忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

小説家の写真を探しています

「坂口安吾」「織田作之助」「太宰治」
の3人が一緒に写った一枚の写真を探しています。

画像をお持ちの方、掲載されているサイト・雑誌などを知っている方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

撮っているとしたら、林忠彦しか考えられないけど、たぶんないんじゃないかなあ。



同じ日に3人を撮ったことはあるので、その間違いではないでしょうか。

下のHPに出ている織田と太宰の写真は同じ日のほぼ同じ時刻に、写真家の林忠彦によって撮られたものです。場所は銀座のバー・ルパン。
http://d.hatena.ne.jp/stsuno1122/20120202

で、右の太宰の写真は、実はトリミングが入っていて、実際の写真は下のものです。

http://plaza.rakuten.co.jp/tuyama429/diary/20091 …

この太宰の右側に居る背中を向けた人物こそが、坂口安吾です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

文豪ストレイドッグス の小説で3人で撮ったの写真の話が出て来たので、もしかしたら本当に3人で写ったものがあるのかときになったので(´⊙ω⊙`)実際はないのですか…残念です
回答ありがとうございます!

お礼日時:2017/02/09 07:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太宰治と志賀直哉の確執について

最近太宰治の「如是我聞」を読んだのですが、その中で太宰が志賀のことを名指しでけちょんけちょんにけなしていました。
ウィキペディアで調べたところ、太宰が最初に「津軽」の中で志賀を批判し、それに立腹した志賀が太宰をけなす発言をし、だんだんエスカレートして遂に「如是我聞」が発表されたということらしいのですが、この対立の経緯について詳しく知りたいのです。
参考になる書籍やHPがあったら教えてください。また、上に書いたこと以外のことをご存じであれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

太宰は「津軽」で、蟹田町に行った時に旧友達が太宰を囲んで宴を開いてくれた
時のことを書いています。その中で、当時、大作家として名を馳せていた"五十
年配の作家"(志賀直哉と名指しはしてないが「神様」と呼ばれている、と書い
たことで明白)について聞かれ、人の悪口を言って自分を誇るのは甚だいやしい
ことだが、と前置きしながらも、世間も文壇も、その大作家を畏敬に近い感情で
評価していることに、一種、腹立たしい感情を持っていたのか、彼の作風を厳し
く批判しています。きっと志賀直哉自身にというより、彼に象徴される世間の偏
った高尚趣味(と太宰は思っている)若い作家達の彼へのとりまき、へつらい、
に嫌悪感を抱いていたのかもしれません。(やっかみも少しはあったかもしれま
せん)(^^) それを読んだ志賀直哉が、座談会の席上で仕返し(?)に
太宰の作風をけなすなどしてバトルが始まったようです。

でも、私は、ことの発端は、有名な、太宰と井伏鱒二との確執のような気がします
。井伏は太宰が故郷青森から上京した時から頼っている文壇の先輩であり、私生
活でもいろいろと面倒をみてもらっていた作家です。太宰は候補になっていた第
一回芥川賞を逸したり、その後もあの手この手で受賞の依頼をするなどしても
(川端康成におねだりの手紙を書いたりしていますね)思うように行かず、また
女性問題等でもトラブルがあるなど、徐々に生活に行き詰まりを感じ、
薬物中毒に陥ったりしていきます。
井伏も当時は貧乏作家で、さほど将来を嘱望されるような作家ではありませんでした。

そんな中、井伏が「ジョン萬次郎漂流記」で直木賞を取りますが、
その作品に盗用が見られるとし(後に大傑作とされる「黒い雨」にも盗用
論争)それに嫌悪した太宰が、井伏批判、そしてその背後にある文壇、世間、そ
の象徴である"老大家"の志賀直哉批判、と日頃の不満が発展し、たまりにたまったうっぷんを
はき出すように、意を決して「如是我聞」を発
表するに至ったのではないでしょうか。
遺書には「井伏さんは悪人です」とありますね。

「如是我聞」で太宰は「その者たち(老大家)の自信の強さにあきれている。
……その確信は……家庭である、家庭のエゴイズムである」などと言ってますが、
私は、津軽の名家に生まれながら真の家庭的愛情に恵まれなかった太宰の本音が
そこに伺えるかなぁという気がしています。

「如是我聞」は、死ぬ数ヶ月前、心中した山崎富栄の部屋で、
新潮社の編集者、野平健一が口述筆記し、死後に発刊されていますね。

参考文献といえるかどうか判りませんが、「ピカレスク」(猪瀬直樹・小学館)
にはとても興味深いものがあります。

私見ですが書いてみました。

こんにちは

太宰は「津軽」で、蟹田町に行った時に旧友達が太宰を囲んで宴を開いてくれた
時のことを書いています。その中で、当時、大作家として名を馳せていた"五十
年配の作家"(志賀直哉と名指しはしてないが「神様」と呼ばれている、と書い
たことで明白)について聞かれ、人の悪口を言って自分を誇るのは甚だいやしい
ことだが、と前置きしながらも、世間も文壇も、その大作家を畏敬に近い感情で
評価していることに、一種、腹立たしい感情を持っていたのか、彼の作風を厳し
く批判しています。き...続きを読む

Q小説での表記について

小説を書いている方に質問です。
わたしは趣味で小説を書いていて、今書いている小説をサイトに投稿しようと思っているのですが、地の文中での表記に迷う部分があります。

近年は特に若い世代でLINEが普及し、友人や恋人との連絡は専らLINEを使いますよね。数年前までは何の違和感もなく「メール」と書いてきましたが、最近、「メール」では古くさい印象を受けるのではないかと思い始めてきました。かといって「LINE」という固有名詞を使うのもどうかと思い……。

また、似たような理由で携帯電話の表記も悩んでいます。「スマートフォン」と書いて問題はないと思うのですが、なんだか間延びしている感じがしてしっくりきません。個人的に「携帯電話」と聞くとガラパゴス携帯をイメージしてしまうのですが、皆さんはどうでしょうか?ガラケーのイメージがなければ今後も「携帯電話」で統一しようと思っています。

皆さんは小説を書くとき、これらをどう表記していますか?
また、「メール」や「携帯電話」に古くさい印象を受けませんか?
今後の執筆の参考にさせていただきたいと思いますので、皆さんの意見をお聞かせください。

小説を書いている方に質問です。
わたしは趣味で小説を書いていて、今書いている小説をサイトに投稿しようと思っているのですが、地の文中での表記に迷う部分があります。

近年は特に若い世代でLINEが普及し、友人や恋人との連絡は専らLINEを使いますよね。数年前までは何の違和感もなく「メール」と書いてきましたが、最近、「メール」では古くさい印象を受けるのではないかと思い始めてきました。かといって「LINE」という固有名詞を使うのもどうかと思い……。

また、似たような理由で携帯電話の表記も悩...続きを読む

Aベストアンサー

描く小説の時代設定や背景、登場人物の年代によるんじゃないでしょうか。

現代を舞台とした小説で、登場人物も学生や20代なのであれば、スマホやケータイの表記でも問題ないかと。
第三者視点での地の文なら端末でも良さそうな気もしますが。
LINEも今や固有名詞となってる所もありますから、下手に気にするよりは、そのまま表記した方が分かりやすいのでは。
もしくはSNSとするか(でもTwitterなど他もありますしね)

Q昔読んだ小説なのですがタイトルが思い出せません 関連しそうな単語で検索してみてもヒットしません。 物

昔読んだ小説なのですがタイトルが思い出せません



関連しそうな単語で検索してみてもヒットしません。
物語は、主人公が汽車で移動中居眠ってしまって、荷物を山高帽を被った男に盗まれて、道中出会ったガキ大将みたいな仲間と犯人を追う冒険みたいな話だったと思います。舞台はベルリンかどこかだったような気がします。
挿絵のイラストが、タンタンの冒険の絵を描いてる人だと思います。
かなり具体的な内容ですが、タイトルなんでしたっけ??

Aベストアンサー

児童文学ならエーリッヒ・ケストナーの「エーミールと探偵たち」かも。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E6%8E%A2%E5%81%B5%E3%81%9F%E3%81%A1

Qプールが出てくる、短編を教えてください。タイトルと作者が出てこなくて困っています。過去にNHKのラジ

プールが出てくる、短編を教えてください。タイトルと作者が出てこなくて困っています。過去にNHKのラジオ文芸館で聴いたものです。

Aベストアンサー

いつ頃の放送か、どういった話か、登場人物は…
といった情報がないと探すのは難しい気がします。

とりあえず…2009年なら庄野潤三さんの「プールサイド小景」かも。
http://blogs.yahoo.co.jp/takayoshi0112/30524527.html

Q小説のタイトルが思い出せません

小説検索サイトでもタイトルを知ることができなかったのでこちらで質問させていただきます。

小学校の頃に読んだ小説、短編だったのか文庫本サイズでかなりページ数の少ないものでした。(朝の読書の時間に読み切れたくらいのもの。もしかしたら長い小説を読みやすいように短くしたものかもしれません。)

内容も全体的な流れもとても曖昧でラストさえ思い出せませんし間違えているかも知れませんが

不登校(学校をさぼった?)の少年が軽トラックで廃品回収の仕事をしているおじさんに出会うお話
おじさんが軽トラックの中で倒れた場面があったように思います。
少年が病院へお見舞いに行くとおじさんから何かお話を聞きます

どこかの場面でおじさんのくれた おにぎり についての文章があったのは覚えています。(不格好な形で塩辛い といった内容の文章)

覚えているのはこれくらいです…
この少ない情報で見つかるかはわかりませんが分かる方やこの本ではないか? という方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

石田衣良の「夕日へ続く道」だと思います。
http://www.j-sla.or.jp/books/cate14/cate14-000230.html

Q質問に回答する時に……

質問に回答する時に、
その質問者のプロフィール内容を確認して、
回答するかどうか決めていますか?

プロフィール内容を確認する項目は、
「登録日」と「質問数」、
「質問履歴(公開していれば)」、
「お礼数」などとします。

それでは回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問数よりお礼数が少ない人は、礼儀知らずと判断して
回答しません

Q本のタイトルを教えてください。

確か、国語の教科書に載っていた話だった思うのですが‥
とあるレストランでアルバイトをしている女性が主人公で、素性を知られていないオーナーにエレベーターで食事を届けにいく〜‥みたいな内容だったと思うのですが‥
記憶があやふやでよく覚えていません(-。-;
もう一度読んでみたいと思い質問させていただきました。
どなたか分かる方、お願いします(>人<;)

Aベストアンサー

村上春樹さんの「バースデイ・ガール」かも。
こちらでご確認を。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

Q国語の教科書に載っていた物語のタイトルを教えてください

検索では見つけることができなかったのでこちらで失礼します。
私は現在21歳で、小学校か中学校の時(平成15〜22の間ぐらい)の国語の教科書に載っていた物語でもう一度読み直したい物があるのですが、タイトルが思い出せません。
確か、夜に主人公と少年で森(?)へ出かけて行ってボートにのろうとすると船頭が「渡し賃に月を寄越せ」というような事を言うので少年はグラスに水をはって月を映して渡すと言うような場面があったと思います。
グラスに映った月の挿絵があってそれを強く覚えているのですが、逆に言うとそこしか覚えておらず…
検索してもうまく見つからず何年もモヤモヤしているので、ご存知の方がいらっしゃいましたらどうかタイトルを教えてください。

Aベストアンサー

テリー・ジョーンズ作「風のゆうれい」かもしれません。
ふたりの若者が旅に出る話で、川を渡る際にひとりは泳ぎ、
ひとりは船頭にコップの水に映した月を見せて船に乗せてもらう、というシーンがあります。
小学校4年生の教科書にのせられていたこともあるそうです。
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/geos/geo1/harue/daughter.htm
http://blogs.yahoo.co.jp/para99yuki2000/44401305.html

Qタイトルが思い出せません。 おそらく、谷崎潤一郎さんと同時代の作品だと思うのですが 内容は、綺麗な女

タイトルが思い出せません。
おそらく、谷崎潤一郎さんと同時代の作品だと思うのですが
内容は、綺麗な女性の話で、色々な人がその女性の方について証言していき、最後、その女性は窓から飛び降りて亡くなってしまうのですが、その最後についての証言は小さな男の子が「おばさんは死のうとしたんじゃなくて、お空の蝶々を追いかけていったんだよ」というような証言だったと思います。
この内容だけが印象に残っていて、もう一度読んでみたいのですが、どうにもタイトルが思い出せません。
もし、ご存知の方いらっしゃったら、教えてください。

Aベストアンサー

有吉佐和子さんの「悪女について」ではないでしょうか。
美貌の女実業家、公子がビルから転落死。彼女を知る人々が、彼女の人生について証言していきます。
https://www.amazon.co.jp/dp/B00I2KLXWY/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

Q【大阪の書店】大阪にあるジュンク堂書店の中で1番大きい店はどこですか? ジュンク堂縛りをやめたらジュ

【大阪の書店】大阪にあるジュンク堂書店の中で1番大きい店はどこですか?


ジュンク堂縛りをやめたらジュンク堂より大きい書店って大阪にありますか?

やはりジュンク堂大阪本店が1番大きいのでしょうか?

Aベストアンサー

梅田店ですね

堂島本店よりも梅田店のほうが大きいですよ


人気Q&Aランキング