個人事業主(青色一般)で銀行から融資を受けた場合…初心者です


の複式簿記で振替伝票の仕訳を教えて下さい。

融資金額 3000000
貸付金利息  2219
実行手数料  1080
印紙代    2000
保証料    41250 
***********************
差引合計額 2953451 


実行日には↑の金額が全て通帳に記載されているのですが、今使っている会計ソフトは振替伝票形式で入力しているので、必ず金額が左右対称にならないと次に進めないので諸口?の勘定科目を使うまではわかっているのですがはじめての仕訳で伝票の書き方がわかりません

実行日と返済日(毎月末)の仕訳です

因みに返済は5年払いで元金50000+利息○○○○円(金額は毎月変わります)

ここが解決しないと先に進めず確定申告の書類作成をどうしても今週中に終わらせないといけないので困っています 涙

経理に詳しい方…どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

質問者からの補足コメント

  • 説明不足ですみませんm(_ _)m

    ①税込だと思います

    ②保証料…これも説明不足でした…実は82500円で、市区町村負担額が41250円で我が家の負担額も41250円です m(_ _)m

    ③これも書きそびれました…事業用の融資なのに何故か?家庭用の通帳に振込まれました。
    すぐに必要だったので実行日の翌日に端数の53451円は家庭用に残し(返済の引き落としはこの通帳なので)2900000円を事業用通帳に振り替えましたが、この時点で仕訳がわからず頭がパニックです…涙

    なので毎月の返済は家庭用から引き落としですが…家庭用は帳簿には載せないので現金で支払った事にしていいのか?考えれば考えるほどぐちゃぐちゃで凹んでいます

    説明不足ですみませんでしたm(_ _)m

      補足日時:2017/02/08 20:06

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

今の会計ソフトを使っていると、複式簿記の実力が上がりませんよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回の申告は既に買ってしまったのでこのままやってみます

何度も回答ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2017/02/09 14:19

>会計ソフトは一行毎の入力しか出来ないのです



その会計ソフトでは、本当の複式簿記ができませんよ。通常の会計ソフトに取り変えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ソフトウェアのサポートに問い合わせしてみます

ありがとうございました

お礼日時:2017/02/09 12:25

>現在使用中の会計ソフトは何も入力しないで【空白】ができないのでここは【諸口】でいいのでしょうか?



なぜ【諸口】を使うのか、どういう会計ソフトなのか分かりませんけど、

借方合計と貸方合計が合うのならば、それでいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

会計ソフトは一行毎の入力しか出来ないのです

ありがとうございました

お礼日時:2017/02/09 11:17

◆融資実行日の仕訳:



〔借方〕事業主貸 2,953,451/〔貸方〕長期借入金3,000,000
〔借方〕支払利息   2,219/〔貸方〕………{空白}………
〔借方〕支払手数料  1,080/〔貸方〕………{空白}………
〔借方〕租税公課   2,000/〔貸方〕………{空白}………
〔借方〕長期前払費用41,250/〔貸方〕………{空白}………
=============================
〔借方合計〕3,000,000  /〔貸方合計〕3,000,000

《注》家庭用の通帳に振り込まれたので「事業主貸」になる。


◆融資実行日の翌日の仕訳:

〔借方〕普通預金2,900,000/〔貸方〕事業主借2,900,000


◆毎月末の返済の仕訳:

〔借方〕長期借入金 50,000/〔貸方〕事業主借 50,000+○○○○
〔借方〕支払利息 ○○○○/〔貸方〕……………{空白}…………

《注》家庭用の通帳から引き落されるので「事業主借」になる。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

現在使用中の会計ソフトは何も入力しないで【空白】ができないのでここは【諸口】でいいのでしょうか?

お礼日時:2017/02/09 06:57

1 入金があった口座Bの仕訳


支払利息 2,219円  
支払手数料 1,080円
租税公課  2,000円
支払保険料 41、250円
預金B  2,953,451円  / 長期借入金  3,000、000円

2 入金があった口座から事業用口座へ移動した際の仕訳

 預金A  2,900、000円  / 預金B  2,900,000円


3 その後のB口座から借入金が利息をつけて引き落としされたときの仕訳

 長期借入金  50、000円
 支払利息     2,000円 / 預金B   52、000円。

毎月変わる利息をとりあえず2,000円としてです。
税込み経理として回答してます。
税別経理をしてるならば、支払手数料の額が1,000円と消費税額80円に区別されての仕訳になりますが、おそらく税別経理をされてる方ですと、この質問をなされるレベルではないはずですので、ご質問者は税込み経理をしてると推測します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

仕訳も色んなやり方があるんですね?
とても参考になりましたm(_ _)m

お礼日時:2017/02/09 07:02

>家庭用の通帳に振込まれました…



「普通預金B」として貸借対照表に記載します。
でないと、以後の返済の仕訳がますます面倒になります。

>融資金額 3000000…

【普通預金B 3,000,000円/借入金 3,000,000円】

>貸付金利息  2219…

【利子割引料 2,219円/普通預金B 2,219円】

>実行手数料  1080…
>印紙代    2000…
>保証料    41250……

【支払手数料 44,330円/普通預金B 44,330円】

>翌日に端数の53451円は家庭用に残し(返済の引き落としはこの通帳なので)2900000円を事業用通帳に…

【普通預金A 2,900,000円/普通預金B 2,900,000円】

>返済は5年払いで元金50000+利息○○○○円…

【借入金 50,000円/普通預金B 50,000円】
【利子割引料 ○○○○円/普通預金B ○○○○円】

>家庭用は帳簿には載せないので現金で支払った事にしていいのか…

貸借対照表に記載したくなく、そのお金は家事用預金から出すのなら「事業主借」。
【借入金 50,000円/事業主借 50,000円】
【利子割引料 ○○○○円/事業主借 ○○○○円】

事業用財布から家事用預金に入金した上で毎月の返済をするなら、
【事業主貸 △△円/現金 △△円】
【借入金 50,000円/事業主借 50,000円】
【利子割引料 ○○○○円/事業主借 ○○○○円】

事業用預金から家事用預金に振り替えた上で毎月の返済をするなら、
【事業主貸 △△円/普通預金A △△円】
【借入金 50,000円/事業主借 50,000円】
【利子割引料 ○○○○円/事業主借 ○○○○円】

横レス失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

色んな仕訳のやり方があるんですね?
とても参考になりましたm(_ _)m

お礼日時:2017/02/09 06:59

補足願います。



質問①質問者は税込会計をしていますか。それとも税抜会計ですか。
質問②保証料41250円は返済期間(5年)分全額ですか?
質問③実行日に融資金が振り込まれたのは事業用の普通預金口座ですか?それとも家事用(生活用)の普通預金口座ですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単一振替伝票での借入金の仕訳の仕方

社長が、会社の支払い分を立て替えて支払ってくれた場合、まだ精算できない時は、借入金で計上するかと思うのですが、
複式の場合は、

例えば、現金で500円のノートを社長が立て替えて支払ってくれた場合、

●支払ってくれた時、
事務用品費 500円 / 借入金 500円

●精算した時、
借入金 500円 / 現金 500円

だと思うのですが、これが複式ではなく、
単一振替伝票で仕訳する時は、

●支払ってくれた時、

現金 / 借入金 500円
事務用品費 / 現金 500円

●精算した時、

借入金 / 現金(又は預金) 500円

というやり方でよいのでしょうか。
まだ会社が安定していないため、
社長の持ち出しで運営している部分の多い小会社です。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#1の方とは別の視点から。

立て替えた人の精算日に経費計上との事ですが、
同じ年度であれば、良いですが、年度をまたいだ
場合には、どちらにの年度に計上するかが問題に
なります。

この場合、売上と対応させるためにも、実際に
発生した日(つまり、立て替えた人が購入したり
支払った日)に費用等を計上するのが正しいと
思います。

さて、勘定科目は「借入金」でも「未払金」でも
構わないと思いますが、社長の場合、往々にして
「短期借入金」が発生している場合があると思い
ますので、それと同じでも良いと思います。

また、「単一振替伝票」とは、すべての取引を
「現金」を通して記帳する方法のことをおっしゃって
いるのでしょうか。

であれば、

>●支払ってくれた時、
>現金 / 借入金 500円
>事務用品費 / 現金 500円

で良いと思います。

また、「社長の持ち出しで運営している部分の多い
小会社です。」とのことですので、上記の仕訳が
わかりやすいという点はありますが、仕訳の量が
増えるという欠点もありますので、ある程度
慣れてきたら、どのようにしたら効率化できるか
を検討されると良いと思います。

この辺は、慣れてくれば、少なくとも疑問として
出てくるのではと思いますので、そのときに改めて
質問されると良いと思います。

#1の方とは別の視点から。

立て替えた人の精算日に経費計上との事ですが、
同じ年度であれば、良いですが、年度をまたいだ
場合には、どちらにの年度に計上するかが問題に
なります。

この場合、売上と対応させるためにも、実際に
発生した日(つまり、立て替えた人が購入したり
支払った日)に費用等を計上するのが正しいと
思います。

さて、勘定科目は「借入金」でも「未払金」でも
構わないと思いますが、社長の場合、往々にして
「短期借入金」が発生している場合があると思い
ますので、...続きを読む

Q振替伝票の金額にマイナス表示はあり?

振替伝票の書き方を教えてください。
外注さんへの支払から、毎月その人が食べた昼食代を引いて、支払しています。ところが、先月の昼食費を6720円多く引きすぎてしまったので、返金しました。これを伝票に書くと、

     借方  /   摘要    /   貸方
300000円 外注費 / Aさんへ振込支払/ ○銀行普通預金 298720円
                  昼食代相殺7月分/   福利厚生費 8000円 
                  昼食代返金6月分/   福利厚生費 ▲6720円

こんな書き方はありですか?
6月分昼食代は、借り方のほうに、正数で6720円とするべきですか?
詳しい方、どうぞ教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

負数による仕訳は、決して望ましいものではありませんが、絶対にダメというものでもありません。

簿記会計は、その仕組み上、正数を前提として構成されていますが、負数を受け入れないものではありません。また、重要性に乏しいときは、正規の簿記の原則に従わなくても構わないとされています(企業会計原則注解1 重要性の原則)。加えて、管理会計については企業会計原則その他の会計諸則に何ら従わなくてよいと考えられています。

そのため、ご質問の件については、お書きの仕訳が管理会計上必要なものであれば、何ら問題ありません。そうでなくても、金額的重要性に乏しいでしょうから、負数の仕訳でも別に構いません。

参考までに、勘定科目単位の増減額に反映させないようにするため、敢えて訂正仕訳を負数で切る企業もあると聞いています。これは、管理会計と捉えても、重要性の原則に照らしても、特に問題ないものと考えられます。

なお、企業会計原則は商法の一部ではなく、法律でもありません。企業会計原則は、(商法ではなく)会社法431条にいう「一般に公正妥当と認められる企業会計の慣行」の一内容と捉えられています。また、商法19条1項にいう「一般に公正妥当と認められる会計の慣行」としても参酌されるべきものといえます。ご質問の件については、企業会計原則に照らして問題ないというのは、すでに述べたとおりです。

負数による仕訳は、決して望ましいものではありませんが、絶対にダメというものでもありません。

簿記会計は、その仕組み上、正数を前提として構成されていますが、負数を受け入れないものではありません。また、重要性に乏しいときは、正規の簿記の原則に従わなくても構わないとされています(企業会計原則注解1 重要性の原則)。加えて、管理会計については企業会計原則その他の会計諸則に何ら従わなくてよいと考えられています。

そのため、ご質問の件については、お書きの仕訳が管理会計上必要なもの...続きを読む

Q会計伝票と振替伝票の関係?

会社の経理規程には、

(会計伝票)
第○条 すべての会計処理は、会計伝票により処理しなければならない。

とあります。
実務では「振替伝票」(のみ)を使用しているのですが、先ほど外部より「振替伝票」は規程で定めている「会計伝票」とは違うではないか!と指摘を受けました。
「振替伝票」はあくまで「会計伝票」に含まれ、問題はないと思うのですが、いかがなものでしょうか?
上記のような規程がある場合、「振替伝票」と書いてあるものを「会計伝票」と標記し直して使用しないといけないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

会計伝票は入金伝票、出金伝票ならびに振替伝票に分類できると思います。

SWCさんが書かれているように
>「振替伝票」はあくまで「会計伝票」に含まれ、

 と同じで、何ら問題はないと思います。

Q一般支払伝票と振替伝票

はじめまして、経理初心者です。

私が勤めております、会社では、一般支払伝票と、振替伝票があります。

そこで、質問なのですが、どういった場合に一般支払伝票を起票し、またどういった場合振替伝票を起票するのでしょうか。

私が今まで認識していたのは請求書がついてきたら一般支払伝票を起票するものだと思っていたのですが、今日、上司にそれは違うと言われ。

自分で考えても答えがみつからなかったので、この場をお借りして質問をしました。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仕訳のまま振替伝票のみで処理することを一伝票制と言います。
それに現金勘定の入出金伝票を分けて、三伝票制のところや
五伝票・七伝票もあります。
おそらく出金伝票のことではないかと思うのですが、
事業所独自のやり方もありますので断定は出来ません。
もし、支払いの仕訳において、相手科目が常に現金であり、
同様に入金伝票も分けておられるのでしたら、三伝票です。

Q請求額より余分に貰った金額の振替伝票の書き方

 56,700(税込)の請求書を出しました。
現金で57,000いただきました。領収証は57,000と書きました。
このときの振替伝票の書き方はどうしたらいいのでしょうか。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いただいた代金の差額をどうするかで仕訳が変わります。

代金の差額を単純に「もらった」とするなら
現金57,000円/売掛金56,700円
      /雑収入300円

差額を次の取引額から差し引くなら
現金57,000円/売掛金56,700円
      /前受金300円

こんな感じで良いと思いますが…。


以上参考になれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報