痔になりやすい生活習慣とは?

まじ質問です。アポロ11号でアームストロング船長が初めて月に降り立つ映像を撮影したのは誰ですか?

質問者からの補足コメント

  • やはり莫大な国家事業費を考えれば、今だ大学の開発レベル量子コンピューターがGoogleやNASAが使いプロトタイプがサンフランシスコの博物館に展示してありますね。

      補足日時:2017/02/15 19:03

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

>キャノンが世界初!ならありえますね。



キャノンが世界初でなければ、もっと可能性は高いですよね。
でも、NO10さんの言う通り、ピント固定方式であった可能性の方が高いでしょう。

日本でも固定焦点式のカメラが1986年頃から大衆向けに安価に売り出されています。
構想から大衆向けの商品になるまでに、10~15年位かかっても不思議はないと思いますよ。
NASAは国家威信をかけた事業であった筈ですから、費用は青天井だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ただ問題はキャノンと後ミノルタのAF技術はフィルム時代デジタル化はまだ10年後でしたね?

お礼日時:2017/02/14 14:32

#10です。



netを探してみたら詳しい記事がありました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Apollo_TV_camera
(英文です。母船のカメラと着陸船のカメラの説明です。)
冒頭の写真が着陸船のカメラ。取付場所がなかったようで上下逆に設置してあります。着陸後は取り外して手持ちで使ったようです。
上から1/3あたりWestinghouse・・・からがこのカメラの説明。母船のカメラ(RCA製)についても説明があるので間違えないでください。
撮像管はウエスチングハウスがアポロ用に開発したSECという一種の真空管です。
SECについては http://www.anfoworld.com/Recordings.html#SEC に詳細があります(日本語)。ずいぶん長い記事ですが上から1/3あたりにSECの説明があります。
SEC撮像管はアポロにしか使われなかったそうなのでアポロ着陸船のカメラについても詳しく書いてあります。NASAが要求した仕様もあります。ピントは固定または手動だったようですがレンズの絞りはリモート操作だったとか。

このカメラは走査線320本、画像数は毎秒10枚だったのでそのままテレビ放送には使えません。現在なら半導体式の変換装置はいくらでもありますが、当時は専用のモニターTVに写したものを放送用テレビカメラで撮影して放送したそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ、ありがとう御座います。少し頭を整理して調べてみます。

お礼日時:2017/02/14 23:14

実はアレ、地球で撮られたものなんです。

『この一歩は~』と言いながら降り立つ、その数秒後「カット!」とスタッフの声、「いいぞニール、本番もその調子で頼む」
そう、これは月に飛び立つ前に、練習も兼ねて準備された予備映像だったのです。

そして着陸船が月に降りることに成功し歓喜に沸くNASA管制室。「よし、いよいよ月面に降り立つぞ、船外カメラに切り替えろ」「ダメです、映像うつりません」「何!もう一度やってみろ!」「はい。・・・ダメです」「もう一度だ!」…(数十秒後)「仕方ない、プランBだ」
かくして地球で撮影された映像が全世界に配信されたとか、されなかったとか・・(アニメ戦国鳥獣戯画風)

#すべてフィクションです
    • good
    • 2
この回答へのお礼

あいよ了解。

お礼日時:2017/02/14 19:43

このカメラは着陸船の昇降階段の近くに取り付けてありました。

飛行士がどこを通るかわかっているのでうまく映る位置に取り付けてありました。
ピント調整は固定です。被写体との間にある程度距離があればピント調整は必要ありません。現在のスマホや携帯のカメラもピントは固定ですね(クローズアップ撮影では調整するものもあるようですが)。
当時の画像を見たことがありますか? ものすごくボケた画像ですね。50年近く経過して劣化したからではなく元々こんな画像でした。小生当時のナマ中継を見ていますがいったい何が写っているのか理解するのにしばらくかかりました。そんな画像ですから少々ピントがずれていても問題ないのです。

問題だったのはカメラより通信路だったと聞いたことがあります。通信路は音声用なので情報量の多い画像は送れません。何とか音声回線で送れるよう画像情報を削りに削ったのがこの映像です(そのためこんなピンボケ画像になった)。
帯域圧縮技術は既にあったと思いますが小型にできない。確か東京オリンピックを欧米に中継するためNHKが作りましたが飛行機で運べないので船で運んだはず。それほど大きかったのです。
マイコンははっきり言ってまだ。でも電卓の兄貴程度の物はアポロに積んであったかも?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

着陸船の足に付ける?発射時のG着陸時のホコリとシヨックをどのようにクリアしたのか、疑問ですね。

お礼日時:2017/02/14 14:15

No.3です。

 アポロ11号より4年前の1965年にキヤノンが最初のオートフォーカス試作「キヤノンAF」を発表しています。 コントラストを検出する方式でした。 それから4年も経った時点で、NASAがオートフォーカスの技術を持ってないわけがないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キャノンが世界初!ならありえますね。

お礼日時:2017/02/13 16:10

ピントは、今のトイカメラとおなじではないでしょうか。


広角レンズで、適当無限遠設定で、たいていピントあう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!それありかも

お礼日時:2017/02/13 16:06

アームストロングかな?


降りてー、
カメラ設置してー、
ピントもしっかり合わせてー
本番!
改めて、ゆっくり降りた。
NASAのコントロールセンターではライターが有名なセリフを用意してー、
カンニングペーパーで渡してー、
カチンコも用意されたかも。

硫黄島に星条旗立てたのだって、やり直したんだからー。
宇宙人とか、スタジオ撮影よりもありそうじゃない?

冗談だけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良いね。そのジョーク!

お礼日時:2017/02/13 16:08

>ではリモートピント調整機能がすでに、開発されていた!



月へ行く技術があって、カメラのピントは人力でないと合わせられない?
どんな方法か知らないが、当然そんな技術は有って当然でしょ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高度なオートホーカスかな?

お礼日時:2017/02/14 02:24

脚部に搭載されたカメラの設定がどうであったかは知らないけど、


パンフォーカスという設定がある以上、
オートフォーカスがない=自動でピントが合うのはおかしい、
という理屈にはならないよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!

お礼日時:2017/02/13 16:07

アームストロングが月面に降りる場面を撮影したのは着陸船の脚部に搭載されたカメラです。

 オリドリンはアームストロングから15分遅れて月面に降り立ちました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ではリモートピント調整機能がすでに、開発されていた!

お礼日時:2017/02/13 15:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧日本軍が満州地方を短期間で占領できた理由

戦前の日本軍は柳条湖事件をきっかけに満州地方を短期間で占領してしまいます(満州事変)。
日本の3倍近い面積をもつこの地域を、日本はどうして短期間に奪い取ることができたのか不思議でならないのですが、その理由は何だと考えられるでしょうか。

ナチスドイツが征服したフランスよりも広大な地域を、わずか半年程度で勢力下においてしまうというのは恐るべきものだと思うのですが。
また、満州事変においては南京大虐殺のような事件(この事件が本当だったかどうかは置いておいて)がほとんど起きなかったのも不思議です。レジスタンスのような運動もあまり起きなかったのではないでしょうか。
あれだけ反日的な中国政府でさえ、満州事変の際の日本軍の暴虐についてはほとんど言ってこないのですから。

Aベストアンサー

もともと満州は清国を建国した女真族の聖地で、清国全盛時代には漢族が入り込むことは禁じられていました。 当時の満州は今の日本と同じように安全で、家に鍵をかけて外出する必要がなかったと言われています。 ところが清国が衰退し始めると満州に漢族たちが次々と入植を始めました。  漢族が入植した土地は、強盗団が跋扈して、安心して暮らせず、満州の治安も酷い状態になりました。 そのため、日本が女真族をバックアップして女真族の国である満州国を建国したのです。その結果、満州国は以前のように安全な国になりました。 満州国は日本軍が中国人(漢族)を追い払って女真族の皇帝を担いで作った傀儡国では決してありません。 日本が満州を中国から奪い取って、日本の傀儡である満州国を作ったと言うのは、戦勝国のでっち上げでしかありません。 この事実を知れば、質問者さんの疑問も自ずと氷解するでしょう。

Q命懸けの決闘をやるメリットは何ですか?

剣道の試合みたいに防具を着て竹刀で打ち合うならスポーツです。
宮本武蔵が高条件で自分を雇ってくれる王様にアピールするために決闘相手を募るのも分かります。
それ以外です。
相手とあらかじめ打ち合わせして奇跡的な名勝負をやって周囲から賞賛を得ようとするのでなく、勝利したらお金をもらえる状況でもなくて、戦争中でもない、
武器を使わない事を約束した上の殴り合いだったり、ギブアップしたら即座に絶対強者が止めてくれるわけではない、
ギブするときにはもう決定的な重症で助からない可能性も高い刀や剣や銃を使う決闘です。
挑んだり受けるメリットは何ですか?
受けた直後に冷静になって、やっぱりこっちが悪いです負けでいいです御免なさいの実例は歴史上に少ないのでしょうか?

Aベストアンサー

決闘と言うのは、両者が話し合いでは解決できない問題の最終解決方法が決闘です。

「力が強い者は何でも正義と言う倫理」と、「決闘で勝った者がその問題解決を行えるという倫理」との違いは、「力が強い者は何でも正義と言う倫理」は、ルール無用。勝てば何をやってもよいと言う方法で行われ、その組織が存在する限り永遠に紛争は終わりません。どちらかが滅ぶまで続きます。


「決闘で勝った者がその問題解決を行えるという倫理」は、両者が争っている争点の最終解決方法として、両者が合意したルール(その文化圏で慣習的に認められた仁義が基準となる場合が多い。例え「命を掛けた決闘」でも飛び道具や投げナイフは駄目とか。)で決闘を行います。その決闘の後は、その問題解決を行う権利は勝者にあると言うのが決まっただけで、人としての勝敗が決まったわけではなく、その後はこの問題は過去のモノとし、建設的な未来志向で互いの関係を構築する(命を掛けた決闘でも、決闘によって死なれた人の仲間がその報復を行う事は野蛮とする)。

このような目的でやられるのが決闘です。



その合意内容は、その地域の文化的、歴史的な慣習で養われる事が大半です。


「命を懸ける決闘のメリット」ですが、決闘とは個人の問題なので、その状況によりますので漠然とした答えになりますが、「命を懸ける決闘のメリット」は、話し合いでは解決できない、どちらかが死ぬしか問題解決が無い。しかもその殺し方は闇討ち、暗殺などでは駄目で、正々堂々と決闘による勝負が必要である。そのような背景があるからこそ「命を懸ける決闘」を両者ともに合意しているのだと思います。


それで、そのメリットですが、勝者はその問題を解決する事ができます。

決闘と言うのは、両者が話し合いでは解決できない問題の最終解決方法が決闘です。

「力が強い者は何でも正義と言う倫理」と、「決闘で勝った者がその問題解決を行えるという倫理」との違いは、「力が強い者は何でも正義と言う倫理」は、ルール無用。勝てば何をやってもよいと言う方法で行われ、その組織が存在する限り永遠に紛争は終わりません。どちらかが滅ぶまで続きます。


「決闘で勝った者がその問題解決を行えるという倫理」は、両者が争っている争点の最終解決方法として、両者が合意したルール(その文...続きを読む

Qルーズベルトが参戦を決意しなければ、日本は大戦に勝ったと思いますか?

第二次世界大戦の勃発前、アメリカのフランクリン・ルーズベルトは戦争に参加しないという公約を掲げて大統領に当選しました。
当時のアメリカはモンロー主義もあり、国民も戦争参加は止めるべきという雰囲気だったようですし、旧大陸で何が起きようがアメリカには自活できるくらいの力もありました。

第二次世界大戦で日本が真珠湾を攻撃したのは参戦を目論んだルーズベルトが日本がアメリカを攻撃せざるを得ないところまで追い込んだからということを示す資料もありますし、アメリカも国家の総力を挙げて日独を潰しにかかったのは事実です。

ルーズベルトが所期の公約どおり第二次世界大戦において中立を貫いたなら、日本(とドイツ)は戦争に勝っていたでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカと日本が戦わなかったら日本はそれ以外の戦争に勝っているかという質問ですが、勝っています。というか、これ、ifではなくて実際に勝っています。

日本は敗戦国ですが、負けたのはアメリカだけでそれ以外は勝っています。
対中華民国戦では、連戦連勝で蒋介石は逃げ回っていただけです。
対オランダ戦は、日本軍に瞬殺されます。
対イギリス戦は、シンガポールまでは日本軍は楽勝。

これは、ifでは無く史実です。

史実ではインドに行くと敗北しますが、if設定では、日米戦争が無いためそのまま進撃できるので、昭和17年初頭ならば楽勝です。


因みに、イギリス人やオランダ人は反日的な理由は、過去の歴史で日本に叩きのめされた経験があるからです。そして、それを知らない大半の日本人は話が一切かみ合わず、余計に彼らを腹立たせます。

日本としては、石油が確保できればそれ以上戦争をする必要も無いので、最低でもインドネシアあたりでイギリスとオランダと講和できれば、何も問題なくなります。




フィリピンの兵站の問題がありますが、アメリカに宣戦布告などしないで素通りすれば良いだけです。フィリピンにいるマッカーサーは怒るでしょうが、ルーズベルトから戦争を仕掛ける気が無い設定ですし、戦争にはなりません。フィリピンは素通りさえできればよいだけなので、戦線に影響もありません。

ルーズベルトから戦争を仕掛ける設定ではないと言う事は、アメリカがひそかに中華民国に兵士や戦闘機を送っていた事や(アメリカが先に日本に仕掛けたと言う根拠の一つ)、在米日本人の資産停止や日本人病原菌隔離演説(発言での攻撃も先に仕掛けた事になる。当時の価値観では、外交ルートでその発言を撤回しないなら実力(戦争)で撤回させても侵略にはならない。)などのルーズベルトが行った、日本に対する攻撃も無いかもしれません。

そうなると、日米関係は意外と良好かもしれません。実は、開戦直前までは、日米関係は表向きはそこまで悪くなかったのです。ベーブルースが日本に来た当時も、鬼畜米国人と嫌われる事は無く大変歓迎され、まさかその数ヵ月後に日米で戦争になるとは多くの日本人は思っていませんでした。



そもそもの話ですが、ルーズベルトが日本と戦争をしない方針なら、アメリカの日本に対する石油の禁輸もないかもしれません。そうなると、日本はイギリスやオランダとの戦争すらなかったかもしれません。

中華民国との戦いは、そもそも中華民国がテロ活動を一向にやめず、通州事件などの日本人虐殺事件が発端になっていますが、その治安回復を蒋介石が放置していたため、日本が自己回復のために兵士を送った事変です。これは、日米関係が良好でも蒋介石がちゃんと犯罪者を取り締まらない限り不可避でしょうが、史実でも後一歩まで蒋介石を追い詰めていたので、このif設定では、時間の問題だったでしょう。

アメリカと日本が戦わなかったら日本はそれ以外の戦争に勝っているかという質問ですが、勝っています。というか、これ、ifではなくて実際に勝っています。

日本は敗戦国ですが、負けたのはアメリカだけでそれ以外は勝っています。
対中華民国戦では、連戦連勝で蒋介石は逃げ回っていただけです。
対オランダ戦は、日本軍に瞬殺されます。
対イギリス戦は、シンガポールまでは日本軍は楽勝。

これは、ifでは無く史実です。

史実ではインドに行くと敗北しますが、if設定では、日米戦争が無いためそのまま進撃でき...続きを読む

Qヒトラーはどれほど馬鹿だったのですか。

ヒトラーはどれほど馬鹿だったのですか。

Aベストアンサー

総統閣下は馬鹿では無いです 、当時のアメリカのニューディール政策に相当する国家公共事業を、一人で考案しました。

労働者の待遇を良くする為、劣悪だった職場の衛生管理を整え、仕事に対しての余暇を充実させました。

戦争が無ければドイツの労働者家族は、フォルクスワーゲンに乗ってアウトバーンを走り、海岸のリゾートホテルに宿泊して充実した休暇を過ごしていたはずです、あるいはブレーメン号やオイローパー号のリゾート船に乗ってクルージングを楽しんでいたでしょう。

色々な方向から総統閣下の事を調べると、必ずしも愚か者では無いと解るはずです、なにせノーベル平和賞にノミネートされたぐらいですから。

Q一般に“都”という言葉はどこを指しますか? ・天皇が住んでいるが歴史の浅い東京 ・歴史はあるが今現在

一般に“都”という言葉はどこを指しますか?


・天皇が住んでいるが歴史の浅い東京

・歴史はあるが今現在天皇は住んでいない京都

・もちろん、平城京のあった奈良を指すかも知れません

漢字の意味では東京だと思うのですが、この言葉を使うときは京都を指すことが多いように感じます
みなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

「都」という言葉をミヤコと使った場合、ほとんどの場合「京都」を意味します。

都(ミヤコ)は現代語としてではなく、古語として扱われるからです。古語でミヤコは京都を指します。

天皇がいる場所として重要なのはむしろ「京」の方です。
天皇がいたもしくは居る場所以外は「京」という文字を使うことはできません。

Q真珠湾攻撃をアメリカが事前に知ってたは明らかにウソでは?

戦死2,345民間人68。
これだけ犠牲が出たのを事前に知ってたけど戦略的な理由で黙ってましたは関係者が遺族から袋叩きになりません?
アメリカは民間人も銃を持ってます。
予想される犠牲者が数人ならともかく有り得ないと思いませんか?

Aベストアンサー

真実はだれにもわかりません。

しかし状況から見て,おおよそのことは判断できます。
私は質問者さんの感覚は正しいと思います。

知っていたけど黙っていた・・・
そんなことがあとからバレたら大統領どころか
政権も吹っ飛びます。

戦争を始めるにはもっと小さな被害で十分です。
民間人が一人虐殺されれば国内は大騒ぎになり,
戦争へとつながります。

生麦事件だって死んだのは一人です。
そこから薩英戦争が起こりました。

軍人を2000人以上犠牲にする必要はありません。
まあ,No.9さんの回答も説得力がありますけどね。

歴史は証明が難しいため,
とかく自分の都合がよいように操作されるものです。
質問者さんのように「自分の常識で考える」のが
いちばんよいのでしょうね。

Q玉音放送で国民がなぜ天皇陛下の声を知っているのか

https://www.youtube.com/watch?v=YbdCWdRNgz4
このラジオ放送です。
ラジオだから音声だけで顔は見えないはずなのに何を根拠に天皇陛下だと判断したのでしょう。

Aベストアンサー

>ラジオだから音声だけで顔は見えないはずなのに何を根拠に天皇陛下だと判断したのでしょう

玉音放送の時点で「この声が天皇陛下だ」と思った人はほとんどいなかった、というのが真相です。

ただし、玉音放送がある、仕事の手を休め学校も中断して聞くように、という命令が事前に出ていたこと、放送内容が「日本はポツダム宣言を受け入れて降伏する」という内容だったことから、「天皇直々に話をされた可能性が高い」と思っただけです。

その後の新聞やラジオのニュース、降伏後の敗戦処理などの内容が伝わるにしたがって「あれは本当に天皇がしゃべったんだ」という認識が広まった、ということです。

Q元号は現在、天皇陛下が代わられると元号を変える事ですが、江戸時代やそれ以前の時代では、どのタイミング

元号は現在、天皇陛下が代わられると元号を変える事ですが、江戸時代やそれ以前の時代では、どのタイミングで変わっていたのでしょうかか?

Aベストアンサー

今のように、天皇の代替わりのときにだけ元号を変える制度になったのは、明治からです。その結果、天皇と年号が1対1に対応するようになりました(ということと関係があると思いますが、明治以降の天皇は、明治天皇のように年号で呼ばれています)。
それ以前は、めでたい事があった、天変地異、疫病がはやったとか、いろいろの理由で年号を変えていました。

Q日本史に出てくる人物で一番の卑怯者とは

日本史に出てくる人物で一番の卑怯者を挙げるなら誰を挙げますか?

Aベストアンサー

徳川慶喜。

己の命令で部下が戦っているのに、
さっさと逃げだし、大政奉還。

この時、家康以来の金扇の馬印は置き忘れたが
お気に入りの愛妾は忘れずに同伴していた。

その後は、金が無く苦しむ部下を見捨てて
趣味三昧で、天寿を全う。

Q部落差別

昭和の頃までは部落差別はありましたが、平成の現在は部落差別など若者はしてないですよね?

と言うより部落を知らないですから。

Aベストアンサー

父が役所でその専門部署におりましたので、良く存じておりますし、私も人生経験の中でそうした方とや付き合いもあり
破局に追いやられた経験もございます。

時代が変遷し、そうした意識が薄れて行く事は、個人的には好ましいと思います。

時が解決していく、、、良い事だと思いますよ。


人気Q&Aランキング