以下の文章をご覧ください。

A「頑張ってみようと思います」
B「頑張ってみようとは思います」

A「やってみたいと思います」
B「やってみたいとは思います」

A「続けてみたいと思います」
B「続けてみたいとは思います」

A、Bどちらもほとんど同じ文章ですが、Aと比較してBは、「は」が入っています。
この「は」が入るだけでAと比較すると途端に「やる気のなさ」「100%全力を尽くす気がない」「上辺だけ」「本音じゃないよ、建前さ」という感じが際立ちます。

なぜでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

「は」は限定の意味を持ちます、使われる状況により効果が異なります。


>続けてみたいと思います
表現だけでなく、行動する・・・も含みます。
>続けてみたいとは思います
「続けてみたい」という表現に限定すれば・・・・。
当然のことながら、行動が伴う保証はありませんね、いわゆる口先だけ。
    • good
    • 0

ややこしい問題とは思いつつ。


 ユーモアあふれる質問者のコメントにひかれて……。
 詳しくは下記をご参照ください。
【「~なのかな」「~とは思います」「~と思います」〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12245302735.html
 以下は一部の抜粋(重言)。

「途端にやる気がないように思える」ってフレーズに笑ってしまった。 
 この「ハ」は【限定】と考えると判りやすいだろう。 

A「頑張ってみようと思います」 
B「頑張ってみようとは思います」 
「頑張ってみようと思う」はそのままの意味。 
「頑張ってみようとハ思う」だと、その気があるけど、【あるだけ】。ほんとに「頑張ってみる」ことができるかは未知数。そりゃ覇気が感じられない。 

 似たような言い方に下記がある。 
C「頑張ってみようと思いハします」 
 こちらも、思うけど【思うだけ】。そりゃダメだって。これはBよりもヒドい気がする。 

【限定】も悪い意味だけではない。もっと元気いっぱいの場合もある。 
A「腹筋なら500回できる」 
B「腹筋なら500回ハできる」 
 これだと、Bでも覇気が感じられる。まあ限定しないAのほうが元気って気もするけど。 


 以下は余談。 
 格助詞の「ハ」にはいくつかの働きがある。 
 かのベストセラー『日本語練習帳』は「ハ」お働きを4つに分けている。 
===========引用開始 
1)問題(topic)の下に答えを持ってくるよう予約する 
2)対比 
3)限度 
4)再問題化   
===========引用終了 

 説明はむずかしいだけでちょっとヒドいので、おすすめハ【限度……対比かも】できない。 
 今回の「ハ」は厳密に言うと「4)再問題化」だと思うけど、難しく考える必要はない。「3)限度」でいいだろう。 
 一般的な「ハ」の用法のほとんど1)だけど、それだけでは説明できない例が出てくる。
 詳しくは下記をご参照ください。すんごく長い。勉強が好きな人にハ【対比かな】おすすめかも。 
【チャレンジ日記──「は」と「が」 毒抜き編 〈1〉~〈7〉】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-592.h … 

 ちなみに名著の4分類にも入らない特殊な用法もある。これはホントに特殊なんで、別に考えるほうがよいだろう。 
【「ハ」の用法 男は度胸、女は愛嬌 春はあけぼの 東京は浅草にやってまいりました〈1〉】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2177. …
    • good
    • 5

確かにそう聞こえますね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そう聞こえるでしょ? ね。

お礼日時:2017/02/07 09:24

係助詞「は」は、「主題提示」が最も基本的用法ではないかと思っています。


B「頑張ってみようとは思います」は、
「頑張ってみよう」という気持ちを、引用の格助詞「と」によって「頑張ってみようと」というひとつの事柄として囲い込み、それを主題として提示しつつ、「(そう)思います」と述べている構文。
「頑張ってみよう」という気持ちについて述べてみれば・・・、というニュアンスの文になる。
「述べてみれば・・・」というニュアンスは、主題提示してから、その後、それについて述べるという「は」の宿命的構造であるわけですが、ここに、ある種の [ 余裕 ] が(良くも悪くも)生じている、と言って良いでしょう。
「良くも悪くも」と補足したのは、この余裕が、落ち着きや正確さを生じさせる場合も多いからです。
今回のように、「自分の願望を述べるときぐらい(余裕なんかこいでないで)はっきりと言えよ」という聞き手の不満が前提となりやすいパターンでは、悪い意味での余裕と受け止められていることになるでしょう。
いちいち、主題提示としての「述べてみれば・・・」という前置きをするような場面じゃないだろうよ、という無意識的不満なわけですが、逆に考えると、むしろ、主題提示の「は」としての効用が正確に作用している結果とも言える。

一方、
A「頑張ってみようと思います」の場合、
【「頑張ってみようと」というひとつの事柄について「述べてみれば・・・」】というニュアンスは、構造上存在しません。
「頑張ってみようと」というひとつの事柄について、直接的に「思います」とつなげているため [ 余裕 ] の生じる隙が(良くも悪くも)ない。
それで、B よりは明確な判断を(直截的に)述べていると認識されることになる。

蛇足(言わずもがな)ですが、もうひとつ明確性を持たせたいなら「頑張ってみます」ですし、さらに明確性を強めたいなら「頑張ります」。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>蛇足(言わずもがな)ですが、もうひとつ明確性を持たせたいなら「頑張ってみます」ですし、さらに明確性を強めたいなら「頑張ります」。

明確性を強めて返事すればやる気があるように思えますね。

貴殿の回答に感謝してはいます。
貴殿の回答に感謝しています。
貴殿の回答に感謝します。

うん、どんどん明確性が出てきたな(笑)

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/07 09:24

否定文にしてみます。

しない方の「やる気」たっぷりで、断固しませんの感じになりませんか?
「頑張ってみようと(は)思いません」
「やってみたいと(は)思いません」
「続けてみたいと(は)思いません」

副助詞の「は」は全体の中から一部を取り出して、他と対立させます。境界線を明確にする場合(は)有効です。

境界を明確にする時、方法は2つです。「は」の付く語句を弱く見せる、逆に強く見せる、です。
おおむね、全体が肯定文の場合は否定的な、逆に否定文の場合は肯定的な意味を付加することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
否定形にすると面白いですね。違いがよく分かりますね。

これを使って貴殿の回答を評価してみました。

貴殿の回答は正解であるとは思いません。
貴殿の回答は不要回答だとは思いません。
貴殿の回答はベストアンサーにすべきではないとは思いません。

うーん、否定を否定してみたが、やっぱり否定になっちゃいますけど・・・

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/02/07 09:21

おじさん世代はこの「思う」、「思います」でやる気のなさを感じます。

スポーツ選手でも昨今この言葉が多い。やる。やります。と言えんかな、と。

さて。は、が付くと、通常はその後に否定文も来る。やってみたいとは思いますが、時間がない、等。仮にやってみたいとは思います、で止まっても、何か理由を付けてやらない可能性を感じ、後ろ向きに聞こえるから。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
たしかに「は」がつくとやらない可能性や後ろ向きな感じがしますね。

お礼日時:2017/02/06 10:35

要は断定になっていない、ということです。



「〜とは思います」というのは、それ以外にも思うところがあることを示唆した文章ですからね。

やる気や建前云々というのは文脈によるものですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、「それ以外を示唆している」ということが理由だったのですね。

貴方のご回答に感謝してはいます。
貴方のご回答が正解だとは思います。
貴方のご回答をベストアンサーにしたいとは思います。

なんちゃって。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/06 09:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「AとB」、「AやB」、「AやBなど」の違い

 日本語を勉強中の中国人です。A、Bは名詞とします。「AとB」、「AやB」、「AやBなど」の違いを教えていただけないでしょうか。

 特に、「AやB」自体のニュアンス、「AとB」と「AやB」の違い、「AやB」と「AやBなど」の違いを中心に説明していただければ助かります。「や」の役割をよく理解したいと思います。

 また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「AとB」は全部列挙で、「AやBなど」は一部列挙と、端的に説明できますが、
「AやB」は、全部列挙の場合も一部列挙の場合もあります。
管見では同意しかねる部分もあるのですが、参考URLはこのことについて
書いてありますので、御覧になってみてください。

参考URL:http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/limedio/dlam/M19/M192672/4.pdf

Q「AとBが・・・」と「AとBとが・・・」

次の文で

AとBが~~だ
AとBとが~~だ

Bの後ろに「と」が有るのと無いのとでは意味が異なりますか?
簡単な質問ですが宜しく願いします。

Aベストアンサー

AとBが~~だ
AとBとが~~だ

 通常は、後ろの「と」はあってもなくても同じ意味です。
 後ろの「と」もあるのは、本来の形とも言えますし、古風な形とも言えます。
 下記の辞書の記述をご参照ください。

「と」と同じように、後ろを省略できる並列助詞は「か/やら/とか」などがあります。
 大ざっぱに言うと、下記のようになりそうです。
  1)省略するのがフツー:や/に/の
  2)両方OK:と/か/やら/とか
  3)省略できない:なり/だの/も/だか

 詳しくは下記をご参照ください。
【「AとBを持っている」と「AとBとを持っている」教えて!goo】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2251.html
以下は一部の抜粋(重言)。


 後ろの「と」の省略に関しする当方の考え方は、下記の辞書に近い。「省略」ではなく「付加」という考え方も一理ありそうだが、スルーしておく。
■Web辞書(『大辞泉』から)
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%A8&dtype=0&dname=0na&stype=1&index=12961900&pagenum=11
================================


【3】[並助]いくつかの事柄を列挙する意を表す。「君―ぼく―の仲」
「幸ひの、なき―ある―は」〈源・玉鬘〉
◆並立する語ごとに「と」を用いるのが本来の用法であるが、現代語ではいちばんあとにくる「と」を省略するのが普通となっている。
================================

AとBが~~だ
AとBとが~~だ

 通常は、後ろの「と」はあってもなくても同じ意味です。
 後ろの「と」もあるのは、本来の形とも言えますし、古風な形とも言えます。
 下記の辞書の記述をご参照ください。

「と」と同じように、後ろを省略できる並列助詞は「か/やら/とか」などがあります。
 大ざっぱに言うと、下記のようになりそうです。
  1)省略するのがフツー:や/に/の
  2)両方OK:と/か/やら/とか
  3)省略できない:なり/だの/も/だか

 詳しくは下記をご参照ください。
【「...続きを読む

Q「Aですが、B」「Aのですが、B」両方ありますか

日本語を勉強中の中国人です。文Aと文Bをつなぐ時に「Aですが、B」より、「Aのですが、B」のほうが多いような気がします。両方正しい接続方法でしょうか。その違いは何でしょうか。私の理解では、後者の場合、逆接関係を表すだけではなく、文Aの強調にもなるかと、前者なら、単なる逆接関係を表しているだけで、文Aを取り立てて言う意図がないかと思われます。

質問が漠然としすぎて、申し訳ありません。最近目にした小説の一文も例に挙げさせていただきます。あるプロジェクトに参加してくれないかという上司の話に、社員が「本部長のお考えは素晴らしいと思いますが、優秀な方が社内にはたくさんいらっしゃるかと……」と答えました。もし「本部長のお考えは素晴らしいと思う【のです】が、優秀な方が社内にはたくさんいらっしゃるかと……」に変えたら、ニュアンスはどのように変わるのでしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>私の理解では、後者の場合、逆接関係を表すだけではなく、文Aの強調にもなるかと、前者なら、単なる逆接関係を表しているだけで、文Aを取り立てて言う意図がないかと思われます。

素晴らしいですね。
全くおっしゃるとおりです。
その理解で間違いありません。
若干、解説を加えます。

この場合の「のです」は、下記辞書の【 (1)原因・理由・根拠などの説明を強く述べる 】という用法です。
「雪が降っているせいか,いつもより参会者は少ない-・です」 「会の運営がうまくいかないのは会員全体の責任な-・です」
などの例が挙げられています。
http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/?search=%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99&match=exact&itemid=DJR_nodesu_-010

「本部長のお考えは素晴らしいと思いますが~~~」は、単純な逆接表現ですが、
「本部長のお考えは素晴らしいと思う【のです】が~~~」は、「本部長のお考えは【本当に】素晴らしいと思いますが~~~」というニュアンスです。
単純に「本部長の考えは素晴らしい」と言うだけではなく、「本当に素晴らしい」と強調しています。
「優秀な方が社内にはたくさんいらっしゃるかと」と言って本部長の依頼を断わる内容なので、褒め言葉を強調的に表現することによってバランスを取ろうとしているわけです。


>質問が漠然としすぎて、申し訳ありません。最近目にした小説の一文も例に挙げさせていただきます。
→質問が漠然としすぎているかもしれませんので、最近目にした小説の一文も例に挙げさせていただきます。
or
→漠然とした質問内容になっているかもしれませんので、最近目にした小説の一文も例に挙げさせていただきます。

>私の理解では、後者の場合、逆接関係を表すだけではなく、文Aの強調にもなるかと、前者なら、単なる逆接関係を表しているだけで、文Aを取り立てて言う意図がないかと思われます。

素晴らしいですね。
全くおっしゃるとおりです。
その理解で間違いありません。
若干、解説を加えます。

この場合の「のです」は、下記辞書の【 (1)原因・理由・根拠などの説明を強く述べる 】という用法です。
「雪が降っているせいか,いつもより参会者は少ない-・です」 「会の運営がうまくいかないのは会員全体の責任な-...続きを読む

Q「AでBをする」を「BをAでする」に置き換えられますか

「どこで何をする」と「何を何処でする」は置き換え可能ですか(家で本を見る→本を家で見る)。もし出来れば、両者の異なるところは何でしょうか。
どうか教えてください。

Aベストアンサー

いわゆる強調構文というやつです。何を強調するかの違いです。内容は同じでも、印象・インパクトは変わります。
日本語の場合、述語(動詞)に近い方が強調されます。
なお、強調構文は他の言語でもあるようです。

ドイツ語の強調構文
http://www.dokkyomed.ac.jp/dep-m/german/md10.html

スペイン語の強調構文
http://www.nanzan-u.ac.jp/~ktaka/hakusui/k/kyouchou.htm

Q「A君とB君の本」と「Aの本とBの本」の違い

日本語の質問なのですが、

(1) A君とB君の本
(2) A君の本とB君の本

では意味が違いますよね?
(1)では本が一つだけなのに対し、
(2)では本が二つですよね?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 (1)には「主語」がありません。「A君とB君の本がある」となった場合は「本が」が主語で、「A君B君の」は「本」に掛かることから修飾語となり「本の数は1冊」となります。
 これに対し「AくんとBくんの本が混ざり合っておいてある」「A君という人間とB君の本という物体」として「曖昧である」との見解を述べられる方もおりますが、これらは「文章に要素を付加する」こととなり、オリジナルとは異なる可能性が多分にあることから、僕は「本の冊数は曖昧」との考え方に、僕は懐疑的です。
 例文にある「と」と「の」を文法的に並立助詞と「連体格を示す格助詞」と理解しこの文をそのまま読むならば「本」はA君とB君が共同所有していると見なすことが普通の理解の仕方です。ですから「本」は1冊であるとの認識になります。
 (2)ではこれは「本が二冊ある」との意味を示しているとの点で他の回答者様とは変わりません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報