年末調整や源泉税の仕訳について教えて下さい。
1人で会社経営しております。
毎日弥生会計で帳簿をつけておりまして、決算の時だけ税理士に頼んで、格安で決算の書類を作ってもらっています。
12月決算で、既に1月の頭には弥生会計の昨年度のデータを渡して、先週には税の納付額の報告を受け、現在弊社へ向けて決算書類や払込票等を郵送してもらっているところです。

しかし、ここに来て昨年度中に源泉の超過分を立替金なり何なりで処理して現金で支給しておくのを忘れていたことに気付きました。
つまり、5万円分の超課税があったとして、昨年12月分の給料で毎月の源泉税5千円のところを0として(ここまでは昨年度の仕訳処理が済んでおりますが)、4万5千円を立替金処理しておき、今年度の毎月の分の給料の仕訳を、
借方
役員報酬 30万円
貸方
○○銀行 29万円
預り社会保険料 5千円
預り源泉税 5千円

借方
預り源泉税 5千円
立替金5千円

とする予定でおりました。が、この立替金の仕訳をするつもりが忘れたまま決算をしてしまいました。
年をまたいでしまった今、何か良い方法といいますか、昨年度の帳簿は触らずに今年度分で良い仕訳方法などありますでしょうか。
私は簿記3級程度の知識しか持っておりません。
大変お手数ではございますが、
① どのような仕訳をしたらよいか、上記のような借方貸方で例を挙げて教えていただけませんでしょうか。
また、
② 年末調整で源泉の超過の処理はどのように処理するのが最も簡単で分かりやすいでしょうか。今年度末からの参考にさせて頂きたいので、これも借方貸方例を挙げて教えていただけませんでしょうか。

どうぞよろしくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • 昨年12月の仕訳は、
    借方
    役員報酬 30万円
    貸方
    ○○銀行 29万円
    預り社会保険料 5千円
    これだけです。

    そのため、45000円を、今期
    預り金45000/現金45000
    として仕訳しておいて、毎月の給料の際に
    預り源泉税5000/預り金5000
    という仕訳を45000円が0になるまで毎月仕訳をしていこうかと考えているのですが、問題ありますでしょうか。

      補足日時:2017/02/13 19:19

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>そのため、45000円を、今期


預り金45000/現金45000
として仕訳しておいて、毎月の給料の際に
預り源泉税5000/預り金5000
という仕訳を45000円が0になるまで毎月仕訳をしていこうかと考えているのですが、問題ありますでしょうか。


昨年末の「預り源泉所得税」元帳の残高は、▲45,000となっています。

昨年の元帳に触らずに解決するためには、

今年1月、現金で45000円を還付して
預り源泉所得税45000/現 金45000
と仕訳する。むしろ、ここで立替金を使う方が問題ですね。
また私なら、「預り金」ではなく「預り源泉所得税」をそのまま使います。

そして、1月分の役員報酬を支給するときは、

〔借方〕役員報酬300,000/〔貸方〕現金or預金 290,000
〔借方〕……{空白}……/〔貸方〕預り社会保険料5,000
〔借方〕……{空白}……/〔貸方〕預り源泉所得税5,000

このとき、「預り源泉所得税」元帳の残高は、▲40,000になります。
ですから、2月10日には、源泉所得税を納付しない。

2月分以後も同じで、▲40,000がゼロになるまで続けます。


〔参考〕源泉所得税の年末調整過納額の還付を請求する手段もあります。ご参考に。↓

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gen …
    • good
    • 0

決算時のみ関与してもらってる税理士がおられるのですね。


申告書の作成と提出を委任されてると思いますが、源泉徴収した際の仕訳と年末調整した後の預り金の仕訳がわからないと聞いたら教えてくださると思います。
失礼ながら、ご質問文を読む限りでは、年末調整の結果で超過額が出てると言われる点が「ほんとかいな」というレベルです。
年途中に扶養親族の異動があったような場合を除いて、4万円を超える超過額が出ることはそれほどありませんので、毎月の源泉徴収税額が違ってるとか、年末調整そのものが違ってるなど、なにか間違いがあるように感じます。

年末調整の超過額を、翌月以後支払う給与から天引きされる所得税から還付する方法が一般的ですが、初心者ですと「わけがわからない」状態になる事があるようです。
わかりやすい方法としては「源泉所得税及び復興特別所得税の年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書」を税務署に提出して、本人に直接還付をしてもらう方法があります。
表題が長い書類ですが、要は「年末調整をしたら還付額が出たので、税務署から本人に還付してくれ」という請求書です。
本人の委任を受けて源泉徴収義務者である法人が還付金を受け取ることも可能ですが「わけわからん」状態になる方ですと、かえって会社に振込がされると混乱する原因となります。

私見です。
私はこの明細書を出して税務署から本人の口座に還付してもらう方法が好きです。
本人から「年末調整での還付金を貰ってない」と言われる可能性がなくなるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まず社長が私で、従業員も私一人だけです。
そして住宅を購入したために住宅ローン控除のために実際4万円以上の超過額となりました。

お礼日時:2017/02/14 05:16

分かり難い質問文ですね。



質問①:
要するに、昨年の年末調整で5万円の還付が出たので、昨年12月分の役員報酬を支給したときには、12月分の源泉所得税を天引きしなかった。
しかし、所得税(45000円)を還付するのを忘れていた・・・
ということですか。

質問②:
>(ここまでは昨年度の仕訳処理が済んでおりますが)

毎月の役員報酬30万円、社会保険料5千円、源泉所得税五千円として、

昨年12月分の役員報酬を支給したとき、どのような仕訳処理をしたのか、その仕訳を書いて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

昨年12月の仕訳は、
借方
役員報酬 30万円
貸方
○○銀行 29万円
預り社会保険料 5千円
これだけです。

そのため、45000円を、今期
預り金45000/現金45000
として仕訳しておいて、毎月の給料の際に
預り源泉税5000/預り金5000
という仕訳を45000円が0になるまで毎月仕訳をしていこうかと考えているのですが、問題ありますでしょうか。

お礼日時:2017/02/13 19:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q預り金?立替金?決算またぎます。仕訳教えてください。

預り金?立替金?決算またぎます。仕訳教えてください。

社長に役員報酬を払う際に、国保と年金の納付書を渡されて払っておくように言われています。(社会保険の話はここではおいといてください。)

月末締めの翌月末払いなのですが、通常は例えば

6/30 役員報酬 10万 / 未払費用10万 6月分
7/31 未払費用 10万 / 現金   9万 6月分役員報酬 
   旅費交通費 1万 /        通勤定期代
            預り金 1.5万 年金
            預り金 0.5万 国保

   -------------------
7/31  預り金 2万 / 現金  2万  社長国保・年金

というように仕訳をしています。

ある月、売上があがらず、社長への役員報酬が支払えなかったことがありました。が、年金と国保は納付期限が決められているので、その分だけ出金(預り金2万/現金2万)しました。期末に預り金を集計したところ、当たり前ですがこの2万円の分がマイナスで出てきてしまいました。期末に前月分の役員報酬を払う際に精算してしまえばよかったのですが、うっかり忘れてしまいました。これを翌期に持ち越すのはまずいですよね?支払えなかった月の分と期末の月の分が未払費用でありますが、このあたりでうまく調整することは可能でしょうか。また、「預り金」として出金しましたが、役員報酬を払えなかったので預ったわけでなく、立て替えて払ったということでこのときだけは「立替金」にしたほうがいいのでしょうか。

ご教授いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

預り金?立替金?決算またぎます。仕訳教えてください。

社長に役員報酬を払う際に、国保と年金の納付書を渡されて払っておくように言われています。(社会保険の話はここではおいといてください。)

月末締めの翌月末払いなのですが、通常は例えば

6/30 役員報酬 10万 / 未払費用10万 6月分
7/31 未払費用 10万 / 現金   9万 6月分役員報酬 
   旅費交通費 1万 /        通勤定期代
            預り金 1.5万 年金
            預り金 0.5万 国保

   -...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!記帳代行のKSKです。
どうもすみません^^; 文章が雑でご迷惑をおかけしています^^;

>結局は未払費用の額を、支払った国保・年金分2万分減らせばいいということでしょうか。そのための仕訳が「未払費用/預り金 2万円」で、振替伝票に書く、ということなのでしょうか。

◇その通りです。

(確認されるのは、ここまででいいかも。以下は見なくてもいいです^^;




>預り金が消える形になるので・・・

◇預り金はゼロ(消えるカタチ)で良いです。

>この「現金で支払う分は起票しないで」の部分ですが、国保・年金は現金で支払っています。それが出金伝票に相当するのですが・・・

◇その通りです。しかし、この時点では国保・年金分の預かり処理をしていないため、これに相当する分の預り金を未払費用に振り替える仕訳を起こすのです。

月末に起票する役員報酬の発生仕訳、相手勘定:未払費用ですが、この未払費用は社長にまだ払っていない(あとから払いますよの)事を意味していますよね。

通常素直に考えれば、未払費用のその全額を社長に現金で支払います。

でも、実際には社長に現金で8万円を支払い(1)、2万円は会社で預かります(2)。

預かった2万円は社長個人の国保・年金分ですから、社長に代わって会社が支払っています。

今回(1)の支払はあとに延びたので未処理です

(2)は起票しなければ預り金がマイナスになってしまうことや当初から社長の給与から預かって支払うという取り決めになっている事なので 未払費用/預り金 を起票します。



私は、どうしてもプロセスも知って貰いたいので長々となってしまいます。
性分なのでご容赦を^^

会ったこともなく顔も性格も知らない方に文章で説明するのは、とても難しいですね。
自分の文章力の無さに痛感します。

今回で解決できれば幸いですが、補足でも、別件でもなにかあったらお気軽にどうぞ!

こんにちは!記帳代行のKSKです。
どうもすみません^^; 文章が雑でご迷惑をおかけしています^^;

>結局は未払費用の額を、支払った国保・年金分2万分減らせばいいということでしょうか。そのための仕訳が「未払費用/預り金 2万円」で、振替伝票に書く、ということなのでしょうか。

◇その通りです。

(確認されるのは、ここまででいいかも。以下は見なくてもいいです^^;




>預り金が消える形になるので・・・

◇預り金はゼロ(消えるカタチ)で良いです。

>この「現金で支払う分は起票しないで」の部分...続きを読む

Qテレカを会社の通信料に充当した場合の仕訳ですが、貸方は消耗品、借方は通

テレカを会社の通信料に充当した場合の仕訳ですが、貸方は消耗品、借方は通信料と手数料に
なるのでしょうか?手数料分も込みで通信料とするのはまずいでしょうか?

Aベストアンサー

#1の回答者です。

科目は通信費/雑収入(営業外)となります。
手数料用の科目がないとのことですので、そのままテレカの額面を取引金額にしてもかまわないと思います。高額で分けるようなら広義で振込手数料ととらえて振込料を処理するときの科目にするのも方法です。

貸方が雑収入とする理由:過前期のもので今期の支払いに当てたので、今期から見るとテレカの価値分会社は得をしたことになります。(<収入とみる)また、グッツとして購入していたことから質問者さんの事業はテレカを商品として販売して収入を得る事業ではない(<営業外)と考えます。

既存の科目で処理する理由:今回のテレカの処分は在庫の処分をするためで次年度以降頻発すると考えにくいためです。継続的な発生や高額な取引が発生しない限りわざわざ科目を作る必要はないと思います。

経理システムの都合上で上の課目を同時入力できないときは、間に「仮受金」を挟めんで2行で仕分ければできます。
(通信費/仮受金と仮受金/雑収入)

Q確定申告:昨年度売上・今年度入金の源泉徴収

個人事業主です。
22年度の確定申告について教えてください。

・22年12月に売上を計上しました。(売掛)
・23年1月に入金されました。(源泉徴収)
・22年度の支払調書が送られ、それには22年12月の売上に対する源泉徴収額も含まれていました。

この12月分売上は22年度の帳簿に計上していますが、源泉徴収は入金時に帳簿につけるので22年の帳簿には記帳されていません。売掛・未入金の状態で繰越です。

Q1:実際に源泉徴収されたのは23年1月ですが、22年度分に含んで申告してよいのでしょうか?

Q2:その場合、帳簿上の源泉徴収合計額と申告書類の源泉徴収合計額が合わなくなるのですが、よいのでしょうか?

過去ログで同様の質問を探しましたが、ぴったりのがみつからず、質問させていただきます。おそらく専門家には「何を今さら」という質問だと思われます。お恥ずかしいですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Q1 本来、22年分に含めて申告しなければなりません。
あなたの22年12月の売上は、23年1月だろうが2月に入ろうが、22年の収入ですから。

Q2 その場合は、源泉と確かに合いませんよね。
なので、売掛金にもひとつ仕訳を追加するのです。

事業主貸(源泉税)/売掛金  ○○円

そしたら、1月に入金される額と、売掛金の額は合ってるはずです。
源泉税の22年の合計額も合っているかと思います。

Q青色申告の仕訳:立替旅費(立替払い方式)の仕訳

お世話になります。個人事業者です。青色 初心者です。

立替払いで月末に(仕事依頼先に)請求を立てています。
旅費交通費とその他(電話代、消耗品費など)もあります。

月末に
立替金 1000/ 事業主借1000

(翌月)入金日に
事業主貸1000/ 普通預金1000

。。。立替金は変でしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>。。。立替金は変でしょうか…

はい、おかしいです。
サラリーマンの出張旅費を会社に請求するのではありません。

>立替払いで月末に(仕事依頼先に)請求を立てています…

どのようなお仕事か存じませんが、とにかく客先への請求書には、商品 (等) 代金とは別に交通費を記載したとしても、交通費はあくまでも商品 (等) の原価のうちです。

請求した日 (厳密には仕事を完了した日) に、交通費もすべて含んだ金額で
【売掛金 △△円/売上 △△円】

入金された日に
【普通預金 △△円/売掛金 △△円】
です。

>旅費交通費とその他(電話代、消耗品費など)もあります…

それらをあくまでも商品 (等) の原価であって、それぞれ支払い事由の発生した日に、、
【旅費交通費 100円/現金 100円】
【通信費 100円/現金 100円】
【消耗品費 100円/現金 100円】
などの仕訳をします。
月末にまとめてではいけません。
まあ、電話代は月ごとの精算が普通なので、その都度というわけではありませんけど。

Q決算修正仕訳の次年度の仕訳

期末に決算修正仕訳をして決算をした後、
次年度の期首に、その修正仕訳を元に振り替えますよね。
その、元に振り替える仕訳をなんというのでしょうか?
決算修正仕訳の繰戻とでもいうのでしょうか?

Aベストアンサー

「再振替仕訳」です。
費用と収益の見越し・繰り延べの項目でしょうか。

例えば、6月1日に、先1年分の保険料12,000円を支払った。
当期は1月1日から12月31日であり、
決算時にこれを繰り延べる場合

支払時の仕訳:支払保険料12,000/現金12,000

決算整理仕訳:前払保険料5,000/支払保険料5,000
→来期の分、5か月分を振替

再振替仕訳:支払保険料5,000/前払保険料5,000
→決算仕訳の逆仕訳

と仕訳します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報