72歳になる母ですが、先日郵送による腎機能の検査でBUN値が27という数値で返ってきました。元来病院嫌いの母ですので、簡単に病院に行ってくれそうにもないのですが、何か至急処置が必要な値なのでしょうか? ちなみに30代の頃、腎盂炎をしたことがあり、最近、時折尿の出が悪い時もあるということです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

BUNは、Cre(血清クレアチニン)とともに検診で、腎機能検査としてしばしば実施されていますが、実は腎機能の評価としてあまり鋭敏な指標ではなく、腎機能が50%以下程度にまで低下しなければ、これらの値は上昇しません。


BUN単独の値で27という値は、確かに正常域を逸脱しているのは確かですが、腎機能以外に上昇する要因があるので、これで直ちに腎機能が低下しているということはいえません。
本来、これらの値は、両者同時に評価することにより、慢性腎不全の患者さんが、腎機能の経過のほかに、蛋白制限などの食事療法がうまくいっているかどうか、水分の貯留傾向や脱水がないかなどの経過を見るために有用な指標ですが、腎機能低下の早期発見には全く役に立たないのです。
尿検査単独で腎疾患のスクリーニングをおこなっても、それにBUN、Creを加えても、発見できる腎疾患はほとんど変わらないでしょう。なぜ、これらの指標が検診で使われるのか、私には理解できません。BUNには偽陽性が多いので、結果として検診を受診した人や精検機関に負担がかかるだけのように思います。

さて、現在の検診のあり方を批判しても回答にはならないので本題にうつります。
BUNの値しか記載がありませんが、検診であればCreや尿検査も当然お受けになっていることと思います。
考え方として、いままで腎疾患の既往がなく、糖尿病、膠原病などの腎障害をきたす可能性のある基礎疾患がなく、Creが正常で尿検査に異常がなければ、今回の結果で腎臓の機能に異常をきたしている可能性はほとんどないと思います。
もちろん、異常値であることは間違いありませんし、一過性の上昇である可能性が高いとしても、安心のためにも再検査を受けられるのが望ましいことはいうまでもありません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。他の値は正常だったそうなので、とりあえず食を調整してみて、しばらくしてから再検査するようにしてみます。感謝です。

お礼日時:2001/06/27 18:26

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「BUN」
この中で特に「検査を行う理由」「正常値」「異常値の意味」「特別な注意」と関連リンク先を参考にしてください。
さらに
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(腎盂腎炎)

御参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。御礼申し上げます。

お礼日時:2001/06/27 18:00

尿素窒素(BUN)は,血中の尿素に含まれる窒素分を表す数値で、基準値は検査材料により、血清 6~20 mg/dl


蓄尿 6.5~13.0 g/day です。
この数値が高い場合は、腎不全や、脱水症とか高タンパク食が考えられます。

一度、精密検査を受けられたらと思います。

下記のページを参考にしてください。
http://www.health-net.or.jp/kenkonet/shoziten/me …

http://www.hct.zaq.ne.jp/family/sub05/sub516.htm

http://www.ddc.co.jp/biken/code/ken01/1029/1029. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLをご紹介くださいましてありがとうございます。さっそく見せていただきました。参考になりました。

お礼日時:2001/06/27 17:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 慢性腎盂腎炎<腎臓と尿路の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    慢性腎盂腎炎とはどんな病気か  腎盂や腎臓そのもの(腎実質)に感染を起こす腎盂腎炎を繰り返すと、慢性腎盂腎炎になります。慢性腎盂腎炎では腎機能障害が徐々に進行し、腎不全に陥ることがあります。 原因は何か  尿路に感染を起こしている細菌が何らかの原因で繰り返し腎盂に達するもので、尿流障害が背景にあります。つまり、腎盂・尿管の形態異常、尿路結石(にょうろけっせき)、腎盂・尿管の悪性腫瘍、膀胱尿管逆流現象...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q尿素窒素を下げるにはどうしたらよいでしょうか。

尿素窒素を下げるにはどうしたらよいでしょうか。

毎年秋の健康診断の血液検査で毎年尿検査でたんぱくがでています。
数値でいうと、適正範囲内にはあるのですが
【尿素窒素;BUN】
一昨年⇒8.2
去年⇒9.0
今年⇒12.2
と徐々に上昇してきています。

他の項目では、復位が去年より2cm増えたことぐらいで特に問題はないです。

今年の夏は体調を崩し、胃腸炎・白血球上昇・めまいで動けなくなる 等のことがありましたが、
これらも関係しているのでしょうか。ちなみに今は、体調は戻っています。

医学療法に詳しい方がおられましたら、ぜひ
尿素窒素を下げる方法を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

質問者さんにとっては 情報量が少なくても何ら問題ないと認識されていたと思いますが、やっぱり、大切な情報を秘めていました。

 AST     16
 ALT     11
 総蛋白 7.8

尿素窒素が12.2 (No2で説明したタンパク不足の食生活) でありながら、総タンパクが 理想値の7.8g/dl になっている・・・この数値が示す意味は、血液から水分量が減っているのを示す。脱水血液は、5リットル流れているはずの血が、4リットルに減っている、と表現できます。
その結果、栄養や酸素が体の隅々まで届き難く、低血圧・疲れ易い・だるい・冷え性・無気力・なども起こりえます。

AST 16  ALT 11は、ビタミンB群の不足を表します。通常、健康で栄養が満ち足りていると、AST 16ならば ALT 15は程度です。ALTのトランスアミナーゼと云う酵素の基質はビタミンB6であり、B6の不足があればALTは減少します。人の体はビタミンB6単一の欠乏はなく、Bグループ全体が不足しているのを示します。

参考に、ビタミンB群欠乏の症状
B1 : 疲労、記憶障害、精神的混乱、行動障害、興奮しやすい、衝動性、よく眠れない
B2 : 震え。眩暈・不眠・音や光に過敏・精神的不活発
B3 : うつ、神経過敏、短期記憶の障害
B6 : 興奮しやすい、疲労、集中力の乏しさ、気分の動揺、よく眠れない
葉酸 : アパシー(無気力・無感動)、幼児の発達遅延、記憶障害、興奮しやすい、引っ込み思案、全ての知的過程の遅れ、うつ
B12 : 無感動、気分動揺、記憶の貧弱化、注意集中と学習の障害、幻聴、精神不安

今年の血液検査で 尿素窒素が 12.2 ですが、脱水血液のマスクを剥がすと、やっぱり昨年同様に 9.0かもしれませんね。

余談ですが、
タンパク質を食べると、消化されてアミノ酸になるのですが、体内でそのアミノ酸を結合してタンパク質に再構築されます。その時に、ペプチド結合と云う化学反応が起きて、体内で水を作り出します。この夏の暑さで熱射病から脱水になり易いので、水分と塩分を摂りましょう、と知らせていました。
実際は、タンパク摂取も大切だったのです。なぜなら、毎分毎秒、体の中で水を作り続けますから。

余談ついでに、タンパク質摂取の重要性です
タンパク質を食べると
1. エネルギーになる。
2. 体内の重要な酵素を作る。
3. 日夜作りかえられている血液・骨・皮膚・髪の毛・爪・内臓等の構成材料になる。
4. ホルモンになる。
5. 人の心を正常に働かせる神経伝達物質の材料になる。
6. 皮膚に張りを持たせたり、内臓を所定の位置に座らせておくコラーゲンの材料になる。
7. 薬や栄養素を体内運搬するときの運搬役をする。
8. 免疫力を高める(肺炎や風邪などに強くなる)
9. 血管を丈夫にする。
10. 栄養や薬、神経伝達物質を細胞内に取り込む受容体(受入場所)の材料になる。

毎年、2000万人の方が健康診断を受けていると仮定して、自己負担・企業負担・行政負担等々の費用で、数百億円が使われていることになります。しかし、その経済対効果は得られていない。
何故なら、健診を推奨しても、それに拠って得られる情報は、医療側から受診者に一言もアドバイスされていない。健診の意義に疑問を感じる一素人の提言でした。

質問者さんにとっては 情報量が少なくても何ら問題ないと認識されていたと思いますが、やっぱり、大切な情報を秘めていました。

 AST     16
 ALT     11
 総蛋白 7.8

尿素窒素が12.2 (No2で説明したタンパク不足の食生活) でありながら、総タンパクが 理想値の7.8g/dl になっている・・・この数値が示す意味は、血液から水分量が減っているのを示す。脱水血液は、5リットル流れているはずの血が、4リットルに減っている、と表現できます。
その結果、栄養や酸素が体の隅々まで届き難く、低血...続きを読む

Q血液などの検査結果は何日で出る?

血液検査などの検査結果は、1週間以内で出るとは思うのですが、最近通い始めたところでは、毎回「2週間後に来てください」と言います。「1週間でもいいかな。」と言い直す時がありますが、結果が出てるはずなのに2週間後に結果を聞きにきてくれということを不思議に思います。
どのような理由が考えられますか?

Aベストアンサー

以前病院で勤めていたので 参考になればと思いお話させていただきます。

まず 質問の検査結果は何日で出るか?ですが
検査項目によって結果が出る日数が異なります。
基本的な項目などでしたら数十分ででますし
項目によっては一週間かかるものもあれば二週間かかるものもあります。

また 病院によって異なると思うのですが
その病院で血液を採取して 同じ病院で検査できるところもあれば
その病院で血液を採取しても 検査する機械がないため別の機械がある病院で検査をして 後日その病院に結果が届くという場合もあります。

それから 本来ならば一週間で結果が出るような検査でも
土日祝を挟んだりする場合は長めに言う場合もあります。
結果を聞くだけで患者さんに何度も足を運んでもらうのも悪いですしね。

お役に立てれば嬉しいです。

Qクレアチニンの数値が上がってきました!改善には?

50歳台前半の女性です。人間ドックで少しずつクレアチニンの数値が上がって今回ついに0.8になりました。飲酒、喫煙せず甘いお菓子が好きな以外は至って健康的な食事をしています。体重も標準より少なめで、コレステロールも正常です。ただし家族が病人だらけで仕事も忙しく気の抜けない忙しい毎日で、疲労感と闘いながら過ごしております。父は透析治療を受けており、自分までそうなるとお手上げです。とても不安です。このような中でクレアチニンの数値改善のためにできることがあれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今尿たんぱくが出ていなければ心配しないでください.クレアチニンが上がってきて問題になるのは2を超えた時でしょう.(年齢に応じてeGFRというのが計算できます.50を切れば約半分の腎機能ということです.お医者さんに聞けば計算してくれます.)透析をするクレアチニンは糖尿病による腎不全なら8くらい,糖尿病がなければ10ですから0.8は全く心配いりません.2を超えると腎機能は約1/2になり,残った半分で倍働かなければならず,さらに1/3になれば3倍働かなくてはならず,3→4→5と上がっていくイメージです.尿たんぱく(-)で糖尿病がなく暴飲暴食がなければ心配いりません.腎機能を悪くするのは実は初期は脱水で水分不足です.かぜで熱をだしたなんていうのも含まれます.クレアチニンが正常値を超えてたんぱく尿があれば,たんぱく制限が必要になります.栄養指導のできる病院でお話を聞いてくればすっきり解決しますよ.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報