忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

遺産相続で不動産での裁判に、もう時期なります。
遅くとも来年には、区画整理の話が出てくるかもしれないと、役所に言われました。
その場合、裁判で争っている土地に区画整理の話をすることは、避ける傾向があると、
弁護士に言われました。
判決も早くて8ヶ月、遅くて14ヶ月と言われました。
確かに、誰の所有になるか分からない土地で、交渉しなければいけないので、納得しますが、
やはりそうなのでしょうか?
私自身は、出来たら区画整理の話に乗りたいのも本音ですが、
無理にとまでは、思っていません。
これを読んで 経験上でも構いません。
不動産で裁判になっている場合区画整理など、あり得るのでしょうか?
区画整理としたら、私の所の土地が角地なので、出来たら、
整理したいとは、素人目からも分かりますが。

質問者からの補足コメント

  • つらい・・・

    早くの回答ありがとうございます。
    弁護士には「所有権移転登記抹消登記請求等の訴訟」と
    「遺産分割調停」の裁判になるだろうと言われました。
    「所有権移転登記抹消登記請求」は、相手が遺産分割協議に参加せず、
    自分が相続するであろうと、相続する不動産の名義を一人にしてしまいました。
    遺産分割調停は、どちらが、遺言書の相続を受けるにしろ、遺留分を確定するのに、
    裁判になるかもしれないと、言われました
    お互い公正証書なので不備は、ないと思いますが、私の方が日付が新しく、
    まず有効になると弁護士に言われました。(私の公正証書の有効性などが争われるかもしれないが、)
    書き方が、悪く読みずらく申し訳ありません。弁護士は、「内緒」、とは言ってません。裁判になっている土地を役所が関わるのを面倒くさがるというようなニュアンスでした。役所の人は購入での区画整理ではなく、代替え地による整理になるような話をしてました

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/02/11 22:12

A 回答 (1件)

その裁判とは、所有権を争っているのですか ?


それとも、持分権 ? 又は、共有物分割請求訴訟ですか ?
それらによっては、区画整理組合として扱いが変わってきます。
弁護士の「内緒」と言う理由がわかりませんが、区画整理組合から見れば裁判の内容は知っておくべきと思います。
何故ならば、区画整理も買収だけのこともありますし、換地もあります。
それによっては、進行に影響します。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング