銀行は、もはや「消費者金融」になっている。 新たに危うい顧客層も取り込んで…。ご意見をどうぞ。

参考URL:銀行は、もはや「消費者金融」になっている 新たに危うい顧客層も取り込んで…
http://news.goo.ne.jp/article/toyokeizai/busines …
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
教えて!ニュース編集部から時事問題に関する質問をお届けします
【ご注意】
ベストアンサーの選出とお礼は行わない点をご理解の上、回答をいただけますと幸いです。
https://oshiete.goo.ne.jp/profile/542226850/hist …

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

銀行は消費者金融会社を系列会社化してますよね。


グレー金利と言われた各消費者金融の融資やクレジットカード会社の年利30%弱のキャッシングが違法判決となり、
多くのクレジットカード会社がドル箱キャッシング事業自体を止めてしまった今、
返済能力がある人が消費者金融を使っている。そのバックに銀行がついている。それ自体に特に違法性は無いでしょう。

石原新太郎氏が都知事だった時代、首都銀行東京という官制銀行を作って、
民間銀行が融資しない中小企業に融資をしました。あの時代各銀行は経営体力が無くて
中小企業に融資をしないどころか、貸しはがしまでしていた。
それを東京都がスポンサーの銀行の登場で、慌てて中小企業にも融資をし始めた各行の事実はいずこ?

クレジットカード会社だって債権回収会社を利用していますよ。
債権回収会社は悪質なところもあるでしょうけど大半は健全な企業です。
銀行は所詮金貸し業です。金融商品の売り上げ(預金も含む)から資金を調達して、
融資先が比較的大きい位の問題でしょう。

リンクのURL拝見しましたけど、「危うい顧客層」のくだりが見当たらないです。
「後から返済に苦しむ人も少なくない」のは、銀行がいい加減な説明をしている、
もしくは必要な説明をしていないからなのでしょうか。単に無理な借り入れをしようとしただけでしょう。
首都銀行東京から中小企業が融資してもらって何とかなった時代とは違い、あそこまで不景気でもないし超低金利時代です。

銀行が消費者金融を行うことに何ら違法性もコンプライアンス的問題も無いと思うのですが。
独占禁止法に抵触するほど会社少ないですか?私の日本語能力が低いのでしょうか。
    • good
    • 0

大手は皆、消費者金融会社を傘下にしています。

まさか最悪の場合は
①銀行で融資⇒②滞ったりすると傘下の消費者金融会社に債権を移行される とか?
 更に滞ったりするとナニワの輩が。。。。。。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。 ヒィッ
    • good
    • 0

消費者金融が落ち目になってから街中で配られるティッシュの質と量がうんと落ちました。

    • good
    • 0

以前から金融機関の融資は、高利でやむおえない時以外は、借りないこと。

    • good
    • 0

まさか、個人の金利法違反承知で貸し出しているあれこれ、間もなく時効なんでしょうか、大変な密度でCM流しっ放し、あれだけコストが掛けられるという事は、相当な高利貸しなのか、今は2017年ですよね、あれに銀行が加わっているとは信じ難いです。

    • good
    • 0

お金は、結束で成り立っています。

結束が無いならお金の意味も無いのです。元は、衣食住を揃え生活を支えるものなのです。無人島で暮らすには結束無く生きていかれ無いものなのです。結束を作る為に必要なものでした。それが、生きる為に奪い合い殺し合うキルケの魔法に狂い始めるのです。馬鹿では、生存の意味がわから無いから殺し合いを作るのです。愚かな人間の行動なのです。結束して衣食住を揃え生きていけば良いのです。お金を求め結束を壊し生存の要件を失う愚かな考えから目を覚まさ無いと生きていけ無いのです。
    • good
    • 0

小泉内閣で、消費者金融を潰したからね。



だからこそ、借金で苦しむ人が減ったのです。
あた、額も少額です。
    • good
    • 0

金融機関による個人への融資は、1929年(昭和4年)の日本昼夜銀行(安田銀行が吸収)等による小口融資が始まり、戦争で一時停止するも、1967年(昭和42年)には日本ダイナースクラブがクレジットカードによるキャッシングサービスを開始、1977年頃から、強引な貸付や取り立て、借金苦による自殺などが社会問題化し、貸金業規制法の制定へ向かう流れが作られることになる。

そして、サラ金の利益に味をしめた銀行が、独自に、カードローンを始め、現在、その回収に行き詰まり、債権放棄し、破産手続きが後をたちません。
それにより銀行の収益悪化が、懸念されています。そして、破産手続きによって、債務者は、CICやJCCに、銀行から登録され、職を失い、生活保護申請が急激に増えています。

本来、信用情報の目的は貸金業者自身の経営の健全性ではなく、過剰貸付を防止し、もって多重債務者の発生を減少させることにある。が、本末転倒の自体が起きつつあります。
果たして、借りた本人が悪いのか・・・貸して、個人情報の共有をして、回収できなくなった銀行が悪いのか・・・近いうちに、大きな問題となるでしょうね。
また国から金を貸し付けますか???お得意の、不良債権としてね。
    • good
    • 0

「消費者金融」は悪者、こんな考え方自体が異常だと思います。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2月の消費支出 前年同月比-3.8% これ明らかに大不況だろ? http://www3.nhk.or

2月の消費支出 前年同月比-3.8% これ明らかに大不況だろ?
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170331/k10010931921000.html

総務省が発表した家計調査によりますと、2月の家庭の消費支出は、1人暮らしを除く世帯で26万644円と、物価の変動を除いた実質で、去年の同じ月を3.8%下回りました。
去年の2月がうるう年で1日多かった影響を考慮すると、実態として1年6か月連続の減少となりました。

Aベストアンサー

単なる統計でしかない。
直接的な影響はありませんが…
なんか、ありましたか?

Q*オリンパス*投資による損失と買収の損失の違い

オリンパスは有価証券などで出た損失を
買収による損失に紛れ込ませていたのですよね。
買収による損失も結局は表面にでてくるのに、これが損失を隠すことになるのですか?
損失の内容が違うと決算時に影響が少ないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

内容が違います。

買収の「損失」ではなく、経費に計上していました。(事業運営上必要な支払い)

実態はご存知の通り損失です。

決算時の計上箇所が全然違います。もちろん会社(決算含む)の評価も違ってきますので、株価も違います。なので隠したかった。

Qもはや 謙虚さもない バブル期は反日で 調子こき。 SAMSUNGの 日本の真似事も 地に落ちて 今

もはや 謙虚さもない バブル期は反日で 調子こき。 SAMSUNGの 日本の真似事も 地に落ちて 今後 この国は どの様な 末路を辿るので ありましょうか??【救う価値がありますか?】

Aベストアンサー

もはや 謙虚さもない
  ↑
もはや、という言葉遣いに違和感を感じます。
あそこはウリジナル、何でもかんでも、韓国起源
を宣伝している国ですよ。
地球上で最も、謙虚という言葉から遠い国です。



バブル期は反日で 調子こき
   ↑
これもオカシイです。
あそこは千年以上も前から反日です。
西郷隆盛の書見に「反日激しい韓国」との記載が
あります。
江戸時代の朝鮮通信使の日記にもあります。
元寇は、当時の朝鮮王「忠烈王」が、渋るモンゴルを説得
してやらせたものです。



SAMSUNGの 日本の真似事も
  ↑
サムスンを漢字で書くと「三星」です。
そうです。
三菱の真似です。



今後 この国は どの様な 末路を辿るので ありましょうか??
   ↑
寄生虫のごとく、時には中国に、時には日本に、
米国に寄生しながらもしぶとく生き抜いていく
のではないでしょうか。
ゴキブリのように。



【救う価値がありますか?】
   ↑
質問者さんも甘いですね。
絶滅する価値しかありません。

Q日本の借金900兆円は、もはや返済不可能。国債の日銀引受。その後、ハイ

日本の借金900兆円は、もはや返済不可能。国債の日銀引受。その後、ハイパーインフレとなった場合ですが、今、高額な家、マンションの住宅ローンを抱えている場合も事実上、その借金は無くなってしまうのでしょうか。ハイパーインフレは問題ですが、それまでの膨大な借金がなくなるのは国にも個人にもいいことなのでは?

Aベストアンサー

誰かの借金は誰かの資産です。誰かの借金が無くなれば、誰かの資産が無くなる事を意味します。投資とは誰かの借金と誰かの資産であり一体の存在です。つまり借金が世の中から無くなれば無くなるほど、世の中から仕事が消えて無くなる事を意味します。

世の中から借金が減れば減るほど、世の中から仕事が減り続け景気は悪くなってゆきます。お金が世の中に回らなくなり、貧しい人はより貧しく、資産家は資産を貯めこみ資産を眠らせる という自体になってしまいます。

なぜこれほど多くの国債発行を国が行う必要に迫られたのかといえば、それはバブル崩壊後民間企業が大量の借金返済を行ったからです。日本は10年以上ほぼゼロ金利水準にあります。これだけ低利の状態にありながら企業は事業拡大より借金返済を優先し、借金の縮小に明け暮れたのです。それどころか現在では大量の内部留保を抱えているような状態です。

借金返済や預貯金が増えながら、投資や事業拡大が増えない状態が続くと、銀行は貸出先が不足し投資先が不足しお金が戻ってくるばかりという状態になりお金が銀行に滞留してしまいます。そうなるとその滞留している分だけ世の中にお金が流れず、世の中から仕事がなくなり、景気が悪くなってしまいます。これが酷くなると恐慌に陥ります。

日本が恐慌に陥らなかったのは、企業の大量の借金返済によって放っておけば銀行に滞留してしまう資金を、国が国債発行というかたちでお金を使い市場へ流しだしてきたからです。

現在の問題は、企業が事業拡大を行わず借金を増やさずに居ることです。日本は10年近くほぼゼロ金利状態です。このような低金利にあるにも関わらず企業は事業拡大に消極的です。国の国債発行も市場で売買されていますので、企業活動が活発であれば国債が売られ長期金利が上昇することで、必然として国債発行は縮小の方向に動くのです。が、日本は企業活動の活発化が進まず、国債が買われ長期金利は低利率をずっと続けています。

恐慌に成って膨大な資産が消えてなくなる事は国にも個人にも何一つメリットがないのです。

誰かの借金は誰かの資産です。誰かの借金が無くなれば、誰かの資産が無くなる事を意味します。投資とは誰かの借金と誰かの資産であり一体の存在です。つまり借金が世の中から無くなれば無くなるほど、世の中から仕事が消えて無くなる事を意味します。

世の中から借金が減れば減るほど、世の中から仕事が減り続け景気は悪くなってゆきます。お金が世の中に回らなくなり、貧しい人はより貧しく、資産家は資産を貯めこみ資産を眠らせる という自体になってしまいます。

なぜこれほど多くの国債発行を国が行う必要に...続きを読む

Q日本はもはや経済大国ではない?

大田大臣が、国会演説で、日本はもはや経済一流とはいえない、と演説しましたが、もう日本は斜陽であとは沈んでゆくだけなのでしょうか。

株価も大幅に下がっているようですし、為替も対ユーロでは悲惨だと聞きます。

現実的な可能性としては、日本経済はこのまま埋没していく可能性が濃厚なのでしょうか?

素人の質問で恐縮ですが、ご教示いただけるとなによりです。

Aベストアンサー

はじめまして。

そう思う国民が多くなってますよね。

実際現段階でそうですし、そうじゃないという返す話もないですから・・

ただ確かに今の段階ではそうでしょうが、日本の企業は昨日明日できたものではありません。

ここ数年で出来たオイルマネー国家とは出来が違いますから。
なにより、格差社会といっておきながら、世界の格差社会とは雲泥の差ですよね?

中国や中東・インドやインドネシア・ロシアでは確かにいままでに比べてお金もちが増えて、かなり潤ってますが、全ての国民が潤ってません。
むしろ切捨て社会です。
だから逆にすべての国民を潤わせてないから、お金持ちがいるって事なんでしょうね。

ですが日本ではどうでしょうか?
格差格差といいながら、何人が餓死して、何人が学校に行けてませんか?何人が明日のご飯に困って、何人の子供が学校にいかずに働かないといけない状況になってますか?
ニュースでいろいろ言ってますが、ニュースはインパクトがないと、見てもらえないので、大げさにやってますが、世界的にみてこれだけ国民全体を普通水準にしている国家もそうそうありませんよ。

ただ、そのオイルマネー国家に日本の企業やアイディアが買い叩かれて、盗まれるという事が非常に危険ですね。

それを旨く牛耳れるリーダーがいればいいですが、その前に他人任せにしないで一人でも自分で考える人間が増えれば、埋没していくばかりではないでしょね。

実際こんなに株安で円安(ドル以外で)が続いてますが、まだまだ底がある感じですよね?

なんだか下のほうで日本人に恨み満載の何人だかわからないのが、日本をけなしてますが、おまえの国と出来が違うって事ですね。

確かにもはや経済一流とはいえない、でしょうが、じゃあこれからどうするのかって事が大事ですね。

このまま埋没するかは日本人一人一人がどうするかで決まると思います。
自分ひとりぐらいではなく、自分ひとりが大事なんですから。

日本経済はしぶといですよ。
ましてや日本人は。

はじめまして。

そう思う国民が多くなってますよね。

実際現段階でそうですし、そうじゃないという返す話もないですから・・

ただ確かに今の段階ではそうでしょうが、日本の企業は昨日明日できたものではありません。

ここ数年で出来たオイルマネー国家とは出来が違いますから。
なにより、格差社会といっておきながら、世界の格差社会とは雲泥の差ですよね?

中国や中東・インドやインドネシア・ロシアでは確かにいままでに比べてお金もちが増えて、かなり潤ってますが、全ての国民が潤ってませ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報