性善説と性悪説 人によって色々な考えがありますよね。
皆さんはどちらの説が正しそうだと思いますか?
また、その理由をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

ちょっとばかり違った視点からの意見をば



「善、悪とはそもそも何でしょう?」
と私などは思うのです。

私的見解では
「人と人との係わり合いにより生まれ出たルールのようなもの」
となります。

もっと極論を言うと
「人、それ自体が『モノ』であり、その動作原理は『個体を長く存続させる』ことである。
個体を存続させるために個体同士の係わり合いが必要であり、その為にはある一定の規則(モラル)が必要である。
この規則を守った人が『善』、守らない人が『悪』と区別される」
と言えないでしょうか?

結局、人が作ったもので人を裁いているわけです。

性善説、性悪説は「絶対的な『善』『悪』」を想定しています。
しかし、「絶対的な『善』『悪』」は『神』(つまり、すべてを見通し、すべてを決定する存在)の存在を前提としないと出てこないのです。

もし、『神』の存在を抜きにして『善』『悪』を語ろうとした場合、自ら決めた『善』『悪』をもってそれを決定する事になります。
この場合、客観性がなくなり、「説」としての有用性がなくなるのではないでしょうか?
そもそも「~~説」というものは客観的視点で語らなければならないのです。

つまりは性善説、性悪説そのものが無意味だと考察するのです。

とまあ、極論を述べてみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

目から鱗・・・。今後の私の考えの参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/28 09:42

 家族や国を守るために敵を殺します。

その数が多ければ多いほど英雄視された時代がありました。皆が彼を褒め称えても相手方の家族からは呪われるかもしれません。

 眠っている赤ちゃんのために蚊を殺します。お気に入りの花のために雑草を取ります。生きるためにパンを盗むことだってあるかもしれません。どれも仕方がないことです。

 時代や場所、状況によって善と悪は入れ替わることができたり、大きさが変わったりします。しかし、ただ一つ確かなものがあります。それは「考える」「行う」そのときの自分の気持ちです。法に背いていなくてもうしろめたい気分になったり、周りから評価されなくても生きがいを感じたり・・・・・・

 私たちがどんな時に喜びを感じるかを考えたら、心の本質は善だと思います。自分の「考え」や「行い」が悪い、と考えられるのも善い心があるからではないでしょうか。

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「考え」や「行い」が悪い、と考えられるのも善い心がある、確かにそうですね。
う~む、いいことを教わりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/28 10:09

善か悪かの定義がいろいろあると思いますので、仮に人間社会の規範を守ることが善だと仮定します。


だとすれば性悪であるが故に規範が必要なので『性悪』。人間に限らずDNAの本質は排他的でありエゴの固まりですので、他の個体に対しては、本質は『否性善』。
根本は性悪なのですが、平均的にはそれを何とかコントロールして性善たらんとしているのが人間なのだと、考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この問題を考える前に善悪の定義を考える必要がありそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/28 10:05

なにか文がおかしかったので追加の極論



私の立っている立場は唯物論的というか唯物主義な立場なのです。

「人間は物理法則の連なりから生まれた産物であり、物理法則が体現した存在である。その本質はそこらに転がっている石と変わりがない」
もしくは
「人間の生活や行動すべてが物理法則の体現であり、石を上に投げたら落ちてくるのと同等である」
という、往っちゃってる立場から端を発しています。

んで、
<議論その1>

物理法則はつまり人間を作り出した環境そのものであり、物理法則に『善』『悪』は存在しない。また、人間は物理法則により存在を許された存在であり、人間それ自体が物理法則に含まれている。
物理法則には『善』『悪』は存在しないので、それに含まれる人間にも『善』『悪』は存在しない。

重要なのは「善でも悪でも無い」のではなく「善と悪という概念そのものが存在しない。つまりは幻想である」ということ

存在しないものに対して議論することは無意味である。

<議論その2>

それでも尚、人間は善悪に対して議論しようとします。
このとき前提となっているのが絶対的な何かの存在である。
人はこれを「精神」「意志」などと呼び習わします。
(唯物主義的立場では意志もまた環境の体現であり、物理法則そのものである)

人は『善』『悪』をその精神の有りようを持って推し量ろうとします。

ここで問題になってくるのは測っている物差しそのものが人間によって作られていると言うことです。

唯物主義的な立場では善悪は存在しません。
しかし、人間は規則を作り、犯罪、つまり悪をつくりました。また逆に規範に則った人は善であると定めました。

もともと無い『善』と『悪』がここで初めて出てくるわけです。

より重要なことは「ある行動をした人間を悪と定めた」ために「必ず悪が存在する」ように社会が出来てしまったことです。
逆にある行動をした人間を善と定めているので必ず善も存在するのです。

つまり、人間自らが自分自身の『善』と『悪』を規定しておきながら「我らは善だ」「我らは悪だ」と曰っているわけです。

いわゆる自己矛盾がおきているわけですね。

よって、議論そのものに矛盾があり、それを論じるて回答を得ることはできないというのが私の意見です。

以上です。

-------------------
いやはや、何というか過激に極論を述べてしまった(^^;
分かりにくいところがあったらお礼のところにでも書いてくださいな。

それでは
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度にわたり、ありがとうございました。
わたしは皆さんのご意見をうかがい、別の意味でこの問題を議論するのは無意味かな、と思いました。あまりにも難しい問題すぎて。
でも大変貴重な意見で参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/06/28 10:01

子供みていると善悪もなく純粋ですよね。


環境のなかにある必然や偶然をコントロールするすべを
人類はいまだ知りませんよね。学者はいつも後理屈でコメントするだけだし
未来をシミュレーションしたところで、実社会の機構のレスポンスは遅いし
むしろ人間的な利害関係で抵抗するケースが多い。
ネットワークの社会で個と群の関係が変わるかと期待すれば
既存のメディアのノリでどんどん混沌としノイズが増殖していくし
すくなくともリーダーは善だろうが悪だろうが
群を幸せにするようなことをやっていかないと
善悪論が首をもたげてきますよね。
現在はリーダーを創る、人を育てるカリキュラムに問題あると思いますね。
後継者のいない国も企業も後がないですよね
そもそも善悪なんて立場で変化するのだから意味ないです。
国民が平成であるのならリーダーが大悪党でも大歓迎します。 爆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「善悪は立場で変化する」 そうかもしれません。でもリーダーが大悪党だったらやっぱりいやだなあ。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/28 09:55

若い時は性善説派でしたが、お迎えを待つ身になると、性悪説派になりました。

悪環境の生い立ちですが悪人にはならなかったですし、損得計算でも悪の道は割が合わないと考えます。他人を傷つけるぐらいなら自分が傷を受けたほうが気が楽です。他人の痛みを解る(想像できる)と言うことは不幸なことでは有りますが。
悪人と言えども脳みそは悪くないんでしょ? なのに、心の平和のない、犯罪行為を好むのは、生まれつきDNAに悪魔が潜んでいるとしか考えられないからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遺伝子レベルで悪が潜む・・・神はどのような理由でそんな細工をしたんでしょうかね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/28 10:15

私は「善とはルールを守ること」だと考えています。


そして性善説や性悪説は必ずしも絶対善や絶対悪を想定しているとは言えないと思います。
性善説って「人は生まれながらにして善である。全てが満ち足りていれば誰も好き好んで罪など犯さない。人が罪を犯すのはその不幸な境遇ゆえである。」という考え方ですよね?法律が性悪説に基づいているとおっしゃっている方もいますが、法律って言うのは世の中で言われるほど冷たいものではないと思います。その証拠に情状酌量って言うものがあるじゃないですか。

私は性善説をとります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろな考え方があり、ますます考え込んでしまいますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/28 09:47

どちらでもないんじゃないかなぁ。



理由:人間、生まれてきてから後天的に善とは何か、悪とは何かを学びます。子供って、一番最初にする質問は「これは何?」で、だんだん次元が高くなると、「いつ、どこで、誰が」になり、最後に「なんのために」、「どうやって」という質問をするようになります。そうすると、人間って、善も悪もわからずに生まれてきて、善悪という価値判断をつけるようになって、と順を追うものです。最近は「人を殺すことがなぜいけないのかわからないから人を殺す人」なんてのもいますが、ようするに、それは悪いことと知っているか知らないかであって、知る前の段階を悪いいい云々というのは何か間違ってるんじゃないかな、と思う今日この頃。

あるいは、善悪混在のアンビバレントな存在として生まれてくるのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

性善、性悪という言葉に惑わされこの二つについてしか考えていませんでしたが、どちらでもないという意見はすごく頷か
されました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/28 09:39

はじめまして


卑怯な答えですが、性善でも性悪でもないような気がします。
実際、人はどちらにも転んでいますから。
こんな答えは、ちょっと申し訳ないかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

人はどちらにも転ぶ、その根底にあるものを考えるのは難しいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/28 09:38

性悪説が正しいと思います。

人間に限ったことではなく。社会とのつながりを断った場合に限り。詳しくは以下のURLの私の答えを見て下さい。
性悪説は、人間は生まれながらにして悪である、だからこそ道徳や規律を守るべく努力をしなくてはならない、という教えであり、生まれながらにして悪なんだから悪いことをしてもしかたない、ということではありません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=87994
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに道徳や社会の規律を教わるのは性悪説に基づいているのかもしれませんね。
ありがとうございました

お礼日時:2001/06/28 09:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q性善説とか性悪説の英語の定訳を探しています。

性善説とか性悪説の英語での定訳を探しています。
例えば、「この法律は性善説に基いている」というような文章を英訳すると、
This law is based on the idea that the human nature is fundamentally good.とか、
文章で説明するものしか見たことありません。

しかし、東洋思想において性善説と性悪説は長く論争されてきた対立概念であり、
それを英語で解説する場合、こんな冗長な「文章」ではやってられないと思うので、
例えば、***ism のような用語があると思うのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

もともと西洋では性悪説が基本です。キリスト教はイエスキリストを受け入れると罪が購われると説いています。西洋は、性善説で次第に悪に染められていくので善行をすることで救われるとの立場です。
ただ、単純に議論したければ"Born Good"と"Born Bad (evl)"という表現があります。
こんなタイトルの議論もあります:People born good or evil?

Q荀子の性悪説社会の道徳教育

孟子のように人を性善説ととらえると個性化教育など生きると思います。

でも荀子のように、性悪説ととらえると道徳教育をして正しく導かないとうまくいかないことになります。

悪いことをしたら、しかるなど。


性善説だと心が曇っているということなんですが、日本社会って後者に思えるんですけど。
「他人に危害を与えてはいけない」 「他人に迷惑をかけてはいけない」 など

日本人は自分さえよければいいという人が多いように思えて。特に不況だから何してもいいと「独創性を重視してます」に託けて弛緩しているように思えます。


文部科学省が道徳教育を強化しようとしてますが、やはり行う意義って意味であるように思えますが、いかがでしょうか。

Aベストアンサー

中国は完全に性悪説の世界です。

道でお婆さんが転びました。
助け起こそうとしたら、怒鳴られました。
そんな親切な人間は、中国では考えられず、
ドロボーに違いない、という訳です。

会社を辞めることになった在日中国人がいます。
真面目に働いてくれたので、社長が退職金をはずみ
ました。
そしたらその中国人は怒り出しました。
これは嫌がらせに違いない。
辞めなければ、沢山給料を出すのに、バカだなあ
との意味に違いない、というのがその理由でした。

米国も性悪説が強い国です。
警察だって悪事を働く。
だから、警察など信用できない、として
悪徳弁護士が活躍します。

性悪説の社会、というのはこういう社会です。

以上説明しましたように、性善説だから個性教育云々
というのはちょっとずれているように思えます。


”文部科学省が道徳教育を強化しようとしてますが”
    ↑
新渡戸稲造の武士道にあります。
「お国では宗教教育をしていないと聞きましたが
 ホントですか」
「ホントです」
「お~、それでどうやって子供達に道徳を教える
 ことが出来るのでしょうか?」

中国の道徳教育の厳しさは日本の比ではありません。
しかし現状はご存知の通りです。
学校教育では道徳を教えることが出来ないのです。
だから英国などでは小学校のときから宗教教育を
施しているのです。

中国は完全に性悪説の世界です。

道でお婆さんが転びました。
助け起こそうとしたら、怒鳴られました。
そんな親切な人間は、中国では考えられず、
ドロボーに違いない、という訳です。

会社を辞めることになった在日中国人がいます。
真面目に働いてくれたので、社長が退職金をはずみ
ました。
そしたらその中国人は怒り出しました。
これは嫌がらせに違いない。
辞めなければ、沢山給料を出すのに、バカだなあ
との意味に違いない、というのがその理由でした。

米国も性悪説が強い国です。
警察だって悪事を...続きを読む

Q性善説の意味?

最近の「性善説」という言葉の使われ方が「なんだか変だな」と思っているのは私だけでしょうか?

善なる要素を持って生まれてきても、努力しなければ善を引き出せないし、悪に染まる。だからこそ努力が必要で、努力無しでは悪になる。
と言うのが、孟子の性善説の趣旨だったと思うのですが。
性善説も性悪説も話のきっかけが違うだけで、聖人を目指すと言う目的や努力が必要と言う点で、「双子の男女」のような思想だったと理解していたのですが…。
それとも孟子のほかに語源があるのでしょうか?

皆様のど意見お聞かせください。

※専門カテの方が良いのか迷ったのですが…。

Aベストアンサー

中学生の頃「性善説」というのは、『セックスもマスターべーションも身体に善いのだからどんどん励め』という主旨の孟子の教えだ」と、悪い先輩に教えられ妙に嬉しかった記憶があります。「でもなぁ山田、荀子というのがいて、やっぱり身体によくないから慎めという『性悪説』というのもあるのだぞ」と言われがっかりしました。
余談でした。_| ̄|○

最近のTV雑誌で、「規制緩和をすすめるのは性善説で考えるのでなく、性悪説で考えていくほうがいい。」という使われかたをしますね。

つまり、人間はもともと放っておいて善なる方向に向かうものと思うのは危険で、根本は、水は低きに流れる。類は友を呼ぶ。悪貨は良貨を駆逐する。朱に染まれば赤くなる。郷に入りては郷に従えで、悪い奴がいたらそいつになびいていってしまうものだ。放置すれば性悪者が現れてかならず汚染されるからしっかり監視すべきだ。
それに対して、市場原理というものを尊重しできるだけ介入しないでおくほうが、神の見えざる手、ナッシュ均衡、予定調和、まぁラプラスの悪魔とかが出てきてサイコロを振ったりするのか、スプレッドシート上でモンテカルロシュミレーションをするのか、もはや忘れたが、とにかく一定の秩序に落ち着く。そうそう悪いようにならんだろう。というコイズミ的楽観論なわけですね。
性悪説は基本的に性悪女が御人好しのアダムを唆すことを予言する悲観論。ところで性悪女がいるなら性善男という言葉もあっていい。
小便男みたいで語感がわるいか。

こういう文脈で使われていたりするのではないでしょうか。

>善なる要素を持って生まれてきても、努力しなければ善を引き出せないし、悪に染まる。だからこそ努力が必要で、努力無しでは悪になる。
>と言うのが、孟子の性善説の趣旨だったと思うのですが。

というか、基本的にどうやれば世の中の秩序を保てるかという話ですよね。

孟子は、悪がどうこうでなく仁義礼智という法秩序の根本につながる心を人は備えているから、特に規制や強制されなくても自覚を持てば混乱なく治まる。リーダーが仁義礼智を持って行動すればモラルが生まれ治安ができる。
そう言っています。
一方荀子は、人の根源は功名心や欲や嫉妬や甘言を喜ぶ怠け心だから、心の赴くままに行動したら、争奪や紛争や奔放な無礼者が出てきて秩序が乱れる。まずルールやマナーで人を感化してはじめて治まるものだ。


>性善説も性悪説も話のきっかけが違うだけで、聖人を目指すと言う目的や努力が必要と言う点で、「双子の男女」のような思想・・

というか、放任主義か規制による感化かという統治の方法論、人生訓というより為政の者の視点の取り方を言っているのだと思います。


自信がないので、今改めて教科書を紐解けば

孟子の言い分は 社会の秩序の基本は仁義礼智を行うことにあるが、その糸口を人は生まれつき持って
いる。矯正されなくても、根本にある良心の4つの現れが仁義礼智をめざめさせる。、

人にはうまれつき、悪いことを見ていたたまれないと思う感情がある、これは仁につながる。
人にはうまれつき羞恥の感情がある、これは義につながる。
人にはうまれつき謙遜の感情がある、これ礼につながる。
人にはうまれつき是非の感情がある、これは智につながる。
生まれながらにそういう素養を持っている。仁義礼智は社会秩序と政治の基本だからだれでもこの4つの感情を拡大し
充実すれば仁義礼知を充実でき世の中まるく治められる。

けっこうニューエイジのポジティブシンキングに近いですね。

荀子は人間の本性は悪。善というのは後天的な矯正によるという、星一徹型のスパルタオヤジ
人間は放っておけば
(1)利益を追求したがるも。結果、他人と争い奪いあい、譲りあうことがなくなる。
(2)他人を嫉んだり憎んだしたがる。その結果傷害沙汰になって信頼しあうことがなくなる。
(3)都合のいいものだけを見て、心地よい話しばかりを聞きたがる。結果放縦になり、礼儀や道理をないがしろにする
つまり、基本的にたるんだ方向にいきがちだから常に気合を入れろと言っている。アニマル浜口というべきか。

人の生まれつきの性質心情のおもむくままに行動すると、ついには世の中が混乱に陥るようになる。
まず規範の感化や礼儀に導かれて、世の中が平和に治まるのである。
ここが骨子。

つまり「、荀子の『性悪説』は文意そのまま、水は低きに流れる。自由勝手にやらせたらいずれは問題がおきる。
最初から規範を示してやらなあかん。

ということで上記の文脈の使い方で違和感ないと思います。

中学生の頃「性善説」というのは、『セックスもマスターべーションも身体に善いのだからどんどん励め』という主旨の孟子の教えだ」と、悪い先輩に教えられ妙に嬉しかった記憶があります。「でもなぁ山田、荀子というのがいて、やっぱり身体によくないから慎めという『性悪説』というのもあるのだぞ」と言われがっかりしました。
余談でした。_| ̄|○

最近のTV雑誌で、「規制緩和をすすめるのは性善説で考えるのでなく、性悪説で考えていくほうがいい。」という使われかたをしますね。

つまり、人間はもと...続きを読む

Q性悪説的な教材

小学校教育の今の教材は知りませんが、おそらく、性善説にのっとった話ばかりを、道徳とか国語教材に使ってないでしょうか?つまり「森の熊さん」的な。あの熊さんが性悪で、出会った婦女子の恐怖を楽しみつつ追跡し、最後は捉えて惨殺してしまう、という話だったらどうなるのでしょうか?また、宅間事件を待つまでもなく、そういうものがこの世の中にはあるのだということをにおわすとか、あるいは積極的に教えることも、実用性という面で結構大事なのではないでしょうか?そして、勧善懲悪的なものがあったとしても、最後には悪人が改心して善人になるというような、きわめてまれな例をピックアップして、大体悪人はそのまま直らないのだというリアリティーを追跡するするというものはないのではないでしょうか。

なぜ、教育は、「はいはい、みんないい人よ」っというような、幻想に浸っているのでしょうか?

Aベストアンサー

いや、ゆとりで教師たちがさぼっていたから、僕たちは道徳の時間は全て自習か総合の時間でしたね。たまにやったけど記憶に残ることはしなかった・・・・
>なぜ、教育は、「はいはい、みんないい人よ」っというような、幻想に浸っているのでしょうか?
バカを増やす陰謀じゃない?バナナとか納豆とか・・・
政治が上手くいきやすいとか・・・
あなたはひねくれてますね。このサイトおもしろいかもよ
http://www.geocities.co.jp/SweetHome/8404/index.html
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/

Q性善説

老人が墜落死した川崎の介護施設の経営者がテレビのインタビューで、犯人を雇っていたことについて『私達は性善説に立っている』と言っていましたが、日本語でよく使われる『私達は性善説に立っている』を英語ではどう言ったらいいですか?

Aベストアンサー

英語には『性善説』に対応する決まった言い方はないと思いますので、意を汲んで訳すことになります。

従って『私達は性善説に立っている』は

We believe people are born good (good-natured).

ぐらいです。

Q建築図面検査で性善説とは・・・??

すべてのかかわった人が悪いとは思いますが、
2~3日前、国の記者会見(?ちがうかな)で、
「偽造を想定してない。性善説でみてるから」
という言い訳をしているのをちらと見ました。
性善説というと、真っ先に思い当たるのが無人販売でしょうか。
この場合はそれだけの人件費が無いとか、最悪盗まれても仕方ないか、
といった思いもあると思いますし、またそうなったとしても、販売者が被害をこうむるだけですから、世間から文句は出ないですよね。
で、今回の件ですけど、”検査”ってそもそも性悪説なんじゃないの?と思ったのですがどう思いますか?信頼できるかどうかを”検査”する。
本とに性善説だとすると、「無検査です、自由に作ってください」っていうことですよね???
言い訳にしても、大の大人が考えたとは思えない言い訳だと思います。
まだ、大変だったから適当にやってました、っていわれたほうが、そうかな、と思うと思います。(許しはしませんが)
さて、私のこの意見に反論するとしたらどのような意見があるのでしょう。
国側の立場で考えて教えてください。

Aベストアンサー

質問者さんと回答者さんのズレがありますので補足させて頂きます。
質問者さんは「図面検査」と書いておられますが、建築確認申請では図面検査はありません。
あくまでも「確認」「申請」ですので、申請された図面が建築基準法に違反していないか確認する手続きが行われるだけです。申請するには建築士の資格が必要です。国家認定された専門家が、建築基準法に基づき設計を行い、建築士法に従い行う業務です。
今回の構造計算書捏造偽造事件は、建築確認申請の盲点を突いた悪質な犯罪です。
再発を防止するには制度改革しかないと思います。
自己使用建物と販売用建物、賃貸用建物など建築後の使用形態により審査基準を変えるなどもひとつの方法だと考えます。

Qあなたは性善説派ですか? 性悪説派ですか?

タイトルそのままの質問です。みなさんは性善説と性悪説、どちらに近い考えをお持ちですか?
私は性悪説支持です。小さい子は無邪気でもありますが、無神経でもあります。いろいろ学習して、だんだん善き人に育っていく(理想としては)・・・というほうが納得できます。
世間の人はどっち派が多いのかな? という程度の疑問ですので、「性善説」「性悪説」のみの回答でも寄せていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

性善説支持です。
性に思考や価値観は関係ないと思います。
思考や価値観とは全く関係のない、無意識の中での感情こそが性だと思います。

例えば、道を歩いていて自分の前を歩いている人が急に苦しそうに倒れこんだとします。
誰でも「あっ!」と反応するはずですが、この「あっ!」の中には、驚きと同時に心配の気持ちが必ず入っていると思うのです。
どうしたのかな?大丈夫かな?という気持ちが、自覚の有無に関わらず、一瞬でも存在しているはずだと信じています。
この「あっ!」こそが、性善説を支持する理由です。

その後、この倒れた人を助けてあげるのか、あるいは無視するのかは性善・性悪とは無関係だと思います。
なぜなら、そこには性とは関係のない思考や価値観が存在し、その影響が大きいからです。

Q韓国は山中教授韓国起源説を唱えると思いますか?

山中教授がノーベル賞を受賞しました。

なにがなんでもノーベル賞を取りたがっている韓国人。
しかし韓国では、金大中が平和賞を取ったのみです

韓国では、IPS細胞は韓国が先に見つけたんだ!!と主張していました。が、捏造がバレました。

韓国人は、目的の為なら手段を選ばない民族です。

ビートたけしがいつのまにか「韓国起源」とされてしまいました。
イエス・キリストも韓国人だそうです。
孔子も韓国人だそうです。

韓国には奥の手があります。優秀な人はなんでもかんでも韓国起源にしてしまうのです。

山中教授も、韓国起源説の対象の一人にされてしまうと思いますか?

Aベストアンサー

”山中教授も、韓国起源説の対象の一人にされてしまうと思いますか? ”
         ↑
可能性があると思われます。
考えられるケースとしては。
(1)在日認定。
 かつてカールルイスも一郎も在日認定されました。
(2)韓国人学者の研究を盗ったことにする。
 かつて、日本人のノーベル賞受賞者がこの
 被害にあったことがあります。

Q性善説か性悪説か

性善説と性悪説 人によって色々な考えがありますよね。
皆さんはどちらの説が正しそうだと思いますか?
また、その理由をお聞かせください。

Aベストアンサー

ちょっとばかり違った視点からの意見をば

「善、悪とはそもそも何でしょう?」
と私などは思うのです。

私的見解では
「人と人との係わり合いにより生まれ出たルールのようなもの」
となります。

もっと極論を言うと
「人、それ自体が『モノ』であり、その動作原理は『個体を長く存続させる』ことである。
個体を存続させるために個体同士の係わり合いが必要であり、その為にはある一定の規則(モラル)が必要である。
この規則を守った人が『善』、守らない人が『悪』と区別される」
と言えないでしょうか?

結局、人が作ったもので人を裁いているわけです。

性善説、性悪説は「絶対的な『善』『悪』」を想定しています。
しかし、「絶対的な『善』『悪』」は『神』(つまり、すべてを見通し、すべてを決定する存在)の存在を前提としないと出てこないのです。

もし、『神』の存在を抜きにして『善』『悪』を語ろうとした場合、自ら決めた『善』『悪』をもってそれを決定する事になります。
この場合、客観性がなくなり、「説」としての有用性がなくなるのではないでしょうか?
そもそも「~~説」というものは客観的視点で語らなければならないのです。

つまりは性善説、性悪説そのものが無意味だと考察するのです。

とまあ、極論を述べてみました。

ちょっとばかり違った視点からの意見をば

「善、悪とはそもそも何でしょう?」
と私などは思うのです。

私的見解では
「人と人との係わり合いにより生まれ出たルールのようなもの」
となります。

もっと極論を言うと
「人、それ自体が『モノ』であり、その動作原理は『個体を長く存続させる』ことである。
個体を存続させるために個体同士の係わり合いが必要であり、その為にはある一定の規則(モラル)が必要である。
この規則を守った人が『善』、守らない人が『悪』と区別される」
と言えない...続きを読む

Qいじめを苦に自殺しても、加害者側が反省しない理由、いじめを再開する理由

いじめを苦に自殺しても、加害者側が反省しない理由、いじめを再開する理由って何だと思いますか?

Aベストアンサー

反省が無いのは、自分に非がないと思ってるからでしょう。
それを再開すると言うのは、非が無いと思ってるし、いじめる事が本人にとって大した事ではない、と思ってるんでしょうね。
いじめをする子にも、当然問題ありですが、それ以上に、育てた親にも大いに問題ありです。
命の尊さを子に伝える事の無い親は、親として失格です!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報