ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

交通事故 慰謝料
交通事故による腰痛のため通院していました。
総治療期間115日(治療継続のため+7日含みます)
治療費用約40万
交通費1万
慰謝料48万3千円でした。
繁忙期で仕事を休めなかったため休業損害は無しです。
提示額から慰謝料の増額は可能でしょうか?
弁護士特約は無いので直接交渉するつもりです。
最低50万は欲しいです。

質問者からの補足コメント

  • 初めての利用で文章がおかしくなりました、すみません。
    あと通院は整形外科のみで腰部打撲です

      補足日時:2017/02/11 00:42

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

働ける位の損傷と相手方の保健会社は捉えます。


先ず、後、17000円欲しいなら、簡単に使えるし増額の見込みがありそうなのは精神的慰謝料です。
がんばれー
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q育児休業給付金について… 今月3回目の支給があるはずなんですがまだ振り込まれてません… 決定通知書は

育児休業給付金について…
今月3回目の支給があるはずなんですがまだ振り込まれてません…
決定通知書は貰っていて、書類にもサインして12月に会社に送り返しました…
1回目、10月7日支給
2回目、12月2日支給
だいたい同じくらいに振り込まれると思い何度も銀行で確認したが未だ入っておらず…
一度会社に確認した方がいいでしょうか?
どなたか解る方教えてください!

Aベストアンサー

会社が所属する社会保険事務所(年金事務所)へ問い合わせると、振込確認が取れると思います。会社経由だと、会社へ問い合わせしてもらうのがいいかもしれませんね。
時折、提出が遅れて、次に回ることがありますよ。

Q年金受給者 源泉徴収ゼロ 医療費還付金

年金受給者 源泉徴収ゼロ 医療費還付金

Aベストアンサー

>源泉徴収の税額がゼロならば、
>医療費が10万かかっていても、
>還付金はないという認識で良いですか?

はい。ありません。

源泉徴収されている税金があったとして、
医療費が10万かかっても還付金はありません。

その医療費について医療費控除の確定申告を
しなければ、税金の還付は受けられません。

年金の源泉徴収票で源泉徴収税額が0であれば、
還付される所得税はないので、医療費控除の申告は
意味がありません。

年金受給者は、65歳を境に『公的年金等控除』
の控除額が変化があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

これにより、120万の年金収入だけなら、
確実に非課税になります。

そうした所得条件により、税金と話とは別に
なりますが、月単位にかかる医療費によっては、
高額療養費という制度の条件にかかる可能性が
大きくなるため、医療費が還付されたり、
一定以上はかからなくなるケースが増えます。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030

いかがでしょう?

>源泉徴収の税額がゼロならば、
>医療費が10万かかっていても、
>還付金はないという認識で良いですか?

はい。ありません。

源泉徴収されている税金があったとして、
医療費が10万かかっても還付金はありません。

その医療費について医療費控除の確定申告を
しなければ、税金の還付は受けられません。

年金の源泉徴収票で源泉徴収税額が0であれば、
還付される所得税はないので、医療費控除の申告は
意味がありません。

年金受給者は、65歳を境に『公的年金等控除』
の控除額が変化があります。
http:...続きを読む

Q65歳未満の老齢厚生年金との併給朝鮮の件です。 求職の申し込み日が年金の受給権発声日より前にある場合

65歳未満の老齢厚生年金との併給朝鮮の件です。

求職の申し込み日が年金の受給権発声日より前にある場合、年金は受給権を取得した翌月分から支給停止になるとの事ですが、取得した月の年金は支給されるとの事ですか?

Aベストアンサー

>取得した月の年金は支給されるとの事ですか?

いいえ。年金は受給権が発生した翌月から支給開始されるからです。

Q社会保険の月額報酬変更の考え方を教えて(月変と報酬変更タイミング)

零細企業で社会保険事務も、ひとりでやっています。
今年、報酬変更を計画していますが、標準月額報酬の届け出すべき時期と内容がわかりません。
定時決定、臨時改定なのかを含めて助言いただきたい。

1.前提
  ・役員2名のみの株式会社です。
  ・決算月は5月です。

2.2017年の報酬変更について
  ・会社の経営状況見通しから、月額80万円の報酬を30万円程度に引き下げ検討中
  ・給与支払い日は、毎月5日
  ・できれば、6月1日に臨時株主総会を開催し、報酬減額を決定したい
   (6月5日支払分から実施。届け出に問題があれば7月5日支払分から実施)

Aベストアンサー

A1
月額変更(随時改定)に該当するための条件の1つに「2等級以上の増減」が有ります。

そうすると、最高等級や最低等級に該当している方の変更後の賃金が大きく変動したとしても、変更後の賃金から算出した等級が現行と1等級しか変動していないと該当しなくなってしまいますよね。
例えば、現在の最高等級付近のピッチは3万円なので、30等級[59万円]の方が6万円下がれば28等級[53万円]。だけど、変更前賃金が65万円の方が6万円下がっても、31等級[62万円]が30等級[59万円]。同じ6万円下がったのに不公平では?

そこで仮の等級[高給取りであれば32等級以上]を考えていき、その仮の等級と比べて2等級以上の変動が有るかどうかを見ます。[それでも実際の等級に当てはめたら最高等級のままだったら変更ナシ]。

では、今回の事例を見ると、先の回答にも書きましたが4月の時点では「固定的賃金」の変動が無いので、そのことを理由として「月額変更」は発生いたしません。
でも、もしも、4月から役員報酬額を減額しているのであれば、固定的賃金は減少していますし、4月から6月の役員報酬額から算出した等級も2等級以上下がっています。そして、役員報酬は月単位で出勤日数とは無関係で支給されることから出勤日数を条件をクリアしているかどうかは考えない。そうなると、『月額変更になりますね』と言う事を書きました。


A2
①のバターンです。
 ・4月から6月の「算定」事務は行わなければなりません。
 ・報酬の改定[固定的賃金の変動]が行われるのは6月(5日支給)分からなので、6月分から8月分の数値を書いて提出
   →新たな等級が適用されるのは9月分。
   →法律通りにやっているのであれば、10月に新たな等級に基づいて保険料徴収。

A1
月額変更(随時改定)に該当するための条件の1つに「2等級以上の増減」が有ります。

そうすると、最高等級や最低等級に該当している方の変更後の賃金が大きく変動したとしても、変更後の賃金から算出した等級が現行と1等級しか変動していないと該当しなくなってしまいますよね。
例えば、現在の最高等級付近のピッチは3万円なので、30等級[59万円]の方が6万円下がれば28等級[53万円]。だけど、変更前賃金が65万円の方が6万円下がっても、31等級[62万円]が30等級[59万円]。同じ6万円下がったのに不公平では?

そ...続きを読む

Q自損事故の相談を受けてくれる弁護士を探すには

自損事故にて弁護士ドットコムへ質問を投稿しました

弁護士の回答はほぼ全て、軽いアドバイスと、早めにお近くの弁護士へ相談する事をお勧めします、との事でした

なので、弁護士へ相談しようと数件電話をしたのですが、自損事故は扱っていない、と断られます

自損事故でも相談にのってくれる、依頼を受けてくれる、弁護士はいるのでしょうか?

また、自損事故でも相談にのってくれる弁護士を探すにはどうしたらよいですか?

宜しくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

>弁護士へ相談しようと数件電話をしたのですが、自損事故は扱っていない、と断られます
そりゃそうです。顧問契約を締結しているお客さんからの依頼ならともかく、単発でこのような依頼を受けても、全然収入にならないですもの。
これはね、弁護士じゃなくて司法書士さんに相談してごらんなさい。その名の通り法律関係の手続きに必要な書類を作成するのが仕事ですから。

Q妊娠、仕事、保育園

質問お願い致します。
現在、母子家庭、4歳の子供がおり、介護の仕事をしています。
二年ほどお付き合いしてきた彼と子供が親子みたいになってきたので、籍をいれようとしてるときに、今月になり妊娠が発覚しました。
正社員で二年勤めた介護の仕事を今月辞めるつもりです。
この場合、雇用保険を使い、3月に申請すると、6月から支給の様です。 
また、6月から8月までとギリギリで三ヶ月分雇用保険はもらえそうですが、保育園は、2カ月働いてないと退園しなきゃいけなくなります。

雇用保険もらってない3月から五月の間だけでも保育園の条件を満たすバイトをしてもいいのでしょうか?
また四月の児童手当もらわず、その前に籍をいれる予定なのですが、籍入れてから雇用保険もらうと少なくなるのでしょうか?

ちなみに、旦那になる彼は建築国保で出産予定日は10月5日です。

Aベストアンサー

雇用保険の基本手当は「働く気があるのに働き口のない人」を対象とするので、妊娠で就職活動をする気がないのなら受給できません。

実際問題、妊婦は就職活動をすること自体が難しいので、無理に3月に受給申請をしないで、まずは受給期限の延長申請をすればいいと思います。
延長後、就職活動ができるようになったときに改めて受給申請すれば、3ヶ月の給付制限期間なしで受給できます。

いずれにしても、出産までの生活費を雇用保険で賄うことは無理なので、当面は保育の必要性の「就労」の条件を満たすバイトをして、夫になる人の扶養にも入れるよう収入を調整するというやり方しかないでしょう。

なお、1日当たりの支給額は前職を辞める直前の賃金から決定されるので、受給開始時期で日額が増減することはありません。(給付期間が短くなることで、総支給額が減ることはあります)

Q居酒屋で従業員がお客様の鞄に飲み物をこぼしてしまった。中にはカメラが。

飲食店で働いている者です。
従業員が提供の際にお客様の鞄に「ハイボール」をこぼしてしまいました。

その際にタオル等を持って行き、その場の対応を行ない、被害状況等も確認した際に、中に入っていたカメラのストラップが外に出ていた事を覚えています。
その場では、お客様の方からもカメラは防水だし拭けばいいというお言葉をいただき、その鞄のクリーニングとご利用代金の割引という形で対応し、当日はそのままお帰りいただきました。

後日、入っていたカメラのオーバーホールをしたいとの申し出があり、かかってしまって壊れているようであれば対応をさせて頂くという話ですすめていました。

鞄は郵送で送って頂き、私の方で特殊クリーニングという形で引き受け、カメラ本体はお客様がカメラ屋に持って行くという流れになり、数日後にその見積もりが届いたという事で内容を確認しました。

カメラ屋さんの診断書の内容によると、
「分解検証にて異物混入は見られません。動作正常を確認。
オーバーホールのご指摘ですが、特に劣化や摩耗、不具合により交換が必要とされる部品は無く正常機能を確認しております。一旦ご返却させて頂き、お手元にて様子を見て頂けますでしょうか。」

という内容でした。

会社の保険会社との相談でも、壊れていない物は直しようがない。
かかった事は事実ですが、それによる不具合が無いという診断も事実。
簡易クリーニングで対応する事が妥当ではないか。
決定事項としては、鞄の特殊クリーニングと謝罪を込めてのお気持ちをお渡しする。

という事でした。

その内容をお客様に伝えると、お客様は「オーバーホールをしてほしい」と言っております。
そのカメラは記念に購入した物でとても大切だということですが、お気持ちはわかるのですが、私としても壊れていない物に対しての対処として、分解し中身を新品にするという要求を飲むことができません。かなり高額な為払える額でもありません。

この場合、どこまでが法的な損害賠償としての対象になりますでしょうか。

法的な面で解決をするとしたらどのように行えばいいのかを知りたいです。

飲食店で働いている者です。
従業員が提供の際にお客様の鞄に「ハイボール」をこぼしてしまいました。

その際にタオル等を持って行き、その場の対応を行ない、被害状況等も確認した際に、中に入っていたカメラのストラップが外に出ていた事を覚えています。
その場では、お客様の方からもカメラは防水だし拭けばいいというお言葉をいただき、その鞄のクリーニングとご利用代金の割引という形で対応し、当日はそのままお帰りいただきました。

後日、入っていたカメラのオーバーホールをしたいとの申し出が...続きを読む

Aベストアンサー

何気にモンスタークレマーですね。

質問文面を読む限り、十分誠意ある対応だと思います。
これ以上のことはできないので、もし行き過ぎた要求を
してくるのであれば、下記の簡易裁判を起こします。
と言えばよろしいかと思います。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_01/

これまでの経緯等ははっきりしており、
対応された結果も詳細に残っているので、
1回で結審できる内容だと思います。

それ以前に
上記のように裁判の用意はあります。
行き過ぎた要求だとはっきり伝えましょう。

Q42才です。慢性腎不全で人工透析をしています。 厚生年金117ヶ月国民年金38ヶ月しか払っていません

42才です。慢性腎不全で人工透析をしています。
厚生年金117ヶ月国民年金38ヶ月しか払っていません。
初診日は厚生年金時代です。この場合2級認定されれば、障害者厚生年金と障害者基礎年金の両方を貰う事は出来ますか?

Aベストアンサー

人工透析施行中の者は、障害年金でいう2級に該当します(国民年金・厚生年金保険 障害認定基準)。
このとき、人工透析の開始が腎疾患の初診日から1年6か月以内にあるときは、透析開始から3か月経過した時点で2級とされる特例があります。
一方、1年6か月以上が過ぎてしまっているときは、事後重症といって、人工透析施行中という事実だけで、原則2級とされます。

初診日の前日の時点で、初診日のある月の2か月前から13か月前までの1年間に保険料(国民年金保険料はもちろん、厚生年金保険料も含みます)の未納がないことを確認して下さい。
平成38年3月末日までに初診日がある場合の特例です。
これが満たされていれば、初診日の時点で厚生年金保険の被保険者であったのですから、障害年金2級以上に該当すれば、障害厚生年金と障害基礎年金をともに受給できます。

初診日については、当時のカルテが現存し、かつ、初診時医療機関で証明(受診状況等証明書による)が取得できることが絶対条件です。
なお、単なる腎疾患ではなく、たとえば糖尿病性腎症のように腎疾患以外の原因傷病があるときは、その原因疾患(ここでは糖尿病)の初診日で見ますので、くれぐれも注意して下さい(人工透析になった日が初診日なのではない、という意味です。)。

また、万が一、上記の1年間に1か月でも未納月があった場合には、通常、20歳以降の「強制的に公的年金保険に入っていなければならない期間」のうちの3分の2超の月数(初診日のある月の前々月までを数える)が保険料納付済(国民年金保険料、厚生年金保険料)となっていなければいけません。
初診日が何歳のときかを考えて、これが満たされているかどうかを調べてみることも大事です。
こちらの条件さえ満たされていないときは、どんなに障害が重くても、1円も受けられません。

人工透析施行中の者は、障害年金でいう2級に該当します(国民年金・厚生年金保険 障害認定基準)。
このとき、人工透析の開始が腎疾患の初診日から1年6か月以内にあるときは、透析開始から3か月経過した時点で2級とされる特例があります。
一方、1年6か月以上が過ぎてしまっているときは、事後重症といって、人工透析施行中という事実だけで、原則2級とされます。

初診日の前日の時点で、初診日のある月の2か月前から13か月前までの1年間に保険料(国民年金保険料はもちろん、厚生年金保険料も含みま...続きを読む

Q精神医療の年金について

よろしくお願いします。
精神科に入院したり、精神的病で収入が得られず年金を貰ったとします。

病気が良くなり自活力がついて収入を得られるようになったら、
年金はストップできるんでしょうか??

Aベストアンサー

できます

Qお金の管理は自分でしたほうがいいですか、

お金の管理は自分でしたほうがいいですか、

Aベストアンサー

はい、自分でできる環境ならしたほうが良いです。何かの時自由になるお金がないと困ります。


人気Q&Aランキング