教えて下さい。
農業関係で会社を設立している
会社を探しす。
知っている方いませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

JAグループ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/12 08:40

雪国まいたけ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/11 07:43

農業関係と言ってもいろいろではありませんか?



農産物の販売を含めて考える人もいれば、農業資材の販売などもあります。
なかには、農業に特化したコンサルタントもいます。

私は、近いうちに農業資材の販売を行う法人を設立予定です。
ちなみに、農産物の販売を法人で別途行っております。
もしかしたら、さらに農業生産法人のようなものも設立するかもしれませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/10 22:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q倒産と新規会社設立を考えているものてす。倒産する会社のノウハウを新規立ち上げの会社に受け継がせたいと

倒産と新規会社設立を考えているものてす。倒産する会社のノウハウを新規立ち上げの会社に受け継がせたいと思っています。

会社設立を先にしてある程度実績を付けてから、現在の会社を倒産させる事はできるでしょうか?

二束三文のポンコツ車ではありますが、仕事には必要不可欠なものもあります。このような機材も新規会社に移動させておく事は出来ますでしょうか?

どうぞアドバイス下さいませ。

Aベストアンサー

社員の方が同一業種で会社を立ち上げるということでしょうか。
会社規模が中小零細ということで書き込みます。

代表者や役員が重複しなければ、社員が類似の新会社を設立し、
旧会社の車や什器類・販売権などを新会社が買い取るという形で可能です。
倒産した企業ではよくあることです。

旧会社は精算費用がなければ税務署などに「休業届」を出せばいいのですが、
債務(借金)に社長や保証会社以外の連帯保証人がいる、下請や仕入先に未払の売掛金がある、ということなら調整(交渉)が必要になるでしょう。

会社破産手続に慣れている税理士・書士・弁護士などに相談された方がいいでしょう。

Q会社設立につき、有限会社と株式会社で迷っています。

みなさん、こんにちは。
現在個人で仕事をしているのですが、数年以内に法人成りを考えて
います。
当初は確認有限会社を設立しようと思っていましたが、来年の商法
改正で有限会社が株式会社に一本化されると聞き、今の内に有限
会社を設立するか、改正後に株式会社を設立するかを迷っています。
よきアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

現時点で言えば有限会社のほうが登記料は安いです。

ただ、当分動かないならあえて今作る必要ないかと。
損失控除できるし。

Q株式会社設立にかかる費用は設立後経費と見なされる?

この度新規に株式会社を設立する予定です。会社設立日前にかかった費用(税金、事務所の賃貸料、電話権利など)は経費で賄えるのでしょうか?領収書の日付を設立日以降にしてもらわないとダメでしょうか?役員の印鑑証明料なども経費とみなされますか?教えてください。

Aベストアンサー

会社の設立に関係する費用(登記の費用・設立の準備費用)が創業費となり、それ以外の開業までの費用が開業費になります。
役員の印鑑証明料なども経費となります。
領収書の日付は、実際に支払った日でかまいません。

税法上の開業費は次のようになっています。
事業を開始するまでに特別に支出する広告宣伝費、接待費、旅費、調査費のほか、開業準備のために特に借り入れた負債の利子、土地、建物などの賃借料、開業準備のための消費された電気、ガス、水道などの料金をいう。
開業費は、当然、会社の経費となります。

創業費は、設立する会社の経費として税務上は任意に償却することができますから、繰延資産に計上して任意の年数で償却するか、初年度に全額償却出来ます。

仕訳は次の通りです。
一括処理の仕訳  創業費/現金

繰延資産計上時の仕訳  繰延資産/現金
繰延資産の償却時の仕訳 創業費/繰延資産

Q有限会社を設立するにあたって、良いサポートをしてもらえるところ知っていれば教えて下さい。

ある企業と契約するにあたって、法人を設立しなくてはならなくなりました。一円会社でもかまわないと言う事なので確認有限会社で設立しようと思うのですが、手続きから設立後のサポートなどをしてもらえる良いところがあれば教えて下さい。検索で調べてもどれがどれか分からないのですでに設立された方や、お勧めのサイトがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社の設立は、簡単ですから、自分で手続きしましょう。

文房具店で、法令様式の会社設立キットを買う。難しそうだけどざっと読んで、
まず、設立関係者の印鑑証明書をとる。ここが重要。実印でさえ持っていない人がいたり、
住所の移転をしていない人がいたりで時間がかかります。
設立キットの書式に添って書き込む。
全部手書きでもOKですが、パソコンで打ったものを、書式に仮貼りして
コピーを採るときれいですし、修正が楽です。
近くの公証役場を検索して、書類を持っていく。法務局に行く。
二三回の書類の修正があると思って行動すること。だいたいこんな所です。
これで10万円以上は浮くでしょう。
税理士さんは近くの方をさがしてください。税務署には開業届けを。  以上。

Q農業法人の設立を考えており、県及び市町村の担当者に相談したのですが、担当者もよくわこらないらしく、調

農業法人の設立を考えており、県及び市町村の担当者に相談したのですが、担当者もよくわこらないらしく、調べてみるとのことでかれこれ3か月程過ぎてしまいました。
そこで、農業法人の設立方法について具体的に教えてくださる機関があるのかどうか教えてください。

Aベストアンサー

農業法人を設立するには、一般の事業会社等と同じように株式会社や持分会社(合同会社、合資会社、合名会社)として設立する方法の他に、農事組合法人という、やや特殊な形態を用いる方法があります。いずれの方法で設立する場合も、基本的な流れは一般の会社設立とほぼ同じと思って差し支えありません。
 ただ、もともと農業というのは、国民の食生活の安定のために国や地方自治体が保護監督を行う分野ですので、農業法人を設立する場合も、一般の事業会社等には課せられない幾つかの条件があります。たとえば、法人の主たる売上を農業から得ることや、役員の過半数が常時農業に従事している者でなければならないこと、等々です。
 さらに、農業委員会等関係官庁への許可申請・届出や、定款認証、設立登記手続き等、分かりにくい手続きも多く、ご質問にもあるように、自治体の担当者でも全体を正確に把握している人はごく稀です。やはり、この分野に通じた専門の法律家等に相談されることをお勧めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報