私たちは中学、高校で6年間英語を学びます。6年間英語を習い、会話はできなくとも 読解力は それなりについているかと思います。
それで、高校を卒業して フランス語やドイツ語を学習する人も少なくありませんが、やはり、英語を同じように日本語を介して学習しますよね。フランス語やドイツ語は 日本語よりも英語にずっと近いですが、それでも 時折、英語を引き合いに出すものの、英語を介して フランス語やドイツ語を学習する人は少数だと思います。それには 相当の英語力が必要だと思います。
でも、とある人が言うには
「高校まで日本で過ごし日本の大学受験に失敗して英語圏の大学に英語テストだけ受けて入学する生徒でも、現地の大学で英語を通して外国語を学ぶ人もいるわけです。 彼らが苦労したという話は聞いたことがありません。だれでもできるレベルの課題。」
なんだそうです。
そこで質問ですが、英語を介して フランス語やドイツ語を学ぶには どの程度の英語力が必要でしょうか?

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    >「ああ、これって日本語で言うとこういうことだな」みたいな変換の仕方を頭の中でしてしまいます。
    これはケースバイケースでしょうね。私の場合、フランス語でも 日本語より英語の方がピッタリする単語は 英語と結び付けております。
    例えば フランス語で ”Quelle âge a votre soeur?”という文なら 英訳すれば ”How old is your sister?”ですが、和訳するとなると soeurが姉なのか妹なのか さんざん頭を悩ませることになります。

    そう言えば、↓の質問でも ucokさんは名回答を出されていますね。

    https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8849808.html

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/02/03 16:39
  • 外国語って本来は 文字ではなく 音から覚えるべきでしょうね。
    中国語とタイ語のできる知人に
    「タイ語が文字が難しいね。」って言ったら、
    「日本人の場合、中国語は漢字に頼りすぎて 意味が分かったつもりなり、結局 ロクに話せない。
    タイ語は タイ文字を目の前にして尻込みしてしまう人が多い。」と答えていました。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/02/03 17:34

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>タイ語は 仮名よりは正確でしょうけど 英文字でも 100%忠実に表記できないのではないでしょうか。



もちろん、「英語風に」という意味ではまったくありません。声調を表す記号も決まっていますし、例えば「c」を裏返したような独特な文字もいくつかありますが、アルファベットを基本とした「タイ版ローマ字」のようなものがあるのです。とてもわかりやすくて判別しやすいです。例えば、仮名の概念しか知らないと「クラップ」という文字列の中に「klap/crap/khurapu」など無数の発音の可能性が含まれているのを理解しにくいかと思いますが、英文字の概念を少しでも学習していれば、こうした特定な言語特有の表記の仕方も飲み込みやすくなると思います。ただし、アルファベットからタイ文字へのハードルは高いですね。

>たまには 笑えない誤解を生じることもあるかもしれません。

それを言うなら、現に中国で、漢字でレストランの予約を入れに行ったら、6文字くらいの難しい漢字を書かれ、意味を理解しようと四苦八苦した結果、たまたま通りかかった青年に片言の通訳を頼んで事なきを得たのですが、あとでガイドさんに聞いたら、その漢字は「お待ちしております」という意味でした(と前にもこのサイトに書いた記憶が…)。

>ハングルは覚えるのは簡単だそうです。

私の周りの人たちもそう言うのですが、私の脳ミソにはない概念が使われているようで難儀しています。いずれにしても、ハングル文字は、かなり合理的に作られているようですね。韓国はネットが充実しているので、ネット地図くらいは、パズルのように文字列を比較しなくても読めるようになりたいです。でも韓国の人はみんな親切なので、渡航した際には、たいていのことが身振り手振りで通用しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

>私の周りの人たちもそう言うのですが、私の脳ミソにはない概念が使われているようで難儀しています。
ucokさんは視覚よりも聴覚の方が鋭いのだと思います。でも、中国旅行では漢字に頼っておられたようですが...

お礼日時:2017/02/03 22:47

補足を拝見しました。

発音を把握するうえで、文字もある程度は大切だと思いますが、文字といっても、例えばタイ語は英文字で学習したきりです。そういう意味でも、中1程度の英文字の基礎的な発音を知っておくと、仮名では表せないニュアンスがわかって便利ですよね。

タイ語は、とてもいい(日本人の)先生に恵まれたことがあるのですが、最後の授業で「これで文の基礎はすべて教えたから、あとは単語を覚えるだけ。ただし、文字には手を出さない方がいい」と言われました(笑)。現に、私の周りにはタイ語がかなり話せる人が何人もいるのですが、その中にタイ文字まで理解できる人はいません。

ちなみに、中国を旅行した時には私はもちろん、筆談に徹しました(笑)。あれはあれで中国との絆が感じられて面白いですけどね。今や、韓国では漢字が通じないので、ハングル文字を覚えなければと、やや焦っています(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タイ語は 仮名よりは正確でしょうけど 英文字でも 100%忠実に表記できないのではないでしょうか。
タイ語には声調があって、klapという単語が 声調の違いで「近い」にも「遠い」にも 正反対の意味になるそうです。

>ちなみに、中国を旅行した時には私はもちろん、筆談に徹しました(笑)。
たまには 笑えない誤解を生じることもあるかもしれません。例えば、郵便局で「切手」と漢字を見せたら 局員たちが青ざめるかも。中国語で切手は「郵票」と言うらしく、「切手」は文字通り ”手を切る”と解釈されて 今から リストカットでもするのかと思われるかもしれませんね。(笑)

>今や、韓国では漢字が通じないので、
でも、韓国でも日本語や中国語を学習している人も増えているそうです。

>ハングル文字を覚えなければと、やや焦っています(笑)。
中国語とタイ語のできる私の知人によると ハングルは覚えるのは簡単だそうです。でも、ハングルほど 趣に欠けてつまらない文字もないと皮肉っています。

お礼日時:2017/02/03 22:00

>ところで、ucokさんは英語の他に話せる外言語はありますか?



英語に限らず、必要な分だけを身につけて、必要ではなくなるとすぐに忘れてしまうのですが、英語と日本語以外でいちばん話せるように一度はなったのが、ドイツ語とタイ語でしょうか。あとは、気合で話してしまうので、たぶん一般的な「話せる」の概念には当てはまらないと思います。ちなみに、欧州の言語でまったく知識がないものをその場限りに和訳する際にこそ、英語の知識が役に立つことがあります。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

すみません、今、「補足」を拝見しました。

もちろん、おっしゃるようにケースバイケースです。私が言いたかったのはあくまでも、「自分で母語を用いて知識を補足してしまう場合もあるので、一概に“英語力”という括りでは判断できない」というだけのことです。
    • good
    • 0

お礼を拝見しました。

あいにくと2番目の書籍しか「中身拝見」ができなかったのですが、んん、「どれくらいの英語力が必要なのか」って、実際に読んでみて判断してくださいとしか、あまり言いようがないのですが、英検なら2級あれば充分ですよね。3級でもそれなりにいけると思います。TOEICなら500程度でしょうか。また、英語の辞書をマメにひける人なら、中1程度の英語力でぜんぜんオッケーでしょう。

ただ、こういう類いの短期滞在の初級者向けテキストは、英語の本文を読み込んで学習しなくてもいいものだと思うのですよね。ちなみに、私ならこのテキストではなく、ベルリッツのポケットサイズの会話集を使います。実際、どこの国に行っても、このシリーズや類似品を現地の空港や観光地で買って活用していました。「いました」と過去形にしたのは、近年ではアプリが充実してきたし待った反面、書店の中身が充実していないので、買えない場合も多いのですが。

いずれにせよ、初級の会話集ですから、今使いたいフレーズを調べて、横にある英語で意味を確認して使うだけ。フランスが初級なので、その英訳も初級。極めて簡単です。フランス語という言語の成り立ちですとか文法説明は、私ならわざわざ読みませんし、この段階では読む必要もないと思います。ただ、申しましたように、初級の場合は、使いたいからこそその言語を学ぶわけなので、目の前の用途に合わせて翻訳ソフトや現実の人間を駆使し、英語の書籍にはあまり頼らないのが、私の場合は現状です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。

>ちなみに、私ならこのテキストではなく、ベルリッツのポケットサイズの会話集を使います。
会話集は気楽ですが、文法を知らないと応用が利きませんからね。

ところで、ucokさんは英語の他に話せる外言語はありますか?

お礼日時:2017/02/03 17:01

同じご質問で何度もお書きになっているように、その外国語の学習レベルによるというのも一理あります。

ただ、そもそも、外国語って、言葉というものを一切知らなくても学べてしまいますよね。生まれてすぐに山に捨てられて人間の言葉を知らなかった人だって言語を学べますし、ましてや、一度、例えば日本語という母語をマスターしてしまったら、たとえフランス語学習のための授業が英語で行なわれていても、「ああ、これって日本語で言うとこういうことだな」みたいな変換の仕方を頭の中でしてしまいます。それに、ある程度のレベルまで到達したら、英語での授業を超えて、例えばフランス語ならフランス語だけで誰かと会話してみたくなり、その後は、主にフランス語だけでレベルアップしていくと思います。

というわけで、答は「英語力は皆無でも学べる」です。
この回答への補足あり
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>そもそも、外国語って、言葉というものを一切知らなくても学べてしまいますよね。
ucokさんが提示された方法は 独習では無理だし、ネーティブスピーカーによるレッスンが必須ですよね。
私は ↓の教材を使うには どれくらいの英語力が必要なのか知りたいです。

https://www.amazon.co.jp/French-Ease-Assimil-Met …

https://www.amazon.co.jp/Colloquial-French-Compl …

https://www.amazon.co.jp/French-Months-Hugo-Lang …

お礼日時:2017/02/03 16:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語を介して別の外国語を学習するために・・・・英語力の臨界点

こんにちは。英語を介して別の外国語を学習するということに関しての質問が過去にも何度かありましたが、論点を整理し、新たに質問させていただきます。

この学習の為には相当な英語力が必要ですよね。そして、ヴェー・ユプシロン・アインさんによると、そのような学習方法は非常に不合理だそうです。

“英語で書かれた別の言葉の入門書は、私たち日本人の為ではなく、英語を母語或いはそれに近い英語力を持った人々を主な対象として返済されております。従って、英語に沿った説明がされている筈です。と言うことは、日本人がと言うかどっぷり日本語に浸かったものの考え方や知識ではどうしても理解し難い場面に出くわす可能性があります。英語とドイツ語は2千年ぐらい前には同じようなと言うか極近い言語だったし、現在でも多くの共通点が見られますね。しかし、そこが落とし穴のような気がします。飽くまでも別の言葉として学ぶべきでしょう。”

私も半分は同感です。特に、和訳と訳読を中心とした古典的な学習をしてきて、とりわけ頑固な性格の人にはそうでしょう。

しかし、果たしてそうかなあと疑問に思うことが幾つかありました。

(1)英語がかなり出来る人が、英語で書かれた教材でデンマーク語やスウェーデン語を学習したら、スラッシュリーディングが非常に容易だったそうです。また、その人によると、日本語よりも英語の方が体系的に文法を知っているので、英語を起点に他の西洋の言語に訳す方がラクだそです。

(2)英語の通訳をしている人が、スペイン語を学習しようとしたが、日本人向けの学習書には文法、語法的には分かりきったことが書かれていることが多い割りに、英語とスペイン語の微妙な違いについては分かりにくかった。また、文法の説明は詳しいのに、発音に関してはそうでなかたったので、歯痒かったそうです。

(3)ラテン語を日本語で学習するのってどうなんでしょう。英語で漢文を読むのに似ているかもしれません。そもそもラテン語を学習するくらいの人は、英語だって相当出来ると思うし。

(4)中国語の普通話がある程度出来る人が、広東語を学習したら
結局、簡体字と繁体字と日本の漢字の比較ばかりに気を取られたりしないでしょうか?

ですから、一定レベルの英語力があれば、英語を介して他の外国語を学習するのは むしろ日本語を介するよりも覚えやすいと思いますが、このレベルというのは、やはりネーティブ並みの英語力が必要なので、普通の日本人には半ば無理なんでしょうか? それとも、語学の素質があり、努力すれば到達できるんでしょうか? また、その為には どうのような学習を進めればいいんでしょうか?

こんにちは。英語を介して別の外国語を学習するということに関しての質問が過去にも何度かありましたが、論点を整理し、新たに質問させていただきます。

この学習の為には相当な英語力が必要ですよね。そして、ヴェー・ユプシロン・アインさんによると、そのような学習方法は非常に不合理だそうです。

“英語で書かれた別の言葉の入門書は、私たち日本人の為ではなく、英語を母語或いはそれに近い英語力を持った人々を主な対象として返済されております。従って、英語に沿った説明がされている筈です。と言う...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、時々お会いしますね^^

全てのご質問にお答えすることはできませんがいくつか述べさせていただければと思います。

私の英語力、特に文法力はネィティブどころかおそらく高校生程度もありません。
ですが、英語で外国語のリファレンスを読んでも何ら問題はありませんでした。
「○○語学」を学ぶのでなければとりたてて難しい説明も例文・単語も出てきません。

おそらくインド・ヨーロッパ語族に限るのでしょうが、私自身は英語からアクセスしたほうが直感的にわかりやすいと感じました。
何故なら語順を気にしなくてよいこと、文法や単語に共通点が多いからです。
また欧米的な感覚・物の見方と日本のそれがかなり違っているように感じるので
英語からヨーロッパ語へのアクセスの方が楽に感じるのです。
中国語や韓国語などは英語よりそれらに共通点の多い日本語からアクセスしたほうがわかりやすいでしょうね。

どのくらいの英語力が必要かというと、辞書をほとんどひかなくても意味が理解でき、
あるいは前後関係で言いたいことがわかること。といっても先に述べたように
日常的な表現・語彙ばかりですから、それほど高度な知識がいるとは思いません。
ただし英文を日本語に置き換える力ではなくて、英文を感覚的に取り込める力は要ると思います。
英文を見て「ここが形容詞、これが副詞で、ここは関係代名詞。これは○○構文だから」
などとして理解している人ですと、どんなに語彙力があっても非効率でしょう。

私はヴェー・ユプシロン・アインさんの主張に反対しませんし、そのような考え・やり方の
人がいても良いと思います。
ひとつ言うならば
「日本人がと言うかどっぷり日本語に浸かったものの考え方や知識ではどうしても理解し難い場面に出くわす可能性があります。」
というところ、たとえばどういうことがあったのかなと思います。

私自身は、外国語を学ぶということはその国の思考方法を学ぶことだと思っているので、
日本語の感覚からは理解しずらいなと思っても「そういうものなんだ」と受容します。

多少わからないところがあっても気にせず進んでいける大らかさが
必要かもしれませんね^^

こんにちは、時々お会いしますね^^

全てのご質問にお答えすることはできませんがいくつか述べさせていただければと思います。

私の英語力、特に文法力はネィティブどころかおそらく高校生程度もありません。
ですが、英語で外国語のリファレンスを読んでも何ら問題はありませんでした。
「○○語学」を学ぶのでなければとりたてて難しい説明も例文・単語も出てきません。

おそらくインド・ヨーロッパ語族に限るのでしょうが、私自身は英語からアクセスしたほうが直感的にわかりやすいと感じました。
...続きを読む

Q英語と母国語 英語学習していて思うのですが、英語学習と同時に母国語のレベルも上げないと、英語レベル

英語と母国語

英語学習していて思うのですが、英語学習と同時に母国語のレベルも上げないと、英語レベルが頭打ちになると思うのは偏見でしょうか?

通訳レベルの方々って母国語も上手いと思うので…

Aベストアンサー

かかれているとおりです。 英語に限らず、外国語はいくら堪能になっても、母国語以上にはなりません。

これはすなわち、母国語で多弁な人は、英語も多弁になります。 話しているときに、言葉を英語でいうか日本語でいうかの違いだけで、(もちろん英語には英語の言い方、日本語には日本語の言い方がありますが)、心に思うのはあくまで母国語です。

ただ、わたしは日本にいますが、家庭では英語だけ、一歩外にでると日本語だけになり、最近、二か国語を使う生活に疲れています。 それは、以前は、ここまでひどくはなかった、すなわち、常に日本語で考えていて、英語で話していたのですが、家庭で英語しかつかっていないと、頭のなかに浮かぶ言葉が、英語70%、日本語30%ぐらいになってしまい、独り言まで英語になるようになりました。

困るのは、仕事をしているときです。 職場では日本語しかないので、疲れたときなどは、つい思ったことを英語で言いそうになり、それだと「変な人」と思われるので、無理に日本語を意識して話そうとすると疲れるのです。 それと、話し手が日本語だと、テレビのようなきれいな日本語ではないのと、日本語は無意識にきけること、英語は出だしに重点があり、日本語の出だしは意味のないことが多いので、言いだしのところだけしか注意がいかず、肝心な動詞など日本語の最後の部分をきいていないことがおおくなりました。

それや、日本語の近い発音、たとえば人名の「中川、古川」などをしばしば間違えます。

二か国語を使わないといけないと、そうとう頭をフル回転させないといけません。 それで、どちからというと、わたしは母語の日本語も英語も、なんかへたくそになったような気さえします。

夢も英語でみる場合と日本語でみる場合があります。 寝言も同じようになります。 妻にきくと、寝言はわたしはよくいうようで、英語でいうときと日本語でいうときと、半々ぐらいだと言っていました。 ただしどちらも何を言っているかまではわからないそうです。

外国人と結婚しているような人とか、仕事で英語を使わないといけない人は極めて限られるので、お答えにはなりませんが、やはり外国語は使わない限りは上達もしないし、また、使わないと忘れるものです。 母語でもそれに近くなります。

ネットなどで外国人の友達をみつけて、いろいろ話をされるような努力をされないと、日本語だけの環境で英語が上達するのは無理があります。

かかれているとおりです。 英語に限らず、外国語はいくら堪能になっても、母国語以上にはなりません。

これはすなわち、母国語で多弁な人は、英語も多弁になります。 話しているときに、言葉を英語でいうか日本語でいうかの違いだけで、(もちろん英語には英語の言い方、日本語には日本語の言い方がありますが)、心に思うのはあくまで母国語です。

ただ、わたしは日本にいますが、家庭では英語だけ、一歩外にでると日本語だけになり、最近、二か国語を使う生活に疲れています。 それは、以前は、ここまでひど...続きを読む

Q英語を介して他の外国語を学習する為の特化学習について教えてください。

英語を介して他の外国語を学習する為の特化学習について教えてください。

こんにちは、お世話になります。 英語以外の外国語も覚えたいと思いつつも挫折の連続をしている者です。 なにか自分にあった学習法はないかと色々試してみたのですが、なかなか続きません。

そんな中、今年の初めにした、ある質問の回答者様の言葉を思い出しました。
http://oshiete.homes.jp/qa5569648.html

No8さんが仰っている「特化学習」に今頃になって非常に興味を持ちました。 もしかしたら僕にあった学習法かもしれないし、この学習法を実践すれば、やっと英語以外の外国語も覚えられるかな?? と、、。

他の方の質問を拝読していても又、「特化学習」について話題に上がっていました。
http://oshiete.homes.jp/qa5988823.html

何度も別々の方が仰っているのを眼にしますので、意外と知っている方は知っている有名な学習法だとは思うのですが、そもそも、英語以外の外国語はできませんので「日本語で勉強した場合」と「英語を介して勉強した場合」とどう違うのかすら分らないのですが、、、。

上記のURL以外の方でも、「あ、アレのことだな。」と御存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。 よろしくお願い致します。

英語を介して他の外国語を学習する為の特化学習について教えてください。

こんにちは、お世話になります。 英語以外の外国語も覚えたいと思いつつも挫折の連続をしている者です。 なにか自分にあった学習法はないかと色々試してみたのですが、なかなか続きません。

そんな中、今年の初めにした、ある質問の回答者様の言葉を思い出しました。
http://oshiete.homes.jp/qa5569648.html

No8さんが仰っている「特化学習」に今頃になって非常に興味を持ちました。 もしかしたら僕にあった学習法かもしれないし、...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。

訂正です。

ここで鸚鵡や九官鳥を真似る人は あとあと 特に発音において上達が伸び悩みます。→ ここで鸚鵡や九官鳥を侮る人は あとあと 特に発音において上達が伸び悩みます。

それから項目の追加です。


(4)常に前向きに考え 自分自身を研鑽することが非常に重要です。実は私は英語を介してフランス語を学習して失敗したことがあるんです。#9さんの場合は、英語は外国人としてできる限り覚えたと思い込み、それ以上は外国人の限界として半ば諦めています。しかし、私の場合は、この時点で結論は出しませんでした。もっとコツコツ英語を磨けば必ずネーティブレベルに達するはずだと思い、英語力を向上させてきました。

(5)そして何より語学は頭が柔軟で、他人の意見も謙虚に受け入れることは重要です。



それでは本題に入ります。zatousanさんはかなり洋書を読まれているようなので、十分な基礎体力はついているはずです。そして、さらにもっと色んなジャンルを読まれるといいですね。


先ずすべきことは、英語は日本語に訳さず英語のまま理解する練習をしましょう。これにはなるべく簡単な教材が適しています。そして、極力英和辞典を使わない方向に持って行きましょう。また、知っている単語を虱潰しに英英辞典で洗い直して見ましょう。定義を読むこと自体が英語の勉強になり、英語の感覚が養われます。

次に、今までzatousan さんは 英語を専ら「読む」という受身的な姿勢だったと思いますが、今度は
自分で積極的に「書く」練習もしてください。

それから、英語で書かれた英語の文法書を一読してください。

手始めに、英語で書かれた日本語の参考書がよきウォーミングアップになります。これは実は究極の英作文の練習にもなります。例えば、日本人が英語を学習する上であっさりとスルーされた、助詞の「は」と「が」の違いなども詳しく書かれていて大変参考になります。

ここまで終えてようやく英語で他の外国語の学習の準備完了です。そして、新しい外国語は フランス語やスペイン語など、英語圏でもメジャーな外国語を選んだ方が無難です。


>そもそも、英語以外の外国語はできませんので「日本語で勉強した場合」と「英語を介して勉強した場合」とどう違うのかすら分らないのですが、、、。
私も英語より日本語が得意なのは言うまでもありません。しかし、日本語は体系的な整理が不十分ですし、ヨーロッパの言語とは違いが大き過ぎます。多くの人は母国語の日本語さえ 英語の論理で捉えることが少なくありません。ですから、あくまでメインは英語でフランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語など複数の外国語を嗜み程度に覚えるのなら、日本語を起点に考えるよりも英語を軸にして関連付けた方が 複数の外国語の知識を束ねやすいとも言えます。また、ラテン語を学ぶにも日本語で学習したら意義が半減します。これは丁度、日本語を学ぶ英米人が 日本式の訓読をしないで 漢字を中国語読みして
これを直接英訳するのに似ています。

今日は時間がありますので、補足などがあれば 夜にはできると思います。

#1です。

訂正です。

ここで鸚鵡や九官鳥を真似る人は あとあと 特に発音において上達が伸び悩みます。→ ここで鸚鵡や九官鳥を侮る人は あとあと 特に発音において上達が伸び悩みます。

それから項目の追加です。


(4)常に前向きに考え 自分自身を研鑽することが非常に重要です。実は私は英語を介してフランス語を学習して失敗したことがあるんです。#9さんの場合は、英語は外国人としてできる限り覚えたと思い込み、それ以上は外国人の限界として半ば諦めています。しかし、私の場合は、この時点で結論は...続きを読む

Q英語を介して他の外国語を学習すると

以前にも似たような質問を出したんですが、疑問点が残りましたので
改めて質問させて戴きます。

私は英検2級、仏検3級を持っていまして、現在、英語で書かれたフランス語の教材で英語のブラッシュアップを兼ねてフランス語の復習をしています。そして、次は新しい外国語にチャレンジしようと思っております。

さて、前回の質問で得られた回答の結論として、英語を介して他の外国語を学ぶのは 英語が一定レベルに達していない、又は古典的な学習法に拘泥している人にとっては甚だ不合理ですが、英語がかなり使いこなせる人にとっては、相乗効果も期待できて非常に有効な手段だとの回答を戴きました。

しかし、そこで疑問が起きたんですが、そのような方法で英語以外の外国語を習得しても 日本語との関連付けがされないので、その言語と日本語間の翻訳がスムーズに出来なくなると思うんですが、どうなんでしょう?

Aベストアンサー

Joyeux Noel!

何から話しましょうか。そうですね。ご質問の例と少しずれますが、端的な例を挙げるため、フランス語を介して英語を一から学習した場合を想定してみましょう。その場合、英語を日本語に訳す場合はフランス語を経由することになると思いますが、そこで flatという英語を例に取って見ましょう。flatは英仏辞典で調べると、appartemantという訳語があり、appartemantを仏和辞典で調べると“アパルトマン”と出ています。そうすると、flatという単語を日本語にする場合にも 1つ間を置き、意味も少しズレる可能性が出てきますね。同様に holidayがバカンスになるかもしれません。でも、それは可能性が否定は出来ないものの
それほど心配することもないと思います。

#3さんがいいことを仰っていますね。ご質問の危惧を逆手に取れば、これは単語レベルで日本語に縛られすぎず、広い視野からポイントはキッチリ押さえた上で豪快でいて繊細な訳も浮かびやすくなります。

あと、これは Ceiriosenさんもお気づきだと思いますが、英語を理解するのと和訳するのとは違うんです。でも、同一視している人も多いんですね。これは学校の英語教育のせいですね。つまり、訳せない英文は理解できないということになるのでしょう。でも、英文を読んでいると、意味は分かるのに上手く訳せないとか、訳したものの意味が掴めないということが往々にしたあると思います。

また、日本語と英語のバイリンガルであっても、それぞれ別々に覚えている場合が多いので スムーズ且つ正確に日英間の翻訳ができない場合も少なくありません。

Ceiriosenさんが今やってらっしゃるように、英語でフランス語を学習するということは、フランス語を英語に訳すことが主体だと思いますが、これは 日本語を飛び越えて 仏文解釈と英作文を同時にやっていることにもなるんですよね。ということは、基本的に仏文和訳や和文英訳も出来ないことはないはずですよね。それに、実務レベルでも 英語⇔フランス語間の翻訳が必要になる場合もあるかと思います。例えば
英語の資料を基にフランス語で新たに作成するといった場面です。こういう場合はCeiriosenさんの学習は特に有効だと思います。英語とフランスを別々に学習した人だと 日本語を間に挟んでしまい 時間もかかるし ズレも大きくなりがちです。それと、この日本語はフランス語で何ていうのか調べる場合、和仏辞典を使いますよね。しかし、和仏辞典に載っていない場合はどうしますか? こういう場合は 和英辞典で調べ、
訳語を更に英仏辞典で調べるしかないと思います。その英仏辞典を使いこなすにおしても日頃から英語とフランス語を関連付けていないと、この段階で訳語選びに失敗します。

Ceiriosenさんが新しい外国語を学ぶにしても、単に理解するのであれば 和訳は不要なはずですし、実務レベルでもなければ 大体の和訳は可能なはずです。もし、新しい外国語をスペイン語と仮定し、実務レベルまで持って行くとしたら、スペイン語を一定レベルまでマスターし、
そうしたら、スペイン語で書かれた日本語の教材を使う手もあります。ですから、辞書も 西仏、西西、西和の順で使うことになります。まあ、この方法でスペイン語を学習したら 西和辞典も意味を調べるというより、スペイン語をキーワードに日本語の類義語辞典みたいにも使えますよ。

Joyeux Noel!

何から話しましょうか。そうですね。ご質問の例と少しずれますが、端的な例を挙げるため、フランス語を介して英語を一から学習した場合を想定してみましょう。その場合、英語を日本語に訳す場合はフランス語を経由することになると思いますが、そこで flatという英語を例に取って見ましょう。flatは英仏辞典で調べると、appartemantという訳語があり、appartemantを仏和辞典で調べると“アパルトマン”と出ています。そうすると、flatという単語を日本語にする場合にも 1つ間を置き、意味も少しズ...続きを読む

Q英語で書かれた教材で別の外国語を学習するには、英語力がどれくらい必要ですか?

こんにちは。僕は高校生の男子です。僕は英語は得意な方で 他の外国語にも興味があります。それで、僕のいとこで語学が得意な人がおりますが、その人は英語は勿論のこと、ドイツ語も出来ます。その人は現在はスウェーデン語を勉強していて、使っている教材を見せてもらいましたが、説明が全部英語で書かれていました。僕は流石語学の達人は違うなあと感心しました。
僕はその人に
「英語で書かれた本でまた別の外国語を勉強するには、英語も相当出来ないとダメだよね?」
って聞きました。そうしたら、その人は
「そうだね、英語を一々日本語に訳している段階では難しいね。」
と答えました。そして、どのようにしたら このレベルまで到達できるか聞いたんですが、
「先ずは、英語の基本を極めること、日本語は忘れること。」
とその人は答えたんですが、非常に話が長くなるというので これ以上のことははっきり教えてくれなかったと言うか、よく分かりませんでした。ただ、「英語とスウェーデン語は文法がよく似ているので やりやすい。」とのことでした。

そこで、僕のいとこのような方法で英語以外の外国語を学習したことのある人に質問です。英語の基本を極めるとは、学校で習った文法をしっかり覚えてキチンと和訳するのとも違うようなのですが、具体的にどのようなものだと思いますか? それから、英語を一々日本語に訳さないで理解するのは難しくないんですか? 最後に、そのような学習法は果たして効果的なんでしょうか?

こんにちは。僕は高校生の男子です。僕は英語は得意な方で 他の外国語にも興味があります。それで、僕のいとこで語学が得意な人がおりますが、その人は英語は勿論のこと、ドイツ語も出来ます。その人は現在はスウェーデン語を勉強していて、使っている教材を見せてもらいましたが、説明が全部英語で書かれていました。僕は流石語学の達人は違うなあと感心しました。
僕はその人に
「英語で書かれた本でまた別の外国語を勉強するには、英語も相当出来ないとダメだよね?」
って聞きました。そうしたら、その人は...続きを読む

Aベストアンサー

大雑把に言えば ネーティブの小学校卒業レベルじゃないでしょうかね。それに加えて文法用語を知っていればいいんじゃないでしょうか。
向こうの語学書は日本のみたいに文法重視でありませんよ。

言葉の基礎って文法も大事だけど、イメージを掴むことが重要だと思います。例えば 日本語の「ダメ」という単語には色んな意味があります。逆の立場で考えて英米人が英語の訳語を丸暗記したところで使いこなせないと思います。

基本を極めるというのは何も語学だけじゃないですよ。料理もスポーツも同じですよね。料理にしても基本を侮る人は上達しません。例えば、玉子焼きなんかも、こんなの作れると高を括る人って多くないですか。


関係ないかもしれませんが、有名な唱歌で「さっちゃん」というのがありますが、あの歌詞を訳詞ではなく、英米人に見せる字幕という前提で解釈できますか? ちょっとテクニックがいるけど、これは英語の基本構文や単語をどれだけ使いこなせるかが大きなポイントになります。
↓のリンクを見れば分かるように、良回答にある訳例では難しい単語も構文も登場しません。センター試験の英文よりずっと易しいです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2596172.html

大雑把に言えば ネーティブの小学校卒業レベルじゃないでしょうかね。それに加えて文法用語を知っていればいいんじゃないでしょうか。
向こうの語学書は日本のみたいに文法重視でありませんよ。

言葉の基礎って文法も大事だけど、イメージを掴むことが重要だと思います。例えば 日本語の「ダメ」という単語には色んな意味があります。逆の立場で考えて英米人が英語の訳語を丸暗記したところで使いこなせないと思います。

基本を極めるというのは何も語学だけじゃないですよ。料理もスポーツも同じですよ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報