私が中学生の時、英語の先生は、英語の授業以外でも、例えば 校内アナウンスなどで 「○年C(スィー)組の生徒は.......」と言っていました。英語の先生だからと言っても 何ともなくわざとらしく少し滑稽に聞こえたものです。
しかし、ネーティブがCを発音すると 少し「シー」に近いというか、「スィー」と「シー」の中間のようにも聞こえます。恐らく、中学の時の英語の先生は 「シー」になってはいけないと意識するあまり、「C」を発音した時に、口の形と舌の位置が「ウ」に近い形で、つまり、舌先が下の前歯から歯茎に移動し、唇を横に引くのが不十分な状態で 「イー」と発音した為に 母音自体が普通の「イー」とは微妙に違ってしまったと考えられます。

そこで、特に英語の上手な中高生の方に質問です。英語の先生の発音で seeとかseaの発音が 少し変だなと感じたことはありませんか?
それと、別の英語の先生ですが、ポリスマンの複数はポリスメンとか、clothesをクロージスと発音したりとか... もありました。
他にも例があれば、挙げてください。
もちろん、現役の中高生の方でなくとも 中高生時代を振り返り、思い出したことを回答して頂くのは大歓迎です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

中学時代の禿散らかした校長先生は、


「昨夜の地震はマグニチャード5.2でしたね」
と得意満面で朝礼を行い、全生徒の大爆笑を買っていました。
おそらくは大正生まれだったのでしょう。とうに鬼籍に入っていらっしゃるはずです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>「昨夜の地震はマグニチャード5.2でしたね」
私も吹き出しそうになりました。丁度、ジュースを飲んでいたところので、パソコンのキーボードにかかったら ヤバいところでした。(笑)
しかし、結構大きな地震でしたね。 marbleshitさんところでは震度がどれくらいだったか覚えていますか?
大正生まれだったら、旧制中学・高校で英語でなく ドイツ語でも勉強していたんだろうか。
でも、英語の先生でもなさそうだし、大目に見てあげましょうよ。(笑)

お礼日時:2017/02/06 13:26

中高生時代よりもっと後、就職後の事ですが。

。。
「Project」のことを「プロゼクト」と言っている人がいて、どうも耳障りだったのを思い出しました。

英語の発音は、日本語にない発音があるので、日本人には難しい事ではありますね。
それで、英語の習い始めに、カタカナで発音を覚えると似ても似つかない発音になってしまいます。

若い時に英語を習っていたネーティブの先生は、私の「System」の発音が「システム」と聞こえるようで、先生の発音を何回なぞっても、ダメ出しされていたのを思い出します。

又、オーストラリに滞在していた時の英語の先生は、日本人の「L]の発音は、皆「R」の発音なので、「L」はジャパニーズ「R」だと言っていましたが。。。

でも、最近の若い人は皆、きれいな発音の人が多いようで、ALT(外国語指導助手)の効果もあるのかも知れませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>Project」のことを「プロゼクト」と言っている人がいて、どうも耳障りだったのを思い出しました。
きっと年配の人なんでしょうね。でも、英語の先生でもないだろうし、大目に見てあげましょうよ。(笑)

>若い時に英語を習っていたネーティブの先生は、私の「System」の発音が「システム」と聞こえるようで、先生の発音を何回なぞっても、ダメ出しされていたのを思い出します。
ポリスマンの複数はポリスメンの例と似ていますね。どうしても、スペルからの先入観に引きずられていたんでしょうね。

>日本人の「L]の発音は、皆「R」の発音なので
まあ、これは例を挙げるまでもない定番中の定番でしょうけどね。(笑)

お礼日時:2017/02/06 11:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。 発音博士というアプリを使用して英語の発音の

英語の発音、lの発音についてアドバイスいただきたいです。
発音博士というアプリを使用して英語の発音の勉強を
しています。
別にsiriでも構わな位のですが、clerkという単語を発音しても絶対にrと認識されます。
*発音博士というアプリでは自分の発音をアプリ側が
認識した発音記号を提示してくれます。大体rrってでます。

サイトで何度もlの下の動きを確認したり、youtubeでもみました。前歯の付け根に下をつけて発音など。
また自分でも色んの位置に舌先を持ってきたりいく通りもの発音をためしましたが、だめです。。
もともとの滑舌のせい?!
こう発音したらlと認識するよ!っていうのがあれば是非ご教授願います。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

クラークのクを、くぅと発音せずに、短くkと言って、kの続きにエル(L)を発音できているでしょうか
klです
その次は、ゥぁー音です ゥぁーRです

ロンドンは正しく発音できますか

everybody loves raymondは正しく発音できますか

Qclothesの正しい発音

アメリカ英語では[kloʊz]ですが、イギリス英語では発音が違います。
(オックスフォード辞典では両方の国で両方の発音記号が記載)

しばしば[kloʊðz]ではなく[kloʊʣ]が正しいと言われますが、[ʣ]だと1回で発音します。
しかし実際のイギリス英語を聞いていると[dz]と2つに聞こえます。(dとzが別々)

[d]だとDental(歯で調音)にはならずAlveolar(歯茎で調音)です。
音は非常に似ていますが[d]は[d̪]です。(歯でdを発音)

場合によって[d̪z]と2つに聞こえたり、[d̪⁀z]と一つに聞こえたりします。(前者が多い)

そもそも[ðz]でも良いです。
しかし、速く発音すると[d̪z]になる感じですね。

このような資料を自分で作っています。
これで正しいでしょうか?

知識のある方にお聞きしたいです。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

"正しい発音"については、他の質問上でお話ししておきました

>しばしば[kloʊðz]ではなく[kloʊʣ]が正しいと言われます
いや、"厳密に言えば"[kloʊðz]でしょ
ただ、実際には[kloʊʣ]のような発音がされるということです、こっちの方が断然簡単ですし

ただ、音声学的にちょっとこだわった話しをすると、/ð/も/z/も摩擦音です
なぜ、/ʣ/のようなstop音+摩擦音(fricative)という破擦音(affricate)になるのですか?
摩擦音+摩擦音→破擦音? おかしいでしょ?

もともとstop(息を一瞬遮る)の要素が"定義上"全くない音が重なったからと言って、stop要素が生まれるというのはおかしくないですか?
厳密性を求めるとこういう風な話しになります

ま、もともと/ð/も/θ/もstop音的な響きを持っているから、/d/や/t/で音の代用が行われるわけです
だから、clothesも音の近い/ʣ/が採用されていると考えるべきではないでしょうか
でも正しくは、[kloʊðz]であるべきです(厳密に言えば、の話しです)

>これで正しいでしょうか?
はい、正しいです
で、何に使うんですか? これ

あと、/z/と/ʣ/の音の違いってそんなに重要ですか?
carsとcardsの違いなんですが、会話に支障を来すような違いですか?
会話で使用された場合、聞き取りできますか? (間違った発音によってCommunication breakdownが発生するかどうか)
もし問題が発生するということであれば、/ðz/を使うべきです

"正しい発音"については、他の質問上でお話ししておきました

>しばしば[kloʊðz]ではなく[kloʊʣ]が正しいと言われます
いや、"厳密に言えば"[kloʊðz]でしょ
ただ、実際には[kloʊʣ]のような発音がされるということです、こっちの方が断然簡単ですし

ただ、音声学的にちょっとこだわった話しをすると、/ð/も/z/も摩擦音です
なぜ、/ʣ/のようなstop音+摩擦音(fricative)という破擦音(affricate)になるのですか?
摩擦音+摩擦音→破擦音? おかしいでしょ?

もともとstop(息を一瞬遮る)の要素が"定義上"全くない音が重な...続きを読む

Qネーティブは普段使っている英語は私たちが学校で習った英語とどう違いますか?

ネーティブが普段使っている英語は私たちが学校で習った英語と少し違うと聞きます。ということは、ネーティブが頻繁に使うのに学校ではなかなか習わないとか、また逆に学校では教わるのに、ネーティブがあまり使わないような言い回しがあるということだと思います。それから、
学校では文法的には間違いとされていても、ネーティブの人は無意識に使っている表現も多いだろうと思われます。
そこで、具体例を挙げて頂くと助かります。

Aベストアンサー

Gです。 今回も私なりに書いてみますね。

あまりにも多すぎますよ。 I am a boyなんてまず言う事はないですね。(特殊な状況では言いますが、それを言わなくてはならないと言う状況には日本人のどれだけが入り込んでしまうかと言うと非常に疑問です)

This is a pen.これなんか実際に使われる事はまずないでしょう。

この二つだけを取り出しても、日本での英語教育に「これから死ぬまでに英語コミュニケーションをしていく」なんていう考慮はまったくない事がわかります。 

I am a mother of two.やThis is my girlfriend.の方がもっともっと使いでのある、ロールプレイに使える表現なのにこれらの事なんてまったく考えを及ばないのですね。

中学一年で、英語に触れていく最初の授業でこんな事をやって、どうやって、使われている表現を、つまり、ネイティブが普段使っている英語に近づけると言うのでしょう。

それでいて、アメリカは移民の国だから文法で間違った表現を使っているので気をつけなくてはいけない、なんていうのですね。 実際に使われている英語を無視して学校での文法に沿っていなければ英語ではない、とでも言いたいのでしょうが、ネイティブが首をかしげるような英訳をするのはその人の英文を理解できないネイティブが教養がないからだ、と言いたいのでしょうかね。 学校で習った文法に沿わないからといってコミュニケーションの始まりにもならないような単語を辞書の意味だけで組み合わせた表現を「一般的です」と言うのは何のつもりなんでしょう。

命令形と言う表現お形を重んじるためかどうか疑問ですが、主語がない文章は頻繁に使われますね。 Wanna go? Hungry? Cute looking! Gotta go now. Call you tonight. と言う感じですね。

それと逆に、命令形なんだけど主語があるので肯定文に見えるもの。 You do it. You get it. You go and buy it. You help me.と言う感じですね。 

動詞が二つくっついている表現。 Come get this. Go find it.

実際に一般的に使われている表現に対して、文法的に間違いだ、と言う事はすなわち文法が実際に使われている表現方法の追いついていないと言うだけのことだということに気がついていないと言う事なのですね。 つまり、結局のところ文法が遅れていると言うことにはまったく気がつかないと言う事なのです。

You do it.が文法項目にないからといって文法的ではないと言う勇気はどこから来るのか分かりませんが私にはとてもそんな事はいえません。

アメリカ人がアメリカでアメリカ人に「日本人は文法に疎いので間違った表現をする」と押し付けていてそのアメリカ人が鵜呑みにしているのみたらどう思いますか? 助詞を抜かした、私今日ダメなの、などの表現は「間違っている」といったらどう思いますか? 

比較級の事が話題になっていますが、

He is taller than meは普通に使われぎゃあぎゃあ言われる筋合いのないものです。 ただ、ちょっとかしこまった文書なのでは代名詞の使い方に気をつけることになり、thanを前置詞と取らずにthan Iとすべきと考える人はいます。

しかしもっと大切な事を教えなくてはならないのです。 それを教えないでぎゃあぎゃあいっても裸の王様に成り下がっているだけの事なのですね。

それは、He likes her more than Iなのか、He likes her more than me.の違いは大きな違いであり、その違いを汲み取る英語力を持たなくてはならない、と言うことを忘れてはどうしようもないのです。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。

Gです。 今回も私なりに書いてみますね。

あまりにも多すぎますよ。 I am a boyなんてまず言う事はないですね。(特殊な状況では言いますが、それを言わなくてはならないと言う状況には日本人のどれだけが入り込んでしまうかと言うと非常に疑問です)

This is a pen.これなんか実際に使われる事はまずないでしょう。

この二つだけを取り出しても、日本での英語教育に「これから死ぬまでに英語コミュニケーションをしていく」なんていう考慮はまったくない事がわかります。 

I am a mother of two....続きを読む

Qmany clothes か much clothesか

clothesは複数形なので、manyではないかと思いましたが、もしやと思い検索したところ、much clothesのほうが少し多かったのです。clothes はふつう量でとらえるのですか。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
clothes(服)に関してはmanyでもmuchでもかまいません
口語ではmanyの方が普通です

それから、少し話がそれますが、、、
検索の際、単にそれぞれの単語を打ち込んだんじゃないでしょうか
それだと語順や語のつながりは無関係に検索結果が集まってしまいます
完全一致のフレーズで検索すると差が出ました

以下はGoogleでの検索結果です

単語で検索
many clothes の検索結果 約 101,000,000 件
much clothes の検索結果 約 102,000,000 件
フレーズで検索
"many clothes" の検索結果 約 264,000 件
"much clothes" の検索結果 約 77,000 件

Q..mb..の発音について(英語)

英語の講師です。 最近一つ疑問に思ったことがあります。 plumber,
や climb などmbとつづるときは b を発音しないことがありますよね。  でも cucumberはなぜbを発音するんでしょうか? これって何かルールがあるんでしょうか? それとも特にルールはないんでしょうか? もしご存知の方がいらしたら教えてください。  

Aベストアンサー

回答No.2と共通しますが、形態素に分割したときに -mb が形態素の語尾にあれば [b] を発音しないことが多いです。plumb+er, climb+er など。一方 cucumber は cucumb+er ではないのであてはまりません。

これは -ng の場合と似ていますね。singer, winger は sing+er, ring+er という成り立ちで破裂音 [g] が発音されませんが、finger, linger は分割できず [g] が発音されます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報