色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

お店でメモリを買うときに、いつも高いなーと思っているのですが、原価は小売の何パーセントでしょうか?

gooドクター

A 回答 (2件)

「原価」という言葉を、どういう意味で使っていますか?



仕入れ値という意味なら、小売での上乗せはそれほど大きくないと思います。特に安売り店では。

「製造原価」という意味なら、これは非常に計算が困難です。なぜなら、巨額の投資をして作った生産ラインの減価償却分も含まれるので、どれだけ売れるかによって、全く異なってくるからです。また、開発費も莫大に費やしているでしょうから、その分の額も、売れれば売れるほど一つあたりの値は小さくなっていきます。

「原材料費」という意味なら、シリコンのウエハーは、それなりに高いとはいえ、小売価格の10分の1もあるかどうか…。

というわけで、メモリーのメーカーは、目論見どおりの値段でたくさん売れれば、かなり儲かりますが、逆に、少ししか売れなかったり、ライバルと合計で過剰生産になって値崩れしたりすれば、多額の損失を背負い込むことになります。販売店も、安く仕入れようとして大量に仕入れると、値崩れしたときのリスクを背負い込むことになります。従って、メモリーがらみの商売は、それほど楽してぼろ儲けというわけではなさそうですよ。
    • good
    • 0

原価って・・・・・製造原価のことでしょうか?


だとしたら価格の1/10くらいじゃないんでしょうか?
詳しくは分かりませんが。

一般的な家電製品の場合、仕入原価は6~8割程度だと思いますが、メモリーの場合は価格変動が激しいんでなんともいえませんね。

そのうちメモリー相場が立ったりして。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング