倒産と新規会社設立を考えているものてす。倒産する会社のノウハウを新規立ち上げの会社に受け継がせたいと思っています。

会社設立を先にしてある程度実績を付けてから、現在の会社を倒産させる事はできるでしょうか?

二束三文のポンコツ車ではありますが、仕事には必要不可欠なものもあります。このような機材も新規会社に移動させておく事は出来ますでしょうか?

どうぞアドバイス下さいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

社員の方が同一業種で会社を立ち上げるということでしょうか。


会社規模が中小零細ということで書き込みます。

代表者や役員が重複しなければ、社員が類似の新会社を設立し、
旧会社の車や什器類・販売権などを新会社が買い取るという形で可能です。
倒産した企業ではよくあることです。

旧会社は精算費用がなければ税務署などに「休業届」を出せばいいのですが、
債務(借金)に社長や保証会社以外の連帯保証人がいる、下請や仕入先に未払の売掛金がある、ということなら調整(交渉)が必要になるでしょう。

会社破産手続に慣れている税理士・書士・弁護士などに相談された方がいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切に教えて下さり、ありがとうございます。しっかり学習しまして、これからの参考にさせていただきます。

お礼日時:2017/02/03 16:28

倒産って「倒産防止法」という法令に使われてる以外には、「これが倒産だ」というのがないんです。


代表取締役が夜逃げしてしまっても倒産ですし、不渡りを二回出した段階で倒産ともいわれます。
つまり「倒産」=法人の解散ではないのです。
法人を解散して、その財産を新法人に売却して、法人が精算結了するという手続きを踏んでいかないと、法人の機材をパクったとして、法人の債権者からどんな言いがかり(法的手続きもあるでしょう)を付けられるかわかったものではありませんよ。

大変失礼ですが、まずは「法人の精算手続き」あたりから学習しておくべきです。
すると「倒産」という表現をするレベルで、考えてることをしようとなさってることが「愚かであった」ことが理解できるはずです。

なお、法人の解散や精算結了をしなくても県市は休業届を出せば「はいよ」と受付してくれますが、税務署に提出する書類には休業届はありません。
実態として休業してるとしても、毎期の法人税確定申告書の提出はして、事業概況説明書に「休業中」としておいて「業務はしてない」ことを伝えるぐらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
これからの参考にさせていただきます。

お礼日時:2017/02/10 07:42

いわゆる計画倒産ですよね。


計画というだけあって、色々なリスクや法的に考えなければならないことが多いはずです。

社員によるものということですので、できるはずです。
ただ、元会社へ債権を持つ人からすれば、財産隠し等と考えられてもおかしくはありません。

できましたら、税理士と司法書士のいる総合事務所で、事業承継や倒産などを扱うところへ相談されることをおすすめします。

ポンコツと言っても、必要ということは価値のある車ですよね。
第三者に文句の言われない金額で、しっかりと証拠を残したうえでの売買を行うのであれば、問題ないと思います。
ただ、新会社を並行して運営して実績を挙げるという行為は、あまりよろしくありませんね。従業員などが重複すれば、事務処理も複雑となり、疑いも多くなることでしょう。

どうせやるのであれば、全員ではなく一部の人間が独立し、元会社と新会社で業務分担するということですかね。その後に元会社の倒産とともに、残った社員が新会社に合流し、業務を拡大したと考えるのです。

素人判断で進めると、裁判に巻き込まれます。

以前聞いた話では、例えば株式会社ABCという会社に在籍していた従業員がまとめて退職し、すぐ近くに株式会社新ABCという短絡な名称で起業されました。当然新ABCの人間はABC時代の顧客へも営業を行ったりもし、さらにABCの了承を得ずにABCの機械や車両を使って事業をしていた部分もあり、訴訟となったようです。
結果、ABCは倒産する状態までいったのですが、ABCの役員や株主が新ABCを訴え、何年も裁判することとなったようです。新ABCも裁判対応でまいっていたようです。それでも何とか新ABCが大幅に有利な条件で裁判が終わったので助かりましたが、それ相応のお金をABCの株主などへ支払ったようですね。

弁護士などに裁判を依頼しても、振り回される部分は多いのです。新会社での経営も大変な時期に問題となれば、大変苦しいものでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にアドバイスして下さりありがとうございます。

戴いたご意見はしっかり受け止めさせて戴き、これからの参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2017/02/06 12:26

no.2です。


>私達は社長の高齢などで借金を返済する力がないので倒産を考えています。
とのこと。
銀行、信金などメインバンクからの融資に社長が保証人に
なっているようなケースで、社長引退、次世代に会社を
受け継がせるような案件、結構、例が多くあります。
(事業承継問題)
銀行、信金などは、多くの融資先で、事業承継事例を
経験してますから、メインバンクの銀行、信金に
ご相談されるのがよいと思います。
普通、融資先がただ倒産するだけというのは、
金融機関にとって最悪のシナリオなので、
親身になってくれると思います。
    • good
    • 0

全債権者と話の中で、ちゃんと計画すれば、


よいでしょう。事業譲渡か、会社の新設分割。
でもそれなら、今の会社の再生型倒産処理の
方が簡便かと思います。
私的整理でも民事再生でも。
今の会社倒産で債権者に支払しないのに、
いつの間にか別会社がノウハウつかってる
のは、偽装倒産といわれても仕方ない。

要は、倒産前提なら、債権者の不利益が伴うはず
なので、おひとりで決めず、債権者との交渉を
きちんとすることが大事と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にアドバイス下さりありがとうございます。

お礼日時:2017/02/03 10:49

古い会社を倒産ではなく、きちんと精算して廃業にすれば問題はないと思います。


倒産とは借金を踏み倒す事です。
機材を新会社に移した上で倒産させたら当然詐欺で告発されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

機材を新会社に移す事はできない事はわかりました。

私達は社長の高齢などで借金を返済する力がないので倒産を考えています。

新規会社設立と倒産の後先は、なにか問題があります出来ますでしょうか?

やはりこれも、倒産ののちに会社設立が正しいのできるでしょうか?

お礼日時:2017/02/03 10:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新規設立の会社について

こんにちは。
ただいま新しく事業を興そうと考えているものです。
現在、大学院に通っています。

実は今回の事業のターゲットが【新規設立した会社】なんですが、それらの名簿というのは入手可能なものなんでしょうか?
できれば、住所まで分かるとありがたいのですが・・・。
可能な場合はどの様にしたら入手することが出来るんでしょうか?

どなたか、教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
NTT情報開発株式会社に問い合わせてみるのがいいんじゃないでしょうか?
電話帳データを購入することが出来ます。電話番号・事業所名・住所・事業内容などの情報が購入出来ます。
地域や業種別の指定が出来るので、良いと思いますが勿論有料です。
ご参考になればと思います。

Q個人事業主でありながら、新規で株式会社設立

今、ある事業で個人事業主として届けを出し事業を行っています。
この度、全く異なる事業内容で株式会社を作る予定でいますが、
届出を提出済みの個人事業の方は、このまま継続することはできますでしょうか?

また、株式会社開業時の手続きにおいて、私のような状況の場合と、まっさらな場合は手続き方法で異なる部分はありますか?

また、(←何個もすみません)税の申告も別々にそれぞれの通常のやり方で行えばよいのでしょうか?

質問が3つになってしまい、すみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

べっべつの業務であれば個人事業と会社とべつべつにするのは全く問題ありません。
また、個人と会社はまったく別物ですから税金も別々に申告して支払うことになります。
逆に個人事業と会社の損益をいっしょにすることはできません。もしどちらかが赤字で合算したほうが税金が安くなるといった場合でも、そのようなことはできません。

Q株式会社設立にかかる費用は設立後経費と見なされる?

この度新規に株式会社を設立する予定です。会社設立日前にかかった費用(税金、事務所の賃貸料、電話権利など)は経費で賄えるのでしょうか?領収書の日付を設立日以降にしてもらわないとダメでしょうか?役員の印鑑証明料なども経費とみなされますか?教えてください。

Aベストアンサー

会社の設立に関係する費用(登記の費用・設立の準備費用)が創業費となり、それ以外の開業までの費用が開業費になります。
役員の印鑑証明料なども経費となります。
領収書の日付は、実際に支払った日でかまいません。

税法上の開業費は次のようになっています。
事業を開始するまでに特別に支出する広告宣伝費、接待費、旅費、調査費のほか、開業準備のために特に借り入れた負債の利子、土地、建物などの賃借料、開業準備のための消費された電気、ガス、水道などの料金をいう。
開業費は、当然、会社の経費となります。

創業費は、設立する会社の経費として税務上は任意に償却することができますから、繰延資産に計上して任意の年数で償却するか、初年度に全額償却出来ます。

仕訳は次の通りです。
一括処理の仕訳  創業費/現金

繰延資産計上時の仕訳  繰延資産/現金
繰延資産の償却時の仕訳 創業費/繰延資産

Q会社設立につき、有限会社と株式会社で迷っています。

みなさん、こんにちは。
現在個人で仕事をしているのですが、数年以内に法人成りを考えて
います。
当初は確認有限会社を設立しようと思っていましたが、来年の商法
改正で有限会社が株式会社に一本化されると聞き、今の内に有限
会社を設立するか、改正後に株式会社を設立するかを迷っています。
よきアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

現時点で言えば有限会社のほうが登記料は安いです。

ただ、当分動かないならあえて今作る必要ないかと。
損失控除できるし。

Q会社設立後、良い請求方法についてお聞かせ下さい

今年の10月に株式会社(企画デザイン会社)を設立する者です。
以下状況をお聞きいただき、ご意見いただけると助かります。


現在、イベント企画会社に在職中で、9月で退職となります。
その翌月、代表取締役として株式会社を設立する予定です。

今年になってから、在職している会社業務とは別の領域で
個人的に依頼されたデザインの仕事を引き受けており、
そのデザイン費等の請求(私から取引先への請求)については、
「会社設立後に」という取引先のご好意により今日までに500万円(仮の金額)止めています。

取引先では都度、財務処理は済んでいるとのことで
私の設立する会社に対して10月以降「企画費」等(項目名の変更も可)で
お支払いいただけるようです。

約束通り、設立後に500万円を取引先へ
請求させていただこうと思いますが

【設立してすぐに500万円もの金額を支払いいただくことの(税務署調査等)リスクはないか】

を懸念として考えています。

取引先では決算の都合もあり、なるべく早い段階(年内)で
支払いをしたいと希望されています。



何か良い請求項目、方法はありますでしょうか?
ご意見、ご教授いただけると助かります。



前提として、
・取引先は協力的で柔軟に対応していただけます(先方担当は代表取締役)
・支払い等の約束は信頼関係が成立しており、問題ないと認識してください
・取引先とは今後も継続的にお仕事をしていく予定です
・本件以外でも当然仕事をしていきます
として下さい。

その他、必要情報がありましたら補足させていただきます。
また、本件については顧問契約する税理士と最終的に相談します。
(が、計画として前もって認識しておきたく)


宜しくお願いします!

今年の10月に株式会社(企画デザイン会社)を設立する者です。
以下状況をお聞きいただき、ご意見いただけると助かります。


現在、イベント企画会社に在職中で、9月で退職となります。
その翌月、代表取締役として株式会社を設立する予定です。

今年になってから、在職している会社業務とは別の領域で
個人的に依頼されたデザインの仕事を引き受けており、
そのデザイン費等の請求(私から取引先への請求)については、
「会社設立後に」という取引先のご好意により今日までに500万円(仮の金額)止めていま...続きを読む

Aベストアンサー

税務署が気にするのは、
1.正しい会計処理をしているか
2.売上を少なく計上して、利益が少なかったことにして、税金をごまかしていないか
です。
売り上げが多くて利益が出れば税金が増えるのですから、500万円が1000万円になっても、税務署は喜びこそすれ文句なんか言いませんよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報