個人事業主で飲食店を経営しています。
お店でアルバイトの方が食事をした場合、給与から天引きしています。
金額は商品の 40%の額を差し引いています。これは仕入れ原価分です。
(例 700円のラーメンの場合 280円を給与天引き)

この場合、原材料費(仕入高)を負担しているものと考えられますので、
次のような仕訳を考えています。

(借方) (貸方)
給与手当 5,000 / 給与振込 4,720
           仕入高 280

この仕訳で問題ないでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

給与手当 5,000    / 給与振込 4,720


給与(現物給与)210 /  売上(自家消費) 490

が正だと思います。

自家消費は販売価格の70%を売り上げに計上します。
対して販売価格となる同額を「販売価格の原材料費だけ負担してくれ」という話ですから、差額は「現物給与」となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
今回の質問前にいろいろ調べたら同じようなものがありました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
のベストアンサーを参考にしました。

従業員は食事の価額の半分以上(うちの場合は全額)負担しており、会社負担分はありません。
-----------------------------
給与から天引きするなら
借方)給与200/貸方)預り金200
借方)預り金200/貸方)仕入200
-----------------------------
とあり、売上には影響していませんでしたので、今回の質問となりました。

お礼日時:2017/02/16 00:15

個人で飲食店をしてるのでしたら、決算書の自家消費額が必ず出ます。


その自家消費にアルバイトさんが食べた分を加算すべきなのです。
自家消費については知識が御有りだと思いますが、失礼ながら万が一ですが「しらんぜ」と言うならば検索してみてください。

お客様に提供するために仕入れた材料は、絶対に店主他家族従業員は口にしないというならば自家消費は発生しません。
某料亭で修業した板前さんは「お客に出すために仕入れた材料は、味見する程度。残ったら捨てる」と言ってましたから、自家消費がないお店ってのもあるかもしれません。
    • good
    • 0

賄いって飲食店の仕入れのロスを消化する為のものでは無いんですか?


給料から天引きって聞いたこと無いです。食べる、食べないの自由はあるんでしょうか?世知辛い世の中ですね。
    • good
    • 0

>次のような仕訳を考えています…



返品した場合を除いて、「仕入」が右側にくる仕分けはありません。

>原材料費(仕入高)を負担しているものと考えられますので…

700円の商品を 280円で売ったのです。
【売掛金 280円/売上 280円】

>給与手当 5,000 / 給与振込 4,720…

「給与振込」なんて科目名はありません。
口座から振り込んだのなら「普通預金」か「当座預金」。
現金を持ち込んで振り込んだのなら「現金」。

【給与 4,720円/普通預金 4,720円】
【給与 280円/売掛金 280円】
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「給与振込」は摘要欄の記載で、科目は「普通預金」です。失礼しました。
教えて頂いた仕訳ですと「売上高」が上がるのですが、
従業員の賄いについても「売上高」に含まなければいけないのでしょうか?

お礼日時:2017/02/15 23:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q従業員の賄いを給与から天引きする場合の仕訳について(その2)

個人事業主(青色申告)で飲食店を経営しています。
お店でアルバイトの方が食事をした場合、給与から天引きしています。
金額は販売価格の 40% を差し引いています。これは仕入れ原価分です。
(例 700円のラーメンの場合 280円を給与天引き)

家事消費として 70% の 490円 を計上しますので、差額の 210円を福利厚生費
として問題ないでしょうか?

(借方)/(貸方)
給与手当 5,000 / 普通預金 4,720
福利厚生費 210 / 家事消費等 490

何度も申し訳ありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>これらの条文と通達により 70%での売上(家事消費等)としましたが、従業員の食事は対象ではないのでしょうか?

商品を仕入れてそのまま販売する「仕入販売」の場合と、原材料を仕入れて製造加工して販売する「製造販売」の場合とでは、仕入れた棚卸資産の評価の方法が違うのです。

質問者は飲食店であり食材を仕入れて調理して(=製造加工して)販売しているから「製造販売」なのです。

ですから、ご質問のケースでは、所得税基本通達36-38(1)が適用されます。

《注》少なくとも「家事消費」ではありませんね。アルバイトは他人であり家族ではないから。

Q仕訳を教えてください

飲食店の材料を使ってまかない食を従業員に提供して(無料)いる場合決算時に福利厚生費として計上しないといけないのでしょうか? 経営者が店で飲食したものは家事消費分として売上にあげると聞いています。

Aベストアンサー

食材を仕入れる時に、
〔借方〕食材仕入高◇◇◇◇/〔貸方〕現金◇◇◇◇

と仕訳するのであれば、その食材を使った食事を従業員に無償提供する時は、
〔借方〕福利厚生費оооо/〔貸方〕食材仕入高оооо

でいいでしょうね。売上用(顧客料理)に仕入れた食材を社内用に転用するからです。

本格的な仕訳ですと、
〔借方〕福利厚生費оооо/〔貸方〕他勘定振替高оооо

がよろしいでしょう。

Q経費について

とある会社の経理担当している者です。
先日、お休みの日に他の部署の部長さん、自分の同期2名、自分の4人で野球観戦に行きました。
観戦後に打ち上げみたいな感じで飲みに行き、部長さんが僕たちから少し会費を集めて、残りを全部お支払いして下さいました。

先日、経費の伝票をチェックしていたところ、その部長さんのクライアントとの会食の精算があったのですが、領収書の日にち、会計した時間がまさに打ち上げの飲み会のものでした。また、精算金額も僕たちから集めた会費の差分でなく、総額での精算でした。

この時、自分の立場としては、やはり上司に報告せず、黙認してしまうのが一番良いのでしょうか?

Aベストアンサー

なんだ、せこいなぁ。
「これがお前らのやり方か!!」って言いたくなる。
会費として集金した金をパクるってことですから。

黙認してた方が波風を立てないから良いかもしれません。
しかし、経理担当がその領収書などを見て「ピン」と来るかどうかを試されてるのかもしれません。

派閥ってありますか。あるようなら相談相手を間違えるとえらいことになります。

個人的には上長に「気になることがある」として耳に入れておくのが良いと思います。
あとは上長の指示に従うしかないです。

Q雇用保険と青色専従者給料

雇用保険の最終認定日が1月15日で、満期受給。雇用保険受給期間中は、労働はしていないと申請。青色事業専従者給与に関する届出書は提出済みで、給料支払いは1月からと記入し毎月25日支払いとしました。

雇用保険の最終認定日以降の1月16日から青色専従者として働き、1月25日に青色専従者給料を支給したとして問題はないと思うのですがいかがでしょうか?

1月分の青色専従者給料に対して、所得税微収高計算書を記入し源泉所得税を収めたのですが、10日分(1月16日〜1月25日)の青色専従者給料としては、高いと感じています。青色専従者給料は申請書の範囲内で支給すれば月々の支給金額が一定で無くても問題がないという認識なのですが、このように10日しか働いてない青色専従者給料が高い場合、税務調査の対象になる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>雇用保険 × →失業保険

いえ、雇用保険の方で合ってます。現状は公的に「失業保険」という名称はありません。

>10日分(1月16日〜1月25日)の青色専従者給料としては、高いと感じています
10日分としては高いから、受給中から働いていたと思われないかということですよね。

実際はどうだったのでしょうか。
高いか安いかは比較の問題ですから、実際にそうだというならそれでいくしかないでしょう。
また、ハローワーク側でわざわざ税金を調査することはないと思います。

Q旦那の扶養に入りたいのですが、課税証明書を提出するよう言われました。昨年は仕事をしており、地方にいま

旦那の扶養に入りたいのですが、課税証明書を提出するよう言われました。昨年は仕事をしており、地方にいました。今年から、東京に引っ越してきました。この課税証明書は、いつの物を貰ってくればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

これは夫の会社の説明に落ち度がありますね。
「妻の平成何年の所得額を証明する書類の提出を願う」ときちんと言うべきです。
というのは、課税証明書は市役所が発行しますが、住民税について「年度」は、ちとややこしいのです。
平成27年中の所得に対して課税される住民税については、平成28年6月ごろ本人に通知するのですが、市役所の人はこれを「平成28年課税分」あるいは「平成28年分」といいます。
課税の中身は平成27年の所得に対してなのですが、28年と言うのです。

市役所税務課の人間は「そのあたりはわかっている」ので良いですが、一般ピープルは、平成28年分というのだから、平成28年の所得に対して課税されてる住民税だろという理解をします。
違うんですね。紛らわしいです。わかりにくいです。
税金の話は分かりづらいといいますが、このような点が話が食い違っていて「わけわからん税金」と言われる原因の一つとなってます。
その証拠に、市役所税務課の人と、あろうことか税務署の所得税部門の人が「年分」がずれている話をしてるので、お互いの話が通じなかったという笑えない事実があるのです。

というわけでして、例えば「去年の所得証明」と言われたら「何年の所得を証明した書類が欲しいのか」を確認しないと、せっかく時間を使って市役所まで行って貰って来た課税証明書が無駄になる可能性があります。
「あんた去年分っていうからさ、当然に28年分貰って来た。内容は27年の所得がいくらあるか証明してる」
「ちがいますよ。去年っていえば平成28年に決まってるでしょう。こちらは奥さんが平成28年中にいくら収入があったのかを知りたいんです」

ね。完全に話の食い違いが出てますね。
今は平成29年1月ですが、去年分の確定申告というと「平成28年3月15日に申告書を出した平成27年分」という意味と、「平成28年分の所得で平成29年3月15日が申告期限の分」のどちらかがわからないのです。時期が悪いんですけどね。

1月2月3月に、税金の話をするのに「去年の」という言い方をする人は「話が食い違って、結局二度手間になる人」です。上記のような事を知ってる人は、「28年中の所得がいくらあったのかを証明する書類」「27年中の(同)」という表現をして二度手間を防ぎます。

ご質問に対しては、わたしはおそらく「妻の28年中の所得額を証明する課税証明書が欲しい」のだと推測します。
すると今の時期は「まだ発行できない」が正解です。
平成28年中に奥様が働いていたとすると(それがどこの市であろうとも)、企業が給与支払報告書を提出する期限は平成29年1月末だからです。
確定申告書の提出に至っては29年3月15日が法定申告期限です。

今(1月)の時期に「去年の所得証明書」という表現をする会社担当者には「あのよ。それじゃなにが欲しいかがわからんのだわ」と今一度聞きなおす必要があり、奥さんの28年中の所得証明が欲しいというのなら「すぐには出ない」と伝えるしかありません。

これは夫の会社の説明に落ち度がありますね。
「妻の平成何年の所得額を証明する書類の提出を願う」ときちんと言うべきです。
というのは、課税証明書は市役所が発行しますが、住民税について「年度」は、ちとややこしいのです。
平成27年中の所得に対して課税される住民税については、平成28年6月ごろ本人に通知するのですが、市役所の人はこれを「平成28年課税分」あるいは「平成28年分」といいます。
課税の中身は平成27年の所得に対してなのですが、28年と言うのです。

市役所税務課の人間は「...続きを読む

Q過去の支払いを合算して領収書にしても問題無いですか?

当方、知識が無いためアドバイス頂けないでしょうか。

先日お客様に、過去に支払いした金額の合計で領収書を書いてもらえないかというご相談を頂いました。
期間は、2013年から2015年までです。

この間お支払いいただいた金額の合計を今の日付で領収書を切ることは問題ないのでしょうか?
何かとても違和感がありましたので、ご相談させていただきました。

お詳しい方アドバイス頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

>領収書は一度も発行しておりません。それでもよくないでしょうか?

受領した日付毎に発行して下さい。纏め領収書は印紙税法違反です。

Q試用期間中。クビですか?

今年の1月から、新しい会社に転職しました。試用期間は3カ月で、今、1カ月が過ぎた所です。経験があると偽り、就職しましたが、キツイです。簿記2級は持っていますが、経理初めて。
給与計算もやって、社保手続も任されてしまいました。明日からは、海外子会社の監査に上司に同行します。経理分からない事ないけど、分からない。クビですかね、、キツイです。

Aベストアンサー

簿記2級合格してるだけで、経験ありとした自分がまいてしまった種です。
段々と「経験ありってのは、うそだ」とバレますし、もうバレてるかもしれません。

どれほどの地頭をお持ちなのか、学歴社会で威張れる学歴をお持ちなのか知りませんが、経理職を舐めてかかった報いです。

世の中で「経理の仕事してます」って方が、どれほどの努力をして「経験者です」と言えるほどになってるか。
そんな事は知ったことではない会社の上層部だと「経験者って言うし、簿記2級合格してるから、大丈夫」と採用してしまったのでしょう。

ぜんぜん、大丈夫ではありませんから。
簿記2級合格って、例えば税理士事務所でしたら「あ、そう。だからなに」と言われるだけです。
簿記の簿の字も知らないって人よりはまし。そういう人は採用されませんけど。
経理(会計、税務)の世界で食ってる人だったら、簿記2級なんてのは「高校生の時に合格してますけど、もう忘れてしまってます」というんです。ひけらかしてる人なんていませんから。当たりまえなんです。

「経理分からない事ないけど、分からない。」
なにを自己弁解しておられるのですか。
経理なんてのは、会計と税務と財務と経営判断などがぐちゃぐちゃに混ざった概念なので、その中で会計の専門家が公認会計士、税務の専門家が税理士、財務なら中小企業診断士など専門家がいる世界です。
わかりっこないんですよ。
分からない事ないって言ってることが、たかがひと月触ってみただけで言うセリフではないんです。
「だから、分からないって言ってるだろ」でしょうね。

そう、分からないですよ。
簿記論、財務諸表論を合格してる税理士でさえ「私は会計の専門家ではない」と言うぐらいです。
ま、謙虚さから来てる言葉ですが、公認会計士から言わせれば「税理士などは会計の専門家ではない」と言いますからね。

ひと月経験した人が「わかる、わからない」なんて世界じゃないんです。
舐めたらあかんです。

就職がしたいために、そして簿記2級を合格してしまってるがために、経理経験ありと偽ったのは、会社に大きな期待を持たせすぎてます。失敗でしたね。

失礼ながら、あなた年末調整もできないのでは。法定調書の作成とかは。
簿記の試験では無関係な事ですから、知らなくてもいいです。
でも、このまま今の会社にいるとやらないとなりません。
あなたならできると思いますが、思っている以上に事務量はありますから、キツイ!!ですよ。

どのような職場でも今は精神疾患患者はおられるのですが、こと経理という定義しがたい世界には、たくさん精神疾患の治療を受けてる人います。
色々な要素があって発症するのでしょうが、数字の世界ですから、合うのが当たり前なので、それがストレスですかね。

弁護士になる試験も、かって私が試しに出した問題が「こんなことぐらい当たり前」というレベルでないと無理ですよ。法学部出てるならば常識的な問題ですから。
専攻が違うかもしれませんが、いやしくも法学部を出ていて、司法試験を狙うという方なら「背信的悪意者排除説」ぐらい言葉は知ってないと、お話になりません。

ウダウダと学歴や英語ができるとか簿記2級だとか、どこどこ大学出てるなど言っておらずに「自分で決める」しかないでしょう。

あなた、いくつ?
地頭はすごく良いのに、もったいない、もったいない。

簿記2級合格してるだけで、経験ありとした自分がまいてしまった種です。
段々と「経験ありってのは、うそだ」とバレますし、もうバレてるかもしれません。

どれほどの地頭をお持ちなのか、学歴社会で威張れる学歴をお持ちなのか知りませんが、経理職を舐めてかかった報いです。

世の中で「経理の仕事してます」って方が、どれほどの努力をして「経験者です」と言えるほどになってるか。
そんな事は知ったことではない会社の上層部だと「経験者って言うし、簿記2級合格してるから、大丈夫」と採用してしまった...続きを読む

Q確定申告の源泉徴収税額について教えて下さい。

青色申告で個人事業主です。
報酬の入金が翌年になる場合の処理なのですが、報酬が支払われた時に源泉徴収税額の仕訳をすることはわかるのですが、
その翌年に源泉徴収された金額は、確定申告書のどこに記入すれば良いのでしょうか?
売上時と入金が同じ年の場合は、所得の内訳のページに源泉徴収税額が入力ができて、申告書の還付金や納める税金が記載されるところに反映されますよね?
売上が前期の源泉徴収額が反映されておらず、少ない額になってしまっているのですが…

色々と、この辺勘違いしているところもあるかもしれず、変な質問になっていましたら申し訳ないです。
どなたか解るかた教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

難しく考えてしまわれたと思います。
決算時には「売り上げ」に計上されている。ただし相手は売掛金。
その売掛金は、決算終了後、つまり翌年に入金がされ、預金と事業主貸勘定にわかれる。
ここで、源泉所得税の納期限はいつなのだ?と考えると混乱してしまいます。

報酬を支払った相手が所得税を預かって税務署に納付するのですから、「こちらは知ったことではない」で良いわけです。

ただ、非常に精密に言いますと「未払い報酬に対しての源泉徴収税額」として内書する規定があります。
平成27年に発生した売上であるが、平成28年3月の確定申告書を提出する段階では売掛金のまま残ってる場合です。
当然に、支払する相手も源泉徴収義務が発生してませんから、報酬を受け取った者は所得税申告書の2表の「受け取り報酬の明細」欄の「源泉徴収税額」欄の係数に内書します。
この額は税務署にて還付留保されます。
源泉所得税として納付がされてないものを、還付しないようにするためです。
内書した源泉所得税に対する報酬が支払いされたときに「源泉徴収税額の納付届出書」を提出して、留保された還付金の支払いを受けます。

現実に確定申告書を出すときにそこまで精密に行ってる者は、実はそれほどおられないように思います。
もらった報酬がいくら、そこから天引きされた源泉所得税がいくらと内訳書を作成してるはずです。

税務当局も「年末の段階で、受け取ってない報酬があったら、源泉所得税について内書して、その後、源泉徴収税額の納付届出書を提出しろ」という指導を積極的にはしてないようです。
還付留保した、納付届出書が出たから還付するという手続きを、繁忙期である3月4月にすることを嫌がってると感じます。
「12月の報酬を、1月に支払った源泉徴収義務者は2月10日には納付するだろうから、無理やりに内書にしなくてもいい」という話なのかもしれません。

難しく考えてしまわれたと思います。
決算時には「売り上げ」に計上されている。ただし相手は売掛金。
その売掛金は、決算終了後、つまり翌年に入金がされ、預金と事業主貸勘定にわかれる。
ここで、源泉所得税の納期限はいつなのだ?と考えると混乱してしまいます。

報酬を支払った相手が所得税を預かって税務署に納付するのですから、「こちらは知ったことではない」で良いわけです。

ただ、非常に精密に言いますと「未払い報酬に対しての源泉徴収税額」として内書する規定があります。
平成27年に発生した...続きを読む

Q夫の扶養に入ってる妻の住民税の申告

現在、無収入の状態が3年ほど経っています。
しかし、夫の扶養に入っています。
それでも住民税のゼロ申告はしないとならないのでしょうか?

結婚は3年ほどになりますが、夫が去年の春から転職し正社員になり、
今の会社にはまだ1年経っていません。
詳しくないのでよくわかりませんが、
ある人は
「住民税のゼロ申告だけやっておけばいいんじゃないの?」
とも言うし、
またある人は
「主婦はそんなことしなくても大丈夫だよ」
とも言われます…

詳しい方、どうしたら良いのかアドバスをお願いします…

Aベストアンサー

>それでも住民税のゼロ申告はしないとならないのでしょうか?
いいえ。
必要ありません。
ご主人の扶養になるためということで、住民税の申告は必要ありません。

もし、ご主人の会社で、貴方の「所得証明書」の提出を求められた場合でも、税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)になっていれば所得0の証明が出ます。

Q1日のバイトで所得税が引かれている

派遣に登録しています。
先日請負の仕事を1日だけしたんですが、給料明細を見ると所得税が引かれていました。
この所得税についていくつか質問させてください。
給料:約6900円
交通費:300円
所得税:213円

【質問】
1.税務署のサイトの「給与所得の源泉徴収税額表(日額表)」見ると、所得税が780円引かれると思うんですが、213円という金額はどこから出てきたんでしょうか?
おおよその金額を引いて、来年の確定申告時に正しい所得税額を出して還付を受けるということなんでしょうか?

2.扶養控除の申請書について派遣会社に問い合わせると、「1日だけのお仕事なので、皆さんには乙欄で提出してもらってます」と言ってたので、提出していません。
「レギュラーで当社で働く機会や1日の単発で1ヶ月にたくさん仕事をして他の会社より明らかに給料が多くなるならその時に提出してください」と言ってたので、提出してないんですが、これは正しいと理解しておいてOKですか?

3.この会社で今後働くかどうかは分かりませんが、実際に所得税が引かれてるので源泉徴収票をもらって、自分で確定申告をすれば還付されるという理解でOKですか?

税金のことはややこしいので、以上をよろしくお願いします。

派遣に登録しています。
先日請負の仕事を1日だけしたんですが、給料明細を見ると所得税が引かれていました。
この所得税についていくつか質問させてください。
給料:約6900円
交通費:300円
所得税:213円

【質問】
1.税務署のサイトの「給与所得の源泉徴収税額表(日額表)」見ると、所得税が780円引かれると思うんですが、213円という金額はどこから出てきたんでしょうか?
おおよその金額を引いて、来年の確定申告時に正しい所得税額を出して還付を受けるということなんでしょうか?

2.扶...続きを読む

Aベストアンサー

よく理解されているじゃないですか。
解消すべき疑問点は1点だけです。

>1
213円の理由ですね。
給与支払額はおそらく6,954円って
ところじゃないですか?

簡単に言えば、もらった給料は
★『月ごとに支払うもの』つまり月給の
扱いになっているのです。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2015/data/21-24.pdf

月給で6,954円もらい、乙欄で源泉徴収した
ということです。
下記で言えば、88,000円未満なので
6,954円×3.063%=213円を徴収
というわけです。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2015/data/01-08.pdf

>2
扶養控除等申告書を提出していないで
正解です。

基本的に乙欄で処理してもらっていれば、
確定申告時に追加納税で、慌てることに
なったり、損した気分にならないので、
よろしいかと思います。

上述1の結論は、派遣会社の言い分
『1日の単発で1ヶ月にたくさん仕事をして』
から読み取れます。つまり、
『月単位で給料を(派遣会社から)払う
 前提で働いてもらってます。』
と言っています。

>3.・・・源泉徴収票をもらって、自分で
>確定申告をすれば還付されるという
>理解でOKですか?
はい。そのとおりです。

もしくは派遣会社が言うように、
「レギュラーで当社で働く」ことに
なり、1年間その派遣会社の仕事しか
していないのなら、扶養控除等申告書を
提出し、年末調整をすればよいのです。

それで、所得税の過不足は調整され、
(おそらく還付され)、確定申告は不要
になります。

確かにややこしいですね。A^^;)

いかがでしょうか?

よく理解されているじゃないですか。
解消すべき疑問点は1点だけです。

>1
213円の理由ですね。
給与支払額はおそらく6,954円って
ところじゃないですか?

簡単に言えば、もらった給料は
★『月ごとに支払うもの』つまり月給の
扱いになっているのです。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2015/data/21-24.pdf

月給で6,954円もらい、乙欄で源泉徴収した
ということです。
下記で言えば、88,000円未満なので
6,954円×3.063%=213円を徴収
というわけです。
http://www.nta.go.j...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング