『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ブリュッヘン指揮の18世紀オーケストラベートーヴェン第九を聴いていたのですが現代オーケストラと古楽器オーケストラの違いはなんですか?
古楽器オーケストラのほうがピッチが低いような感じがしました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

吹奏楽の経験があります。

(ホルン・テューバ)


ピッチの話し。
時報で用いられるラの音は440ヘルツ(サイクル/秒)ですが、最近のオーケストラは、442とか443くらいが普通のようです。
しかし、モーツアルトやベートーベンの時代は、438とか、今より低目が、普通だったらしいです。

どこのオーケストラかは知りませんが、古楽器オーケストラは、一般に、作曲された当時のままの演奏を再現したい、という目的のものが、通常でしょうから、ピッチも低めにするのでしょう。
古楽器オーケストラでなくても、たまに、昔の曲を低目のピッチで演奏してます。
それだけピッチが違うと別の調ですよね


楽器の構造、編成と人数

まず、楽器が、当時と今では格段に違います。

まず、木管楽器と弦楽器はNo2の方におまかせです。
クラリネットも、名前は忘れましたが、今は、普通の、木ではない、と思います。

次に金管楽器
トロンボーンのようにスライドを使うものは別として、
ホルンやトランペットは、バルブ(ピストン)の無いものを使っていました。ですから、使われている音に限りがありますし、曲の調が変わると、調の違う楽器に持ち替えていました。

今、昔の曲を演奏する場合には普通に用いられているテューバですが、作られたのは、かなり最近です。
当時は、名前は忘れましたが、違う楽器を使っていました。金管楽器なのに、木管楽器のように、穴を押さえてさまざまな音程の音を出す仕組みでした。
そのため、大きな音もあまり出なかったようです。
楽器としての完成度が低いので、あまり使われていないか、使われてもこった使い方はされていません。
今、その楽器のかわりにテューバが使われるのが普通です。
当時、もし、テューバがあったら、大作曲家たちは、どういう使い方をしたでしょうか?


打楽器
詳しいことは知りません。
ただ、今と比べて、使われている楽器の種類が格段に少ないと思いますが。


編成
楽器自体の違いもさる事ながら、人数と楽器数も、昔は格段に少なかったはずです。
当然、全体の音量も小さいです。
作曲家によって、個人差もありますが。


映画「アマデウス」なんか、参考になるのでは。
私自身、細かな知識が無いため、検証できませんが。


音楽の解釈は、人それぞれで、法律と違って、どれが正しい解釈か、を追及する、っていうのはない、と思います。
ですから、人によって、さまざまな解釈があって、良いと思います。

その中で、作曲家が生きていた当時の楽器や編成で演奏する、っていうのは、作曲家の意図を知る上で、大変興味深い試みと思います。
ただ、当時の楽器やその他の環境の制限の中で、作曲家たちは作曲したわけで、そのころの作曲家たちの意図を忠実に再現している、とは必ずしも言えない、と思います。
もし、モーツアルトに、シンセサイザーを使わせたら、どんな音楽をつくるでしょうか?わくわくします。
    • good
    • 0

違いは使用する楽器にあります。

古楽器と現代楽器は、形態や音色にいろいろな点で相違があります。

ヴァイオリンを例にとれば、
・ 古楽器のネックは短く、現代楽器は長い。
・ 古楽器の弦はガット(動物の腸)、現代楽器は金属
・ 古楽器の弓は文字通りの弓形、現代楽器の弓は逆反り
短いネックに動物の腸を張り、ゆるい弓で弾くわけですから、その音色は現代のものと比べてくすんだものとなります。

フルートについていえば、
・ 古楽器は木製、現代楽器は金属製(多くは銀製)
・ 古楽器はキーがほとんどなくトーンホール(穴)も指の長さの都合に合わせただけだが、現代楽器はメカニカルなキーにより音響学的に合理的な位置にトーンホールを設けている。
古楽器は木製なの温かい音色が得られますが、トーンホールの位置が不合理なので運指が非常に難しい(「クロスフィンガリング」といいます)欠点があります。

このような相違はほとんど全ての楽器に存在します。全体として、古楽器は華やかさには欠けるものの温かい音色が、現代楽器は華やかな音色と大きな音量が得られます。このような相違は音響学や材料の加工技術の進歩のほか、演奏の場所が貴族の館や教会から大規模な音楽ホールへと変ったことなどによるものです。

これとは別に、実際に音程自体も変っているようです。18世紀に製作されたパイプオルガンの音程と現代楽器のそれを比較して、往時の音程は2度ほど低かったとする論文を読んだ記憶があります。
    • good
    • 1

http://www.yamaha.co.jp/edu/student/museum/

私自身音楽は全く不得手で、この質問に答えるには最も相応しくない人間ですが、たまたま先週浜松のヤマハ楽器博物館を見てきて、ご質問の回答はおぼろげながら分かります。
参考ページを詳細に見ていただければ私が説明するよりよく分かると思います。
もし機会があれば実際に足を運ばれると、係員が古楽器を演奏してくれますので、現代楽器との違いがよく分かりますよ。

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/edu/student/museum/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピリオド奏法って何ですか?

楽器を演奏しないのでよく分からないのですが、
古楽器演奏の奏法をモダン楽器で演奏することですか?
どんな奏法なんですか?
ハーディングのブラームスとベートーヴェンを聴くと、明らかに違った響きだと解るのですが、ラトルのベートーヴェン全集を聴くと、ピリオド奏法なのかどうか、微妙なところなのです。
そこで、そもそもピリオド奏法って何だ?ということになりまして、古楽器の奏法をモダン楽器でやることだと思っていたのですが、ラトルのベト全集を聴いても、たまに、

「あ、ちょっと音が高いなあ。他のモダン楽器による演奏よりも」

と感じるところがあるていどで、他の演奏との違いはピリオド奏法によるものかどうか解らないのです。

質問は
1「ピリオド奏法とは何ですか?」
2「ラトルはベト全集でピリオド奏法で演奏しているのでしょうか。それとも、そういう奏法を参考にしているだけなのですか?ラトルのベト全集とピリオド奏法の関係を教えてください。」

どちらかひとつでもいいので、答えてくださると助かります。

Aベストアンサー

私の知識はピリオドでもバロック奏法限定ですが、
例えば

トリル
現代では下から(ドならドレドレと)弾くが、上から(ドならレドレド)と弾く。
他の装飾音も異なる場合が多いし、現在の曲では使われない物もある。

ビブラート
現代では通常全ての音にかけるが、装飾音として要所にのみかける

即興、装飾
現代は基本的に作曲家が全て記譜するが、演奏者が自由につける。繰り返しがあれば、その度に内容が異なる。
(ベートーベンの頃は既に作曲者が指定している)

伸ばす音
現代では指定がなければ均一な音量で弾くが、始め弱く中ほどで強く終わりに弱くというパターンで強弱をつける。

付点音符
現代では基本的には忠実な長さで演奏するが、長めにとる。(リズムを鋭くとる)

ピッチ(奏法ではないですが)
現在はA=440Hzで実際は442あたりが使われる事が多い。
大体は昔ほど低い。430,415,392等が使われる。

とこんな感じです。

Qコラールとカンタータの違い

コラールとカンタータは教会でそれぞれどのような時に歌うのですか?
バッハは毎週教会でカンタータを演奏していたそうです。
彼はカンタータを200曲あまり作曲したそうです。
コラールは新教の賛美歌という意味だそうです。
でもある本によればバッハの「コラール・カンタータ」というカンタータもあるそうです。

カンタータとコラールの違いがわかりません!

Aベストアンサー

引き続きこんにちは。
(mariosec様も)

まず,こちらは先ほどと同じサイトからの説明です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BF

以下,多くは上記サイトやmariosec様の回答と重複しますが,私なりに。

【コラール(復習ですが,念のため)】
簡単な単旋律によるルター派の賛美歌のことです。

【カンタータ】
本来は,単に「歌われるもの」という意味ですが,一般的には,管弦楽を伴う比較的大規模な声楽曲という意味で用いられます。独唱,重唱,合唱,管弦楽だけの部分,などのいくつかの小曲が組み合わされて,大きなひとつの作品となっています。
宗教的なものかどうかは関係ありません。

詳しくはあとで述べますが,キリスト教的なカンタータの中にコラールを含む場合が多い,というのがコラールとカンタータのおおざっぱな関係です。

【教会カンタータ】
カンタータのうち,キリスト教的なものを教会カンタータと呼びます。そうでないものは,世俗カンタータと呼びます(キリスト教でない宗教的なものについてはよく分かりません)。
質問者さまがおっしゃるとおり,バッハは200曲の教会カンタータ(といくつかの世俗カンタータ)を作曲しており,教会カンタータは,それぞれ教会暦のいつ演奏されるか決まっています。
私はキリスト教徒ではありませんので,詳細はよく分かりませんが,下記サイトが参考になるかと思います。
http://homepage2.nifty.com/bachhaus/musik/kirchenjahr/kirchenjahr_idx.html

多くの教会カンタータでは,合唱の部分の旋律と歌詞が賛美歌そのまま(狭い意味でのコラール)になっており,この部分もコラールと呼ばれます。(この意味が拡大解釈されて,曲の中の合唱部分や合唱的・宗教的な響きの部分がコラールと呼ばれるようになったのだと思います)

【コラールカンタータ】
カンタータのうち,あるひとつの賛美歌の歌詞,旋律をもとにして全曲が構成された教会カンタータをコラールカンタータといいます。コラールを含んでいても,賛美歌以外の自由な言葉や旋律を用いたものは,コラールカンタータとは呼ばれません。
バッハの場合,200曲あるカンタータのうち,10曲ほどがコラールカンタータに相当するようです。
また,バッハ以外にもコラールカンタータを作曲した人はいるようです。

引き続きこんにちは。
(mariosec様も)

まず,こちらは先ほどと同じサイトからの説明です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BF

以下,多くは上記サイトやmariosec様の回答と重複しますが,私なりに。

【コラール(復習ですが,念のため)】
簡単な単旋律によるルター派の賛美歌のことです。

【カンタータ】
本来は,単に「歌われるもの」という意味ですが,一般的には,管弦楽を伴う比較的大規模な声楽曲という意味で用いられます。独唱,重唱,合唱...続きを読む

Q西洋音楽の伝来

本格的には明治時代だと思いますが、日本に西洋のクラシック音楽が初めて入ってきたのはいつ頃なのでしょうか?

オランダ商館などを通じて江戸時代にも少しは入ってきていたのでしょうか。ウィキペディアを見ると、ルイス・フロイスの「日本史」には16世紀中ごろにはすでにポルトガルの宣教師がミサでの演奏用として子ども達にヴァイオリンの原型?のようなものを教えていたとの記述があるみたいです。
オランダ商館を通じて、長崎などには西洋音楽のようなものも伝来していたのでしょうか。

初めてクラシック、特にオーケストラでの演奏を聴いた日本人はあまりに日本の音楽とは違うその世界観に度胆をぬかれたのではないかと想像しますが、何か記録は残っていますでしょうか。

Aベストアンサー

 西洋音楽の伝来について、質問者さんのカンは当たっているようです。↓
http://www.msj-chubu.org/reikai074.html
>オランダ商館を通じて、長崎などには西洋音楽のようなものも伝来していたのでしょうか。
・・・下のURLによれば、長崎の出島のオランダ公使邸ではよく音楽会が開かれ、日本人大名も招かれている、黒い顔の楽士(バタビアから連れてきた)も居たとのことです。
 それは本物のオーケストラとはいかないでしょうが、何種類かの楽器のアンサンブルだったように思います。
 井上靖の小説で有名になった大黒屋光太夫も、いろいろ言い残しているようですが、詳細はわかりません。
 出島で西洋音楽を聴いた大名はビックリしたでしょうね。楽器の音の大きさも違いますし、メロディーもまるで違います。
 以下は小生の想像ですが、今のクラシックの演奏会場の雰囲気とはまるで違ったんじゃないかと思います。
 マーチ風の曲が演奏されたりすると、チョンマゲの大名が身を乗り出してリズムを取ったりして、ホントカナ(笑)。 
http://d.hatena.ne.jp/tamakihiroki/20070227
 蛇足ですが、『君が代』制定のいきさつも面白いです。大山巌が出てきたり、メロディーが三つもあったり。
 旧来の旋律に、西洋の和声法によって無理やり伴奏を付けているようですが、これもおもしろいです。
 (他国の好戦的な感じのする国歌と違い、この曲私は大好きです)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tpnoma/kimi/kimigayo.html

 西洋音楽の伝来について、質問者さんのカンは当たっているようです。↓
http://www.msj-chubu.org/reikai074.html
>オランダ商館を通じて、長崎などには西洋音楽のようなものも伝来していたのでしょうか。
・・・下のURLによれば、長崎の出島のオランダ公使邸ではよく音楽会が開かれ、日本人大名も招かれている、黒い顔の楽士(バタビアから連れてきた)も居たとのことです。
 それは本物のオーケストラとはいかないでしょうが、何種類かの楽器のアンサンブルだったように思います。
 井上靖の小説で...続きを読む

Q音楽と社会の関わり

音楽と社会との関わりという観点から、レポートを作成しなければ
なりません。音楽と社会との関わりは色々あると思うのですが、
このレポートは、その関わりの中での問題点を提示しなければなりません。
何か題材はありませんでしょうか・・
問題点が思いつきません(><;)
良ければ教えていだだきたいです。
それを分かりやすく示した本ももしありましたら、教えてください!!

Aベストアンサー

例えば、
サウンドスケープ
宗教音楽
音楽の起源、歴史
などのキーワードで、本を探してみて下さい。


音楽と社会の関わりという観点でも、他にもいろいろあって、
古くは、戦争から、宗教に使われてきたし、祭りでも使われるし、
国家権力と結びつく音楽もあれば、
その他、身の回りの音楽もあります。
その様相は様々です。
文化の反映という点では非常に重要かな。

どんな音楽があって、その性質・特徴はどんななのか、調べるだけでも、
立派な一つのレポートになると思います。

或は、音楽の定義によっては、議論が変わるかもしれません。

Qカラヤンの名盤について

こんにちは。
カラヤンは一生涯に多くの曲を演奏しましたが、あなたにとっての名盤はなんですか。3曲教えてください。
曲名、オーケストラ、録音時期も教えてください。

Aベストアンサー

あえて、カラヤンの名盤ベスト3を挙げると・・・

・ブラームス/交響曲第3番ヘ長調 ウィーン・フィル(1960年:英デッカ)

・チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」 ベルリン・フィル(1971年:EMI)

・モーツァルト/歌劇「魔笛」 マティス(S)、アライサ(T)、ヴァン・ダム(B)、オット(S)他、ベルリン・フィル、ベルリン・ドイツ・オペラ(1980年:DG)

ブラームス、チャイコのSymはDGにも新旧録音(60年代、80年代)しており、いずれも名盤ではありますが(全てベルリン・フィル)、英デッカ・ロンドンのウィーン・フィル(ブラームスNr.3)、EMIのベルリン・フィル(チャイコNr.6)との録音(当時はいずれもLPレコードとして発売、後にCDになる)は共にDG盤を上回る出来だと思います。未だにこの2曲において、後にも先にもこの盤を越える演奏に出会ったことはありません。

カラヤンはオペラも得意としていました。ヴェルディ、プッチーニ等イタリアオペラにも名盤は数多くありますが、この分野で一つ選ぶとなると迷わず「魔笛」です。ソリスト、オーケストラ、合唱団、全てがカラヤンの音楽にマッチし、それはすなわち=モーツァルト最晩年の最高傑作を演奏する上でこれ以上は考えられないかの如く、きわめて上質でセンスに溢れ、まさに特上・最高の音楽を聴かせてくれます。

あと、コンチェルトもお気に入りのソリストを選定して数多くの名盤を残していますね。特に、
リヒテル(Pf)、ウィーン響とのチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番(60年代:DG)やロストロポーヴィチ(Vc)、ベルリン・フィルとのドヴォルザークのチェロ協奏曲(1968年:DG)、フェラス(Vn)、ベルリン・フィルとのブラームスのヴァイオリン協奏曲(1964年:DG)などは入門用として万人に薦められるし、華麗な協奏曲の醍醐味がたっぷりと味わえます。

序曲、管弦楽曲、組曲などにも名盤は沢山あります。今回、ベスト3ということなのであえて書きませんが、カラヤン/ベルリン・フィルというゴージャスこの上ない組み合わせで聴くクラシック音楽はいずれも他のどんな組み合わせを持ってきてもかなわない?ほどの強烈なカリスマ性とブランド力を併せ持っていたと、今更ながら思いますね。

あえて、カラヤンの名盤ベスト3を挙げると・・・

・ブラームス/交響曲第3番ヘ長調 ウィーン・フィル(1960年:英デッカ)

・チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」 ベルリン・フィル(1971年:EMI)

・モーツァルト/歌劇「魔笛」 マティス(S)、アライサ(T)、ヴァン・ダム(B)、オット(S)他、ベルリン・フィル、ベルリン・ドイツ・オペラ(1980年:DG)

ブラームス、チャイコのSymはDGにも新旧録音(60年代、80年代)しており、いずれも名盤ではありま...続きを読む


人気Q&Aランキング