ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

体調が悪くて検査を行ったところ、慢性肝炎を発症していました。
しかもB型肝炎に感染し、慢性肝炎になってしまったようです。
よくよく調べると、母子感染が感染経路として多いと言う事で、母が肝硬変で入院していたので、そこの主治医に聞いてみると母子感染の可能性はある。お母さんの場合、集団予防接種で感染した可能性があると言われました。
この場合、B型肝炎訴訟をしようと思えば、弁護士さんにお願いすればスムーズに進みますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

B型肝炎訴訟は、国が和解金と言う形で状況に応じた金額を支払ってくれます。


弁護士さんはそれなりの金額を差し引きますが、すでに発症している場合は十分な金額を支払ってくれます。
個人での訴訟は難しいので、弁護士さんにお願いして集団訴訟と言う形を取れば、スムースに進みます。
B型肝炎訴訟でくぐれば、色々な弁護士が見つかります。
    • good
    • 0

他の方もおっしゃっていますが、お母様が集団予防接種で感染したという事を証明する必要があると思います。


個人で行うとかなり大変だと思うので、ここは専門家に相談してみた方がいいと思います。
イストワール法律事務所さんは、丁寧に対応してくれます。
分からない事もしっかりサポートしてくれるので、安心してお任せができますよ。
訴訟、無事に行われるといいですね。
    • good
    • 1

まず、母親が予防接種で感染したかを証明する必要があります。

小学校と中学校には 何年頃通っていて 予防接種を受けたかを 確認する必要があります。
それ以外での感染(性行為 タトゥー・ピアスの針使いまわし 等)の方が結構多い(50%前後)です
    • good
    • 1

スムーズかどうかは分かりかねます。


お母様が一次感染者であることが必須です。
まずは「無料相談(時間制限あり)」が出来る弁護士事務所に相談してみて下さい。
訴訟する場合、弁護士費用はそれなりにかかります。
弁護士事務所によってまちまちです。
その辺も忘れずにお聞きして下さい。
    • good
    • 0

そうだね。



それを専業にしている弁護士を検索すれば分かるので、そこに依頼してください。

でもお金くれるだけだけど。

治ったって話聞かないし。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング