ハトは歩く時に歩調に合わせて頭を前後させますよね。あの首の動きを何らかの方法で固定させて首を動けなくしたら歩けなくなるんですか?詳しくハトの機構も踏まえた上で教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

脚 本」に関するQ&A: 10本脚のクモ

A 回答 (1件)

 johnholmezさん、こんにちは。



 ハトの首を何らかの方法で固定してしまった場合、恐らくは歩けなくなるか、少なくとも歩くのに支障をきたすでしょうね。ハトは片足ずつ脚を移動させて歩行するのに合わせて頭も前後させますが、その振り子運動を利用して歩行時のバランスを取っているものと考えられるため、頭を固定したら歩行は困難になるでしょう。
 
 鳥類の歩行には2種類あります。飛ぶことのできる大多数の鳥類は、2本の脚を同時に移動させてピョンピョンと跳ねるような感じで歩行します。身近な鳥ではスズメなどがそうです。一方、ハトは人間と同じように脚を片方ずつ移動させて歩行します。飛ぶことのできる鳥類ではインコやオウム、カラスなどもハトと同じような歩き方をします。飛べない鳥類であるダチョウなどやカモなどの水鳥はすべてハトと同じ歩き方です。飛ぶことのできない鳥や水鳥などでは万が一の危険に備えて、地上で素早く移動することができるように、人間と同じような歩行様式を発達させたものと思われます。インコやオウムの場合は彼等の生活様式から、木の幹や崖などをよじ登ったりする垂直移動の必要性があるため、やはりそれに合わせた歩行様式が確立されたのでしょう。カラスの場合は私の見た限りでは不思議なことにハトと同じような歩き方をするものもいれば、スズメのようにピョンピョン飛び跳ねながら歩くものもいます。

 ハトやカラスの歩行様式がこのようになったのは、私見ですが、スズメやツバメなどの鳥に比べて地上での生活依存度が極めて高いためではないかと思います。スズメなどは地上に降りてきて餌をついばむこともありますが、同時に樹上でも虫などを捕食します。ツバメに至っては空中を飛びながら虫を捕食しますが、ハトやカラスはほとんど地上で餌を食べているように思われます。やはり飛べる鳥でも生活圏が地上に依存しているキジなどの種類ではハトと同じような歩き方をします。先ほどカラスには2種類の歩き方が見られると書きましたが、カラスの場合は本来スズメ式の歩行をしていたものと思います。カラスが頭を前後に動かしながら歩いている姿をあまり見たことがありませんが、カラスは本来森に生息していた鳥でした。その時はスズメのような歩き方をしていたと思いますが、街の都市化に伴い人間が出す生ゴミを餌として確保するようになると、カラスの生活圏が地上に移ってきたため、地上での移動により優位なハト式の歩き方に変わってきたものと思われます。カラスの歩行様式は現在進化の過程にあると言えるかも知れません。確かにハト式の歩き方をしているカラスはハトに比べると、歩き方がどことなくぎこちないようにも見えますから。

 では、失礼いたします。
 
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハトの子供って??

公園に鳩が沢山いますよね??
だけど子供の鳩とか 卵とかって見たことないんです。
もし見たことある方、どんな卵で、子供の時はどんな鳥なのか教えてください!!

Aベストアンサー

私の勤めている会社は3階が倉庫になっていて外壁に隙間が多く、ハトが入り込んでは巣を作って子育てをするので困っています。
つい一ヶ月ほど前にも、ピーピーと鳴き声が聞こえていましたが、今はもう飛び立ったのか、静かになっています。
巣は小枝や羽毛を集めてつくってあり、卵はうずら玉子のような外観で、ちょっと大きめだったと思います。
ひな鳥はあまり小さなときには見たことが無いのですが、ヒヨドリくらいのものを見たことがあります。(スズメよりひとまわり大きいくらい)
全体的に親バトより黒っぽいグレーで、もっとスリムでした。(いわゆるハトムネではない)
でも、色は個体差があるかもしれませんね。
私の知る限りではこんなところです。

Qハトの鳴き方

とてもくだらない質問です。

ハトは「グゥーグゥーポッポー、グゥーグゥーポッポー(々)・・」
で最後に「グゥー↓」(他にも、フゥーなんて聞こえたり・・)
とため息??をつくように聞こえちゃうのですが、疲れちゃうのでしょうかね?

元気よく「ポッポー!」で終わるのは聞いたことがない気がするのです。とっても変な質問ですが、何でも皆さんが感じることを教えてください。

Aベストアンサー

私も小さいころから鳴き声を聞いて中途半端やん!と疑問を持っていました。
同じ考えをしていた人がいるなんて。
ハト的にはそれがきりのいい終わり方なんでしょうね。
本当は「グゥーポッポーグゥー」だったりして!

Qかわいそうなハト…

会社の窓の外に、毎年ハトが巣を作ります。タマゴを温める親ハトを見ながら、
ヒナがかえるのを楽しみにしていますが、いつもカラスに襲われてタマゴを
持っていかれてしまいます。今年は、無事ひながかえりましたが、
翌日には姿がありませんでした。食べられてしまったのでしょうか……。
親ハトがあまりにかわいそうなので、知恵を貸して下さい。
ハトではなく、カラスだけを来なくする方法はないでしょうか?
カラスは頭がいいので難しそうですが…

Aベストアンサー

自然界の法則に任せておくしかないと思いますが、どうしても見かねるのであれば巣箱を置くしかないでしょう。いわゆる鳥よけでは鳩も寄り付かなく可能性大です。

Qハトの巣を壊すのにかわいそうでない季節を教えてください。

屋根のひさしの部分にハトが巣をつくってしまって、糞とかで大変なので、巣を撤去したいのですが、かわいそうな気もしているんです。
どこかへ飛んでいく季節とかあればその時にとも思うのですが・・・
いつごろの季節にすればあまりかわいそうでないですか?

Aベストアンサー

本来、野鳥は3月くらいに巣をかけて5月くらいに巣立ちするのが
普通です。つまり、ハトでも巣をかけておおよそ2~3ヶ月かければ、
かわいそうな状況は避けることができると思うのですが・・・・・
そこまで我慢できるかどうかだと思います。難しいですね。

Qフィードバック機構について

生命システム、工学システム、社会システムにおいてフィードバック機構が利用されている具体的な例を教えてください

Aベストアンサー

 
  フィードバックは、ノーバート・ウィーナーが提唱したサイバネティックスに出てくる基本概念というか、機構です。或るシステムから状態を表現する出力があれば、この状態出力を、元のシステムに「戻して供給する feed back」するので、こう言います。システムは、状態出力を受け取って、それに応じて、内部の状態を再調整します。フィードバックというと、普通、定常性(恒常性)に向く形のフィードバックが考えられますが、反対の方向のフィードバックもあります。プラス・フィードバックとマイナス・フィードバックという風に区別します。
 
  生命システムでの具体例は:
 
  基本的には、生体ホメオスタシスの維持のためのフィードバック機構が、もっとも一般でしょうが、ウィーナーが最初に考えた時は、感覚運動系のフォードバックをモデルとしてあげていました。
 
  それはどういうものかというと、わたしたちは、手を伸ばし、指で、何か小さなもの、例えば、PCのキーボード上のキーを押すとか、または、小石を拾って掴むことができます。これは、視覚情報と、手や指を動かす筋肉、筋肉運動による感覚などの総合で、フィードバックを使って可能になります。つまり、キーに向け手を延ばし、指を伸ばし、これを視覚で見ている訳です。キーの位置とは違う方向に指が行っていると、視覚で認めて、指や手の筋肉に指令を脳が出して、正しい方向に指先の進行方向を調整するのです。こうして、正しい位置で、キーが押せたり、小石を的確に掴むことができるのです。しかし、脳に障害がある人で、この感覚運動系のフィードバック機構が損傷を受けた人は、キーをうまく押すことができませんし、小石を掴むことができません。場合によっては、キーの方に指を持っていこうと努力すればするほど、ますますキーから指先が外れるというようなことになります。
 
  ウィーナーは、この現象を知っていて、丁度、機械システムなどで、これと同じメカニズムのものがあるのを考え、色々なシステムにおいて共通する、制御の理論としてサイバネティックスを提唱したのです(もう少し複雑ですが)。
 
  生命システムのフォードバックの例としては、他に、体温の恒常性の機構や、睡眠の量の平均恒常性維持の機構などがあります。生命の場合、一杯例があるとも言えます。睡眠の量の恒常性維持は、大脳において、起きていた時間を記録している部位があり、長時間眠っていないと、一旦眠りにつくと、足りない分の睡眠量を補うため、通常の生物時計が決めている覚醒時刻を延長して、眠り続け、こうして、睡眠量を一定量確保するというようなシステムです。これもフィードバックなのです。つまり、「睡眠量が不足→大脳が記憶する→眠りにつくと、睡眠時間を延長させる」という形のフィードバック・システムなのです。
 
  工学システムでの具体例は:
 
  工学システムのフィードバックも一杯例があります。最近よく造られているロボットの場合、先に、人間が指で何かを押すとか、掴むのと同じ機構で、ロボットの運動がプログラムされています。歩くロボットの場合、非常に複雑になっていますが、人間の歩行の際のフィードバック機構と相似的な機構を造っています。重心の位置と、全体のバランスの問題で、足を上げ前に出す動きで、この重心やバランスが変化して来るので、倒れないように、また全体バランスが維持できるように、足を前に出すと同時に、ロボットの姿勢や、他の腕を後ろに少し動かしてバランスを取るなどします。これはフィードバック・システムです。
 
  製造工場などでも、このフィードバック・システムは一杯使われています。化学プロセスなら、反応炉のなかで、正しい反応が起こり、製品ができるように、炉の温度や圧力、できあがった生成物を監視していて、適正な反応が進行するように、温度や圧力や、その他のパラメーターを微調整します。またオートメーション製造で、製造段階が分かれていて、段階ごとで加工・製造の速さが違う場合、段階ごとでの製造進行状態を把握して、製造の速さを相互調整しないと、或る段階で製造し過ぎて、途中で加工中の製品があふれたり、反対に、機械が処理する製品が来ないので、空転したりと、混乱するので、これもフィードバックで、適切に製造を制御します。
 
  社会システムでの具体例は:
 
  社会システムにおけるフィードバック機構は、自然発生的な機構と、人為的に計画してフィードバックを行う場合の二つがあるでしょう。自然的なフィードバックとしては、商品の需要供給のバランスと呼ばれているものが、その例です。商品が需要を上回って市場に出回れば、商品の価格は下がり、供給者は損をすることになるので、供給量を調整するとか、反対に、供給に対し受容が大きいと商品の価格は上がり、そこで、別の業者が市場に参画して、商品供給を増やすというような過程で、商品の価格や供給量どが、適正に調整されているのは、フィードバックです(このフィードバックが、正常に働くように、フィードバックが働かなくなるような状況を回避するため、例えば、「独占禁止法」などがあるのです)。
 
  また、人為的なフィードバックとしては、金融市場において、日本銀行が円の買い支えをするとか、ドルの売却をするとかで、通貨レートを望ましい値へと誘導するのもフィードバック機構です。ただ、社会フィードバックは、関係する変数が多く、不可測の事態が起こったり、フィードバックが有効に働かない場合があります。また、政党制の選挙も、失政を行った政党が政権を取っていた場合、次回選挙で、その政党は政権の座から降り、別の政党が政権の座に就くという形で、国民が納得できる政治が行われるためのフィードバック機構としてあるのですが、ファクターが多すぎて、有効にフィードバックが機能しないようです。
 
  大体、こう言った処です。例は、その他にも、無数にあります。
 

 
  フィードバックは、ノーバート・ウィーナーが提唱したサイバネティックスに出てくる基本概念というか、機構です。或るシステムから状態を表現する出力があれば、この状態出力を、元のシステムに「戻して供給する feed back」するので、こう言います。システムは、状態出力を受け取って、それに応じて、内部の状態を再調整します。フィードバックというと、普通、定常性(恒常性)に向く形のフィードバックが考えられますが、反対の方向のフィードバックもあります。プラス・フィードバックとマイナス・フ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報