1896〕〈尾崎紅葉〉前・三・二「然(さ)ぞお寂(さみし)くてゐらっしゃいませう」
(ハ)動作性、状態性の名詞、または形容動詞語幹(いずれも主として敬意の接頭語の付いたもの)に、「で」または「に」を添えた形に付く。「である」の尊敬語。
*人情本・英対暖語〔1838〕二・一一章「アレもう貴君(あなた)は平気でいらっしゃるヨ。お憎らしい」

語誌
(1)上方からでなく、江戸で生じたとされるが、江戸期では江戸でも例は少なく「おいでなさる」「…なさる」の方が有力である。ただ「滑稽本・浮世風呂‐二・上」に言語使用者の品格のよさを印象づける例があり、敬意の高いことばであったことがうかがえる。
(2)明治期には二〇年代以降小説に多用されるようになり、明治末期から大正期にかけて、数量的にも用法的にも、ほぼ現在と同じような情況が出来上がっていたとみられる。
(3)命令形が「いらっしゃい」となること、助動詞「ます」に続くとき「いらっしゃい」の形が現われること、「ます」の命令形「まし」「ませ」が直接付くことなどから、同様の形式をもつ「なさる」「おっしゃる」「くださる」とともに、特別ラ行四段活用とか、ラ行変格活用と呼ぶ意見もある。→いらっしゃい。
(4)「た」「て」に続くとき、「いらっしっ」「いらしっ」「いらっし」「いらし」などの形をとる場合がある。「今日はどっちへいらっしったへ」〔洒落本‐猫謝羅子〕、「仮名家(かなや)さまへ入(イ)らしって」〔人情本・清談若緑‐三・一六回〕、「何処へいらしたか存んじません」〔花間鶯〈末広鉄腸〉中・八〕、「実家(さと)の方から絶交されて入らっしたのであった」〔桑の実〈鈴木三重吉〉二〕など。
(5)誤って「居る」に類推して、「ゐらっしゃる」と表記されたものも見られる。
(6)「ていらっしゃる」が「てらっしゃる」となる場合もある。「待ってらっしゃいましよ」〔桑の実〈鈴木三重吉〉〕など。
「いらっしゃい」という形ですと、母親が子供に「遅れるといけないから早くいらっしゃい」のように、「お行きなさい」の意味で使うこともあり得る。 
[注意]「くださる」「おっしゃる」「なさる」との類似性がある。

次に「いらっしゃいませ(まし)」は「いらっしゃる」に丁寧の助動詞「ます」の命令形(まし・ませ)がついたもので、

いらっしゃい‐ませ 〔連語〕
(動詞「いらっしゃる」の連用形のイ音便に、丁寧の助動詞「ます」の命令形の付いたもの)
(1)「いらっしゃい(1)」の丁寧な表現。
(2)あいさつのことば。「いらっしゃい(2)」の丁寧な表現。

 「いらっしゃいませ(まし)」はお客などを迎えるための言葉としても用いられることが多いようです。

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎ...続きを読む

Q失笑の誤用の方の意味の熟語ってないですか?

文章を書くときに「呆れて笑いを失う、まったく笑えない」
みたいな状況を表したい事態によく直面します。
つい、失笑した…と書きたくなるのですが、それは誤用なので、
その間違った方の意味の熟語があれば教えて欲しいです。

Aベストアンサー

熟語にこだわるなら、先行コメントにある「茫然(呆然)」「唖然」あたりでしょうか。
 意味で考えると「閉口(する)」もアリでしょう。

 詳しくは下記をご参照ください。
【失笑 失恋 失効 失念 失禁〈3〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12244668613.html
 以下は一部の抜粋(重言)。


 まず「失」の働きを確認する。 
https://kotobank.jp/word/%E5%A4%B1-521044#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 
===========引用開始 
デジタル大辞泉の解説 
(略)

しつ【失】[漢字項目] 
[音]シツ(漢) [訓]うしなう うせる 
[学習漢字]4年 
1 なくす。うしなう。うせる。「失業・失点・失望・失恋/遺失・消失・焼失・喪失・損失・得失・紛失・忘失・滅失・流失」 
2 うっかり出してしまう。「失禁・失言・失笑」 
3 あやまち。しくじり。「失策・失敗/過失」  
===========引用終了 

(略)
 言うまでもなく、「失笑」の誤用は「1」の意味で解釈したのだろう。ただなぁ。〈1〉〈2〉で見た「国語に関する世論調査」だと6割超が誤用しているそうな。そんな●●がホントにそんなにいるんだろうか。 

 それは別にして、本題。 
「正用」の「失笑」の類語なら「苦笑」「苦笑い」「微苦笑」「薄笑い」あたりが近いかな。 
「誤用」の「失笑」の類語は……熟語限定だと浮かばないorz。 
「茫然(自失)」「唖然」あたりだろうか。 
 ちょっと捻って「脱力」かな。 
 熟語でなければ、「ドン引きする」「しらける」「呆れる」「言葉を失う」あたりだろうか。 
「言葉を失う」つながりで「閉口(する)」もアリかも。 

 こういう事態がさらに悪化すると、「失言」は「言葉を失う」こと、なんて珍解釈も出てくるのだろうか。なんだかなぁ。

熟語にこだわるなら、先行コメントにある「茫然(呆然)」「唖然」あたりでしょうか。
 意味で考えると「閉口(する)」もアリでしょう。

 詳しくは下記をご参照ください。
【失笑 失恋 失効 失念 失禁〈3〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12244668613.html
 以下は一部の抜粋(重言)。


 まず「失」の働きを確認する。 
https://kotobank.jp/word/%E5%A4%B1-521044#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 
===========引用開始 
デジタル大辞泉の解説 
...続きを読む

Q「~でやんす」は遊女言葉?

外国人です。Googleで検索すれば、「~でやんす」は江戸時代、上方(関西)の遊女言葉だそうです。遊女というのは、とても女らしく、清楚な美人さんでしょう?

では、なんでチョイ・ボンゲという、KOFシリーズに登場する、ちょっと下品そうな男性キャラは、いつも「~でやんす」を言いますか?例えば、「刺すでヤンス」、「斬るでヤンス」、「死ぬでヤンス」、「勝ちでヤンス」、...

どうか教えてください。

Aベストアンサー

確かに「~でやんす」は元々遊女言葉だったようですが、昭和になって遊女という存在自体が
消えていくにつれ、その印象は自然と薄れていってしまいます。
一方、やくざ者などの上下関係に厳しい世界では、子分が兄貴や親分などの目上の人に対して
「~っす」「~でやす」という語尾をつけるのが礼儀とされていました。
このため、使われなくなった「~でやんす」も、「~でやす」の変化形のひとつとして認知さ
れるようになったのです。

またそれに伴い、1960年代以降の漫画において「~でやんす」が口癖の子分キャラ・雑魚
キャラが頻出したのも、イメージが一変した理由でしょう。
有名なところでは「ど根性ガエル」のゴローというキャラが、一人称が「あっし」語尾が「ヤ
ンス」という典型的な子分キャラです。
このせいで、「~でやんす」という言い方は「優雅な遊女言葉」ではなく、「いかにも雑魚っ
ぽい三下キャラ口調」という印象が定着したのです。

Q報 という字を間違えて覚えていました。やっぱりまちがいですよね? これです。

報 という字を間違えて覚えていました。やっぱりまちがいですよね? これです。

Aベストアンサー

間違えてます。
下が羊になっています。横棒は二本です。
気付いて良かったですね(*⌒▽⌒*)

Q「軒を並べる」について

私は今年受験生です。
入試問題集の問題を解いていると、その中に

「いろんな模擬店がずらりと○○を並べていた。」○○にあてはまることばとして最も適当なものを、次のアからエまでの中から選んで、そのかな符号を書きなさい。

という問題がありました。
答えは「軒」で「いろんな模擬店がずらりと軒を並べていた。」というのが正しい文章になるそうです。
しかし、私は「軒を連ねる」というのはよく耳にしても「軒を並べる」というのはあまり聞いたことがなかったので、その答えにあまりピンと来ず、もやもやしています。
「軒を並べる」というのは、一般的に使われている言葉なのでしょうか。
知ってどうなることもありませんが、よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

いわゆる「慣用句」の問題です。
すなわち、文章としては、「ずらりと並んでいた。」で成立しますが、それを慣用句を使って表現するには、どの語句を用いるべきか?と言う設問です。

無論、「軒を連ねる」でも良いですが、設問が「〇〇を並べる」であれば、その設問に対する解答としては「軒」を入れるべきじゃないですかね?
あるいは、設問が「〇〇を争う/競う」などでも、「軒」が入りますが。

そもそも「軒」と言う漢字は、中華料理屋くらいでしか、余り見かけない漢字ですけど。(^^;)
それを「のき」と読む慣用表現を知っていますか?くらいの出題意図かと思います。

耳慣れぬ言葉に違和感を持つのは仕方ないですし、自分の語感を大事にするのは良いこととは思いますが。
こと試験などですと、変に先入観やこだわりなどは、持たない方が良いとは思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報