法律に対する知識が乏しいのでおかしな点があるかと思いますが、ご回答いただければ幸いです。

某暴力団組長が、組員が起こした殺傷事件で使用者責任に問われました。
(実行犯の組員は、すでに実刑判決を受けました)

組長は裁判所より期日呼出状を受け取りましたが、自分が刑務所に入ると組が分裂してしまうのではないか?と恐れ、被害者遺族と示談で収めたいと思っています。

こういう場合刑事責任に問われず、示談で終わらせることはできるのでしょうか?

ご回答の程、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

法改正後は 刑事裁判で組長の使用者責任が認めらると 実行犯と同等以上の 刑罰が科されることになっていますので おそらく実刑判決はまぬかれません。

そして、指示や教唆がなかったことは 組長側が立証しなければなりません。当該組員が吐いたら完全にアウトです。それなら、現時点で逮捕されていないということは有り得ないでしょう。
なお、期日呼び出し状とは民事裁判で被告に伝えられますので 刑事事件とは別です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
現時点で逮捕されていないということは考えられないのですね。
期日呼出状とは民事裁判で伝えられ、刑事事件とは別。
大変勉強になりました。

お礼日時:2017/02/03 19:05

刑事事件案件でも示談に持ち込んで、相手が事件にしない、というような形で示談が成立すれば、被害者の無い事案になりますので刑罰は非常に軽くなりますもちろん組長の共同不法行為は問われなくなります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
そういうこともあるんですね!
共同不法行為は問われなくなる……。
勉強になりました。

お礼日時:2017/02/03 22:06

使用者責任でどれだけの罪になるのでしょう。



まして暴力団が示談するとも思えません。
    • good
    • 0

使用者責任を、証明するのは「検察側」になります。


組長側は、無罪の主張しかしません。
その途中で示談をすると、罪を認めたことになりますので、判決までは示談をすることはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
示談すると罪を認めたことになるのですね。
では示談をするのは判決後ということになりますね。
勉強になりました。

お礼日時:2017/02/03 18:39

最近法律が改正されまして、刑事事件のなかでの話し合いもできるようになりました。


しかし、原則は刑事事件と民事事件は違うので、金銭で解決しても刑事事件としての責任を逃れることはできないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

刑事事件と、民事事件は違う。
また金銭で解決しても、有罪は免れないのですね。
うぅ、皆様に教えてもらえばもらうほど頭がこんがらがって(笑)。
頑張って勉強します!!
ありがとうございます!!

お礼日時:2017/02/03 18:36

>組長は裁判所より期日呼出状を受け取りましたが、自分が刑務所に入ると組が分裂してしまうのではないか?



そのようなことはないと考えます。
部下の逮捕の刑事事件で、組長に裁判所からの呼び出しには必ず出頭しなければならす、出頭したからと言って「刑務所に入る」ことはないので分裂することなど考えられないです。
なお、被害者と任意に話し合いすることはかまいませんが、示談が成立したからと言って無罪になるようなことはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
示談が成立しても、無罪になることはないのですね……。
もう少し自分でも勉強してみようと思います。

お礼日時:2017/02/03 15:56

それは「損害賠償(および慰謝料等)」を求める民事訴訟では?



「使用者責任」にだけ関して言えば、組長は損害賠償だけで刑事罰を問われることはない。ただし「共謀罪」等に問われればこの限りではないが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。
これは民事訴訟になるのですね。
大変参考になりました。

お礼日時:2017/02/03 15:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2重に損害賠償責任を問うことは可能ですか?

特殊な例かもしれませんが、次の場合はどうなるのでしょうか?

例)個人でも企業でも、ある加害者によってなにかしら損害を与えられたとします。(ただし刑事ではなく民事レベルと仮定して)
そして被害者となってしまったその個人や企業が、その件の損害賠償を求めようとしたところ、当の加害者に代わってある第三者が損害賠償責任を負うことを了承し、加害者に代わって損害賠償責任を負ったと仮定します。

しかし、被害者は第三者だけに負わせるのに納得せず、加害者にも是が非でも同様の損害賠償を請求しようとすれば、それは可能なのでしょうか?(報復意識や制裁意識から?)

Aベストアンサー

第三者の「代理弁済」を、被害者が容認した場合は新たに加害者への請求はできません。

Q刑事裁判判決で保釈中に実刑判決が出た場合、即収監?

刑事事件の第1審の地方裁判所の判決になります。

被告人は保釈中です。

ここで実刑判決が出た場合は裁判所の、その場で拘置所等に収監されるのでしょうか?

うる覚え覚えの知識ですが・・・
(1)
即時抗告をすれば、収監されず、保釈のまま高等裁判所に移るという覚えがありました。

そのあたりの、刑事訴訟法や刑事訴訟規則等、その他の法律での決まりのご教示とURL等を頂きたいです。

(2)
また、第一審中での保釈金を一度、被告人に返納され、再度、裁判所が決定した保釈金を納付する、
そして、高等裁判所での裁判に保釈中で進行していく、といったこともあるかと覚えがあるのですが・・・

宜しく、ご教示お願いいたします。
法の何条でどう決まりがあるか、教示頂ければ幸いです。

また、不明や質問に不備がありましたら、追記させて頂きます。

ただ、傍聴で見ると、保釈中の裁判では被告人の横に刑務官は付きません、
勾留中ですと刑務官はつきます・・・

Aベストアンサー

【お礼を読んで 2】
○保釈の許可率は17%位かと思いましたが、低い率ですね。

確かに。昔は5割を超えていたこともあるんですがね。それと、都道府県によっておそろしく差があるようです。こんなことを書くと、低い方に揃えろということをいう人が必ずいます。しかし、保釈率はもっともっと上げていかなければいけない。

○日本は起訴前 勾留期間が最大20日と他の諸国の1~5日程度と比べて、長すぎかと?事件解明のためには仕方ないのでしょうか。

日本のやり方の慣れきってしまうと、変に思わなくなるのですが、お隣の韓国の身体拘束の状況など聞くとカルチャーショックを受けますね。
もっとも、日本の今のようなやり方がこの先長く続くとも思わないです。
昔弁護した中国の人が、日本の長い裁判について、「どれだけ裁判に時間がかかるんですか。中国なら、スパイ罪で捕まっても、○週間もあれば銃殺まで行きます。」とか言われたことがあり、妙に納得したことがあります。

○実刑を受ける人は拘置所での勾留期間が満期、未決拘留日数に算入される、ということがありますが、執行猶予判決になった人には利点がないですね。

執行猶予の場合は未決勾留日数の裁量通算を行わないという慣行らしきものはあるのですが、そうする根拠は乏しいのです。最近の裁判官には、未決算入をした上で執行猶予にしてくれる方もいらっしゃるようです。

○しかし、検察の嫌がらせで満期20日勾留で不起訴・釈放はやめて頂きたいですね。20日間も仕事を休んだら解雇されてしまいます・・・

そうなんですが、不起訴なら良しとしましょう。解雇されるのには1週間で十分でしょう。

【お礼を読んで 2】
○保釈の許可率は17%位かと思いましたが、低い率ですね。

確かに。昔は5割を超えていたこともあるんですがね。それと、都道府県によっておそろしく差があるようです。こんなことを書くと、低い方に揃えろということをいう人が必ずいます。しかし、保釈率はもっともっと上げていかなければいけない。

○日本は起訴前 勾留期間が最大20日と他の諸国の1~5日程度と比べて、長すぎかと?事件解明のためには仕方ないのでしょうか。

日本のやり方の慣れきってしまうと、変に思わなくな...続きを読む

Q傘の殺傷能力がかなり高いのを知ってますか?かなり刺さりました。胸部をさされると命を落としかねません。

傘の殺傷能力がかなり高いのを知ってますか?かなり刺さりました。胸部をさされると命を落としかねません。

Aベストアンサー

随分前の話ですが、駅のプラットホームで、中年の男性が

傘で、ゴルフのスィングの大振りをして、側にいた人に当たり、たしか、

当てられた人は、亡くなった、、という事件がありましたね。

傘は、怖いですよ。

子供を連れて歩く時は、傘の先が、子供の目の位置になる事が多いので

傘を持った男性の側を通る時は気をつけています。

Q「最高で10年以上の実刑」 どういう意味でしょう? 中国や台湾

中国や台湾のニュースで「最高で10年以上の実刑」というものをたまたま耳にし、違和感を覚えました。
(パンダを食用に捕獲したり、薬品(コンタクトレンズ含む)を国外から持ち込んだりした場合の罪)
まあ、なんとなく意味はわかりますが、
「最高で」「○○以上」
と聞くと、違和感があるので、中台の法律に詳しい方、どういう意味か教えてください。

日本で、「3年以上7年以下の懲役」のように、
A年以上 B年以下の 有期刑
の場合、Bの数字が、その犯罪の重さの一つの目安になると感じています。
私は法律のド素人ですが、
「3年以上 7年以下の懲役」 と
「3年以上10年以下の懲役」 では、
10の方が重いと感じます。(「3年以上10年以下」が実在するかどうかは知りません。)
でも、実際の日本の判決では、
「主文 被告を A年以上 B年以下の 懲役に処す」 とは言わず、
「主文 被告を C年の 懲役に処す」 とのように、
A年以上 B年以下の 範囲で はっきりした数字で示されますよね?

私が、その辺に詳しくないので、今回のパンダの件の報道を 自然に受け入れられないのです。
日本でも、少年事件では、
「主文 被告を 7年以下 の懲役に処す」 のように、
AかBのどちらかの数字しか示さず、「以上」「以下」が付く判決があるのでしょうか?

あるいは、確かアメリカだったかな、
終身刑ではなく無期懲役の場合に、
「主文 被告を 5年以上 の懲役に処す」 とか
「主文 被告を 無期 の懲役に処す。仮釈放は、5年間これを認めない。」 のように、
D年 以上の 無期刑
という言い方の国が多いのでしょうか。

もし、
「主文 被告を 5年以上 の懲役に処す」 という国があるなら、
これは、「最低でも5年は牢に入ってもらうよ。真面目にしていたら(模範囚なら)5年で出られる可能性があるおよ」 というメッセージなのか、
これは、「5年以上となってはいるけど、5年で出られることはまずほとんどないよ。5年6ヶ月か、6年か、7年かは、刑務所長が決めるよ(あるいは、収監中に服役態度の報告書を見て裁判所が再度、何年かを決めるよ)」 というメッセージなのか、
それとも、他の意味があるのか、
無知な私に教えてください。


それに、「最高で10年以上の実刑」というのは、
「主文 被告を 11年以上 の懲役に処す」 というのはあり得ないけど、
「主文 被告を 9年6ヶ月以上 の懲役に処す」 や 「主文 被告を 8年以上 の懲役に処す」 はあり得る、
「主文 被告を 8年以上 の懲役に処す」 となった場合は、8年で出られるか9年で出られるか10年でかかるかは、別の機会に伝える、
という意味なのでしょうか。


日本で、例えば 詐欺は5年以下の懲役、とか(詳しくありません)、「以下」って聞くと
人は潜在的に 「軽い」と感じるのではないか、
と私は思うので、
「詐欺は 最低でも 3年以上 の懲役」
「詐欺は 最高 5年 の懲役」
というように、罪の重さを感じさせる(軽さの逆)報道の仕方の方が良いのではないかな、と感想を持っています。
でも、例え無期刑で、A~B のBの部分が欠ける としても、
「最高で」10年以上 という刑の言い方は、違和感を否めません。


ついでに伺いますが、
中国や台湾での 実刑 とは、懲役 と表現するのとはまたニュアンスが異なるのでしょうか。
例えば日本の懲役を
重労働義務付き禁固 や
 労働義務付き禁固
と表現すれば、「懲役」と違ったイメージを持つことも私は想像してしまいます。

中国や台湾の実刑を、懲役 と報道しないのには、日本の懲役よりはずっと重い などの、報道する側の表現意図が隠れているのでしょうか。

よろしくお願いします。

中国や台湾のニュースで「最高で10年以上の実刑」というものをたまたま耳にし、違和感を覚えました。
(パンダを食用に捕獲したり、薬品(コンタクトレンズ含む)を国外から持ち込んだりした場合の罪)
まあ、なんとなく意味はわかりますが、
「最高で」「○○以上」
と聞くと、違和感があるので、中台の法律に詳しい方、どういう意味か教えてください。

日本で、「3年以上7年以下の懲役」のように、
A年以上 B年以下の 有期刑
の場合、Bの数字が、その犯罪の重さの一つの目安になると感じています。...続きを読む

Aベストアンサー

中国刑法第341条などの条文をご覧になると分かります。

中国刑法(1999年改正、中国語)- 日本貿易振興機構
http://www.geocities.jp/ps_dictionary/c/6/601.htm

第341条第1項をだいたい日本語訳すると、
「重点保護対象となっている希少動物や絶滅危惧種を違法に捕獲、殺害し、または購入、運搬、販売した場合、一般には5年以下の懲役または拘役及び罰金、情状が重大なものは5年以上10年以下の懲役及び罰金、情状が特別に重大なものは10年以上の有期懲役を科し、併せて罰金または財産の没収を科す」
となるそうです。
したがって、「最高で10年以上」というような報道になるわけです。なお、中国の有期懲役は例外を除き15年以下です。例外とは、「執行猶予付き死刑」から有期懲役に減刑された場合などです。
また、この第341条のように「情状が重大なものは」という言い回しは、中国刑法でよく出てきます。

中国刑法(1997年改正、抄録、日本語訳)- 日本貿易振興機構
http://www.jetro.go.jp/ext_images/world/asia/cn/ip/law/pdf/regulation/19970314.pdf

中国刑法第341条などの条文をご覧になると分かります。

中国刑法(1999年改正、中国語)- 日本貿易振興機構
http://www.geocities.jp/ps_dictionary/c/6/601.htm

第341条第1項をだいたい日本語訳すると、
「重点保護対象となっている希少動物や絶滅危惧種を違法に捕獲、殺害し、または購入、運搬、販売した場合、一般には5年以下の懲役または拘役及び罰金、情状が重大なものは5年以上10年以下の懲役及び罰金、情状が特別に重大なものは10年以上の有期懲役を科し、併せて罰金または財産の没収を科す」
と...続きを読む

Q質問しつれいします。 前科って逮捕されたらつくのですか? それとも裁判して実刑がついたらつくのです

質問しつれいします。

前科って逮捕されたらつくのですか?
それとも裁判して実刑がついたらつくのですか?執行猶予でも前科ですか?

Aベストアンサー

1番目の回答者です。補足です。

http://vict-keiji.com/qa12/

ここにありますが、

>前科には、『法律上の前科』と『事実上の前科』というふたつの意味があります。
>刑事事件の判決で前科が付くと、本籍地の地方自治体が管理する犯罪人名簿に記載が行われます。
>これが法律上の前科です。
>執行猶予判決を下された場合は、執行猶予期間を問題なく過ごせば懲役刑の言い渡しが効力を失うため、前科はなくなります。
>法律上の前科は前述のとおりなくなる場合がありますが、過去に刑事事件で有罪判決を受けたという歴史的事実は残り、消えることはありません。
>日常用語として用いられる『前科』というのは、こちらを指しています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報