二年前から独り暮らしをして環境が変ったせいなのかもしれませんが、もともと精神的には病気がちだった上、本当にこれはヤバイと思いまして、当時初めて心療内科に行きました。
しかし診察は私の症状や身の上話をじっくり聞いてもらった上で何らかの診断や処方をいただけると思っていましたら10分程度の診察であとは薬の処方のみでした。
でも食欲もなくなるくらい鬱鬱とした気持ちが続き生活にも明らかに支障をきたしてましたが、過眠症ではないか?と思われるほどよく眠れていたことで「眠れるのならば鬱病ではない」と判断されました。
鬱病の定義はそうなのでしょうか?
それからもずっと今まで、眠れるけれども、他の症状、例えば私の場合胸の辺りに何かが使えているような感じがとれず、また食欲不振や不安感がなくならないという症状があってもひとつだけ鬱病の定義に当てはまらないと「鬱病」とは診断されないのでしょうか?

処方された薬も効かなかったし、また薬だけに頼るのは嫌なので、他の精神療法、例えば行動療法や認知療法などを受けたいと伺ったら「うちはそういうのはやっていない」と明らかに専門外と断言されるような言い方をされ、ここは合わないと感じましたので、その後一回行っただけで辞めてしまいました。
結局鬱の診断はされなかったのですが、鬱はその後も続いています。他の病院に行ってみる必要もあるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

あなたは鬱病と診断されたいのですか?


質問や回答の文章がしっかりしていて、前向きに対処しようとお考えのようですので「軽度のうつ状態」もしくは「適用障害」ではないかと思います。
私自身も2ヶ月前まで適用障害で2ヶ月間会社を休んでいました。家で仕事のことを考えると左胸が痛くなる、そして逃避するように眠くなりました。
文章からすごく私に近い状態を連想してしまいました。
また、会社の組合の仕事にも少しだけ携わっていて精神的なストレスを抱えた人達と話をする機会もあったのですが、いろいろな症状・状態の方がいます。
(研究開発業で8千人もいる事業所なのでやまいが渦巻いています)
そして時期によっても症状が大きく異なるということも知りました。
鬱病・ノイローゼ・適用障害などいろいろありますが精神的やまいであることには変わりがなく、合った対応が必要だと思います。

病院の診察ですが初診10分は短すぎですよ。自分の胸の内をさらすこともできなかったんではないですか?その時の自分の状態をしっかりと受け止めてくれるお医者さんにめぐり合えるといいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは!
鬱病と診断されたいのか、されたくないかですが、自分でもそれはわからないのです。でも明らかに何らかの精神的な病気もちだということはわかります。例えば10箇所のところに行って7箇所からあなたは鬱病です、と言われてもそこが10分程度の診察時間しかとってくれないところならばやはり信憑性はないでしょう。逆に後の3箇所が1時間の時間をとってくれじっくり話を聴いた上でも鬱病ではないと言われたら信じるかもしれません。
やはり心の病は対心、それが臨床の場では患者中心であり、その上おっきな心で対応してほしいと思います。
私は鬱病ではないかもしれませんが、やはり言いたいことの半分も言えないような対応では診断への不信に繋がるのだと思いました。でも感情的になってはいけないですよね。参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/17 00:11

うつ病罹患中の者です。


回答、と言えるかどうか・・・。

まず、診察時間が短く感じますね。初診時はやはり長くとってくださる先生を探して、もう一度受診なさったほうがいいかと思いました。
ちなみに私は、最初の開業医さんで1時間ほどの初診・診断。その後、ちょっと事情があって病院を転院したのですが(その際、前開業医さんからの紹介状を持っていきましたので、うつ病と記されていました)、そこでは最初の簡単な問診を含め、45分くらいはお話を聞いてもらいました。その上で、やはりうつ病ですね、という診断でした。

初診時、予約制にしているところは(私のところは再診もすべて予約ですが)、比較的長く時間がとってもらえると思います。

お薬が効かなかったとありますが、どのくらいの期間服用されていましたか? 抗うつ薬等は、効いてくるのに、2~3週間(場合によってはもっと)かかると言われています(飲んでいらっしゃるのが抗うつ薬でなければ、もう少し早く効果がでると思いますが)。3、4日飲んで、副作用が気になり、効果も感じられない、ということで止めてしまう方が結構いらっしゃるようですが、それだと、効果はでてこないです。あと1ヶ月ほどためしても、それでも効果がないとなると、種類の違う抗うつ薬に変えてくださったりします。抗うつ薬は種類が多いですから、一発で自分に合うお薬に会える方はそうはいないのではないかと思います。

あと、他の症状を書いていらっしゃることについて思ったことです。もしご気分を害するようなことでしたら、ごめんなさい。

食欲不振とお書きですが、体重減少(それも2~3キロではなくそれ以上の)はおありですか。食欲は疲労や、最近ですと暑さでも落ちてしまうものですので、多少食欲がない程度ですと、うつ病ではない、と診断されてしまうかもしれません。

もうひとつ、私自身、うつ病と診断され、精神科に受診していても、ずっと、本当はうつ病なんかじゃなくて(差別の意味ではありません。偏見はありませんでしたので)、ただ、自分が怠けていたい、病気だから仕方がないと甘えていたいだけなのではないか、とずっと思っていました。
うつの人の集まるBBSで、そんな話を書いたところ、うつ病の人は一度は通る道だよね、あんまり気にしないで、とレスをいただきました。
うつ病の人はそういう人がとても多いそうです。自責の念にかられる、というのでしょうか。

もちろん早期発見のほうが治りも早いと思いますから、気になるのであれば受診したほうがいいにこしたことはありません。でも、これだけ症状があっているからうつ病!と、ご自分でお思いになるのだと、もしかしたら違うのではないか、と感じてしまいました。

私は専門化でもなんでもありませんから、診断はできませんが、心の病はうつ病だけではありません。
不安神経症とかもありますよね。
いずれにせよ、別の病院にもう一度受診なさって、ご自身が納得されることが一番なように思います。

でもつらい気持ちでいることには変わりはないのですから、その気持ちが少しでも晴れますように、お祈りしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは!
45分も診てもらえるなんてそれはよいお医者様ですね。私もその場では言いたいことをもっと言いたいのに、先生の仕切りで受診時間が終えられてしまった感がありました。とにかく苦しみをわかってほしい!という気持ちがありました。でもやはり今になって思うと、行く場所を間違えたかな?とも思います。私が行くべきところはまずカウンセラーのいるところで、今もそう思います。確かに鬱病とは違い、おっしゃるように不安神経症などの病かもしれません。とかく精神的な病は鬱病だけではないですよね。まずは私の心の中の整理をするべきだと今では思っています。
またお薬なのですが、やはり私は頼りたくないです。ビタミンCはストレスに対抗する一番の栄養素ですが、人工的な薬はこうしたビタミンなどを大量に消費させるだけだとも聞きました。私は当時は2ヶ月ほどでしょうか、服用を続けていましたが、そうしたポリシーもあり、その上効かなかったため、薬はそれだけで変えずに辞めてしまったのですが、変えていたらもしかしたら症状は軽くなるか、完治していたのかもしれませんが、もっと根本的な問題が山積みなので(今でもそうですが)、行動療法などの思考回路を変えるような療法で治してゆきたいのです。もちろんお薬を続けてらっしゃる方はそれはそれでよいと思います。
的確なアドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/15 19:50

私も、「眠れているなら鬱じゃないでしょうね」といったことを言われたことがあります。

が、いろいろ調べてみると、鬱の症状として、不眠はもちろんありますが、過眠もあるようです。私は、一日に十時間は寝るぐらいの過眠でした。

現在私は、神経症で心療内科にかかっています。そこは大変評判が良く、私もどんどん治ってきているんですが、当初は神経症のことも原因でウツウツとしており、うつ病でもあると診断されました。ちろん、よく眠れるならうつ病じゃない、といったことは言われませんでした。初診では30分以上かけて、じっくり話を聞いてもらいました。
(鬱と診断されたからといって、処方薬は少なく、一日に5錠ほどでした。儲けるために「鬱」という病気を加えたとは思えません)。


なので、「眠れるのならば鬱病ではない」とは言えない、ということは事実だと思います。特に過眠の場合、睡眠障害ですし。
本当に鬱かどうか、それもどんなタイプの鬱なのか、他になにか併発していることはないのか、などなどは、ほかの方が書いてるように、医者が判断することですね。ただ、簡単に「眠れるのならば鬱病ではない」といわれてしまったのであれば、ちょっとそのお医者さんは信頼できないような気がします。

本当に苦しいのですから、やはりほかの病院にも行ってみた方がいいと思います。自分の気持ちをプラスの方向に変えていくことは、そうできればもちろんいいのですが、元々鬱々としたつらい気分でいるときにはかなり無理があり難しいでしょう。いいお医者さんにかかって、自分に合う薬を飲み、行動療法も併用して、そして良くなってきたら徐々に「自分改革」に取り組む、というのが妥当と思います。

がんばってがんばって、むだに苦しんでいることはありません。薬には本当に、自分に合う合わないがありますから、ちゃんと理解してくれる医師にかかって、まずはとにかく、ひとまずひどい苦痛をおさめた方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!
そうですか。同じ方がいてホッとしました。食欲旺盛でも過眠でも、鬱病はその名の通り「鬱々としているからそれだけでも鬱病ではないの?!」と思っています。苦しいのが重要なのですから、他の症状は後から加えてもよいと思います。初診でもそんなに時間をかけてくださる病院があるのですね。私もいかに時間をかけてくださるか、ということをひとまず基準にしてみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/15 13:17

男性の方ですか? 女性の方ですか???



もう1箇所だけ病院に行って、もし同じ診断だったなら、病院を探す、、、という行為に集中することは
やめて、そう思う心の対処の方に原因があると考えてみてはいかがでしょう?

基本、病院は病気の治療に通うところですヨネ。

安心感や居心地、を求めて、病気の原因を追求しはじめる行動は、寂しさからきている行為であることが多いそうです。
よくお年寄りが、もう治療完治したのに、優しいお医者様に話し相手になってほしくて、通ってしまうことがありますよね。
それに近い行動がおきたりします。

そのことに気がつかずにいると、心を満たすために、手探りで何か探し始めたり、何かにハマって依存症になったりしますよね?
それはストレスが原因と認めてあげることが、何より一番の対処の近道になると思います。

買い物だったり、お酒だったり、心のストレスを何か満たしてくれるものを探して、はまり込むことで、人は寂しさを紛らわせようとします。
その予備軍の可能性というのは、ないでしょうか?

もし、お心当たりが少しあれば、効果的なのは、心安らかな癒しを感じられることをする。
ストレスを解放するなど、自分でできる効果的な療法を試すことをお勧めします。

薬に頼ったりするよりは、ずっと健康的で、自分の心のリズムがわかるようになってくると思います。

・定期的に、自然のあるところにお散歩しに出かけたり、気分転換を計る。
・趣味を探し、適度に追求してみる。
・人と交友をはかってみる。
・ヒーリンググッズを試してみる・・・できれば胡散くさいものでなく、アロマ、香水、バスグッズ等
・心のよりどころに近い本を探し、読書してみる
・ネットのBBSで人と交流をはかってみる
・友人とグルメめぐりしたり、カフェめぐりしたりしてコミュニケーションをはかる、さわいでみる
・ストレッチなど適度な運動してみる
・恋人がいなければ、異性とおつきあいしてみる。
(年齢によっては、ホルモンバランスのくずれによる
更年期の症状に近いことの場合も考えられます。)

他、心が安らいだり、楽しくなる方向へ導いて、自分に優しくしてあげてみて、体調よくなってくれば、
だんだん、リズムや自分に合うリラックス法に気づく
ことができます。

違ってるアドバイスだったら、許してケレ。。。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは!
私は女性です。確かに、自分に合うカウンセラーなどを探しまわることに尽きてしまう行為も、こうした心の病を持つ者の二義的な問題になっているようです。そうなってしまったら本末転倒になってしまうので、私もそれは避けたいのです。
また数々のリラックス法、ご紹介いただいてありがとうございます!でも…。そのいずれもが、とても興味あるものでも、今はそういうものを経験する行動力すらないのです。でも本来の治療をしながら、そのような方法も徐々に取り入れていけたらと思いました。それが本当の癒しになるかもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/15 01:32

こんばんは。


それはつらいですね。
私は鬱病、神経症経験者です。
他の回答者の方もおっしゃっていますが、
眠れる=鬱病ではないと判断するかどうかは
お医者さま自体のように感じます。

ご質問者さまは色々鬱病のことをネットでお調べになっていますか?
女性でしたら、お化粧もできない、頭の中がすっきり整理できない、人に会いたくない、自分の生きている価値がわからない、などなど色んな症状があるとわかっていらっしゃると思います。
「眠れないわけじゃないから、鬱じゃない」ということが、納得されないのでしょうね。

「自分は鬱なのか、鬱じゃないのか」と気になる気持ちよくわかります。
はっきり鬱病です、と言われて妙に安心できることもあるので、
否定されると余計不安になるし。

こういう心の敏感な症状って、訴えてもわかってもらえるときと、
わかってもらえないときがありますよね。
私も何度か色々な先生にお世話になりましたが、
自分に合う先生、合わない先生がおりました。
私の場合は合わないと感じたら、即病院を替えました。
そしてとてもいいお医者さまに巡り会えました。

ご質問者さまの状態ですと、「胸に何かつかえてる感じ」「食欲不審」「不安感」は、
私が不安神経症と診断されたときに似ているようにも思います。
抑鬱状態、自律神経失調症緊張型にも当てはまるようにも感じます。

それぞれ私は経験済みです。鬱病と診断されたのは
自分の存在価値がわからなくなって自傷行為を繰り返し、
外に一歩も出られなくなって不眠がひどかったときです。それ以外は○○神経症と判断されました。
自傷行為をしても、人と会うのが苦じゃなければ鬱病じゃない、みたいな感じでしたよ。
ですから、お医者さまの判断にお任せ状態でした。

それぞれによいお薬もありますから、ご質問者さまの心の状態にちょうどのお薬を頂ける先生に出会えて、
薬だけではないカウンセリングなども込みの
(でもこのカウンセリングも先生と合う合わないってあるんですよね~)
病院が見つかるといいですね。
心療内科だと、カウンセリングまで入らないことが多いように思います。

鬱は、必ずよくなりますよ。
今は真っ暗なトンネル一人でポツポツ歩いている感じかもしれませんが、
ある日遠くに光りが見えてきます。
明けない朝はないですから。
お互いゆらーりゆらーりいきましょう・・・
そしていつか、ご質問者さまの胸のところの重いものがとれる日が近いことを祈っています。

経験したもので、長々と書いて大変失礼いたしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは!
自分でもよくここまで生きてこれたなーと思うくらい辛い思いをしてきまして、自然な現象というべきか、なるべくしてなった心の病に侵されていると感じるにはあまりにも長い間それを放置してきました。鬱は「早く行動しろ」という警告だったのかもしれません。
ただ、自分が鬱病と判断されたいのか、されたくないのかわかりません。単に自分が思い込んでいることを断言されなかったからその医者に失望したのかもしれません。でももし今度別の医者にあなたは鬱ですよ」と言われたのならばホッとして好意を感じるかもしれません。ということは鬱でいたいのか?!とも思います。でもこれは病人である私が考えることではないですよね?こうした問題って結果がよければよい、と思います。それだけ心の問題は複雑ですよね。
今は7人に1人が鬱病らしいですが、当時はまだこんなに社会的問題になっていなかったので、私も自分の鬱をその間放っておいて、現に鬱病がこうして浮上してきて改めてまたこういうことを考えたのかもしれません。でもやはり毎日が辛い、です…。また探してみます。あまり医者めぐりにならない程度に。あなたが会えたようなよいお医者様に会えたらと願っています。
そして応援ありがとうございます。明けない朝はないですよね!曇り空の上は必ず太陽があるように…。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/15 01:46

鬱病や他の神経症などの診断は難しく、ちょっとの診察だけでわかるものではありませんし、鬱病でなくても抑鬱神経症だったりすることがあります。


医者によってその判断はまちまちで、抗鬱薬の効果がてきめんに現れた場合「鬱病」と判断する医師もいます。ひとくちに鬱病といってもその症状の現れ方は人それぞれで、脳の中を覗くことはできませんから、脳内物質のセロトニンがどうのこうのと言っても、本人の訴え、医師から見た患者の様子、薬の効果などを総合的に判断して診断しているのが現状です。
あなたの主治医が「眠れるのならば鬱病ではない」と言ったのは現時点ではそういう判断しかできないという意味か、元々病名の定義があいまいなので、あなたを落ち込ませないためにそう言ったのかもしれません。
もし今行っている病院や医師に不満があるなら他の病院やクリニックに転院するのもひとつの手かもしれません。
わたしも最初に行った心療内科の医師にショックなことを言われたのが原因で他のクリニックに転院したことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは!
おっしゃるように私も早合点したのかもしれません。
ただ当時は「鬱々してるのに、どうしてこの気持ちをわかってくれないの!」という不満があったかもしれません。もう少しその医院で通院してみる必要もあったかもしれません。ただやはり自分がわかっている病の症状や深さを、ここで治療するべきか否かという勘は、その場で肌で感じるものだと思います。どんなに高名な医者でもやはり心の問題である以上、相性が悪ければ言うべきことも言えないような気がします。また探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/15 01:49

うつ病にかかったことがあります。


2~3箇所行ってみて病院を選びました。
簡単な現状だけ聞いて、薬を処方だけしてれば良いみたいな病院かも有れば、患者に親身になって、診療時間が過ぎても話を聞いてくれた上で、病名を確定する(?)のも慎重な病院もありました。
インターネットの某巨大BBSや町BBSなどにある評判などを手がかりに良いお医者さんを探してみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは!
やはり数箇所行ってみる必要があると思います。やはり私は患者に親身になってくれるところに出会いたいと思います。良いお医者さんサイトもよくみていますがやはりこれは心の問題、相性もあるかと思います(身体的なお医者さんならば口コミも参考になりますが)。ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/15 01:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q精神科で鬱病ではないと診断されたが、それに準じた症状で悩んでます。

今年で23になる男です。今週の月曜に重い腰を上げて精神科を訪れました。そこでは典型的な鬱病の症状ではないと診断されました。抗うつ剤を処方してもらうつもりでしたが、うつ病ではないのでと言われ駄目でした。
ですが鬱病ではなかったにしろ、肩が重い、気だるい、何かを始めようとするとひどく不安になる、等の症状が16歳くらいからずっと抜けません。(今まで病院に行かなかったのは、性格や体質のせいなんだと思っていたため)

今は大学も卒業してしまったので、実家に厄介になっているのですが、仕事の応募電話を掛けようとすると先のことをマイナスに想像してしまって掛けられません。(主に人間関係。昔から上手く築けたためしがない。)
このことを母親に話してみたのですが、「気にし過ぎだ、甘えるな」「そんなのは病気じゃないんだから、早く働け」、と急き立てられるだけでした。毎日そのことで怒鳴られています。実際働いていないので、甘えとか怠けてると言われれば何もいえません。
実家では孤立してしまい、自殺系のサイトを覗いては書き込みに共感して泣いたりしてます。気持ちの面では、結構波があって平気な時は平気なんですが、これからと言う時に強い不安に覆われてしまいます。正直いっそ死んでしまえたらどんなに楽かと思い、頭の中で計画したりもしてます。

明日(26日)上記の精神科でカウンセリングや心理テストを受けるのですが、不安です・・。

過去そして現在、うつ又はそれに準じた症状を克服した方、それに悩んでる方、気持ちの整理のつけ方とかアドバイスなどあれば、ご回答願います。共感したとか言うのでもいいです。よろしくお願いします。

今年で23になる男です。今週の月曜に重い腰を上げて精神科を訪れました。そこでは典型的な鬱病の症状ではないと診断されました。抗うつ剤を処方してもらうつもりでしたが、うつ病ではないのでと言われ駄目でした。
ですが鬱病ではなかったにしろ、肩が重い、気だるい、何かを始めようとするとひどく不安になる、等の症状が16歳くらいからずっと抜けません。(今まで病院に行かなかったのは、性格や体質のせいなんだと思っていたため)

今は大学も卒業してしまったので、実家に厄介になっているのですが、...続きを読む

Aベストアンサー

10年ほど前にうつ病を克服したものです。
気持ちの整理のつけ方という方向で少し役に立てるかなと思いました。

先のことを悪く想像してしまって不安になるとのことですので、
とりあえず目の前の具体的物理的な問題のみ考え片付けるようにすると少し楽かと思います。
たとえば、仕事の応募電話を掛けるなら、まずそのことのみ考える。履歴書を書くならそのことだけ考える。
相手の対応とそれに対する自分の対応はそのときリアルタイムで考える(いきあたりばったりともいいますが)ぐらいでいいと思います。
頭の中である程度予想を立てたりするのはごく普通のことですが、先に進み過ぎないように、ショートレンジで考えるようにしてはいかがでしょう。

自殺系のサイトを覗いて共感して泣いたり・・・ともありますが、
専門家がいて各人にアドバイスを与えたりしているサイトでない限り覗く必要はないと思います。
普通にしててもつらいのに、他の人のうつまでもらってどうするんですか^^;
同じように辛く思っている人がいるということで少し救われるような気持ちになるかもしれませんが
書き込みを見る限りでは、あなたの今の精神状態では引きずられるだけかと思います。

肩が重い、気だるい、などの症状は
低血圧や特定の栄養素(ミネラルなど)が不足していても起こりうる症状です。
食生活や生活習慣を見直してみるのもいいかと思います。

お母様との関係上、ご自分のペースで行動する、というのが若干難しいのかなとも見受けられますので、
職を選ばずまずアルバイトでもなんでも見つけて
親元を離れてみるというのも選択肢の一つかと思います。
これは、仕事を探すということに具体的な目標が定まることにもなり、プラスになります。
お母様が怒鳴るから仕事を探さなければいけない、のではなく、ご自分の意思で目標達成のために探す、というスタンスになれればいいですね。

うつ病と診断されてもいいことなんてひとつもありませんよ。
どうしても抗うつ薬がほしいなら、市販の薬でも最近はある程度の効果を得られるものがあるので
薬剤師さんに相談してみるとよいでしょう。

また人間関係に悩みの全くない人なんて、そちらのほうが探すのが大変なのではないでしょうか。
何に(あるいはどういう状況でどういう考えになったときに)そんなに不安を感じているのかを、一歩引いて客観的に考えてみるのもよいと思います。
常に100点を取る必要なんてどこにもありませんし
100点を取らなければいけないわけでもありません。0点を取ったとしても生きてる価値がなくなるわけでもありません。

話が前後しますが、お母様が怒鳴られるのは
もしかしたらあなたが何を考えているのかがよくわからなくて不安なためかもしれません。
(単に自分の思い通りに子供が動かないからと怒る親もいますが、どうもそうでもなさそうに見えます)
自分なりにきちんとしたいと思っていること、それができなくて悩んでいること、解決するために行動していることを
冷静に話してみるのもいいかもしれません。

だいぶん長くなりましたが
あなたの悩みが解消され、気分が晴れやかになることを願っています。

10年ほど前にうつ病を克服したものです。
気持ちの整理のつけ方という方向で少し役に立てるかなと思いました。

先のことを悪く想像してしまって不安になるとのことですので、
とりあえず目の前の具体的物理的な問題のみ考え片付けるようにすると少し楽かと思います。
たとえば、仕事の応募電話を掛けるなら、まずそのことのみ考える。履歴書を書くならそのことだけ考える。
相手の対応とそれに対する自分の対応はそのときリアルタイムで考える(いきあたりばったりともいいますが)ぐらいでいいと思いま...続きを読む

Q「うつ」と「甘え」の違いがわからない(長文です)

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚していますし、申し訳ないと思います。
ただ、全ての方が本当に病気なのでしょうか。
単なる甘えなのか病気なのか。

私は、ここ最近ずっと無気力、不快感、嘔気、頭痛、全身倦怠感などに悩まされています。死にたいと思うこともあります。
朝は中々起きれず、仕事に行きたくないというのは毎日です。
人間関係にも悩み、人と話すことにストレスを感じます。
一日中、何もせず何も考えず、布団にくるまっていたいと思うのです。

周囲からうつ病の可能性を指摘され、臨床心理士の方にカウンセリングをお願いしたところ、テストではうつ傾向が出ていました。

しかし「私は自分に甘えているだけなのかもしれない」と思うようになりました。誰だって悩みはあり、滅入ることもある、これがうつであれば、ほとんどの人間がうつにあてはまるような気がします。
「うつ」と「甘え」の境界線がわからないのです。
私自身、うつであれば然るべき医療機関において適切な治療を受けたいです。また、甘えと錯覚する場合があるなら、自分自身に喝を入れ、仕事に集中しなければなりません。「うつ」に対して敏感になっている世の中、「私はうつです」と言えば、周囲は必ず気遣うでしょう。
しかし、果たしてそれでいいのか・・・。

うつ病に苦しんでいて、この文章を読んで気分を害された方がいましたら、本当に申し訳ありません。

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚し...続きを読む

Aベストアンサー

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学的仮説と心理的仮説がある。 ただいずれの成因論もすべてのうつ病の成因を統一的に明らかにするものではなく、学問的には、なお明確な結論は得られていない。 また治療にあたっては、疾患の成因は必ずしも重要なものではない。スキーで骨折したのか、階段から落ちて骨折したのかによって、治療が変わるものでもない。治療場面では、なぜうつ病になったかという問いよりも、今できることは何かを問うべきである。この意味で、成因論は、学問的関心事ではあるが、臨床場面での有用性は限定的である。

等、丁寧にまとめてあります。只、うつ状態であれば(それだけではないですが)、思考すること自体がきついと思う思われるので、出来るだけ分かりやすい言葉で、簡単に書きます。

●上記のように、「今出来ることは何か」これに尽きるのではないかと思います。

定番の説明で行くと、
・真面目なLVが高い程なりやすいとか、
・責任感が強い人
・追求型人間
とか有りますね。
大まかに捉えると、妥協しないタイプがなりやすいそうです。
たしかに、言葉は悪いですが、ノーテンキな人や、自己中心の人は
少ないです。人に迷惑をかけて悪いと思わない人に関しては、
(まじめな話、正式医学用語○○バカという病名です。)

●更に現場の立場から言うと、
(1)自分の理想と違う体、職業、恋愛、人生に対する絶望の度合い
(2)生活習慣
(3)生活リズム
これを付け足します。

(1)に関しては、そのままです。
(2)は、食事のバランスが悪いとか、見落としがちな所が発端ということがあります。
(3)これは、日光に当たらないとか有る程度の生活リズムがずれるとかで、体内時計が狂うとか、体調が狂うとか。

●私は、特に、食事を大事にして欲しいと思います。(短時間で作れて、食べ易いもの)
連鎖するからです。
順番は前後したりするにせよ、↓
食事バランスが悪い

体調が悪い・だるい

やせる 太る
筋力低下

体調が悪い・だるい

更に体型変化

(繰り返し)

本来の自分では無いことへの絶望

引きこもる

人生、人付き合いに影響

や、そういったこと以外にも、根本として、
●まともな食事や、筋力、運動能力が無い人間が、
まともな思考能力をする事自体、かなりの負担です。

仕事柄、自殺者を見てきましたが、食事が変な人生を送ってきた方が多いです。
変なこだわりとか、変な知識とか・・・情報過多の弊害です。
本当の意味で、安全で正しい食材による食事は、脳のエネルギー源です。食事無しに、自分で作ることは出来ないのです。

●アメリカの、少年刑務所で、こういったデータがあります。
日頃の習慣の、カフェインの多い炭酸飲料を、オレンジジュースに変えただけで、刑務所内の態度や、再犯率が減った。(非難しているのではないです。)

何が、どう作用するのか、人間は2007年現在、有る程度こういう原因だろうと推測又は、解明されているものも有ると言う良い例です。
こういった身近な例も糸口になるかもしれません。

2007年現在、鬱に関しても、大分解明されてきています。
そして、何より大事なのは、皆さんも書き込んで下さっているように、一人で思い詰めるのではなく、診察に行く事が何よりも大事な事だと思います。
私が若い頃、世間は変な目で差別する時代でした。
あの頃の私は、間違い無く欝でした。
死ぬほど苦しかったのを覚えています。
色んな友人や恋人と離れ、その期間の人生をかなりロスしました。
ネットや、医学書等、今に至るまで、少しずつ勉強して、家族に迷惑がかかるからと、病院に通わせてもらえなかった為、苦しみの中、少ない力を振り絞って、生きていた時期があります。
貴方には万が一でも、そうなって欲しくは有りません。
今はそうでなくても、なる可能性だって有る訳ですから。

●こういう言葉があります。
「欝は、風邪を引いたのと同じ感覚で、行きましょう。必ず治る脳の病気です。」と。原因は色々有れど、ひとつではない場合もあるし、誤診だってあるでしょう。
でも、もやもやした状態のままというのは、凄く危険な事です。

一度良さそうな病院を調べて行って、胸を張って行く事をお勧めします。
どういう結果が出ても、貴方の行動は人生を前進する為の一歩ですから、これだけでも、実は重要な事ですよね。

仮に鬱でも、今は治る病気として、常識化しています。
繰り返しますが、不明なもやもやは専門家へ。
(鬱を悪用する人、医者は確かにいますし、実際、最近院長が逮捕されましたよね。人は人です。気にしないことです。)

どんな結果であれ、忙しくとも少しの時間でも、ゆっくりリラックスで生きて行けるといいですね。
( ´ゝ`) (´ι _`  ) ←何でも話せる仲間・

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学...続きを読む

Qうつ病が治るきっかけってありましたか?経験者の方のお話聞きたいです!

友達にうつ病の人がいるのですが、もう1年半くらいになるのですが、なかなか治りません。。。少し元気になったかと思っても、またすぐに落ち込んでしまったり。。。何かきっかけがあれば治ると、うつ病経験者の知り合いが言っていました。何かきっかけがあって、パッてよくなるものなのか、それともジワジワ治っていくのかとか、私には全くわかりません。経験者の方の、これがきっかけでうつ病に勝った等のお話を聞かせてくださいm(_ _)mよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、とにかく休息しました。
ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は
散歩をしました。
そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって
いくのを感じました。正直、抗うつ剤などは全く効いて
いませんでした。

夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても
半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に
悶え苦しんでいました。睡眠剤は半年で効かなくなり、
あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、
睡眠障害には特に苦しみました。

いろいろ試しましたが、光療法が少し睡眠を楽にしてくれました。
下記のサイトにいろいろと情報が出ております。うつ病のかたが
実際に光療法をやられた結果がでているので参考になります。
効果はいろいろみたいですが。

http://sleep.lighttherapy.jp/
http://sleep.lighttherapy.jp/2007/01/post_29.html

でも、私の場合、浮き沈みの激しいうつ病の回復時期に、
散歩と併せて光療法行うことによって、徐々に生活リズムを
整えることができたと実感しています。調子が良い時に
使用するとさらに調子が良くなる感じでした。

少しでも参考になれば。

参考URL:http://sleep.lighttherapy.jp/,http://sleep.lighttherapy.jp/2007/01/post_29.html

私は、とにかく休息しました。
ひたすら休息して、家の中でボーとしたりできる時は
散歩をしました。
そして、春になって光療法と散歩で徐々に良くなって
いくのを感じました。正直、抗うつ剤などは全く効いて
いませんでした。

夜はまったく寝た気がせず、午後に昼寝をしようとしても
半分意識のある状態でしか寝られないため、強烈な不快感に
悶え苦しんでいました。睡眠剤は半年で効かなくなり、
あらゆる治療法を試しましたがどれも効果が無く、
睡眠障害には特に苦しみました。

いろいろ試し...続きを読む

Q異常のない人が抗うつ剤を飲むと・・・?

どうなりますか?
何か弊害はありますか?

心療内科を受診し、抗うつ剤を貰いました。
症状を医者にお話しすると「それは疾病じゃないから薬を飲んでも聞かないよ」といいつつも抗うつ剤を出されました。
飲むべきか飲まないべきか悩んでいます。

Aベストアンサー

心療内科を受診されたということは、少なからず何か心の問題で体の不調を感じたからでしょう。もし、先生を信用できないと感じていればセカンド・オピニオンとして異なるお医者さんにみてもらうことも考えてみたらいかがでしょう。

抗うつ薬ですが、健常者が服用した場合のほうが副作用がでやすくなります。うつ病ではノルアドレナリンとセロトニンの働きが低下しているので、それを活性化させる作用が抗うつ薬にはあります。ただし、ノルアドレナリンが過剰に活性化すると動悸や発汗などが、セロトニンが過剰となると吐き気や性機能障害がでやすくなります。うつ病だと、セロトニンやノルアドレナリンの機能が低下しているため抗うつ薬を飲んでも過活動になりにくいため副作用がでにくい(それでも出る人はでます)のに対して、普通の人が服薬すると過活動になるため副作用がでやすくなります。

また、パキシルという抗うつ薬は、副作用は少ないのですが服薬をやめたあとにめまい、吐き気、発熱、いらいらなどの退薬症状がでるので、うつ病でない人は絶対に飲んではだめです。

参考URL:http://atoyofpsd.net/brain/brain_03.html

心療内科を受診されたということは、少なからず何か心の問題で体の不調を感じたからでしょう。もし、先生を信用できないと感じていればセカンド・オピニオンとして異なるお医者さんにみてもらうことも考えてみたらいかがでしょう。

抗うつ薬ですが、健常者が服用した場合のほうが副作用がでやすくなります。うつ病ではノルアドレナリンとセロトニンの働きが低下しているので、それを活性化させる作用が抗うつ薬にはあります。ただし、ノルアドレナリンが過剰に活性化すると動悸や発汗などが、セロトニンが過剰...続きを読む

Qうつ病の入院する目安は・・・

うつ病の入院する目安は・・・

 
 うつ病で入院した事がある方、詳しい方のみ回答お願いします。

うつ病で入院する目安は、どのぐらいでしょうか?入院した事のある方は、その間どんな治療をしたか、どんな生活を送っていましたか?

 
  うつ病になって、2年になります。通院していますが、薬が効いているのかわかりません。人にイライラしだすと、止まらなくなる事があります。食事は自分で作れないので最低限だけは食べています。

 家事はできる日もありますが、できない日が多いです。1度入院した方がいいと、私の母はいうのですが、何の知識もなく言っています。

 医者に入院したいと言ってできるものですか?一人寝ていれば、心穏やかに過ごせる日も多いです。

  
  うつで、入院された方の実体験など、どのぐらいの症状で入院になるかなど教えてください。

Aベストアンサー

ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。

パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。
でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。
何かを試してみるのはとても良いことですよ。どこから、状況が打開されるかわからないし
色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。

入院には「強制入院」と「任意入院」があります。
強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者ですね)。
任意入院は本人の希望で行われる入院です。

私の場合は任意入院でした。理由は家族を攻撃(言葉の暴力とか)して家庭を壊しかねない
状況とちょっと深刻な身体状況であったため。

医師に相談してみてください。医師があなたの考えや判断に一理あると思えば
入院する病院を探してベットを確保してくれるはずです。
任意入院は入院するのも任意であれば退院するのも任意で行うことができます。
医師の判断なく、退院しますと言って退院することが可能です(わたしがそうでした)。

入院生活は規則正しい生活というのがもっとも合う表現です。
どんなに体がきつくても眠くても食事の時は起きて食べないといけないし、薬も飲むまでしっかり
チェックされる。持ち物も普通の入院以上に規制される(自殺の危険性などを考慮して)。
他の患者もいるのでそちらの方面でイライラすることもある。
医師は思いの外何もしてくれない(状況観察が大切なので)。
私の経験では返って疲れましたね。廊下に鳴り響くTVの音や、同室の患者の症状など。
何かを期待し求めるならきっとそれは肩すかしを食らったように感じると思います。

入院期間は人それぞれです。任意入院は特に。私など2週間で退院しました。
意味がないと思ったので。
それでもやってみるのも悪くないと思いますよ。冒頭に書いたように、今の状況を打開
するにはなにかを試し続け、自分の固まった思考や発想を変えていく必要があるのですから。
何か聞きたいことがあれば質問をください。
答えられる限り、経験からお返事します。

ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。

パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。
でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。
何かを試してみるのはとても良いことですよ。どこから、状況が打開されるかわからないし
色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。

入院には「強制入院」と「任意入院」があります。
強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者...続きを読む

Qうつ病の人は自分がうつ病だと気付きますか?

最近、朝、会社に行こうとしても、なかなか家から出られません。また、会社でもなんだか無気力で、自席でボーッとしてしまいます。
以前はこんなことはありませんでした。
最近、親の病気のこと、自分の将来のこと、人間関係等、ストレスの思い当たる節は数々あるので、うつ病かもしれないと思ってしまいます。

もし、自分がうつ病にかかっていたら、自分でうつ病だとわかるものでしょうか?それとも、うつ病かも?と思っている段階で、うつ病ではないということでしょうか?

病院に行くか迷っているので、教えてください。

Aベストアンサー

私も無気力でぼーっとしていました、
がまさかうつ病だとは思っておらず病院にも行きませんでした。
しかしある日、好きな事が出来ない、ことに気付きました。
やろうとしても嫌になってしまうのです。
これはおかしいと思い病院へ行くと(と言っても行くまでに一月ほど掛かりましたが)
典型的な鬱の症状だと言われました。
症状が短い期間なら、一時的なものかもしれませんが、
長期間に及ぶようなら一度診察を受けてみるのも良いと思います。

Qうつ病とサボり病の見分け方

ある知り合い(男性)が今休務として仕事を休んでいます。
今の仕事についてから2回目です。
比較的休みの取りやすい仕事で(乗務員)、
月に何度も有給を使っては
遊びまわってるのに、
ちょっと仕事に自信がなくなると
めまい、吐き気がするといって、
あちこちの心療内科に通って診断書をとって
会社を休みます。
その間、会社から手当てみたいなのが出ているので
結構気楽にしてて遊びまわってます。
多分半年も休めば気がすんでけろっと仕事に行くと思います。
家庭環境(両親)に問題のある人だとは思います。
今30代のうつ病とかはやってるようなので、
それに便乗してもともと根性がないのが、全く我慢が出来ない性格になってるような気がします。


前置きがながくなりましたが、
サボり病とうつ病というのははっきりと診断で
わかると思いますか?
こういう人って多いのですか?
どう思いますか?

Aベストアンサー

No.6ですが、

人格障害というのもあります。
障害まで行かなくても、逃避しがち、回避しがちな性格とか。
こういうのは病気と呼ぶのは微妙です。

疾病利得というのもあるし・・・
ずるしているというより、治ってしまうのが怖いのだろうと思いますが。。。
http://www.pureheart-counseling.com/%E5%BF%83%E7%90%86%E7%99%BE%E7%A7%91%E4%BA%8B%E5%85%B8/%E7%96%BE%E7%97%85%E5%88%A9%E5%BE%97%EF%BC%88%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%BA%E3%81%84%E3%82%8A%E3%81%A8%E3%81%8F%EF%BC%89

うつといえば、
擬態うつと呼ぶ先生もあります。
http://kokoro.squares.net/gitaiqa1.html

ただ、素人が良かれと思ってあれこれ深入りしたり、下手に強く出るのは良くないと思います。私も失敗したなと思うことがありますが、なかなか難しいんですよ。
また、「治りたい、でも怖い」と思っている人は、治りたくないんじゃないかとしか思えない行動を取ったりしますしね。反発されたり。信頼関係も必要だろうし。
簡単に治ってやるもんか、という人もいるそうです。
このへんはうつと言っても、心理的に複雑な場合ですが。

口に出さないで、こうかもしれないな、ああかもしれないな、と心の中で思っているのはいいと思います。
「いろいろなケースがある」ということを知識として知っておくのは無駄ではありません。

参考URL:http://www.u-tsu.com/cat3/

No.6ですが、

人格障害というのもあります。
障害まで行かなくても、逃避しがち、回避しがちな性格とか。
こういうのは病気と呼ぶのは微妙です。

疾病利得というのもあるし・・・
ずるしているというより、治ってしまうのが怖いのだろうと思いますが。。。
http://www.pureheart-counseling.com/%E5%BF%83%E7%90%86%E7%99%BE%E7%A7%91%E4%BA%8B%E5%85%B8/%E7%96%BE%E7%97%85%E5%88%A9%E5%BE%97%EF%BC%88%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%BA%E3%81%84%E3%82%8A%E3%81%A8%E3%81%8F%EF%BC%89

うつといえば、
擬態うつと呼...続きを読む

Qうつ病で体重が減るとは?

うつ病になると2週間で体重が5kgも減ると聞いたのですが、そのような激しい減少は実際ありえるのですか?全く食事をしないということですか?2週間で5kgどころか1週間で2,5kgさえ難しいと思うのですが。何か精神的なものと関わりがあるのでしょうか。心配すると脂肪が燃えやすいとか?

Aベストアンサー

うつ病になると食欲が減退するというよりも、物を食べなくなります。

食べる必要性を感じないからです。

また、しょっちゅう考え事していますから消耗は激しいでしょうね。

まあ、話半分でも良いんじゃないでしょうか?

Qひたすら眠り続け、何もやる気がしません…

毎日何もする気が起きません
毎日好きなだけ寝て、食べたいときに食べて
と繰り返しております

数年前に夢見た生活だったのですが
実現したら地獄のようです

このような生活ができるのは貯金のおかげなのですが
貯金は使えば当然無くなります

将来が不安で不安で仕方ないです


毎日好きなだけ寝ていると言うのが問題だと思います
でも頑張って起きてまでしたい事がありません

毎日昼過ぎには起きるのですが
起床時間は一定しておりません
夕方頃になると頭がガンガンして何もする気になれません

夜12時以降起きていると
あまりの寂しさに死にたくなるので
睡眠導入剤を飲んで無理矢理睡眠に入ります

「仕事をした方が良い」と勧められる事もありますが
どうしてもしたくありません

友人もほとんどいません


毎日死にたいと考える時間が多くなってきました


これは完全に鬱ですよね?
病院にも行きました、薬も色々貰いましたが
全く役に立ちません

なぜなら朝ひたすら眠り続けるという習慣だけは
薬で改善出来ませんからね


何もやる気がしないというのは
自分自身で考えた結果
ひたすら寝続けると言うのが原因なのでは?
と思いますがいかがでしょうか??


一つだけ人生の中で興味のある分野が英会話です
これだけはどんなに頭がおかしくても
余裕のあるときに練習しておりますが

一人で勉強していると寂しくて死にそうになるし、
一緒に励まし合う仲間が欲しいため
有名な英語学校に行ったりもしますが
費用がバカみたいに高くて
バリバリ毎日打ち込めるほど通えるという訳ではありません


長くなってしまいましたが
このように何もしたくないというのは
長すぎる睡眠に原因がある物なのでしょうか??

ご存じの方いらっしゃいましたら
教えてください
よろしくお願いします

毎日何もする気が起きません
毎日好きなだけ寝て、食べたいときに食べて
と繰り返しております

数年前に夢見た生活だったのですが
実現したら地獄のようです

このような生活ができるのは貯金のおかげなのですが
貯金は使えば当然無くなります

将来が不安で不安で仕方ないです


毎日好きなだけ寝ていると言うのが問題だと思います
でも頑張って起きてまでしたい事がありません

毎日昼過ぎには起きるのですが
起床時間は一定しておりません
夕方頃になると頭がガンガンして何もする気になれ...続きを読む

Aベストアンサー

私も朝ひどい苦痛があって起きれない・いくら眠っても疲れが取れない・気力が湧かないなどの症状があったのですが、「低血糖症」という病気があることを知り、その病気の検査・治療をおこなう病院で検査(非常に詳しい血液検査)してもらったところ、該当していました。

「低血糖症」とは、食生活やストレス、先天的体質などが引き金となって、すい臓や副腎が疲労し、神経伝達系や自律神経に不調をきたすというものです。
精神的にも身体的にもさまざまな不調が起こります。うつ病と重複する症状も多いです。
低血糖症のメカニズムの説明は、こちらが分かりやすいかなと思います。
http://www.h3.dion.ne.jp/~ysrg/kenkouhou/satou.html
もし該当するようであれば、このリンク先に書かれてあるようなことを、できる範囲ででも気をつければ、つらい症状の緩和が期待できると思います。(効果が感じられるまでに、数ヶ月は見てください)
それと、寝る前にぬるめに温めた牛乳にきな粉を溶いたものを飲むのも良いです(目覚め時に低血糖が起こるのを防ぎます。これも数ヶ月は実施が必要です。)
おやつには、ナッツ類(カロリーが高いので、食べ過ぎないように)や、豆腐などタンパク質を摂るのが良いとのことです。

なお、この病気の治療には、適度な運動(日光を浴びてメラトニンやセロトニンの生成を促す。筋力アップでエネルギーを貯えられる体にする)も重視されます。
疲れすぎている場合は、10分ほどブラッと散歩するくらいから初めて下さい。

低血糖症の検査は、朝から夕方まで5時間かけて9回の採血と採尿を行い、医師にとっても非常に手のかかるものであるため、実施してくれる病院は非常に限られる様子です。

一応、私が把握している病院のリンクを貼っておきますね。

(千葉県の内科 【遠方者対応あり】精神科等と並行して受診する患者さんもあるということです。)
http://www.mariyaclinic.jp/

(東京 精神科・心療内科 通院できる人)
http://www.yaesu-clinic.jp/
(東京 サプリメント・クリニック 【遠方者対応あり】上記リンク先の提携医療機関)
http://www.shinjuku-clinic.jp/

ご参考までに。通院が無理という場合でも、食生活にはぜひお気をつけくださいね。
私の場合は、治療開始2ヶ月ほどで朝起きられるようになり、昼も眠くならなくなりました(まだ治療の途中です)。過睡眠には10年以上悩んだのですがね。

私も朝ひどい苦痛があって起きれない・いくら眠っても疲れが取れない・気力が湧かないなどの症状があったのですが、「低血糖症」という病気があることを知り、その病気の検査・治療をおこなう病院で検査(非常に詳しい血液検査)してもらったところ、該当していました。

「低血糖症」とは、食生活やストレス、先天的体質などが引き金となって、すい臓や副腎が疲労し、神経伝達系や自律神経に不調をきたすというものです。
精神的にも身体的にもさまざまな不調が起こります。うつ病と重複する症状も多いです。
...続きを読む

Q心療内科にかかるかどうかの基準

最近夜眠れなかったり、ちょっとしたことでも涙が出てきたり、全てに対してやる気がなかったり(必要になれば洗濯や料理もしますが)、自殺でもしようかなぁ(自分で言うのも変ですが軽い感じで)思ったりする状況が続いています。将来に対して強い不安を感じたり、なんでダメ人間なんだろと(これはだいぶ前からなんとなく感じていたり)思ったりしてしまいます。

インターネットサイトでの鬱病チェックではほとんどが鬱病の可能性ありと出てしまいます。

しかし、友達と会えば普通に会話もできますし仕事も問題なくしています。第三者との接触は自分でも普通だと思っています。

ざっと説明するとこのような感じなのですが、心療内科に行ったほうがよいのでしょうか。それともこれは誰にもある普通のことなのでしょうか。その辺りが分からなくて行こうかどうか躊躇しています。

何か良いアドバイスありましたらよろしくお願いします。

乱文失礼いたしました。

Aベストアンサー

鬱病と診断されて、1年の休職のあと仕事を普通に続けてかれこれ20年、薬を飲めば非常によく効いて、第3者とのコミュニケーションもうまくできます。ですけど精神的に辛い時はツライデス。私の場合は不安感が高まると軽いパニック発作も出てきます。天気にも雨の日、晴れの日、風の日があるように、心の中もゆれ動くのです。嵐が去れば、辛さは忘れます。これが自然の姿なのです。私の場合は、辛いときは何をするのも辛いので、薬を飲みます。好き好んで辛さに自分自身を付き合わせる事はありません。世の中楽しい事がいっぱいあります。悲しみに沈んだならば、悲しんだ分だけ喜びも味わう権利が人にはあります。どうしても仕事を頑張らなくてはいけないとき、薬に頼るのは仕方ありません。生活がかかっていますから。要は自分で自分を縛っている鎖を時間をかけて一つ一つホドイテイク作業が必要なのです。責任感や他人の目、生真面目さ頑固さなどで自分を縛っていませんか。それには話を聞いてくれる相手が必要です。私の場合は精神科医が20年かけて、私の心の鎖を解いてくれました。結論を言います。精神的に辛かったら心療内科に行って、薬をもらって下さい。頓服のような辛さを抜く薬です。悩みや話を聞いてくれる人を見つけてください。それが心療内科の医者でもいいのです。苦しい時は苦しいと言っていいのです。弱音はどんどん吐くものです。心に重荷をためてはいけません。「苦しみの日には、苦しみの日を生き暮らし。悲しみの日には悲しみの日を生き暮らす。そうした日々の積み重ねから、本当の自分が見えてきた。」昔読んだ、詩人の詩集の中の言葉です。事情があって、詩人の名前は今は明かせません。

鬱病と診断されて、1年の休職のあと仕事を普通に続けてかれこれ20年、薬を飲めば非常によく効いて、第3者とのコミュニケーションもうまくできます。ですけど精神的に辛い時はツライデス。私の場合は不安感が高まると軽いパニック発作も出てきます。天気にも雨の日、晴れの日、風の日があるように、心の中もゆれ動くのです。嵐が去れば、辛さは忘れます。これが自然の姿なのです。私の場合は、辛いときは何をするのも辛いので、薬を飲みます。好き好んで辛さに自分自身を付き合わせる事はありません。世の中楽...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報